ブログトップ

茶凡遊山記

chabon.exblog.jp

<   2015年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

野鹿池山(徳島県旧山城町)

 梅雨が良く似合う山といえば、徳島県旧山城町の「野鹿池山(のかのいけやま)」もその一つ。山頂直下にある「野鹿が遊んだ池」が山名の語源と聞くが、現在は灌木が繁り、池は湿原となっている。

 国道32号線に立っている「野鹿池山」の道路標識を見るたびに、どんな山かとあれこれ想像した子供時代が懐かしい。有名な湿地帯が徳島県側にあるため、高知では語られることが少ないが、高知県側からもほとんど山頂まで車で行くことができるシャクナゲの群生する山でもある。

 徳島県の剣山や三嶺の山系には、ここのところ野生シカが猛烈な勢いで増えている。ひょっとしたら近い将来、この「野鹿池山」にも野鹿が戻ってくるかもしれない。

 梅雨の合間に偶然訪れた晴れ時々曇りの日曜日、平成21年5月にリトルカブで遠征した「林道浦ノ谷平線」の再訪を兼ね、ゆらゆらと出かけてみた。


f0308898_18201347.jpg


高知自動車道大豊ICを降り
県道5号線を「笹ヶ峰」を目指し北上
かつての参勤交代道
「土佐街道北山越え」の
「立川番所」に寄り道
f0308898_1813163.jpg

本日のルートは画像左奥
アンテナの立っている山を越えて
徳島県へと向かう県境越え
f0308898_1815812.jpg


「幹線林道浦ノ谷平線」に入り
高知自動車道をくぐり
「八坂神社」下の掘り切りを曲った途端
信じられない光景が

リトルカブなら問題ないが
あいにく本日は四輪自動車
下山後に抜ける予定の
大歩危(おおぼけ)側から入山する
ルートに急遽変更
f0308898_1821299.jpg

国道32号線に戻る途中
「立川川」沿いにいくつかある
古い吊り橋に寄り道

カンタローミミズにやあらむと近寄れば
捻じ曲げてコンクリに練りこんだ鉄筋
鉄筋の縞模様がカンタローに酷似
f0308898_1823549.jpg

見上げる高知自動車の橋脚
f0308898_1824362.jpg

古い吊り橋のはるか先に
新しい高知自動車道の高架橋
f0308898_1825534.jpg

国道32号線に戻ると
大歩危峡までは
「四国三郎」の別名を持つ
「吉野川」に沿った緩やかな下り
平均燃費27.8km/h
自己ベストを更新
f0308898_183690.jpg

徳島県旧山城町の「藤川谷」は
妖怪伝説の里
f0308898_1831647.jpg

「野鹿池山」の由来は
蛇に関係があるらしい
f0308898_1833613.jpg

県道272号線沿線にも
いくつかの妖怪が待ち受けている
f0308898_1835318.jpg

この「夫婦遍土」は妖怪ではないらしく
妖怪マップには登場しない
f0308898_184921.jpg

「小泣きじじい」と思っていたら
「児啼きじじい」らしい
f0308898_184218.jpg

「市道浦の谷平線」を
「平上」まで登って来たが
ここで2度目の通行止め

幸いにも迂回路があり
「林道沢谷線」に入る

昔の登山ガイド本でみた
「沢谷橋」はこのあたりか?
f0308898_1843899.jpg

「金蛇大明神」、「へび石さん」、、
い、いかんっ、それだけはいかんっ。
f0308898_1845264.jpg

実にあっけなく
「黒滝山」と「野鹿池山」の分岐に到達
こちらの方がはるかに近い印象
f0308898_185439.jpg

おなじみの
「れいほくネイチャーハント」の案内板
f0308898_185167.jpg

前回の平成21年5月にも見た落し物
f0308898_1852743.jpg

ここが「野鹿池山」登山口への分岐
高知県側からだと
正面右手の「林道下名粟山線」を
登ってくることになる
f0308898_1853937.jpg

もの哀しさを漂わす看板
f0308898_1855762.jpg

登山口の周辺
f0308898_1862433.jpg

鳥居をくぐって入山
f0308898_18684.jpg


山頂直下の湿地帯にある
尾瀬沼にあるような遊歩道
f0308898_186414.jpg

倒木をそのまま残すためか
遊歩道に新道がついた
f0308898_1865473.jpg


それでは湿地帯の緑をどうぞ
f0308898_1871157.jpg
f0308898_1872823.jpg
f0308898_1874155.jpg
f0308898_1875451.jpg
f0308898_188862.jpg
f0308898_1882282.jpg


海抜1300メートル近いため
クマザサも混生している
f0308898_1883612.jpg


一風変わった植生をどうぞ
f0308898_188517.jpg
f0308898_189291.jpg
f0308898_1891419.jpg
f0308898_1892812.jpg
f0308898_1893892.jpg
f0308898_1810242.jpg


湿地帯の入口手前から山頂へと続く登山道
山頂までは半時間もかからない

青テープに大いにそそられるが
この時期の藪漕ぎ・・
この時期の湿地帯・・
天敵がおわしまするに違いない
迷うことなく敵前逃亡

f0308898_1895320.jpg

下山する途中
鳥居越しに見る峰々
「野鹿池山」は存外高い
f0308898_18104761.jpg

鳥居まで戻ってきた
山小屋の屋根にソーラー設備
f0308898_1811197.jpg

立派な山小屋が建てられている
f0308898_18114311.jpg

室内もなかなかグッド
一泊してみたい雰囲気
f0308898_18121251.jpg

山頂付近が湿地帯だけに
水は潤沢
f0308898_18123199.jpg

下山しようとカーナビを見ると
道なき道を走ってきた跡の白い点

点がやがて線に
『点と線』ならぬ『点が線』
f0308898_18124374.jpg


せっかくなので大歩危峡でしばしの休憩
「レストラン大歩危峡まんなか」の
駐車場北端にある展望台には
野鳥の餌付けのためのものか
ひまわりの種が
f0308898_18125583.jpg

「まんなか」は「吉野川舟下り」の出発点
f0308898_1813955.jpg


「野鹿池山」はシャクナゲの群生でも有名
この日はすでに花はなかったので
平成21年5月の画像から
f0308898_18133380.jpg

f0308898_1814522.jpg
f0308898_181538.jpg
f0308898_18151639.jpg
f0308898_18153030.jpg
f0308898_18154215.jpg


さらに平成21年5月の画像から

まだ元気だった頃の
遊歩道の木
f0308898_21202293.jpg

県境手前から見る高知自動車道
f0308898_21213820.jpg

「青年銀号」も今ではすっかり「いぶし銀号」
f0308898_21234187.jpg

高知自動車道の橋脚
f0308898_212420100.jpg

f0308898_21245553.jpg

f0308898_21251776.jpg


おまけ

①地面のヘビに注意か?
f0308898_21284819.jpg

②高さよりも老朽化がスリリング
f0308898_21291147.jpg



 平成21年5月の画像を見ると、今日よりもっと夏草の茂った藪を歩き、山頂まで登っていた。歳のせいというよりは、もともと小心な臆病者であったことによるが、最近日増しに単独行とヘビが怖くなり、三十六計逃げるが勝ち、を決め込むことが増えた。

 単独登山はそもそもが御法度だし、一人だけの林道巡りも危険極まりない。先日の黒森山でのリトルカブの故障がかなり効いている、これまで無事故だったのが不思議、やはり何事も経験である。

 前回の「野鹿池山」からの帰路は、今回登って来たルートの逆、県道272号線を「藤川谷」に沿って「大歩危」に下っているつもりが、実際は県道271号線を「白川谷」に沿って下っていて、さらに下流の「小歩危」に出てしまった。途中、「奥小歩危温泉」の前を通った時に初めて気が付いたが、まさに「大ボケ小ボケ」であった。

by ky_kochi | 2015-06-21 10:00 | 登山 | Trackback | Comments(0)

風の里公園(旧東津野村)

 旧東津野村「風の里公園」に行って来た。その名も目出度い「鶴松森(かくしょうもり)」から東へと続く稜線に、20基の風車が立ち並ぶこの公園。南には蛇行する新庄川、河口の須崎市の先には太平洋、北には「鳥形山」の奥に石鎚の峰々を遠望できるナイスビューポイントである。

 いきなりこの日の画像からご覧いただくと、初めて見るかたにはかなりインパクト不足。この公園には是非おでかけいただきたいので、平成20年1月の秋の好日、晴天の「風の里公園」からどうぞ。

f0308898_18743.jpg


まずは風車群から
f0308898_1862432.jpg
f0308898_1863248.jpg
f0308898_1864549.jpg
f0308898_1865346.jpg
f0308898_18743.jpg


続いて鳥形山
f0308898_1873052.jpg
f0308898_1874485.jpg


石鎚山遥拝所
f0308898_1885397.jpg

f0308898_188218.jpg
f0308898_1883291.jpg
f0308898_1884373.jpg


須崎市方面
f0308898_189329.jpg

 それでは、今日の「風の里公園」に。

 公園の南西、旧東津野村船戸といえば、魚梁瀬(やなせ)、天坪(あまつぼ)などと並ぶ県下有数の多雨地帯。この日も前日の晴天とはうって変わって薄曇り、目指していた「鶴松山」への登山は中止した。



須崎市から国道197号線へ入り
「重谷」からの入口まで来てみたが
昨年の豪雨のため通行止め
復旧は未定と書かれている
f0308898_142036100.jpg

「重谷林道」の入口で農作業中の男性
鍬を持つ手を止めて曰く

「この直(ち)きに下の駄場からの道は良うないけ、もびっと下の大谷から行てみるかね?黒川から行くよりは近いぞよ。それともこの布施が坂を越えて、船戸からも行けるがのうし」

来た道をはるか黒川まで下るのは躊躇われ
船戸からの道は
「林道北山矢筈線」と思われるが
「重谷林道」が通行止めなら
「北山矢筈線」も無傷ではあるまい
「大谷」から登ることに決定

「この道は
風の里公園に繋がっちょりますか?」
途中で会った男性に聞いたところ

「行ける、行ける。このまま行きよったら、やんだ重谷からの林道へ突き当たるけに、まっ、道が潰(つ)えちょらんかったらじゃけんどねえ、ふぉーふぉっふぉっ」

頼もしい言葉に励まされ
迷わず登攀再開
f0308898_1420535.jpg

見覚えのある三差路に到着
なるほどここで合流するのか
山肌に網の目のように
貼り巡らされた林道
やはり高知は山国
f0308898_1421731.jpg

交通安全を願って
津野町黒川の
老人クラブの皆さんが
手作りされたという
f0308898_14212017.jpg

「風の里公園」の西端
20号基まで完全舗装
f0308898_14213112.jpg

いたるところにナイス・キャラクター
f0308898_14215123.jpg

稜線を登り詰めた三叉路を左に
ここで北に一気に視界が開ける
f0308898_142221.jpg

公園全体の案内図
本日の目的地は左下「鶴松森」
登山口からわずか20分とある
「不入山(いらずやま)」と並ぶ
四万十源流の山の一つ
f0308898_14222010.jpg

公園内の各展望スポットには
無料の双眼鏡が設置されている
f0308898_1423315.jpg

蛇行する新庄川
眼下に須崎市方面を俯瞰
野見湾が見えている
f0308898_14234278.jpg

こんな風車が全部で20基ある
f0308898_1424293.jpg

「鶴松森」(左手前)への稜線
正面奥が四国カルストの稜線
「黒滝山」「天狗高原」「五段城」あたりか
f0308898_14241363.jpg

鳥が翼を広げたような山容から
付いた名前が「鳥形山」
日本屈指の石灰石の露天掘りにより
山頂部はすっかり消失してしまった
f0308898_14242996.jpg

ズーム・イン
矢筈に似ていたことから
かつては「矢筈山」とも呼ばれていた
f0308898_14244171.jpg

鈍い勘が的中
船戸からの
「林道北山矢筈線」も通行止
この林道は
「四万十源流点」へとつながっている
f0308898_14245239.jpg

「鶴松森」が見えてきた
鶴に松とはまことに御目出度い
f0308898_14251230.jpg

登山口は
最後の20番目風車の左横
f0308898_1425329.jpg

すぐに展望台に着く
f0308898_14255345.jpg

展望台から振り返り見る風車群
f0308898_14261115.jpg

「鶴松森」への登山道
い、いかん
この様子だと蛇を踏む
登頂断念の理由は
天候不良ではなく
まだ見もしていない蛇の影
f0308898_14263176.jpg

敵前逃亡する帰り道の木
仲が良いやら悪いやら
背中合わせの立ち姿や微妙
f0308898_14273270.jpg

展望広場にあるプロペラの実物
f0308898_14275249.jpg

天候がいかにも残念
ここは真っ青な空こそふさわしい
加えてインスタントカメラは
曇天にからきし弱い
f0308898_14282382.jpg

「石鎚山遥拝岩」へ寄り道
本日はあいにくと
石鎚山に雨雲がかかっている
f0308898_14284344.jpg

遥拝岩への道の途中では
一番高く一番近い位置で
プロペラを見ることができる
ブーンという独特の音が響いている
f0308898_14303057.jpg

左奥に中津明神山
正面の山肌に「大植」集落
f0308898_1431162.jpg

意外なバイパス道
「林道仁淀葉山線」への分岐
この道からは
聖神社や大タヲ山など
隠れスポットがいっぱいの
越知町の桐見川へと抜けられる
f0308898_14312380.jpg

国道197号線
ラーメンの「自由軒葉山店」の
やや須崎市より
「大谷トンネル」北口まで戻る

「鶴松森」への登頂を断念したので
せめてお土産の画像を撮りに
f0308898_14314088.jpg

国道439号線の未走行エリア
津野町から檮原町を経て
四万十町大正までを目指す
途中には
「下津井眼鏡橋」と「焼酎銀行」もある
f0308898_14315979.jpg

キムチが評判の檮原町下折戸
「チムジルハンレストラン鷹取」
f0308898_14325188.jpg

「四万十合衆国」は
平成の大合併前の
旧5か町村の5州で立国
f0308898_14331483.jpg

第二檮原発電所
コンクリート製の設備がなかなかシブい
f0308898_14333041.jpg

「松原の茶堂」
檮原町にはいたるところに茶堂がある
f0308898_14335215.jpg

このイラストマップのタッチは
旧本川村を遊山する際のベースキャンプ
喫茶「うの花」で見たことがある
作者は営林署に勤務するかたと聞いた
f0308898_14341948.jpg

「兄(にい)やんは高知市へ往(い)ぬるがかよ?大正へ抜けるがやったらこっちが近い道も良(え)いきに、とんと40分は違うのお。途中で迷うところというたら・・、迷うところというたら・・、迷うところは無いのう、まあ行てみ」

ここは迷わず左の
「ふるさと林道松原中津川線」を選択
f0308898_14343814.jpg

「松原中津川トンネル」は1,487mもある
f0308898_1436987.jpg

たしかに近かったが
このふるさと林道は
「下津井眼鏡橋」は通らない
したがって
再び旧大正町大奈路から
再び国道439号線を北上
持ってきていながら地図を確認しない
いつもの悪い癖
何とか下津井集落に到達
下津井ダム湖はホタルの乱舞で有名
f0308898_14362764.jpg

林業鉄道の軌道跡である
「下津井眼鏡橋」
f0308898_14364134.jpg

人はもちろん
バイクでも渡れる
f0308898_14365393.jpg

橋の南詰めの先は
いかにも林鉄軌道跡の風情
先に進むと
一般道として利用されている部分や
トンネルも残っているという
廃線マニアとしては
是非ゆっくりきてみたい
f0308898_1437106.jpg

なかなかの高さ
f0308898_14372774.jpg

旧大正町は
栗焼酎「ダバダ火振り」でも有名
何と元銀行だった建物で焼酎を保管し
預入業務と払出業務をしているらしい
f0308898_14374188.jpg

世界で初めての試みという
いかにもこの酒蔵の女将さんらしい
奇想天外な発想
f0308898_1441243.jpg

たしかに金融機関独特の造り
子ども時分に見た記憶あり
f0308898_14415442.jpg


四万十町若井の沈下橋
これも昨年の豪雨で決壊したものであろうか
中央部分が落ちたままとなっている
f0308898_14421729.jpg



それではここで
キャラクターたちに登場願おう

(平成20年1月撮影)
f0308898_1845681.jpg
f0308898_185611.jpg
f0308898_18519100.jpg
f0308898_1852740.jpg
f0308898_185399.jpg
f0308898_18548100.jpg


 デジカメの画像の日付を見ると、これまでに「風の里公園」へはのべ4回来ている。そのうち3回は高知市から麓までは晴れていたのに、稜線まで来ると曇っていたり降っていたりと、なかなかお日さまが笑ってくれなかった。

 春は霞むし、冬は凍る。天高く馬肥える秋、あるいは初冬をお勧めしたいが、公園は海抜1000m、特に北側には秋早くから春遅くまで雪があるので、お足許に気をつけて。また、夏にかけては雨上がりの翌日をお勧めするが、大雨の後には落石にご注意を。

by ky_kochi | 2015-06-07 12:00 | 登山 | Trackback | Comments(0)

城ケ森(高知市)

 県庁所在地を流れる川としては、日本でも屈指の美しさを誇る鏡川。その支流である行川(なめかわ)を遡上、「城ケ森(じょうがもり)」へ行ってきた。

 山頂に立つ大きな2本の木の木陰には、大きな木製のテーブルと椅子。梅雨とは思えない晴天の今日、山頂を吹き抜ける涼風の先、はるか遠く東には室戸岬まで眺めることができた。

f0308898_2082342.jpg


高知自動車道の高架橋をくぐる
f0308898_2083675.jpg

県道沿いの「良心市」
好天に売れ行きも好調
f0308898_20101157.jpg

川沿いの田んぼの真ん中にお地蔵様
田んぼを撫でる涼風に
苗もお地蔵様も気持ち良さげ
f0308898_2091112.jpg

県道273号線へと分岐
「行川」と書いて「なめかわ」と読む
f0308898_20315675.jpg

この川原へは
何度泳ぎに来たことか
何度BBQに来たことか
f0308898_20105099.jpg

おそらく20年以上はここにある看板
剃り込みを入れていた非行少年も
いい具合の中年親父になったことであろう
f0308898_2011477.jpg

この地図は比較的新しい
f0308898_20111828.jpg

左が領家(りょうけ)右が上里(じょうり)
手前が高知だが
よく見てみると
道と字の部分が消えている
旧鏡村から同じ高知市へ統合され
表現が苦しくなったためか?
f0308898_2011326.jpg

土佐郡だけで十六もの村があったらしい
f0308898_20114841.jpg

定年退職した先輩が
野菜作りに通う家庭菜園
なんと調理設備まで完備
この畑で収穫した野菜で
作ってくれた豚汁を
ブルーテントで御馳走になったが
その美味しかったこと
美味しかったこと
f0308898_2012398.jpg

道路に「JAよれいこ」の文字をみたら
県道から分岐していったん下る
「よれいこ」とは
ショウガの「予冷庫」と思われる
f0308898_20121773.jpg

梅雨入りしているとは
とても思えない
秋のような青空
f0308898_20123049.jpg

花の名前を先日ネットで見かけたのに
どうしても思い出せない・・
この時期よくみかける白い花
f0308898_20124377.jpg

こちらは食用
これだけ並ぶとお見事
このところの日照りで
菜っ葉も喉が渇いているように見える
f0308898_2013799.jpg

おっ見通しが開けてきた
f0308898_20134498.jpg

山の素材で作られた道案内
f0308898_20135851.jpg

山桜がきれいな「柱谷」への分岐
ここはライトターン
f0308898_20141725.jpg

手作りの道案内板
ところどころパーツが・・
f0308898_20143436.jpg

頂上の直下まで簡易舗装あり
f0308898_20145492.jpg

シダもご立派
f0308898_20151023.jpg

こんな低山にまでイノシシが
f0308898_20152554.jpg

山頂直下の広場
最近はこの広場の奥から
反時計回りに頂上を巻く
遊歩道を推奨しているもよう
f0308898_20154598.jpg

山頂直下の登山口に到着
カブもここから先は無理
f0308898_20161029.jpg

わずか1分足らずの登山道
f0308898_20163778.jpg

「城ケ森」の山頂
どう見ても梅雨の空ではない
f0308898_2017432.jpg

山頂からの北の眺め
遠景の稜線
左は「雪光山」
そのすぐ右肩が「敷ノ山」
右は「工石山」
f0308898_20173675.jpg

山頂広場には
木製の大きなテーブルとベンチ
f0308898_20224711.jpg

山頂からの東の眺め
高知市中心部、五台山、室戸岬方向
右に見える稜線は高知市の南嶺
左の尖りは鴻ノ森
f0308898_2023369.jpg

山頂からの南の眺め
高知市「朝倉」方向
f0308898_20232790.jpg

高知自動車道「いのIC」の南
はるか山の向こうに太平洋
やっぱり地球は丸い
f0308898_20235398.jpg

ここ「城ケ森」は
ツツジと山桜の名所
ツツジに珍しい蝶々が飛来
f0308898_2024727.jpg

高知市の南嶺の先に
室戸岬が見えている
こうして見ると筆山は
確かに筆の形をしている
f0308898_20242061.jpg

麓からもはっきりと見える2本の木
木陰の下は夏でも涼しい
何の木だったかを見てくることを忘れたが
クスノキのような
葉が広い木が立っている
f0308898_20243466.jpg

ショウガの名産地
f0308898_20245233.jpg

害獣防御のための電柵
なるほど
それで従前の農道ではなく
遊歩道への誘導か
f0308898_202597.jpg

「長畝(ながうね)峠」へ寄り道
f0308898_20261621.jpg

「長畝峠」へはここから徒歩
f0308898_20263238.jpg

碑が建っている
かつてここには
大きな老松が立っていたという
f0308898_20264620.jpg

碑の上にはお地蔵様
f0308898_2027268.jpg

「土佐の雪道」とある
f0308898_20271782.jpg

『寺川郷談』について触れられている

江戸時代の旧本川村の手箱山
山中の氷室に保存していた氷を
はるばる高知城のお殿様へ
運んだという氷室伝説

氷室から出された氷は
「土佐の雪道」を通り
はるか「越裏門(えりもん)」の奥山から
この「長畝峠」を越えて
高知の城下まで運ばれてきたという
f0308898_20273374.jpg

なかなかシブい峠の風情
f0308898_20274956.jpg

切り株もグッド
f0308898_2028736.jpg

イノシシには通り道がある
しかしこの檻は存外太い
f0308898_2028218.jpg

初めて走る作業道
登りの左折はパス
安直な下りを選ぶ
いつもながらのひ弱者
f0308898_20283927.jpg

ここも安全牌の真ん中を選ぶと
なんのことはない
すぐに元の分岐点に戻ってしまった
f0308898_20285159.jpg

行川小学校正門に立つ二宮金次郎像
f0308898_2029435.jpg

「鏡川」に沿って下る帰路
「柱谷」集落の頭上に見える「城ケ森」
頂上の尖りは2本の大木
f0308898_20292299.jpg

子供たちはもう泳いでいる
f0308898_20301027.jpg

通るたび気になっていた
「大河内(おおがち)」集落
県道をUターンして
ほんのさわりだけを走ってみたが
その山の奥の深さに本日は撤退
次回の調査対象候補とする
f0308898_20303063.jpg


 海一辺倒から山派に一転させたのが、四国最高峰「石鎚山」の紅葉であったが、石鎚山系で高知県の旧本川村側に関心を持ったのは、『寺川郷談』(一説には『寺川狂談』)によるところが大きい。

『寺川郷談』は、土佐藩の下級役人「春木繁則」が、本川村寺川に山番として駐在したときの見聞録であり、当時の風土風習を知る上で大変重要な書き物であるが、いま普通に読んでも大変面白い書き物でもある。

 いくつか現代語訳も出版されているので、書店などで見かけたら、ぜひ手にとって開いてみていただきたい。




by ky_kochi | 2015-06-06 14:00 | 登山 | Trackback | Comments(0)