ブログトップ

茶凡遊山記

chabon.exblog.jp

<   2016年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧

仏が森(旧大方町)

 地元の皆さんが山頂に建てた鉄塔から、白砂青松の入野砂浜の沖合に、潮吹く鯨が見えるかも知れぬ。

 久し振りの晴天の日曜日、旧大方町(黒潮町)の最高峰「仏が森」に登ってきた。

f0308898_20263417.jpg


県西部の旧土佐佐賀町
「土佐西南大規模公園」の展望台
f0308898_20224899.jpg

鰹の町「土佐佐賀」
ついこの間まで女人禁制だった
「鹿島(かしま)」のはるか東に
「四万十町」の「興津岬」
f0308898_2145831.jpg


 この「鹿島」には、小学生の頃、汽車に乗って友達とよく磯釣りに来たものであった。漁港の近くで、和船の船大工をしていたおじいさんが、渡し船でこの小島に渡してくれた。帰りの汽車に間に合いそうにない時には、駅へと続く川を遡ってくれたこともあった。

 ご覧の通りの島、今に思えば、小学生だけでよく行かせてくれたものと思う、まことに長閑な時代であった。その「鹿島」の周りには、当時はまったくなかった防波堤がいくつも設置され、当時とはかなり眺めが変わっている。


f0308898_2023356.jpg

造花かと思い近づけば
f0308898_20234414.jpg

「アオノリュウゼツラン」というらしい
f0308898_2024288.jpg

「土佐白浜」を過ぎ
「上川口」に入って歩道橋をくぐる
f0308898_20241287.jpg

この橋の西詰を右折
「蜷川(みながわ)」に沿って北上

ずっと「にながわ」と思っていたが
「みながわ」と読むとのこと
f0308898_20243157.jpg

県道55号線は
「土佐くろしお鉄道」の線路をくぐる
f0308898_20244529.jpg

しばらくは立派な道が続く
f0308898_20245954.jpg

右に行くと「伴太郎」集落に
ここは「打井川(うついがわ)」方向へ

【ご注意】

 四万十町「打井川」には、人気の「海洋堂ホビー館四万十」や「かっぱ館」があり、見学後に四万十市へ向かう時に、カーナビがこの県道大方大正線へ誘導することがあるらしい。

 この県道55号線は、ところどころ狭隘な部分があり、山道を走り慣れていないかたにはお勧めできません。

f0308898_20252518.jpg

趣きのある三差路を左に
f0308898_20254265.jpg

良い雰囲気の林道になる
f0308898_20255521.jpg


「千代の碑」とある
今もお供え物が絶えないという
f0308898_202694.jpg


 対岸には、「千代のとどろ」と「千代が渕」が見えている。この辺りに「待王坂」や「王無浜」といった、「王」と名の付く地名があるのは、その昔、後醍醐天皇の第一皇子、尊良親王がこの地に流されたことに由来する。

 この地の荘官「有井庄司」はこの皇子を手厚くもてなし、その娘の千代は、親王に食事を届ける役目をしていた。千代は時刻を知るために懐に鶏を抱いていたが、ある日食事を届ける前に鶏が鳴いてしまい、それをはかなんだ千代はこの滝に身を投げる。この話を伝え聞いた親王は、この地に墓を建て、毎日その菩提を弔ったと伝えられている。


f0308898_20262234.jpg

広場から見上げる「仏が森」
頂上直下は存外きつそう
f0308898_20263417.jpg

「佛ケ森隧道」南口に到着
隧道入口の西側に
そそられる林道のゲートあり
f0308898_2027168.jpg

この林道はどこへ?
f0308898_2027178.jpg

車種まで限定している
f0308898_20273248.jpg

いたるところに「発砲禁止」の立札
f0308898_20275052.jpg

「佛ケ森隧道」北口に駐車
f0308898_202818100.jpg


「仏が森」への登山道の入口、「佛ケ森隧道」の北口に立てられた案内板には、全国的にも数多く残っているといわれる、一つ足りなかったことを伝える「九十九谷(つくもだに)伝説」が記されている。

 昔、弘法大師がこの地を訪れた時、ここに千の谷があれば四国霊場八十八か所の札所を建てよう、ということになったが、天の邪鬼が谷を1つ隠したため九百九十九の谷しかなく、弘法大師は去ってしまった。

 このことを苦々しく思った地元の村人は、四つん這いの天の邪鬼を踏みつける阿弥陀如来像を彫り、山頂の祠に奉納したという。

f0308898_20282596.jpg

それでは入山
f0308898_20284577.jpg

しばらくは作業道を歩く
f0308898_20285785.jpg

「黒潮町」と「四万十市」の境界尾根に着く
f0308898_20292417.jpg

随所に実に親切な赤テープが
f0308898_20303752.jpg

お菓子のノエルに見える
このノエルは長い
1本まるまる食べてみたい
f0308898_20314559.jpg

倒木の根の地中側
f0308898_2032176.jpg

倒木の根の地表側

次第に土の部分が雨で取れると
屏風状の風倒木となる
f0308898_2032188.jpg

実に親切な赤テープ
f0308898_20323799.jpg

植生も豊か
f0308898_20325127.jpg

このタイプの風貌が多い
f0308898_2033656.jpg

これだと迷わない
進入禁止のロープまである
f0308898_20332775.jpg

すらっとした美人がお出迎え
f0308898_20334529.jpg

ここだけ岩がある
f0308898_2034541.jpg

手作りの鉄塔が見えて来た
f0308898_20342280.jpg

自己責任で登るようにとのこと
イエス・サー
f0308898_2035582.jpg

こりゃあ存外高いですゾ
f0308898_20351961.jpg

まずは頂上の社に参拝
f0308898_2036993.jpg

海抜687mとある
f0308898_20362162.jpg

あらたかなおかたが四体おられるが
「天の邪鬼」を踏みつけているという
「阿弥陀如来」様はどちらにおいでかな?
f0308898_20363369.jpg

地図アプリ「DIY」
これは使える
f0308898_20364687.jpg


では本日のメインエベント
鉄塔の真下に立つ
f0308898_20475138.jpg

これは勾配が早い
f0308898_204846.jpg

うっ、行けるかの?
f0308898_20481431.jpg

展望台には辿り着いたが
微妙に揺れて立てぬ
f0308898_20482468.jpg

座(いざ)ったままで撮影
f0308898_20483672.jpg

やっと慣れて来た
f0308898_20484738.jpg

やっと立ち上がれた
手すりの上辺が腰の位置に下がる
高知の西南端「足摺半島」が見える
f0308898_20485671.jpg

反時計回りに西から東へ
f0308898_2049759.jpg

白砂青松の入野海岸
f0308898_20491730.jpg

太平洋の大海原
f0308898_20492934.jpg

家の沖はアメリカですぞね
f0308898_20493855.jpg

得も言われぬ錆び具合
f0308898_20494845.jpg

四万十町「御在所山(大観峰)」方面
f0308898_20555334.jpg


長居もしづらいし
足元もおよけないし
何とかして降りなければ
f0308898_2056487.jpg

錆びちょるが切れんかの?
f0308898_20561459.jpg

潮吹く鯨は目視できず
f0308898_20562493.jpg

こりゃあ前向きには降りれん
f0308898_20563596.jpg

ゆるゆると下りて行く
f0308898_20564599.jpg

ようやく地ベタに着いた
f0308898_20565574.jpg


お名残り惜しゅうはござりまするが
ここらでお暇(いとま)いたしやしす
f0308898_2057494.jpg

鮫肌のような木肌
f0308898_20571419.jpg

贅沢な広葉樹の絨毯
f0308898_20572437.jpg

立ちはだかる倒木
f0308898_20573544.jpg

「594」の標柱
f0308898_20574644.jpg


 ここで道が3つに分かれる。左の作業道は登って来た作業道で、真ん中の作業道と右の登山道は、途中で接近する。

 帰路は「佛ケ森隧道」の南口に下山したいので、ここは右の小道を進む。10分ほど進むと、右下へ下る踏み跡がある、と聞いたが・・

f0308898_20575629.jpg

根元がカクッと曲っている
f0308898_205872.jpg

理科室で見たことがある
人体模型の血管さながら
f0308898_2058162.jpg

ここにも倒木
f0308898_20582482.jpg

正しく「佛ケ森隧道」の真上手前にいる
f0308898_20583450.jpg

真ん中の作業道に再び合流
f0308898_20584463.jpg

約10分ほどで
トンネル南口への下りの踏み跡とあるが
どうも見当たらぬ
この白骨林で断念
f0308898_20585450.jpg

あなたはどこから落ちてきましたぞ?
f0308898_2059276.jpg

イノシシの仕業か?
f0308898_20591042.jpg

ヌタ場にしては水たまりが無いが・・
f0308898_20591884.jpg

「佛ケ森隧道」北口の登山口に到着
f0308898_20593076.jpg

今日もステッキを忘れてきた
登山口で借りた杖を返却する
f0308898_20593953.jpg

ここからさらに北(ナビでは右)へ
四万十市の最奥部
「常六(じょうろく)」集落に
走り抜けたい気もするが・・
f0308898_20595788.jpg

隧道の北口から南口へと
帰路に着く

標高差約200mを約30分
広葉樹の葉で滑りやすい道を
ひたすら直登するのは予想外にきつい
f0308898_2101024.jpg

隧道の南口の右手
ここに下りてくる予定であったが
かなり荒れている印象
隧道北口の登山道往復が賢明かと
f0308898_2101926.jpg


 約1年近く五十肩に悩んでいるが、下山の際に思いがけないことが起こった。

 広葉樹の落陽が急斜面に降り積もった登山道、一度滑り始めると数メートルは止まらない。尾根の広場の手前、直線で10mほどの下り坂で、尻もちを着いたままズルズルと滑り始め、咄嗟に左手で傍らの木を掴んだ。

 順手に掴めばまだしも、逆手に掴んだために、五十肩の真っ最中の左肩をイヤというほど捏ねる格好になり、痛いので手を離したいものの、離せばそのまま滑りこけるものの、あまりの痛さに悲鳴を上げた。

 ところが、捨てる神あれば拾う神あり、これがうってつけの逆療法になったのか、肩が少しラクになった。いやはや、どこに幸せが転がっているかわからない、合掌。


by ky_kochi | 2016-01-31 13:00 | 登山 | Trackback | Comments(0)

鷲尾山(高知市)

 高知市中心街の、北に連なる山々を「北山」と呼び、南の山々を「南嶺(なんれい)」と呼ぶ。

 午後にぽっかり空いた3時間、その「南嶺」の中心的な山として、昔から高知市民に親しまれてきた「鷲尾山(わしおやま)」を歩いてきた。


f0308898_1754283.jpg


 「鷲尾山」から「吉野分岐」まで戻り、西隣りの「烏帽子山」へと縦走する予定であったが、本日の「鷲尾トンネル」北口からのルートは意外と急勾配。

 日頃の運動不足がたたり、「鷲尾山」山頂に取り着いた時には、縦走する意気込みはかけらも残っていなかった。

f0308898_16362172.png


「鷲尾トンネル」北口からのルートを選択
f0308898_17445316.jpg

登山道入口にある「南嶺」の全体図
f0308898_17451345.jpg

「鷲尾山」と「烏帽子山」は
平面では近そうに見えるが・・
f0308898_17453089.jpg

それではいざ入山
f0308898_17454211.jpg

この水で珈琲をたてる喫茶店があった
f0308898_17455757.jpg

良く手入れされている
f0308898_17461074.jpg

このあたりにだけ大岩がある
f0308898_17462397.jpg

いずこの山も倒木が多い
f0308898_174635100.jpg

この木の影のように足が長ければ・・
f0308898_17464918.jpg

柊(ひいらぎ)に似ているが・・
f0308898_1747677.jpg

この木がとても多い
f0308898_17472286.jpg

鳥の巣箱
f0308898_17473983.jpg


なかなか良(え)いですやいか
f0308898_1748116.jpg
f0308898_17481992.jpg
f0308898_17482633.jpg


恐竜の化石では?鱗に見える岩
f0308898_17484129.jpg

新旧の道標が並び立つ
f0308898_17494186.jpg

「吉野分岐」の三差路を左折東進
f0308898_17494852.jpg

ナイスな尾根筋を「鷲尾山」山頂へ
f0308898_1750286.jpg
f0308898_17503535.jpg
f0308898_17504377.jpg
f0308898_17505289.jpg

「おっ!」
f0308898_1751260.jpg

山頂にはパネル表示板
f0308898_17511633.jpg

安心して下さい
バンカーじゃありません
f0308898_17513333.jpg


山頂からの風景を
西から東へ
反時計回りにどうぞ

「土佐市」方向
f0308898_17522545.jpg

♪空と海との間には~
f0308898_17523398.jpg

「桂浜」方向
f0308898_17525143.jpg

「浦戸湾」の対岸に「大平山」
f0308898_175314.jpg


「龍馬マラソン」の心臓破りの橋
「浦戸大橋」が見えている
橋を渡ったところが月の名所の「桂浜」
f0308898_17531191.jpg


浦戸湾に浮かぶ
玉島(左)衣ケ島(中)ツヅキ島(右)
「大平山」も元は島だったのでは?
f0308898_1754283.jpg


山頂は広場になっている

 山頂広場の奥の端、木の麓の背もたれあたりから、山頂広場のベンチなどを入れて、東南方向を撮るのがおススメ。

 この日は、子供連れの若いお母さんのグループがいて撮影できなかった。もう一度「烏帽子山」の帰りに撮りに寄れ、との、山の神さまの思し召しに違いない。


f0308898_17554720.jpg
f0308898_17555933.jpg
f0308898_17564740.jpg
f0308898_1757595.jpg


山頂広場の東にも小さい広場がある
f0308898_17571995.jpg
f0308898_17572944.jpg


山頂にテレビ塔がある
烏帽子山(手前)と柏尾山(左奥)
f0308898_17574874.jpg

「烏帽子山」は山頂直下まで車で行けるので、次回は「烏帽子山」からこの「鷲尾山」までの稜線を下ってみたいが、停めて来た車までの帰りに困るのが1人登山の難点。

 2台の車で出かけ、1台をデポしてみたいのだが、気ままな一人歩きはなお捨てがたい、嗚呼。


下山途中で見つけた
ハート型の木の洞(うろ)
縁結びのスポットになりますまいか?
f0308898_1872055.jpg



 春野公麻呂氏のウエブサイトで、

『坂本龍馬の姉・乙女が月夜に拳銃を撃ってストレスを発散していたことが「維新土佐勤皇史」に記述されているほか、戦国期には本山氏に属する鷲尾山城があり、先の大戦時には陸軍のトーチカを擁する対空監視哨と高射砲陣地が設けられており、烏帽子山(358.7m・一等三角点峰)とを結ぶ尾根には今でも塹壕や蛸壺壕跡が残置しています。』

 と紹介されているこの「鷲尾山」へは、「南嶺」エリアのいたるところから登頂できるが、今日のルートだと登山口から約20分。

「吉野分岐」までの勾配がやや早いが、縦走路に入ると実に良い塩梅の尾根道となる。

 頂上からの眺めも素晴らしく、昼過ぎからふらっと出かけても十分満喫できる高知の里山の一つです。



by ky_kochi | 2016-01-16 14:00 | 登山 | Trackback | Comments(8)