人気ブログランキング |
ブログトップ

茶凡遊山記

chabon.exblog.jp

<   2013年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧

宇津野山~鷲尾山~皿が峰(高知市)

 高知県交通の路線バスの行先表示板で、かつてよく目にした「柿の又」「吉原」「川口」「高川」などは、高知市の背中にひろがる北山、あるいはまだそのまだ奥にある。

 土佐電気鉄道の路線バス、「宇津野」行きもこの北山の麓へと向かうのであるが、高知市の南、鏡川の南に連なる、北山に対して南嶺とよばれる峰々の中の、「宇津野山」だと長い間勘違していた時期がある。

 今日はその南嶺の峰々のうち、東にある宇津野山から西の鷲尾山へと縦走。さらにその先にある烏帽子山へは向かわずに、いったん北側に下山。吉野越えのすぐ先にある土佐塾中高から延びるウサギ道を抜け、筆山の隣りの皿が峰、通称「アルシンド山」へと周遊してみた。


f0308898_15384857.jpg


サニーマート六泉寺町店に駐車、大山祗神社を右にみて、
f0308898_15405556.jpg


急登を喘ぎながら登ると一条の光が。
f0308898_1542022.jpg

かつての往還を偲ばせる雰囲気の良い宇津野峠に到着。
f0308898_15425287.jpg

峠の休憩場所からは、北に高知市中心部、
f0308898_15432889.jpg

南には浦戸湾。
f0308898_1544345.jpg

最終目的地、皿が峰のずっと左奥に三角形の雪光山。
f0308898_15464454.jpg

雰囲気の良い尾根筋の登山道を進むと、
f0308898_15472471.jpg

随所に南側への集落への分岐が。
f0308898_15482444.jpg

f0308898_15484339.jpg

四国電力の鉄塔をいくつかくぐりながら進むと、
f0308898_1549238.jpg

ほどなく眺望のほとんどない宇津野山の山頂に到着。
f0308898_15503134.jpg

この時期になってもヘビの影に怯えながら、
f0308898_15511446.jpg

膝にやさしい落葉の絨毯を進むと、
f0308898_15514441.jpg

鷲尾山の東の番人が鎮座。
f0308898_15523194.jpg

鷲尾山の山頂にはパノラマ板。
f0308898_15532496.jpg

空ではなく、本日はベタ凪ぎの太平洋。
f0308898_1554258.jpg

稜線の先、烏帽子山もそそられるが皿が峰の側へ。
f0308898_15552944.jpg

浦戸湾の先には、月の名所の桂浜。
f0308898_15561145.jpg

びっしりと木に生えたこのキノコは、どうも食べられそうにない。
f0308898_15565739.jpg

ここにも見事なオブジェが。
f0308898_15572893.jpg

土佐塾から振り返る鷲尾山、右のテレビ塔は烏帽子山。
f0308898_15594026.jpg

ここからはウサギ道、
f0308898_1601892.jpg

ようやく林道に出る。
f0308898_161113.jpg

本日の最終目的地、皿が峰。
f0308898_1615788.jpg

だんだん近づいてくるライオン岩。
f0308898_1624239.jpg

ライオン岩から見る潮江地区。
f0308898_1631758.jpg

あの稜線をぐるりと周遊してきたとは、まだまだ若い。
f0308898_1675472.jpg

皿が峰の山頂に到着、本日の三座目。
f0308898_1685735.jpg

では、皿が峰から360度のパノラマを時計回りにどうぞ。
f0308898_1610539.jpg

f0308898_16103226.jpg

f0308898_16105733.jpg

f0308898_16112381.jpg
f0308898_16114175.jpg
f0308898_16115564.jpg
f0308898_16121072.jpg
f0308898_1612314.jpg
f0308898_16131241.jpg
f0308898_1613266.jpg
f0308898_16133819.jpg

下山途中で振り返る皿が峰。
f0308898_16323128.jpg

by ky_kochi | 2013-12-15 16:35 | 登山 | Trackback | Comments(0)

大滝山(高知市)

 旧土佐山村の大滝山へは、南側の「オーベルジュ土佐山」からの約2時間の急登コースと、北側の「ふるさと林道工石山線」登山口からの約20分の安直コースとがある。

 たしか平成14年頃の高知新聞で、地元の人々が約3年をかけてこつこつと登山道を拓いたことが紹介されていた記憶があり、地元の人々の熱意を感じさせていただこうと一念発起、本日の山行となった次第。

 「オーベルジュ土佐山」のフロントの妙齢のご婦人は「中級というよりは上級ですよ」、登山口前の地場産店「とんとんの店」のお嬢さんは「登りますか?きついですよ」、地元の初老の男性は「南からはきついけに儂らあは北から登るぜよ」と、皆さん深く心配をしていただいた。


09:20「とんとんの店」の向かいにある登山口より入山。
f0308898_16455772.jpg

09:53初めの林道との交差点、ここまでが相当にキツイ。
f0308898_16475258.jpg

急登を示す真上を向いた道標がシダの中でお出迎え。
f0308898_16511135.jpg

10:21
2番目の林道との交差点を過ぎるとやがて「第1見晴台」。
f0308898_16541947.jpg

目指す大滝山ははるか上方。
f0308898_16544262.jpg

10:31「藤が滝山頂」に到着。
f0308898_16571526.jpg

10:36「第2見晴台」に到着、頂上が少しだけ近づく。
f0308898_16583413.jpg

10:40「ユリコミのたお」を通過。
f0308898_16592238.jpg

10:47なかなかしぶい巨木を過ぎると、
f0308898_1701016.jpg

10:47「子石鎚山」へ到着。
f0308898_1721069.jpg

鎖場を過ぎ、
f0308898_1731664.jpg

雰囲気の良い尾根筋を歩いて行くと、
f0308898_1733560.jpg

道の真ん中に落し物。
紙を使った跡がないので人間ではないらしい。
f0308898_1744138.jpg

11:01「第3猿討ち」を通過。
f0308898_175421.jpg

11:10ここも大昔は海底だったのか大岩が鎮座。
f0308898_1764654.jpg

11:21「大滝山」登頂に成功、三等三角点発見。
f0308898_1781623.jpg

11:25山頂はススキが高く見通しもイマイチ。
直ちにこの山の名所「魚売石」へ。
途中に、天狗が食卓に使ったと思われる大岩が。
f0308898_17103247.jpg

f0308898_1815570.jpg

11:29「第4魚売石」から見下ろす、「オーベルジュ土佐山」のある集落(右下)と「鏡ダム」(左上)
f0308898_17131181.jpg

11:40弁当の後、さらに腹が出っ張り足元がみえづらい。
f0308898_17143592.jpg

12:00ゆるゆると下山開始、あの稜線を下るとは、、。
f0308898_184544.jpg

まずは鎖場から。
f0308898_17151481.jpg

趣きのある下山道。
f0308898_17161896.jpg

見ようによっては鶴と亀、まことに目出度い。
f0308898_17184925.jpg

登って来る時におりましたかな?
f0308898_172021.jpg

これは一体何ですぞ?
f0308898_1720595.jpg

どちらさんかな?
f0308898_172148100.jpg

見事なオブジェ。
f0308898_17223381.jpg

分水嶺を走る登山道を、脱兎ならぬ脱豚のように。
f0308898_17234045.jpg

どうもこのタイプが多いようで、、。
f0308898_17242274.jpg

使いようによっては必ずしもゴミとは言いにくい。
f0308898_17262336.jpg

倒(かや)らんように足元を縛ってくれる蔓。
f0308898_17271416.jpg

ご立派、サイの角にも見えますぞ。
f0308898_17282045.jpg

ヘビだけはどうぞ勘弁して下さい。
f0308898_17291378.jpg

北側の枝はどこへ行きましたぞ?
f0308898_17295620.jpg

あんなところまで登っていたとは、、。
自分で自分を誉めてあげたい。
f0308898_17303025.jpg

何もかもがひっくり倒(かや)ったという感じですな。
f0308898_17321126.jpg

お賽銭でも入れまひょか。
f0308898_1733122.jpg

なんぼ言うたち、そんなにかきつかいじゃちえいろうに。
f0308898_1736674.jpg

f0308898_17334923.jpg

これは何という鳥のお住まいどころですろうか?
f0308898_1737078.jpg

13:40無事下山。
もしまた来る時があれば、きっと杖をお借りしましょうぞ。
f0308898_17372138.jpg

石段の真ん中に咲く花、花の名前がわからない、嗚呼。
f0308898_17495480.jpg

by ky_kochi | 2013-12-08 12:00 | 登山 | Trackback | Comments(0)