ブログトップ

茶凡遊山記

chabon.exblog.jp

<   2016年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

高知自動車道跨道橋(高知IC以西)

 高知自動車道を走るたび、本線をまたぐ跨道橋がいつも気になっていた。

 かなり高い位置に架かっている橋もあり、さぞや絶景に違いないと一念発起。国土地理院の1/25,000の地図で調べたら、「高知インター」から「四万十中央インター」までの間には、13の跨道橋があることがわかった。

 相棒のリトルカブ、『銀号』にはナビを付けていないが、どうせいつも見慣れた架道橋、試しに地図を持たずに行ってみようと考えたのが素人の浅はかさ、橋によっては思わぬ難儀をした。やはり横着をしてはいけない、山行きは勿論、旅に地図は必携であった。


f0308898_1883413.jpg

【1st:薊野跨道橋】
f0308898_2037242.gif


高知インターに向かう
f0308898_1181116.jpg

最近増えてきた花
f0308898_1181970.jpg

IC直前の分岐を北に流出
f0308898_1185911.jpg

渋い「和霊神社」
f0308898_119722.jpg

高知インター西の本線
f0308898_1191928.jpg

「薊野跨道橋」プレート
f0308898_1193083.jpg

南からの全景
f0308898_1193869.jpg

下り線(西行き)
f0308898_1194591.jpg

上り線(東行き)
f0308898_11953100.jpg

上下本線の真下
f0308898_1110063.jpg


【2nd:万々跨道橋】
f0308898_2038736.gif


♪お母さんと一緒にニコニコお買い物♪
「万々商店街」を北へ
f0308898_11105352.jpg

「三所神社」看板を見たら左折
f0308898_11105932.jpg

長く真っ直ぐな参道
f0308898_11111256.jpg

瀟洒な境内
f0308898_11111981.jpg

溢れる手作り感
f0308898_11113260.jpg

高知の春は短い
f0308898_11114082.jpg

「万々跨道橋」プレート
f0308898_11114967.jpg

下り線(西行き)
f0308898_1111599.jpg

上り線(東行き)
f0308898_1112737.jpg

この上の見晴らしは後日また
f0308898_11121737.jpg

艦砲射撃、撃ち方用意ッ!
f0308898_11123231.jpg


【3rd:福井東跨道橋】
f0308898_20383133.gif


遠くに「福井東跨道橋」が見える
f0308898_1113477.jpg

おやっ?
f0308898_11132266.jpg

お痛わしい
f0308898_11133882.jpg

「福井東跨道橋」プレート
f0308898_1113569.jpg

下り線(西行き)
f0308898_1114747.jpg

上り線(東行き)
f0308898_11141622.jpg

東からの全景
f0308898_11142878.jpg

北からの全景
f0308898_11144474.jpg

跨道橋の北に四等三角点
f0308898_111507.jpg


【4th:福井西跨道橋】
f0308898_20385570.gif


クレッセント練習場の東口へ
f0308898_11222294.jpg

「福井西跨道橋」プレート
f0308898_11223410.jpg

この橋は通行禁止であったが
f0308898_11225252.jpg

ちょっとだけ這入ってみる
f0308898_1123107.jpg

下り線(西行き)
f0308898_11231834.jpg

上り線(東行き)
f0308898_11233011.jpg


【5th:口細山跨道橋】
f0308898_20391992.gif


「鴻ノ森」の西になる
f0308898_11242144.jpg

ずいぶん通ったものだが・・
f0308898_11243125.jpg

北からの全景
f0308898_11243923.jpg

「口細山跨道橋」プレート
f0308898_11244822.jpg

下り線(西行き)
f0308898_11245632.jpg

上り線(東行き)
f0308898_1125284.jpg


【6th:宗安寺跨道橋】
f0308898_20394820.gif


「鏡川」の「朝倉堰」上流で
f0308898_1126110.jpg

高知自動車は「鏡川」を渡る
f0308898_1126834.jpg

はるか右上に見覚えのある橋・・
f0308898_11261868.jpg

坂の途中に「口細山」への遊歩道
f0308898_11262992.jpg

「口細山跨道橋」(東)と
「宗安寺跨道橋」(西)との
ショートカット道の途中に遊歩道入口
f0308898_21161913.gif

何と「口細山跨道橋」に直結していた
f0308898_11263754.jpg

直結道を再び下って戻り
f0308898_11264753.jpg

本線高架橋をくぐり上流に道草
f0308898_11265588.jpg

売行き好調の良心市
残り玉葱2袋のみ
f0308898_1127667.jpg

堤防から下流の本線高架橋をみる
f0308898_11271767.jpg

よく泳ぎに来た「宗安寺」
f0308898_11272895.jpg

「宗安寺跨道橋」の北詰
f0308898_11274073.jpg

「宗安寺跨道橋」プレート
f0308898_11274938.jpg

下り線(西行き)
f0308898_1128288.jpg

上り線(東行き)
f0308898_11281524.jpg

西からの全景
f0308898_1128231.jpg

道路公団のパトロールカー
f0308898_11283433.jpg

本線の橋脚
f0308898_1128477.jpg

上下線の間には僅かな隙間がある
f0308898_1129093.jpg

緩やかなカーブ
f0308898_11291336.jpg


【7th:八代橋】
f0308898_2040884.gif


「いのインター」のすぐ西
f0308898_11305448.jpg

正面からは見える70キロが
f0308898_1131180.jpg

横からは全く見えない
f0308898_1131945.jpg

「八代橋」(手前)の先に「東浦橋」
f0308898_11311662.jpg

「八代橋」プレート
f0308898_11312365.jpg

下り線(西行き)
f0308898_1131338.jpg

上り線(東行き)
f0308898_11314057.jpg


【8th:東浦橋】
f0308898_2040298.gif


近付いてくる「東浦橋」
f0308898_11322619.jpg

「東浦橋」プレート
f0308898_11323323.jpg

下り線(西行き)
f0308898_11324925.jpg

上り線(東行き)
f0308898_11325817.jpg

「いのインター」に戻る
f0308898_1133629.jpg

どれが上り線やら下り線やら
f0308898_11331961.jpg


【9th:針木跨道橋】
f0308898_20405023.gif


本線が国道33号線と路面電車とクロス
f0308898_1134874.jpg

JR土讃線も国道33号線とクロス
f0308898_1134165.jpg

振り返ると高知自動車道の高架橋
f0308898_11342351.jpg

高速・電車・汽車・国道の立体交差
f0308898_11343132.jpg

国道56号線から県道38号線へ
f0308898_11343974.jpg

お子様サミット会場
f0308898_11345117.jpg


 先ずは南からアタック、「針木北町」住宅街の道を登攀、標的は確かにロックオンした。が、作業道は何本もあるけれども、見えている「針木跨道橋」に何としても辿り着けない。

「針木浄水場」から西に伸びていた林道があったはずと、踵を返し東側から挑んでみたがこれまた徒労に終わってしまった。

 ここで高知自動車道の東側からのアタックを断念、かくなる上は急がば回れ、西側からの登攀に変更、これが功を奏し、半時間ほどのタイムロスの後、ようやく「針木跨道橋」に辿り着いた。


標識の先に橋は見えていたが・・
f0308898_1135310.jpg

高速道本線を一度くぐり
f0308898_11351675.jpg

押しボタン信号を右折登攀
f0308898_11352767.jpg

「田村果樹園」を目指す
f0308898_11353812.jpg
f0308898_11354717.jpg
f0308898_1136281.jpg
f0308898_11361757.jpg

それらしい雰囲気に
f0308898_11363081.jpg

果樹園内を進む
f0308898_1136429.jpg

果樹園は左折だがここは右折する
f0308898_1136516.jpg

迷っていた高速道の東エリア
「針木浄水場」が左対岸に見える
f0308898_1137913.jpg

「針木跨道橋」プレート
f0308898_11372129.jpg

北からの全景
高知市の南嶺が見えている
f0308898_11373313.jpg

下り線(西行き)
f0308898_11374488.jpg

上り線(東行き)
f0308898_1137559.jpg

こりゃ存外高い
f0308898_11381640.jpg

「針木跨道橋」の南詰
f0308898_1138251.jpg

帰り道の案内に感謝
f0308898_11383645.jpg

道端にも花壇
f0308898_11384695.jpg


【10th:高岡橋】
f0308898_20411828.gif


国道56号線「仁淀川大橋」を西に渡る
f0308898_1141367.jpg

土佐市高岡で県道39号線へと右折
高知自動車道とのクロス手前で左折
f0308898_11411567.jpg

遠くに「高岡橋」が見えて来た
f0308898_11412239.jpg

どうぞ私をお金持ちにして下さい
路傍の大黒様に合掌
f0308898_11413735.jpg

どうもこの階段があやしいが・・
f0308898_11414634.jpg

「高岡橋」の真下を通過
f0308898_11415444.jpg
f0308898_1142261.jpg
f0308898_11421291.jpg

ん?
f0308898_11425589.jpg


「高岡橋」への登り道を探して、高速道路の南側と北側、ともにくまなく走り回ったが、ここでもまさかの苦戦。

 南側は「松崎神社」の北から登攀する歩道に近い作業道、北側は集落の北側をかなり迂回する車道が架道橋に繋がっていると思われるが、これまた何としても行き着けず。

 かくなる上は、先ほど「あやしい」と踏んだ階段、その先にあるであろう高速道の南壁の小道を歩けばという思いに至った。


先刻は気付かなかった案内文
f0308898_1143783.jpg

得たりや王!
東からの全景
f0308898_11431925.jpg

「高岡橋」プレート
f0308898_11432924.jpg

南からの全景
f0308898_11434023.jpg

下り線(西行き)
f0308898_11434984.jpg

上り線(東行き)
欄干にロープが施されている
さすがは「大綱引き」の町
f0308898_114357100.jpg

最近はほとんど通行がないらしい
f0308898_1144628.jpg

南岸の階段へと引き返す
f0308898_11441374.jpg

側道待機中の「銀号」はかなり先
f0308898_11442317.jpg

台座の隅に金銀の納経札
f0308898_11443265.jpg


【11th:西山橋】
f0308898_20414122.gif


「西山橋」プレート
f0308898_11495578.jpg

下り線(西行き)
f0308898_1150157.jpg

上り線(東行き)
f0308898_1150873.jpg

そそられる階段
f0308898_1150169.jpg

まあ登ってみんといかんろう
f0308898_11502538.jpg

三角点があるのみ
f0308898_11503348.jpg

遊歩道を下る
f0308898_11504116.jpg

なかなか入念な造作
f0308898_11505145.jpg

西からの全景
f0308898_11505950.jpg


【12th:純信橋】
f0308898_20415425.gif


ナイスなコントラスト
f0308898_11515418.jpg

揺れには大丈夫じゃろか?
f0308898_1152044.jpg

国道56号線「純信橋」の先
f0308898_1152862.jpg

緩い右カーブの先で
f0308898_11521861.jpg

本線高架橋を左に見ながら右折
f0308898_11522635.jpg

「純信橋」プレート
f0308898_11523651.jpg

北正面に「虚空蔵山(こくぞうさん)」
山頂のアンテナ群が見えている
f0308898_11524415.jpg

下り線(西行き)
f0308898_11525190.jpg

上り線(東行き)
f0308898_1153057.jpg


【13th:土崎高架橋】
f0308898_20421314.gif


丈夫そうでもあり倒(かや)りそうでもあり
f0308898_1154740.jpg

国道56号線から県道23号線へ左折
「野見湾」方向へと左折南進
f0308898_11541891.jpg

県道だけに立派な跨道橋
f0308898_11542834.jpg

「土崎高架橋」プレート
「高架」橋であり「架道」橋ではない
f0308898_11543955.jpg

下り線(西行き)
f0308898_11544815.jpg

上り線(東行き)
f0308898_11545630.jpg


 高知自動車道は、須崎東インターチェンジからさらに西へ、四万十中央インターまで延伸しているが、本線をまたぐ跨道橋は、現在はこの「土崎高架橋」が最後となる。

 たまたま金網にピントが合っただけではあるが、上り線(東行き)がぼやけた画像でフェイド・アウト気味にジ・エンドとし、高知まで戻ることに。


f0308898_1155647.jpg



 今回の跨道橋ツアーで感じたことは、なかには通行禁止となっている橋もあったりで、すべての跨道橋が現在もフルに活用されているわけではないということ。

 工事中の取付道路であった橋もあろうし、かつては往来があったが過疎化が進んだ橋もあろう、別にもっと便利な迂回路がある橋もまたあろう。

 跨道橋の中には、相当に高い位置にある橋もあった。架橋工事費用もそれなりにかかったと思うが、本線の下にトンネルを掘らずに、高い場所に橋を架けたのにはそれなりの理由があったはず、実に興味深い。



by ky_kochi | 2016-05-21 09:00 | リトルカブ | Trackback | Comments(6)

岩黒山(旧本川村)

 石鎚山系の中で、そのうちいつか登るだろうと、長い間そのままにしていた山が、「伊吹山」と「岩黒山」と「西黒森」の3座。

「瓶ケ森スカイライン」から半時間もかからない「伊吹山」は、その後3回ほど登ったというより歩いたが、「石鎚山土小屋」のすぐ背面にあり、ずっと気になっていた「岩黒山」に今日やっと登ってきた。


f0308898_20273866.jpg


f0308898_20292535.jpg


登山口は「白石ロッジ」のすぐ南
f0308898_14313956.jpg

f0308898_14431497.jpg


 この登山口からだと、「岩黒山」「筒上山」「手箱山」の8の字ルートがよく知られているが、「岩黒山」にも自然観察が楽しめる横道が整備され、「丸滝小屋」を経由する周回コースも楽しめる。

「岩黒山自然観察路」とある
f0308898_14432152.jpg

すぐに横道との分岐
f0308898_14432840.jpg

直進が横道で「筒上山」への近道
左折すると「岩黒山」への登山道
f0308898_1443359.jpg

ところどころに苔がある
f0308898_14434190.jpg

ナイスな登山道
f0308898_14434781.jpg
f0308898_14435374.jpg
f0308898_14441100.jpg
f0308898_1444833.jpg

正面に「瓶ケ森」
f0308898_14441424.jpg

背中に「石鎚山」
f0308898_14442023.jpg

クマザサにダケカンバの
ベスト・カップル!
f0308898_14443040.jpg

緩やかな登りが続く
f0308898_14443791.jpg

なかなか植生が豊か
f0308898_14444410.jpg

「オオカミ」ではなく「オオカメ」
f0308898_14461181.jpg

様々なツツジが見られる
f0308898_14461817.jpg
f0308898_14462580.jpg
f0308898_1446336.jpg
f0308898_14463925.jpg
f0308898_14465769.jpg

岩が混じり始める
f0308898_1447654.jpg

アケボノツツジの先に「丸滝小屋」
f0308898_14471412.jpg

五葉松のエリアにさしかかる
f0308898_14472397.jpg
f0308898_14473023.jpg
f0308898_14473820.jpg

「筒上山」のドーム状の山頂
f0308898_14474751.jpg
f0308898_14475933.jpg
f0308898_14481089.jpg
f0308898_14481988.jpg

「瓶ケ森」と目線が合ってきた
f0308898_14484074.jpg

大岩がゴロゴロ
f0308898_14484973.jpg
f0308898_1448579.jpg
f0308898_1449582.jpg

この高さにはまだツツジが残っている
f0308898_14491381.jpg
f0308898_14492686.jpg
f0308898_14493571.jpg

若葉もグッド
f0308898_14494829.jpg
f0308898_14495866.jpg

「筒上山」も同じ目線になってきた
f0308898_1450787.jpg

アケボノツツジの先に「石鎚山」
f0308898_14502283.jpg

この岩が山名のルーツか?
f0308898_14504041.jpg

南西の視界
f0308898_1450502.jpg

北東の視界
f0308898_14505944.jpg

アケボノツツジ
f0308898_1451724.jpg

何かありそうなその先
f0308898_14511640.jpg

ツツジは終わりかけ
f0308898_14512664.jpg

なかなかに山が深い
f0308898_14515243.jpg

「筒上山」が下に見えて来た
f0308898_1452077.jpg

まもなく「岩黒山」の山頂
f0308898_14521179.jpg

眼下の白い点が「丸滝小屋」
f0308898_14522377.jpg

山頂に到着
f0308898_14523299.jpg


「丸滝小屋」
f0308898_1563723.jpg

「筒上山」「手箱山」方面への道
f0308898_15154183.jpg

「よさこい峠」が見える
f0308898_15154868.jpg

山頂からの時計回り
f0308898_15155484.jpg
f0308898_1516270.jpg
f0308898_1516911.jpg
f0308898_15161621.jpg
f0308898_1516247.jpg
f0308898_15163167.jpg
f0308898_15165045.jpg
f0308898_1517070.jpg
f0308898_1517692.jpg


下山開始!
f0308898_1518583.jpg

「石鎚山」が次第に高くなり
f0308898_1519591.jpg

「瓶ケ森」も遠ざかっていく
f0308898_15192279.jpg

五葉松のエリアまで降下
f0308898_15193246.jpg
f0308898_15193935.jpg
f0308898_15194556.jpg
f0308898_15195264.jpg


f0308898_15201422.jpg
f0308898_15202478.jpg
f0308898_15203241.jpg
f0308898_15204458.jpg
f0308898_15205318.jpg


立派な風倒木
f0308898_15211983.jpg

サルノコシカケ
f0308898_15213053.jpg

根元の岩ごと倒れている
f0308898_15213973.jpg
f0308898_1521488.jpg
f0308898_15215626.jpg


景色の変化を楽しみながら下山
f0308898_15221819.jpg
f0308898_15222711.jpg
f0308898_1522342.jpg
f0308898_1522432.jpg
f0308898_15225225.jpg
f0308898_1523582.jpg
f0308898_15231392.jpg

さらに遠くなっていく「瓶ケ森」
f0308898_15232148.jpg

枝の隙間に「土小屋」前の駐車場
f0308898_15232932.jpg

「樅の木は残った」
f0308898_15241220.jpg
f0308898_15242742.jpg
f0308898_1524369.jpg
f0308898_15244672.jpg
f0308898_15245595.jpg

f0308898_15251011.jpg

f0308898_15273697.jpg

f0308898_15274543.jpg

Y字の上が「石鎚山」
f0308898_15275489.jpg

かなり下って来た
f0308898_1528458.jpg

「瓶ケ森」があんなに高い所に
f0308898_15281411.jpg


クマザサがベリーグッド
f0308898_15333423.jpg
f0308898_15335012.jpg

右手正面に「石鎚山」
f0308898_1534239.jpg

登山口周辺の苔のエリア
f0308898_15341351.jpg

横道との分岐に戻って来た
f0308898_15342528.jpg
f0308898_15344717.jpg

「ツガ」の木
f0308898_1535574.jpg
f0308898_15351555.jpg

山頂から1.8km
f0308898_15352865.jpg


自転車の道「石鎚山岳輪道」
f0308898_21232926.jpg

白石ロッジは閉まっていた
f0308898_21235220.jpg

淋しそうなロッジテラスの双眼鏡
f0308898_212489.jpg

懐かしいシャッター
f0308898_21242319.jpg


 土小屋前の広場に建てられている標高1492mの碑は、「いよのくに(伊予国)」をあらわしているが、撮り忘れてきてしまった。

 面河(おもご)渓谷からの、「石鎚スカイライン」終点から見る「石鎚山」は、本日も実に威風堂々。「二ノ森」「堂ケ森」へと続く稜線も、大いにそそられるがまた次回の楽しみとしよう。


「石鎚山」から西に続く稜線
f0308898_21244339.jpg


復路は往路と同じ「瓶ケ森スカイライン」
f0308898_2125130.jpg


 本日のルートからもよく見えていた「筒上山」には、二昔も近く前に旧池川町(現在の仁淀川町)の奥座敷、安居渓谷側から登ったことがある。

 今日見えていたのは「筒上山」の北側で、安居渓谷側からだと南斜面を駆け上がるのだが、これがまた尋常な行程ではなかった。登山靴のサイズが合わなかったこともあり、ほうほうの体たらくで下山した時には、帰りの車のブレーキはおろか、アクセルが踏めるだろうかと真剣に心配したほどであった。

 山行はいつも一人歩きだが、昔息子と登った山がいくつかあって、そのほとんどが時間がかかったり、標高差が大きい山ばかり。「筒上山」の直登をはじめ、JR豊永駅から4時間近くかけて登った「梶ケ森」では、数組のマムシ夫婦の産卵現場に遭遇した。

 通称「吾北のナイアガラの滝」を擁する、旧吾北村の「戸中山(とちゅうやま)」へ登りかけた時には、あれが脱水症状というものか、途中で一歩も前に進めなくなって断念したこともあった。

 そのいずれの山でも、相方は涼しい顔で、「そんなに休んだらかえって疲れる」とのたまい、いっぱしの先輩ぶって、厳しい山へ連れて行くたびメンツは丸つぶれ。

 他にもそんな山がいくつかあったように思うが、まあ無理に思い出して落ち込むこともあるまい。残る「西黒森」の山行計画でも立てることにしよう。



by ky_kochi | 2016-05-12 14:00 | 登山 | Trackback | Comments(0)

瓶ケ森スカイライン(いの町)

「UFOライン」という愛称が懐かしいかたも多いと思う、石鎚山系の「旧寒風山トンネル」から、「石鎚山土小屋」までをつなぐ「町道瓶ケ森西線」は、土佐と伊予の分水嶺にそって東西に延びている。

「伊予富士」や「瓶ケ森」、東西の「黒森山」や「伊吹山」など、た多くの名山へも、この山岳道路からだと容易に頂上に立つことができる。

 春には珍しい晴天の一日、「UFOライン」を通って「土小屋」の南にある「岩黒山」に登って来た。

f0308898_17294943.jpg


「大橋ダム湖」にかかる吊り橋
f0308898_1325866.jpg

「平家平」(右)と「冠山」
f0308898_133554.jpg

逆さ「平家平」にズーム・イン
f0308898_1331260.jpg

この絵を描いた画伯にお会いしたい
f0308898_1332092.jpg

この絵を描いた画伯にも是非
f0308898_133281.jpg

「寒風山」(左)と「笹ケ峰」
f0308898_1333621.jpg

終点「土小屋」直前が時間規制
f0308898_1334486.jpg

「寒風山」と「笹ケ峰」山麓の植林帯
f0308898_14135910.jpg

「冠山」(左)と「平家平」
f0308898_14141128.jpg

「旧寒風山トンネル」南口を左折
f0308898_14141981.jpg

ナイスな素掘り隧道
f0308898_14142730.jpg

「伊予富士」の東壁面
f0308898_14143441.jpg

「伊予富士」の西稜線
f0308898_1414417.jpg

「伊予富士」
f0308898_14144835.jpg

「伊予富士」の「東黒森」への西稜線
f0308898_14145727.jpg

「東黒森」経由「伊予富士」はおススメ
f0308898_1415621.jpg

「ジネンゴノ頭(カシラ)」(黒森山)
f0308898_14151366.jpg

「ジネンゴノ頭」の左奥に
「筒上山(つつじょうざん)」のドーム
f0308898_14152096.jpg

右から「瓶ケ森」「子持権現山」
中央に「石鎚山」
f0308898_14152719.jpg

「子持権現山」と「石鎚山」のツーショット
f0308898_1416689.jpg

ゴキゲンな道が続く
f0308898_1425453.jpg

左から「手箱山」「筒上山」
中央に「岩黒山」
遠くに「石鎚山」と左に「子持権現山」
f0308898_14255396.jpg

「瓶ケ森」の手前に「西黒森」
f0308898_1426113.jpg

「神鳴池(かんならしいけ)」
f0308898_14261292.jpg
f0308898_14262234.jpg
f0308898_14263114.jpg

「瓶ケ森」の南壁(高知県側)は険しい
f0308898_14263940.jpg
f0308898_14264755.jpg

「石鎚山」のビューポイント
名物の白骨林は
ついに先が折れてしまった
f0308898_14265640.jpg

駐車場から見上げる「瓶ケ森男山」
f0308898_1427524.jpg

「子持権現山」
f0308898_1427132.jpg

f0308898_1427231.jpg

「シラサ峠」から見る「石鎚山」
f0308898_14273566.jpg

「山荘しらさ」
f0308898_14274369.jpg

タンポポの花も一盛り
f0308898_14275248.jpg

「よさこい峠」も近い
f0308898_1428342.jpg

振り返り見る「瓶ケ森」
f0308898_14281029.jpg

正面右に本日登る「岩黒山」
f0308898_14281894.jpg

「よさこい峠」は、伊予の「予」と、土佐の「佐」、「予佐越え」にちなんで命名されたという。本日は休業であったが、何年か前の秋に、左手前の「よさこい茶屋」で食べたコンニャクのおでんが美味しかった。

「よさこい峠」の眼前には
「岩黒山」(右)と「筒上山」
f0308898_14282639.jpg

「岩黒山」の山塊
f0308898_14283396.jpg

ジェット音に見上げると飛行機雲
f0308898_14285077.jpg

冬期は閉鎖されるゲート
f0308898_14285956.jpg

最近書き換えられたのでは?
f0308898_1429655.jpg

「土小屋」駐車場の正面に「瓶ケ森」
f0308898_14291380.jpg

「氷見二千石原(ひみにせんごくばら)」の
右のピークが「男山」
左のピークが「女山」
最も好きな山の一つがこの「瓶ケ森」
f0308898_14292552.jpg

「岩黒山荘」(左)と「白石ロッジ」
f0308898_14293564.jpg

東屋の窓から見る「瓶ケ森」
f0308898_14294353.jpg

 徳島県の「剣山スーパー林道」もこの「瓶ケ森スカイライン」も、林道建設にあたっては環境破壊を懸念する意見も多く、賛否両論一大論争が起こったと聞いた。

 旧本川村の越裏門(えりもん)から上がって来た県道40号線と合流する「よさこい峠」に建つ記念碑には、「よさこい峠」の命名者であろうかたの句、「伊予と土佐かたみに越えんこの峠スカイラインのはじまりとせむ」と刻まれている、昭和44年6月とある。

by ky_kochi | 2016-05-12 10:00 | 登山 | Trackback | Comments(0)

釜炒り茶(旧池川町)

 つい最近まで、「焼畑農業」が残っていた旧池川町の「椿山(つばやま)」の山麓に、「釜炒り茶」作りのお手伝いに初めて行ったのは平成18年のことであった。

 数日間をかけ手間暇かけて手作りされる「釜炒り茶」の、得も言われぬ香りと風味は、一度飲んだら病みつきになることうけあいである。


f0308898_20392687.jpg

 【ご注意】

 後半の花のコーナーは撮影日順ですが、その他は平成18年から平成28年までの間に、のべ6回お手伝いに行った時の画像を順不同に掲載しています。


薫風のなかカブで行った年もある
f0308898_17153042.jpg

ここにも見事な「仁淀ブルー」
f0308898_1717269.jpg

池川神楽も舞われた
「河嶋山神社」の社殿
f0308898_17172242.jpg

高台にある屋敷から見下ろす茶畑
f0308898_17175233.jpg


新茶が芽吹いている
f0308898_17205270.jpg

眼が良く見えるようになった気がする
f0308898_1721412.jpg
f0308898_17211720.jpg
f0308898_17212824.jpg
f0308898_17213536.jpg
f0308898_17214534.jpg
f0308898_1721574.jpg
f0308898_1722627.jpg
f0308898_17221557.jpg


ここからが「釜炒り」の工程
f0308898_17275024.jpg

かつて楮を蒸していた頃の大釜
f0308898_1728424.jpg

ドラム缶の竈(かまど)に着火
f0308898_17281353.jpg

予め籠の重さ1kgを引いている
f0308898_17282390.jpg

正味4キロの茶葉が1回分
f0308898_17283252.jpg

鉄釜に茶葉を投入し
先端が二股になっている
2本の棒でかき混ぜる
f0308898_1729034.jpg

本日の1釜の炒りの時間は16分
f0308898_17291339.jpg

香ばしい匂いが漂い始める
f0308898_17292421.jpg

箕(み)と呼ばれる竹製の篭に移す
f0308898_1729335.jpg

手箒で最後の茶葉まで取り出す
f0308898_1729428.jpg


 実際にはこの「釜炒り」の後、炒られてしんなりとした生葉は、先ほどの箕(み)の上でじっくりと手揉みされるが、その工程の画像が手元にない。茶畑で生葉を摘んでいるか、釜場で炒っているかのどちらかが多かったからである。

 今年初めて揉ませてもらったが、炒られてしんなりとした茶葉がついた指では、日頃いかに駄鬼(だき)な小生といえども、さすがにシャッターは押せない。


炒られた茶葉は
筵(むしろ=みしろ)に薄く広げ天日干し
f0308898_17362940.jpg

やがて黄緑色が緑色となり
f0308898_17364411.jpg

深緑から黒色に変わっていく
f0308898_17365573.jpg

庭や塀のすべてが干場になる
f0308898_1737332.jpg

次から次へと増えてくる
f0308898_17371592.jpg

ナイスなコントラスト
f0308898_17372680.jpg

梯子や板を総動員した干棚
f0308898_17374073.jpg

ついに玄関先にまで到達
f0308898_17374813.jpg

頃合い良しとなるとまとめられ
f0308898_1738195.jpg

f0308898_17382946.jpg

次なる「炒り上げ」の工程を待つ
f0308898_1738930.jpg

f0308898_17375774.jpg

f0308898_17383870.jpg
f0308898_17385385.jpg
f0308898_1739233.jpg
f0308898_17391390.jpg

 お茶摘みの期間には、親戚一同おおぜいの人々が本家に集合する。茶畑や家屋敷は老若男女で溢れ、10人を越えるというひ孫の世代は、トカゲを追い回したり、カニを捕まえたりと、なかなか賑やかである。

 やがて日が暮れると、先ほどまで茶葉を天日干ししていた庭は夜宴会場に変わるが、呑んでは摘み、呑んでは炒りといったぐあいで、お天道様が高いうちからすでに宴会に近い。

 特に暑い釜炒り場に配属していただけると、絶妙のタイミングでビールが運ばれてくるという幸せに恵まれる。


f0308898_20153866.jpg
f0308898_20155052.jpg
f0308898_20155868.jpg
f0308898_2016843.jpg
f0308898_20161660.jpg
f0308898_20162485.jpg
f0308898_20163249.jpg
f0308898_20163930.jpg
f0308898_20164879.jpg

 もう一つの楽しみが、やや高台にある見るからに格式高い屋敷内に、毎年咲き乱れる花を観ること。

 年が変わっても、いつもの場所に同じ花が美しく咲いているのを観るたび、普段からいかに丹精込められているかと感じさせられながら、早や10年が過ぎた。


f0308898_20223279.jpg
f0308898_20224071.jpg
f0308898_2022523.jpg
f0308898_2023374.jpg
f0308898_20231286.jpg
f0308898_20232299.jpg
f0308898_20233182.jpg
f0308898_20234191.jpg
f0308898_20235059.jpg
f0308898_2024074.jpg
f0308898_20241093.jpg
f0308898_20242440.jpg
f0308898_20243619.jpg
f0308898_20244371.jpg
f0308898_20245132.jpg
f0308898_2025028.jpg
f0308898_2025883.jpg
f0308898_20251845.jpg
f0308898_20252728.jpg
f0308898_20253660.jpg
f0308898_20254757.jpg
f0308898_2026255.jpg
f0308898_20261148.jpg
f0308898_20262243.jpg
f0308898_20262974.jpg
f0308898_20264291.jpg
f0308898_20264958.jpg


 それでは、今年の「仁淀ブルー」を思い出しながら、おみやげに戴いてきた新茶を早速いただこう。


f0308898_22262030.jpg

f0308898_20273717.jpg

by ky_kochi | 2016-05-05 06:00 | 番外編 | Trackback | Comments(0)