ブログトップ

茶凡遊山記

chabon.exblog.jp

カテゴリ:番外編( 17 )

高知城(高知市)~2007年晩秋~

 昔の画像を整理していたら、ちょうど11年前の今日、愛犬と高知城へ散歩に出かけた日の画像が目が留まった。

 チーズ嬢を自転車の前カゴに入れて高知城まで行き、お城がある「大高坂山(おおたかさかやま)」をよく散歩したものだった。

 樹木も齢を重ねると見えて、この頃と比べると最近は樹勢がやや衰えているように思える。

【2007年12月撮影】
f0308898_14110425.jpg
高知県庁西庁舎前の銀杏並木
f0308898_14094123.jpg
ツワブキも黄色い花を咲かせている
f0308898_14112579.jpg
「城西公園」の銀杏もお見事!
f0308898_14113509.jpg
f0308898_14114296.jpg
f0308898_14115099.jpg
f0308898_14115841.jpg
f0308898_14120556.jpg
西庁舎前の銀杏並木(南)
f0308898_14124841.jpg
高知県庁本庁舎の北に高知城
f0308898_14174739.jpg
西庁舎前の銀杏並木(北)
f0308898_14175783.jpg
高知城の北側
「辷山(すべりやま)」から登城する
f0308898_14180520.jpg
この辺りは赤黄緑と3色が混ざる
f0308898_14181311.jpg
f0308898_14182119.jpg
f0308898_14182964.jpg
f0308898_14183624.jpg
f0308898_14184452.jpg
逆光もまた良し
f0308898_14185357.jpg
f0308898_14190074.jpg
f0308898_14190709.jpg
f0308898_14191530.jpg
f0308898_14240938.jpg
f0308898_14242032.jpg
f0308898_14242944.jpg
「二ノ丸」到着
f0308898_14243603.jpg

f0308898_14244528.jpg
f0308898_14245151.jpg
「三ノ丸」へと下る
f0308898_14245936.jpg
f0308898_14250786.jpg
f0308898_14251490.jpg
f0308898_14252273.jpg
いつの間にか終わっていた
石垣の修復工事
f0308898_14253180.jpg
f0308898_14253812.jpg

 高知城などの里山はいうに及ばず、海抜1000m程度の山なら同行、さすがは四輪駆動、人よりも断然足が速く、かつ軽かった。

「工石山」の山頂では、大型犬を連れて登って来た人に、「こんな小型犬を連れてきたらいかんっ、足が曲がる」と真顔で説教されたこともあった。

 が、いつも室内で退屈しているものと見えて、野山に解き放つと生き生きとしているように思え、機会あるごとに遊山に連れ出したことであった。その甲斐あってと勝手に思い込んでいるが、18年の長寿を全うし旅立ったのが4年前。あれからペットショップに立ち寄ることはあっても、また犬を飼おうと思うことは決してない。

飼い主の前を歩くのが難点
f0308898_14254542.jpg
鐘撞堂の真下に来た
f0308898_14255267.jpg
f0308898_14262734.jpg
f0308898_14263645.jpg
鐘撞堂の段に到着
f0308898_14264369.jpg
こらっ!誰ならっ落書きしたがは?
f0308898_14265114.jpg
もう一段上が天守となる
f0308898_14265974.jpg
ビル壁面に映る紅葉
鳥が間違って激突するはず
f0308898_14270630.jpg
f0308898_14271216.jpg
真夏に天守の畳で昼寝すると
得も言われぬ心地良さ
f0308898_14272872.jpg
県庁前の銀杏並木
正面左が「筆山(ひつざん)」
f0308898_14273930.jpg
銀杏のあとは
紅葉を見ながらの下城
f0308898_14284424.jpg
f0308898_14285079.jpg
f0308898_14285621.jpg
f0308898_14290252.jpg
f0308898_14291197.jpg
f0308898_14292234.jpg
f0308898_14292915.jpg
f0308898_14293737.jpg
f0308898_14295067.jpg
f0308898_14295761.jpg
f0308898_14310258.jpg
f0308898_14310950.jpg
f0308898_14312382.jpg
f0308898_14313037.jpg
f0308898_14313822.jpg
f0308898_14314544.jpg
「辷山」を下る
f0308898_14315559.jpg
駐輪している間に溜まった落葉
f0308898_14320282.jpg
「城西公園」を通って帰ろう
f0308898_14320805.jpg
f0308898_14321781.jpg
自転車の前カゴに
ボッチリ(=ちょうど)おさまる体型
f0308898_14322538.jpg

 約10年前、デジカメを使い始めた頃の画像を今になって見返すと、カメラのスペックは決して高くないのに、景色が若く逞しく美しいように感じられる。

 特に最近撮った山の画像は、近頃は人が立ち入る機会が減ってきているためか、ただただ雑木が繁って見通しも悪く、殺伐とした雰囲気さえ漂っている。

 水辺の画像もまた然り、どうにも透明感が弱くなった印象であるが、「写真」は「真」実を「写」すと書いている、自分が撮ったように写っているはず、先ずは自身の腕の悪さを認めなければ。

 

by ky_kochi | 2018-12-01 14:16 | 番外編 | Trackback | Comments(4)

鳴無神社(須崎市)

 東西に長い「浦ノ内湾」の西の端に、参道が海へと延びることから「土佐の宮島」と呼ばれる「鳴無(おとなし)神社」があり、強烈な縁結びのパワースポットとして、県内外から多くの参拝者を集めている。

 普段はカブや車で陸側から行くところ、本日は古式にのっとり海側からの参拝。だが、これはきっと御利益があるに違いない、と考えるような手合いには、きっと神様は微笑んではくれますまい。

 これまで全く無縁であった膝痛や歯の噛み合わせの不調からか、奥山に分け入る気にもならなければ、銀号での遠出も気乗りせず、遊山は開店休業の状態。本日は、路線バスと巡行船の遊山となったが、これがなかなかどうして、近年にない楽しい遊山となった次第。

f0308898_11264463.jpg
古式によれば沖合から船で上陸
f0308898_20063857.jpg
この石段を登り
f0308898_20065315.jpg
鳥居をくぐって
f0308898_20071869.jpg
拝殿へ
f0308898_20073128.jpg
f0308898_20075093.jpg
本殿を仰ぎ見て
f0308898_20080255.jpg
f0308898_20081507.jpg
f0308898_20082775.jpg
参拝の後は
f0308898_20084216.jpg
再び鳥居をくぐり
f0308898_20085764.jpg
f0308898_20090706.jpg
f0308898_20091834.jpg
この参道から
f0308898_20100337.jpg
海を渡って帰るという段取り
f0308898_20093516.jpg

「須崎市営巡航船」に乗って、海側から「鳴無神社」に参拝したのには理由がある。

 地元の小学校を卒業し、高知市の中学校に入学、親元を離れたのがかれこれ40年以上も前になる。

 夏休みなどの帰省から高知市の学生寮に戻る日は、車で送ってもらうことが多かった。高知自動車道はまだなくて、県西部の旧窪川町から高知市へ国道56号線を東進するのだが、その途中にこの須崎市があった。

 国道をそのまま直進することがほとんどだったが、須崎市で「横浪スカイライン」へと右折、回り道をすることを祈ったものであった。

「横浪スカイライン」入口の「鳴無」にある貝料理「浮橋」で、貝やエビを卓上バーベキューコンロで焼き、貝飯や貝汁と一緒に食べる美味しさは格別であった。須崎市内には「横浪スカイライン」への分岐点が数か所あったが、最後の分岐点でも右のウインカーが出ない日は、大いに落胆したものであった。

 高知大学に入学したご子息の引越のため来県していた、県外の友人父子を案内したのがもう数年前になる。今日は古式にのっとった「鳴無神社」参拝の日でもある、四昔前にタイムスリップしてみよう。


鳥居のマークの「鳴無神社」から
海上の「浮橋」までは約1キロ
散歩にボッチリ(=ちょうど)の距離
f0308898_20324795.png
地元のかたが建立した鳥居を過ぎると
f0308898_20104170.jpg
広い駐車場のあたりから
f0308898_20111038.jpg
入り江の右奥に「浮橋」が見えてくる
f0308898_20112182.jpg
道嵩を上げる工事中だが、津波は・・
f0308898_20122509.jpg
3つも右折禁止の警告がある
たしかに左折したくなる三差路ではある
f0308898_20123673.jpg
擁壁の上に、赤、黄、緑と揃っている
f0308898_20124526.jpg
「浮橋」は海上に浮かぶレストラン
f0308898_20125390.jpg
はて、陸地から続くこのケーブルは?
f0308898_20130321.jpg
県道からの「鳴無神社」への分岐点
f0308898_20131096.jpg
「鳴無」と書いて「おとなし」と読む
f0308898_20131917.jpg
「くろしお奥の院」なるほど
f0308898_20132506.jpg
今なお樹勢は盛ん
f0308898_20133356.jpg
懐かしい看板は昔のまま
f0308898_20134071.jpg
坂を下り
f0308898_20134846.jpg
橋を渡る
f0308898_20135643.jpg
通称「貝盛り」
1人前なのにこの倍以上ある
f0308898_20140300.jpg
ハマグリ
f0308898_20141100.jpg
長太郎貝が2枚
f0308898_20152632.jpg
サザ「エ」を
サザ「イ」と発音する年代がある
土佐では「エ」と「イ」は実に繊細
f0308898_20153442.jpg
焦がし過ぎてしまった
f0308898_20154365.jpg
ホタテと似ているが
食感が微妙に違う長太郎貝
f0308898_20155024.jpg
2枚を1度に焼いたので
これまた焦がし過ぎ
f0308898_20160082.jpg
女将さんからのお裾分け
f0308898_20160993.jpg
春生まれのせいか
アサリとタケノコが大好物
f0308898_20161615.jpg
本日の大トリはナガレコ
f0308898_20162229.jpg
アワビより好きなナガレコ
f0308898_20163014.jpg
南側にもう一つ座敷がある
f0308898_20163869.jpg
こちらは入口の北側の座敷
f0308898_20164657.jpg
たまるか1人でそれほど食べて
f0308898_20165357.jpg
「ご飯物」に並ぶメニューはどれも逸品
f0308898_20170121.jpg
どりゃそろそろ往(い)ぬろうか
船の時間も近くなってきた
f0308898_20170843.jpg
おやっ?
f0308898_20173286.jpg
「浮島」は2棟続きになっている
f0308898_20173986.jpg
アケビの喰い殻が
堤防に一定間隔に放置されている
サルの仕業であろうか?
f0308898_20174832.jpg
この小径の先に工房があるらしい
「少年時代の夢を追いかけて
薪ストーブ職人になった」
小野さんご夫婦の工房であると
帰宅してからネットで拝見
f0308898_20175614.jpg
ぜひ一度寄らせていただきたい
f0308898_20180468.jpg
素敵なご夫婦に違いない
f0308898_20181193.jpg
距離は近いはずなのに
海上から見るよりずっと遠くに見える
虚空蔵山(中央奥)と蟠蛇森(左端の奥の奥)
f0308898_20181956.jpg
たしかツワブキさんかと・・
f0308898_20182901.jpg
こちらは自然薯殿では?
f0308898_20183750.jpg
緑と赤は反対色と呼ばれ
お互いを引き立て合うらしい
そういえばマグロの赤身を包む紙は緑色
f0308898_20184583.jpg
お地蔵様にお参りするためだけに
作られたと思われる階段
f0308898_20185377.jpg
実がモブレついちょる
f0308898_20190053.jpg
地元の氏神「荒神(こうじん)様」
f0308898_20190861.jpg
榊にも実が付き始めた
f0308898_20191602.jpg
右手には広大な駐車場がある
「鳴無神社」は赤い鳥居のすぐ先
f0308898_20193856.jpg
「鳴無神社」に戻って来た
f0308898_20194792.jpg
創建は西暦460年で
現社殿は
土佐2代藩主山内忠義公が
1663年に再建したもの
f0308898_20195452.jpg
土佐山内家の家紋である
「丸に三葉柏」(土佐柏)
f0308898_20200316.jpg
f0308898_20201298.jpg
これはこれは
零余子(ムカゴ)殿ではありますまいか
よくぞ今日まで御無事で
f0308898_20201960.jpg
社殿の少し東には
雰囲気の変わった森がある
f0308898_20202789.jpg
拝殿正面から見て
f0308898_20203549.jpg
f0308898_20204369.jpg
右手奥には古井戸がある
f0308898_20205299.jpg
f0308898_20205953.jpg
こちらは拝殿に向かって左から見る本殿
f0308898_20210816.jpg
f0308898_20211762.jpg
とても葉数が多い紅葉
f0308898_20212580.jpg
能の舞台のような幣殿
f0308898_20223035.jpg
本殿はなかなか荘厳
f0308898_20223940.jpg
こんなところにも「土佐柏」
f0308898_20224728.jpg
神事に使われると思われる道具
f0308898_20225386.jpg
f0308898_20230189.jpg


 墓所に決めた里山「三ノ丸」も、近所にある「薫的神社」も、そしてまたこの「鳴無神社」も、土佐藩2代目藩主山内忠義公のゆかりの地。袖振り合うも他生の縁、躓く石も縁の端、これもまた何かのご縁かもしれない。

f0308898_20231000.jpg
それではそろそろお暇いたしましょう
f0308898_20231795.jpg
海へと続く参道へと進む
f0308898_20232506.jpg
歩いて行けるのはここまで
海中にはあと何段ぐらいあるのだろう
f0308898_20243140.jpg
この菜っ葉は食べれますろうか
f0308898_20234298.jpg
西に見えているのが乗船場
f0308898_20233391.jpg
堤防の裏は広い車道だが
試しに堤防のヘリを歩いてみよう
f0308898_20245790.jpg
途中で振り返りみる参道鳥居前
f0308898_20244672.jpg
もう少しで乗船場
乗船場は潮の干満にあわせて
階段状になっている
f0308898_20250798.jpg
何のことはない
歩いて来られた
f0308898_20253503.jpg
おやっ?
f0308898_20254203.jpg
基準点「鳴無海岸」と刻まれている
f0308898_20254959.jpg
北岸の「横浪」から
波を蹴散らしやって来る巡航船
f0308898_20255652.jpg
船着場の前では「スロー」モードに
f0308898_20260467.jpg
この傾きが堪らない
f0308898_20261281.jpg
往路はお遍路さんが1人乗っていたが
復路はチャーター船のもよう
f0308898_20262229.jpg
床と昇降ステップは同一色
f0308898_20262980.jpg
あまりに気持ち良くついうたた寝
復路の写真はこの1枚のみ
f0308898_20263712.jpg
「宇佐大橋」が近くに見えてきた
まもなく終点の「埋立」
f0308898_20264570.jpg
桟橋へゆっくりと接岸する
f0308898_20265370.jpg
往路最終便にそなえる巡航船
f0308898_20270070.jpg

「浮橋」で食事を済ませお勘定を済ませようとすると、「巡航船が出るまでまだ時間がある、お茶を飲んで話をしていかんかね」と声をかけていただき、「鳴無神社」の縁起や、「巡航船」にまつわること、「浦ノ内湾」の貝や、1つ山を越えた太平洋側の磯遊びの話、等々、とても興味深い話を沢山聞かせていただいた。

 実は、2017年6月にブログにアップした「横浪三里」で、皇室関係者がお忍びで「鳴無神社」に願掛けに来られた直後に、さる高貴なかたが「ご懐妊」、と書いたが、正しくは「ご成婚」であった。そのようなわけで、お聞きした話をいくつかご紹介したいのはやまやまだが、間違いをお伝えしてはいけない。ぜひ「浮橋」に御食事に立ち寄られ、女将さんたちの話を聞いてから「鳴無神社」にご参拝を。









by ky_kochi | 2018-11-20 12:00 | 番外編 | Trackback | Comments(2)

須崎市営巡航船(須崎市)

 四国八十八か所の土佐の遍路道には、代表的な海上の遍路道が2つある。

 1つは、32番禅師峰寺から33番雪蹊寺の間にある「浦戸湾」を渡る遍路道で、一般県道弘岡下種崎線のうち、浦戸湾で隔てられた約600mをおよそ5分で結ぶ「県営渡船」で、人、自転車、125㏄以下の自動二輪車が利用できる。

 そしてもう1つが、36番青龍寺から37番岩本寺の間にある「浦ノ内湾」を渡る遍路道で、「須崎市営巡航船」が1日上下3便、17.3㎞を1時間1分で運航(日曜祝日年末年始は運休)している。

f0308898_19382391.jpg
往路(西行き)の航跡
「埋立」→「鳴無」と
f0308898_19383573.jpg
復路(東行き)の航路
「鳴無」→「埋立」を比べたら
ほとんどズレがない!
もし自動操縦でなければ
流石としか言いようがない
f0308898_19384671.jpg
土佐市「宇佐」まで路線バスの旅
その心はおいおいわかるとして・・
f0308898_19385701.jpg
坂本龍馬誕生地の前からバスに乗車
f0308898_19391711.jpg
車も路面電車も直角に曲がる「鏡川橋」
f0308898_19392481.jpg
高知大学前の旧国道
f0308898_19393198.jpg
「仁淀川大橋」を渡り土佐市に入る
f0308898_19393928.jpg
レンゲ畑とシート色がマッチ
f0308898_19394804.jpg
太平洋に突き当たり「宇佐」へと右折
f0308898_19395693.jpg
「宇佐しおかぜ公園」を通過
f0308898_19400394.jpg
とさでん交通「宇佐」終点は
実は須崎市の東端にある
f0308898_19400968.jpg
県道23号線を西に100mほど歩くと
f0308898_19401824.jpg
「武市水産」社屋前のカーブに
f0308898_19402627.jpg
巡航船乗場の案内が立っている
f0308898_19403328.jpg
この作業場を左に見て
f0308898_19404031.jpg
社屋の裏側に回り込んで行くと
f0308898_19404861.jpg
f0308898_19405730.jpg
巡航船の待合室があり
f0308898_19421849.jpg
その先の階段を登ると
f0308898_19422633.jpg
船着場になっている
f0308898_19423491.jpg
待合室には

f0308898_19424309.jpg
f0308898_19425073.jpg
36番青龍寺への案内図や
f0308898_19425712.jpg
津波避難場所一覧
f0308898_19430536.jpg
自転車の修理キットなど
いろんなものが備え置かれている
f0308898_19431274.jpg
f0308898_19432062.jpg
f0308898_19432896.jpg
f0308898_19433656.jpg
f0308898_19434305.jpg

 出港まで時間があるので、近くにある潮干狩りの名所「天皇洲(てんのうず)」への渡し場へと向かう。

 干潮になると現れる広大な砂浜は、海洋生物学者でもあった昭和天皇が昭和25年に視察に訪れたことから「天皇洲」と呼ばれ、春の大潮の頃は大勢の潮干狩り客で賑わっていた。貝の枯渇によるものと思われるが、たしか7、8年前に禁漁区となり、現在は「天皇洲」への貝堀り渡し船はすべて営業を終了している。

 今回初めて知ったが、一般に「天皇洲」と呼ばけている「洲」は正しくは「汐浜洲」で、実際の「天皇洲」はもう一つ西に現れる「洲」とのこと。そういえば、渡し場の駐車場ヘの入口近くに、「汐浜荘」という民宿旅館があったように思う。

「宇佐へアサリを掘りに行こう」とは言わず、「天皇洲へ行こう」で通じたように記憶する、ここにも昭和天皇のインパクトの大きさをうかがい知ることができる。


女子トイレのマークではなく
お遍路さんのマーク
f0308898_19445051.jpg
歩き遍路さんのための無料宿泊施設
「善根宿(ぜんこんやど)」
f0308898_19450111.jpg
 四国八十八か所の全てを廻り終えることを「結願(けちがん)」というが、お遍路さんが札所に納札する「納め札」の色は、結願の回数により異なり、

  白:1~4回、
  青:5~7回、
  赤:8~24回、
  銀:25~49回
  金:50~99回
  錦:100回以上

 と言われるが、錦ともなると、もはや常人のなせる業ではない。
f0308898_19451245.jpg
駐車場が満車になることも
f0308898_19455941.jpg
このわずかな距離を渡船で渡る
f0308898_19460847.jpg
右端の建物前から出船していた
f0308898_19461645.jpg
こちらは上流側の風景
f0308898_19462330.jpg
この十倍ぐらいしかない洲に
アサリの数より多い人が押しかけたら
そりゃあアサリもおらんなりますろう
f0308898_19463288.jpg
この蛇口にも見覚えがある
以前はこの辺りが突端だったような・・

海水を汲み入れたクーラーの中で
帰路の車で揺られたアサリは砂を吐き
帰り着いた頃にはすぐに食べられた
f0308898_19464080.jpg
左前が「汐浜洲」で右奥が「天皇洲」だが
一般に「汐浜洲」を「天皇洲」と呼んでいる
f0308898_19464790.jpg
「埋立」船着場に戻ると
出船待ちの巡航船が停泊中
f0308898_19471316.jpg
これから「浦ノ内湾」の奥の端まで進む
f0308898_19472246.jpg
鼻が短い
f0308898_19473233.jpg
やっぱり引き戸が能(のー)が良(え)い
f0308898_19474163.jpg
独特の排ガスの匂いが漂う
f0308898_19475134.jpg
船尾に立たせてもらいたいが・・
f0308898_19475902.jpg
かっこえい
f0308898_19482853.jpg
無線機もシブい
f0308898_19493356.jpg
♪この船の出入り口は
前方右と後方左の2か所でございます
f0308898_19494227.jpg
船室の灯りがいかにも船仕様
f0308898_19495018.jpg
しずしずと出船
f0308898_19495801.jpg
左手に「宇佐大橋」を見て南岸へ
f0308898_19500684.jpg
f0308898_19501493.jpg
南岸の「松ケ崎」に立ち寄る
f0308898_19502215.jpg
北岸へと戻る右手に「宇佐大橋」
f0308898_19503360.jpg
「鳴無(おとなし)」まで約1時間
「浦ノ内湾」は東西に長い
f0308898_19504027.jpg
f0308898_19504884.jpg
「深浦」へ入港
f0308898_19505877.jpg
「深浦」を出港
f0308898_19510659.jpg
観光釣りイカダ
f0308898_19511405.jpg
宮城県松島ばりの奇岩
f0308898_19512216.jpg
「今川内」の入江へ
f0308898_19515858.jpg
「今川内」へ立ち寄り
f0308898_19520715.jpg
奇岩の前で取り舵いっぱい
f0308898_19521649.jpg
こちらは養殖イカダ
f0308898_19522976.jpg
「福良(ふくら)」へ立ち寄り
f0308898_19523885.jpg
入江の中の海面は鏡のよう
f0308898_19524779.jpg
右が「虚空蔵山(こくぞうさん)」で
左が「蟠蛇森(ばんだがもり)」
f0308898_19525574.jpg
どちらからも「浦ノ内湾」が俯瞰できる
f0308898_19530612.jpg
スカイベイゴルフクラブ
f0308898_19531593.jpg
名物ショートホール海越えの5番
一度もワンオンしたことがない
何個ボールを海に落としたやら
f0308898_10551875.jpg
再び北岸を目指す
f0308898_19534101.jpg
「横浪」に入港
f0308898_19535043.jpg
f0308898_19542791.jpg
f0308898_19543524.jpg
愛知県からの歩き遍路さんが下船
四万十町の37番岩本寺を目指される
f0308898_19544407.jpg
南岸の「鳴無」へ向け出船
f0308898_19545524.jpg
♪「鳴無」でのお出口は
前方1か所でございます
f0308898_19550451.jpg
大型バイクも船舶免許もない、残念
f0308898_19551536.jpg
ロープの輪っかが実にシブい
f0308898_19552305.jpg
周辺はカヌーの合宿地として有名
f0308898_19553469.jpg
「鳴無神社」鳥居前に到着
f0308898_19554181.jpg
参道は海上から
f0308898_19554843.jpg
「鳴無」船着場は少し西
f0308898_19560029.jpg
対岸の「横浪」へと戻る巡航船
f0308898_19560905.jpg
バックオーライ
f0308898_19582283.jpg
面舵いっぱい
f0308898_19582920.jpg
f0308898_19584037.jpg

 この巡航船は、いったんは各船着場の前まで近づき、乗船客も降船客もない場合は、そのまま次の船着場へと向かう。したがって、各船着場に利用客以外の人がいると紛らわしいため、船着場には利用客以外の立ち入りを禁止する旨のお触書がある。

 遠い昔、船着場では、タオルや服を振って船長さんに合図しないといけないと教わったことがあるが、それほどまでの必要はない。船着場に立っていると、滑るように船を岸につけてもらえる。

 さらに、沖合にいる巡航船に、タオルや服を振って知らせないと接岸してくれないとも聞いたことがあるが、そんなことは決してない。1日3便の定期便で、しかもきっかりダイヤ通りの時間で運行されている。







by ky_kochi | 2018-11-20 10:00 | 番外編 | Trackback | Comments(4)

小高坂山(高知市)


 高知城がある「大高坂山」の西に、「小高坂山」という自宅からもよく見える里山がある。住まいの周辺は、昭和2年に高知市に編入されるまでは「小高坂村」であったというし、現在でも小学校の校区は「小高坂校区」である。

 また、「小高坂山」の北麓は「高知市三ノ丸」と呼ばれ、土佐二十四万石山内(やまのうち)家二代目藩主、山内忠義公とゆかりのある土地である。

 今回、「大高坂山(おおたかさかやま)」と「小高坂山(こだかさやま)」の間には、かつて「中高坂山(なかたかさかやま)」という里山があったことを初めて知った。途中には、「薫的さま」で親しまれている「薫的和尚」のゆかりの地や、坂本龍馬ゆかりの「坂本家墓所」や「才谷屋墓所」もあり、実に見所満載の里山である。

f0308898_10193729.jpg
JR「円行寺口」駅東の「八反町」から
「小高坂山 → 中高坂山(址) → 大高坂山」と
反時計回りに一周する
f0308898_10195284.jpg
自宅の西に見える「小高坂山」
f0308898_10193729.jpg
「小高坂小学校」の北から出発
JR土讃線高架に沿って西(右)に進む
f0308898_10201629.jpg
高知駅の自動改札機にも驚いたが
高架の完成にも驚いた
f0308898_10202675.jpg
JR「円行寺口(えんぎょうじぐち)」駅を通過
f0308898_10203683.jpg
JR高架の西の終点が
「小高坂山」の北麓
f0308898_10204682.jpg
JR「高知駅」方面へと向かう
上りの特急列車「南風」号とすれ違うも
カメラが立ち上がった時には
すでに後ろ姿のお見送り

f0308898_10205748.jpg
先ずは「薫的(くんてき)和尚」仮墓所
「盤上(ばんじょう)神社」へ立ち寄ろう
f0308898_10212453.jpg
f0308898_10213729.jpg
鳥居の右手に阿形(あぎょう)獅子像
左手の吽形(うんぎょう)獅子像の代打
本物の柴犬が可愛い睨みを効かす
f0308898_10214806.jpg
f0308898_10220449.jpg
境内からは高知市の北東部を一望できる
f0308898_10222066.jpg
おやっ、ベンチにナバが生えちょる
f0308898_10223664.jpg
ご神水は飲料にも「適」とのこと
f0308898_10233706.jpg
いかにも謹厳実直な和尚の雰囲気
f0308898_10234911.jpg
自宅から見えるということは
逆も真なりと探すけれども
あまりに家が小さくて見当たらない
f0308898_10252984.jpg
拝殿の背後に聳え立つ墓標
f0308898_10282120.jpg
緑に映える白
f0308898_10283390.jpg
「山の端(やまのはな)」踏切で
JR土讃線高架は西のジ・エンド
f0308898_10284647.jpg
ここからJR「高知」駅の少し東まで
平成20年頃だったか高架となって
それまでの交通渋滞が大いに緩和された
f0308898_10285616.jpg
サツマイモ芋収穫後の芋の蔓
f0308898_10290488.jpg
ここでいったん舗装が切れる
f0308898_10291443.jpg
最初の四つ角を左折南進
f0308898_10292940.jpg
ゆるやかな登りとなる
f0308898_10293785.jpg
f0308898_10294547.jpg
堀切の先に霊園への道路
左が近道だが
道なりに右へ下っていくと
f0308898_10300312.jpg
丘の上にある
霊園への道路に出るのでUターン
f0308898_10301916.jpg
霊園の最上部にひと際目立つ墓石あり
f0308898_10302925.jpg
 

 ここは土佐藩二代目藩主、山内忠義公の側室であった「壽性院(じゅしょういん)」の墓所。

 初代藩主山内一豊と「一豊の妻」で有名な正室の見性院(けんしょういん)の間には子がなく、山内一豊の弟の山内康豊の子である忠義を養子に迎え嫡男とした。

 忠義は徳川家康の幼女である阿姫(くまひめ)を正室に迎えたが、側室となったのが現在の高知県安芸市出身で圓地宗明の娘である「壽性院」で、忠義公の次女「佐与姫」の実母にあたる。

「壽性院」は「高知城三ノ丸」に起居し、「三ノ丸様」と呼ばれていたが、没後は市民の出であることから高知市「筆山(ひつざん)」にある山内家墓所に葬られることを遠慮し、「山内家墓所」のある「筆山」がよく見えるこの「小高坂山」の頂に葬られることを望んだといわれ、このことから墓所周辺は、現在でも「三ノ丸」と呼ばれているとのことである。

f0308898_10303933.jpg
f0308898_10304914.jpg
墓石の足元に山内家の家紋
「三つ柏」の「土佐柏」
f0308898_10311551.jpg
すぐ西には坂本龍馬の本家筋
「才谷屋(さいたにや)」の墓所がある
 (高知市三ノ丸)
f0308898_10313793.jpg

「小高坂山」から南西に見える「丹中山(たんちやま)」の鞍部(高知市山手町)には、「坂本家墓所」がある「高知市歴史墓地公園」がある。

f0308898_10315398.jpg
「小高坂山」は海抜の割に展望が良く
南西方向に右から順に
「柏尾山」「烏帽子山」「鷲尾山」
が正面に見え、
f0308898_10320984.jpg
さらに東へは
右から「柏尾山」「烏帽子山」
「鷲尾山」「宇津野山」と続く
高知市の「南嶺(なんれい)」を遠望できる
f0308898_10322032.jpg
先ほどの四つ角に戻りさらに西進
f0308898_10323722.jpg
JR土讃線「サカヤシキ踏切」付近を
最近できた「旭町」へのバイパスが跨いでいる
f0308898_10344408.jpg
北に「鴻ノ森(こうのもり)」が見えている
f0308898_10345857.jpg
線路脇は野草のお花畑
f0308898_10350849.jpg
f0308898_10351673.jpg
橋脚には複雑な仕掛けが施されている
f0308898_10352877.jpg
量販店の北でバイパスに合流する
f0308898_10353658.jpg
左手に量販店を見ながら下り、
f0308898_10354595.jpg
量販店駐車場の南西角を左折する
f0308898_10355613.jpg
「坂本家墓所」の案内版
f0308898_10360510.jpg
ほどなく三差路の右手に
「龍馬を育てた道」の道標
f0308898_10361566.jpg
三差路正面角の「坂本家墓所」案内板を左へ
f0308898_10362506.jpg
「坂本(竜馬)家一族の墓」の石碑がある
f0308898_10363594.jpg
2台駐車できる専用駐車場が設置されている
f0308898_10364796.jpg
公園入口は正面巨木の左手にある
f0308898_10371609.jpg
いつもよく掃き清められている
f0308898_10372217.jpg
どこまでが岩でどこからが木ですかの?
f0308898_10373057.jpg
「坂本家墓所」入口から先には
「坂本家」に関連する墓所が点在する
 (高知市山手町)
f0308898_10374126.jpg
墓石の撮影は憚られるのでプレートを
f0308898_10374872.jpg
f0308898_10375789.jpg
f0308898_10390643.jpg
f0308898_10453026.jpg
f0308898_10454138.jpg
f0308898_10455076.jpg
f0308898_10460175.jpg
「坂本家」墓所
f0308898_10461265.jpg

f0308898_15211066.jpg
大河ドラマ等で見た名前がズラリ
f0308898_10461920.jpg
f0308898_10462707.jpg
f0308898_10463869.jpg

 
 都市開発の波の中、歴史的な墓所が残る「丹中山」や「小高坂山」の墓地が消失しかけた時代があった。

 現在、「高知市歴史墓地公園」として整備されるに至った経緯については、多くの書籍も出版され、ネット上にも様々な情報が投稿されているのでご覧いただきたい。
 
f0308898_10464704.jpg
f0308898_10465806.jpg
「坂本家墓所」の傍らには
東屋も整備されている
f0308898_10471138.jpg
f0308898_10472527.jpg
f0308898_10474088.jpg
「丹中山」から北東に見る「小高坂山」
f0308898_10475018.jpg
公園の東の麓に降りてきた
f0308898_10480166.jpg

「才谷屋の墓」には
こちらからも行けるらしい
f0308898_10481666.jpg
「若一王子宮」で一休み
f0308898_10483305.jpg
f0308898_10484745.jpg
f0308898_10485673.jpg
f0308898_10490626.jpg
樟の巨木が杉を抱え込んでいる
f0308898_10512841.jpg
f0308898_10513799.jpg
先ほどの道標の前を南進する
f0308898_10514773.jpg
「若一王子宮」への看板を左折東進
f0308898_10515750.jpg
「山の端(やまのはな)」交差点に出る
f0308898_10520599.jpg
細い方の道を真っ直ぐ東進する
f0308898_10521881.jpg
f0308898_10522913.jpg
「越前町郵便局」を通過しさらに東進
高知城築城に尽力した近江の築城家
「百々越前守綱家」の屋敷があったので
この辺りは「越前町」と呼ばれている
f0308898_10523883.jpg

 現在の「桜馬場公園」周辺が、高知城築城の盛り土のために削り取られ消失した「中高坂山」で、麓にはかつて「圓満寺」という古刹があったという。

 高知市民には、「土佐女子高校テニスコート」あるいは「ファミリー温泉桜の湯」があったところ、といった方がわかりやすいかもしれない。

 マンションの東側が、「城西公園」のお濠り(「江ノ口川(えのくちがわ)」)を隔てて、「高知城」がある「大高坂山」である。

「桜馬場公園」(「中高坂山」址)から
「大高坂山」方向(東)を見る
f0308898_10524966.jpg
「植木枝盛」屋敷跡
f0308898_10530039.jpg
かつて「圓満橋」があった場所には
現在は「桜馬場橋」が架かっている
前方に「大高坂山」が見えてきた
f0308898_10530948.jpg
f0308898_10531727.jpg
f0308898_10532781.jpg
かつての「圓満橋」は
今は「桜馬場橋」の南に移設されている
f0308898_10535683.jpg
三重連まではよく見かけるが
四重連以上は見たことがない
f0308898_10541144.jpg
「円満橋」のプレート
f0308898_10542364.jpg
「円満橋」から北の「桜馬場橋」を見る
f0308898_10543216.jpg
かつて日本一汚い川といわれた
チョコレート色の「江ノ口川」も
現在は魚が棲むまでに回復した
f0308898_10544360.jpg
こちらは一匹狼
f0308898_10545208.jpg
「城西公園」内を「大高坂山」へ
f0308898_10550267.jpg
「大高坂山」の北には
屋上にヘリポートを備えた高知「桜田門」
警視庁本部「桜田門」によく似た意匠
f0308898_10561560.jpg
「城西公園」内の池を渡る
f0308898_10562620.jpg
「高知城搦手門」から天守へ登城する
f0308898_10563915.jpg
歩いてきた「小高坂山」が西に見える
f0308898_10564728.jpg
「高知城二ノ丸」は天守閣の一段下
したがって
「高知城三ノ丸」は天守閣の二段下
f0308898_10565692.jpg
「二ノ丸」(北西)から見る天守閣
f0308898_10570667.jpg
「二ノ丸」(北)から見る天守閣
f0308898_10571994.jpg
真下から見上げる天守閣
f0308898_10573083.jpg
「黒鉄門」から見る「筆山」
「筆山」には「山内家墓所」がある
f0308898_10574026.jpg
「矢狭間塀」南端から
城内の植栽越しに見る「小高坂山」
ここは「大高坂山」だが
「小高坂山」との間にあった「中高坂山」は
築城の礎となり消失
「圓満寺」とともに幻の山となった

f0308898_10575180.jpg
南方向「高知県議会」越しに
「筆山」を見ながらゆるゆる下山
f0308898_10580082.jpg
右下奥に「高知城三ノ丸」が見えてきた
f0308898_10581090.jpg
「壽性院」も日夜眺めたであろう
「三ノ丸」(東)から見上げる天守閣
f0308898_10582178.jpg
「三ノ丸」は桜のお花見の名所
f0308898_10583912.jpg
大掛かりな石垣の補修が行われた
f0308898_10584759.jpg
高知城北側の「辷山(すべりやま)」を通り
f0308898_10585650.jpg
いざ「薫的神社」へ
f0308898_10590980.jpg
高知出身の内閣総理大臣は
浜口雄幸と吉田茂の2人だけ
こちらは「和製チャーチル」と呼ばれた
吉田茂の書
f0308898_10592356.jpg
神社正面の鳥居
f0308898_10594134.jpg
よく前を通るのに初めて見た
額字も吉田茂の書
f0308898_10595544.jpg
「盤上神社」と似た佇まい
f0308898_11013727.jpg
拝殿の「虹梁巻龍」が見事
f0308898_11014993.jpg
「あわしま様」は女性の守護神
f0308898_11024727.jpg
「薫的和尚御昇天の御牢」
f0308898_11030079.jpg

 この牢は元々は高知市旧山田町(現在のJR高知駅の南)にあり、「薫的和尚」が冤罪のために七年間ご苦労された牢であったが、幕末には平井収二郎(坂本龍馬の初恋の人といわれる「平井加尾」の兄)をはじめとする土佐勤皇党員が山内容堂の逆鱗に触れ切腹させられ、岡田以蔵は獄門刑、現在の「城西公園」にあった旧「高知刑務所」内に移転されてからも、大東亜戦争中には多くの政治犯が収容されていたという。

 昭和25年に「薫的神社」が払い下げを受け、和尚の当時の辛苦を偲び奉り、信者の修行道場として保存するに至ったとのことである。
 
f0308898_11030810.jpg
「薫的和尚」の御廟は拝殿北の岩場にある
f0308898_11034571.jpg


f0308898_11035580.jpg

 
「薫的和尚」の壮絶な生涯については、これまた到底わが禿筆の及ぶところではないので、神社のホームページを是非ご覧いただきたい。



あ痛っ!
f0308898_11052994.jpg

JR「入明(いりあけ)」駅
f0308898_11041659.jpg
立体交差の真南に「高知城天守閣」
f0308898_11042750.jpg
「小高坂小学校」の北
「江ノ上西公園」前に戻ってきた
f0308898_11043456.jpg
本名は「江ノ上西公園」だが
f0308898_11071181.jpg
通り名は「ブタ公園」
f0308898_11073517.jpg

 iPhoneのアプリ「ヘルスケア」によれば、本日約5時間の散策は、歩数23,196歩、距離15.6km、上がった回数46階とのこと。

 この街に住み始めてからあと数年で40年、これまで朝な夕なに何気なしに目にしていた「小高坂山」だが、先日この地を青山の地と決めたことから、今回あらためてじっくり歩いてみた。

「小高坂山」→「中高坂山(址)」→「大高坂山」と巡るメインコースの途中に、「盤上神社」「壽性院墓所」「才谷屋墓所」「坂本家墓所」「若一王子宮」「薫的神社」を加えたため、ちょっとした山登り以上の運動となり、しっかり鍛われた結果、いまだに筋肉痛が完治しない。


 










by ky_kochi | 2018-09-27 13:00 | 番外編 | Trackback | Comments(0)

バッテリー内蔵iPhoneケース

 デジカメを使い始めたのが2007年、これまでずっと単Ⅲ電池を使用するコンパクトデジカメを使ってきた。もちろんコンデジにも撮影時のコンディションに応じた様々な撮影モードが用意されているが、撮影時にその都度セットするのがどうにも苦手。その結果、最近特に、実際に目で見たように撮れていないことが多くなってきた。

 ある日の山行で、コンデジとiPhoneカメラ、両方で撮ってきて見比べたところ、iPhoneカメラの画像の方が自分が感じたように撮れていることが判明。いっそiPhoneカメラに乗り換えようと考えたが、問題になるのがiPhoneのバッテリー消耗問題。そこで考えたのが、バッテリー内蔵型のスマホケース。

f0308898_08203938.jpg

 Apple社の純正品もあるが、価格がかなり高く、ゴルフの2段グリーンのように背面の厚さが2段になっていて重そうなので、Amazonで見つけた輸入品を購入してみた。

 中国製で、商品名は「Smart Battery Case」とあり、Amazonサイトの商品説明には、

【対応機種】iPhone6/6s/7/8スマートフォン兼用バッテリー内蔵カバー。本品を使用することで、バッテリー容量が約280%増加します。これにより、19時間の連続通話、80時間の音楽再生、15時間の動画観賞が可能となります。外出中など、iPhoneの充電が切れてしまっても心配なし!いつでもどこでもiPhoneへ充電が可能です。

【急速充電】モバイルバッテリーとケースが一つになったコンパクトサイズの大容量ケース型バッテリー。スマホを衝撃や落下からしっかりと保護し、外出中は、バッテリー切れの不安を解消します。バッテリーケースにフル充電されている場合、スマホへは約1.7〜2.7回の充電が可能となっています。

とある、なかなか良(え)いですやいか。
f0308898_08182286.jpg
 中国語と英語の取扱説明書が同包されていたが、悲しいことにどちらも読めぬ。

 購入時の口コミに、販売元オリジナルの日本語取扱説明書が必要な場合はご連絡を、とあったのを思い出しお願いすると、すぐさま販売元からPDFファイルを送ってもらうことができた。
f0308898_08183270.jpg
 内側はこんな感じで、iPhone裏側のメインレンズ周辺用の穴をはじめ、見た目は普通のスマホケースと変わらず、厚さも少し厚いぐらいでさほどの違和感はない。

 内側にバッテリーを内蔵しているだけにやや重いが、首にコンデジをぶら下げて、胸ポケットにはiPhoneを入れての2台持ちを思うと、山行には全く問題なさそうだし、むしろiPhone1台で済むだけにラクな気もする。

 1/25000地図が読めない小生には、スマホのGPSアプリは必需品。デジカメはなくとも、iPhoneだけは山行に欠かせない。
f0308898_08191815.jpg

 iPhoneで撮影すると写真が逆さまになる時があり、iPhone上あるいはPC保存時に修正をしていたが、この問題も調べてみるとなんのことはなかった。

 iPhoneにはジャイロセンサーというiPhoneの傾きを感知しているセンサーがあり、このセンサーが正しく作動していない時に写真の向きが逆さまになるとのこと。iPhoneカメラを起動した時に表示される「HDR」の文字列の方向が、構えたカメラの縦横の向きと平行でないと(=垂直だと)、撮った写真が逆さまに映ってしまうという。

 したがって、方向が平行でない(=垂直である)時には、iPhoneを揺すって傾きを正しく感知させれば写真が逆さまになることはない。


 外側はフラットであること、無地であること、正式な塗装方式名がわからないが、サラリとした手触りの艶消しブラックも、小生の好みにドンピシャ。
f0308898_08200278.jpg
 上部も下部も厚さは15㎜ほどで、従来型の商品にあった下部の出っ張りがない。
f0308898_08222898.jpg
 内側の上部から下部を見ると、
f0308898_08203938.jpg
 内側の底部には、充電コネクターと、気圧調整・メインマイク・スピーカー、iPhone6用であろうかイヤホン用の穴もある。

 iPhone本体のライトニングコネクタを損傷しないように、スマホケースの充電コネクターに差し込みながら、慎重にiPhone本体をスマホケースの寝床に滑り込ませていく感じ。
f0308898_08210800.jpg
 外側の下部を見ると、
f0308898_08215308.jpg
 LEDライトによる4段階表示のバッテリー残量のインジケーターと、iPhone本体への給電オンオフの電源ボタンがある。
f0308898_08220224.jpg
 iPhoneの電源ボタンにも、
f0308898_08221578.jpg
 iPhoneの音量ボタンと消音スイッチにも連動している。
f0308898_10404843.jpg

 単Ⅲ電池タイプにこだわってきたのには、2つの理由がある。1つ目は、初めて買ったホームビデオの初回撮影時に、バッテリー充電に失敗して大事な映像を取り損ねたトラウマ。2つ目は、主に山歩きで使うため、万一の場合でも乾電池なら現地周辺で調達できること。

 周囲からはデジカメ用バッテリーの2つ持ちを勧められてきたが、AC100ボルトのコンセント信奉者としては、どうもバッテリーという装置に今一つ安心感が持てないことと、何よりも山行はいつも突然決まるだけに、あらかじめの充電ということができない。

 コンデジへは入山時に単Ⅲ電池2本をセットするが、1日の山行で300枚ぐらい無駄撮りするので、だいたい昼過ぎには電池切れとなり交換することになる。山行の間隔が空き過ぎると自然放電もあろうかと、繰り返し充電可能な単Ⅲ電池8個を毎回リュックに入れて携行している。

 単Ⅲ電池といえども8個ともなるとそこそこ重く、何よりもiPhoneカメラの写真の方が自分が見てきたイメージに近い。今からでもテストに出かけたいが、ここのところ天候その他で遊山から遠去かっている。使いもしないうちにアップするのもどうかと思うが、万感の期待感をこめて。

 このスマホケースにストラップ取付用ホールがあれば、山歩きの途中で落とすこともないし、高所での撮影時も安心できるのだが・・。まっ、欲を言えばキリがない、先ずは使ってみよう。




by ky_kochi | 2018-09-17 08:15 | 番外編 | Trackback | Comments(0)

「アトリエ四万十」のカヌレ(四万十町)

 四万十町特産の米粉と栗焼酎「ダバダ火振り」とで仕上げる、カヌレの専門店が旧窪川町にあると聞き、早速「アトリエ四万十」に立ち寄ってみた。

 フランスで10年間修業し帰国したご主人が
6年前に開業、「実家が農家なので、米で何かやりたいと思ったのがきっかけ」で考案したカヌレとのことである。

民家風の「アトリエ四万十」
f0308898_19534944.jpg
アトリエは国道56号線沿い
四万十町金上野(きんじょの)にある
f0308898_19543462.jpg
ご主人は只今配達中
f0308898_19553975.jpg
中庭もお洒落
f0308898_19555412.jpg
休憩所も設えられている
f0308898_19561501.jpg
「無手無冠(むてむか)」は
「ダバダ火振り」の醸造元
f0308898_19571110.jpg
無手無冠の前掛け
f0308898_19575164.jpg
犬走りにもカヌレ
f0308898_19581459.jpg
足元の木札に書かれた心遣い
「足元 気をつけてね」が
「足 元気をつけてね」に見え
最近の歩き不足が頭をよぎる・・
f0308898_19582463.jpg
あっという間に平らげてしまい
カヌレの写真が撮れなかったので
配達車に描かれたカヌレをどうぞ
f0308898_19551713.jpg
カヌレに添えられていたカード
f0308898_19590794.jpg
『マチボン』Vol.1
 P118~P119 に掲載あり
f0308898_20301772.jpg

 かつての窪川町、現在の四万十町は生まれ故郷で、主に小学校までを過ごした。

 海抜200mを越える台地の町で、夏は相当に暑く、冬は寒いというよりは冷(ひ)やいという表現がピッタリの町であった。

 窪川町は「霧の町」と呼ばれるほど朝夕の霧が深く、昼夜の寒暖差とも相まって独特の風味の米を育んだ。

 窪川町の西、旧大正町の栗焼酎「ダバダ火振り」とのコラボによる「アトリエ四万十」のカヌレ、おススメです。 






by ky_kochi | 2018-04-07 10:00 | 番外編 | Trackback | Comments(0)

案山子の里(徳島県三好市)

「剣山」登山口への途中、「三嶺」登山口がある「名頃」集落に、天空の里「案山子の里」がある。

 初めて見たのは平成21年3月の剣山からの帰り、奥山にやたらと人がいると思ったら、なんと住民に見えたのは案山子たちであった。それでは、8年前の画像をノーカットでどうぞ。

【ご注意】

 現在の「案山子の里」は、案山子の数もかなり減り、この記事の様子とはかなり異なっています。


f0308898_12485891.jpg
f0308898_12432837.jpg
f0308898_12441077.jpg
f0308898_12444726.jpg
f0308898_12450875.jpg
f0308898_12453492.jpg
f0308898_12461537.jpg
f0308898_12504998.jpg
f0308898_12463818.jpg
f0308898_12472823.jpg
f0308898_12481760.jpg
f0308898_12485891.jpg
f0308898_12490981.jpg
f0308898_12491899.jpg
f0308898_12492930.jpg
f0308898_12493930.jpg

 先日の「剣山」からの帰り、「名頃」で車を停めて集落を歩いてみたが、8年前と比べると案山子たちの高齢化も進み、百単位だったその人数もめっきり減っている様子であった。

「限界集落」という言葉が世に出て久しい。何十年か後には、案山子だけになるのではと思いながら車の方を振り返った時、小学生ぐらいの元気な子ども数人の姿が目に飛び込んできた。

「祖谷川」の対岸に見える平成24年に閉校になった名頃小学校、彼らがこの小学校に通うことはおそらくない。




by ky_kochi | 2017-09-03 12:51 | 番外編 | Trackback | Comments(2)

キレンゲショウマ(梼原町)

 キレンゲショウマという花は、山に登る人は見聞きする機会が多いが、一般のかたの多くは、宮尾登美子さんの小説『天涯の花』で初めて知ったのではないかと思う。

 深山の湿った木陰にまれに見られるユキノシタ科の多年草で、7~8月に,茎の先に美しい円錐状の黄色い花が咲く。

 日本三大カルストの一つ、「四国カルスト高原」の南麓に広がる「梼原町」の「百一草園」に、キレンゲショウマを訪ねてみた。


f0308898_10313933.jpg
花と蕾はこんな感じ
f0308898_19374307.jpg
「百一草園」のパンフレット
f0308898_20194471.jpg
園内にはさまざまな植栽が広がっている
f0308898_20203180.jpg

 本日は平成29年7月16日、キレンゲショウマはまだほとんどが蕾だったので、平成25年8月11日の画像をどうぞ。

f0308898_20335042.jpg
f0308898_20344865.jpg
f0308898_20361099.jpg
これは「ヤマゴボウ」
f0308898_20390675.jpg

 国道197号線遊山の際のベースキャンプ「自由軒葉山店」の、定番セットメニュー「ラーメンチャーハン」(ラーメン+半チャーハン)、通称「半チャン」で腹拵え。

 本日は、味噌ラーメンでオーダー。

f0308898_19063000.jpg
 
 国道197号線を、愛媛県大洲市方向へと向かう。作家司馬遼太郎翁が「梼原街道」と呼んだ往還は、須崎市~津野町~梼原町の付近は「津野山街道」とも呼ばれている。

「宮谷」集落入口にある「大わらじ」
f0308898_19064775.jpg
スイカの良心市
スイカにもいろいろな種類がある
f0308898_19074232.jpg
かつてこの集落に疫痢が流行った時
魔除けとして作られたという
f0308898_19074295.jpg
地元で「金剛バッコ」と呼ばれる大わらじ
f0308898_19074153.jpg
「梼原町」は雲の上の町

「梼原町」に入ると「太郎川公園」には
「雲の上のホテル」と
「雲の上のレストラン」
f0308898_19074258.jpg
こちらは「雲の上の市場」
f0308898_19074210.jpg
「雲の上の温泉」と
「雲の上のプール」に
「ライダーズイン雲の上」
f0308898_19103333.jpg
この交通標語の作者は何と高知県人!
f0308898_19074266.jpg
「梼原町」の中心街
高知の山間部にある町村では
「馬路村」と並ぶ双璧
f0308898_19143935.jpg
「東向(こちむき)」集落への分岐
このあたりから道案内が現れる
f0308898_19145308.jpg
「東向」には興味深い逸話が残る
f0308898_19134340.jpg
「四万川川」(しまがわがわ)に沿って
坂本龍馬脱藩の道を遡上して行く
 (注)「四万十川」ではなく「四万川川」

その名も「だっぱん屋」
カフェ&パン「D'aPan屋」の案内も見える
f0308898_19134327.jpg
「六丁」集落で右折
「本モ谷川」を北へと遡上
f0308898_19134337.jpg
「龍馬脱藩の道」もここを右折する
f0308898_19162943.jpg
「加藤清正」の伝説が残る
f0308898_19171398.jpg
信仰深い土地柄
ミニ八十八か所が随所にある
f0308898_19172519.jpg
「四万川東小学校」跡
f0308898_19175822.jpg
校門跡には
石塔に扉付きで埋め込まれた時計
「昭和3年11月御大典」と刻まれている
f0308898_19173769.jpg
小学校跡の右手に「三嶋神社」
f0308898_19182934.jpg
周辺には見所がいっぱい
「百一草園」のある「東川」へは
神社前の橋を右折するが
「三嶋神社」は見ておこう
f0308898_19184157.jpg
なかなか立派な社殿
f0308898_19202184.jpg
伊予からの大軍攻撃の際に
伊予三嶋大明神に祈願
見事勝利を得たのが縁起
f0308898_19210244.jpg
鳥居の扁額も荘厳
f0308898_19212148.jpg
なかなか入念な造作
f0308898_19214598.jpg
木像建築は風通しの良さが重要
f0308898_19220839.jpg
神楽が奉納されるらしい
f0308898_19223879.jpg
見事な彫刻が施されている
f0308898_19242194.jpg
青地の白抜きは初めて見た
f0308898_19243562.jpg
いいね!
f0308898_19255275.jpg
小さな橋を斜め右に渡ると
電柱に「200m先右折」の案内
f0308898_19282357.jpg
ここにもミニ八十八か所
f0308898_19283788.jpg
最後にこの三差路を右折
f0308898_19285241.jpg
山の人々の仕事はいつも丁寧
f0308898_19291215.jpg
ほどなくゲストハウスに到着
f0308898_19293285.jpg
その名も「咲くまで待とう館」
f0308898_19332804.jpg
福寿草も見られるらしい
f0308898_19342589.jpg
よくお見かけしますが・・
f0308898_19344382.jpg
ゲストハウスは山小屋風
f0308898_19393883.jpg
昼寝をさせてもらいたい蹴上がり
f0308898_19395421.jpg

「キレンゲショウマ」は、黄色い「レンゲショウマ」とばかり思っていたが、その発見から命名に至るまでには、深い事情があったらしい。

 矢田部博士の命名に対し、植物学の巨星、かの牧野富太郎翁が強く非難したと書かれている。

f0308898_19402005.jpg
f0308898_19403257.jpg
 まだ見頃ではなかったためか、先客はない様子。前回はたしか入園料を支払ったように思い、「百一草園」入園の際、隣接するログハウスにおられたご夫婦に声をかけてみた。

 奥におられたので自信はないが、垣間見た面差しからすると、この男性が草園のオーナーと思われる。

f0308898_19404648.jpg
それでは園内の最上部
第1駐車場から入園
f0308898_19432600.jpg
草園はかなり広い
f0308898_19433728.jpg
早速キレンゲショウマのお出迎え
f0308898_19434638.jpg
たしかに「虎の尾」に見える
f0308898_19435459.jpg
まだほとんどが蕾
f0308898_19440351.jpg
緑に黄色のコントラスト
f0308898_19444350.jpg
あなたがヤマゴボウさんでしたか
f0308898_19445017.jpg
たしかこの小径には「カタクリ」の名が
f0308898_19445953.jpg
「ヤマシャクヤク」であろうか?
ちっとも草花の名前が判らない
f0308898_19451934.jpg
f0308898_19453498.jpg
f0308898_19455502.jpg
見覚えのある道標
f0308898_19460580.jpg
数輪が開花している
f0308898_19461420.jpg
「実が生っています」とある
f0308898_19462122.jpg
クロイチゴはバラ科
f0308898_19463739.jpg
「てまり咲き」「八重咲き」「白花」「緑花」
「クサアジサイ」には咲き方があるらしい
f0308898_19473350.jpg
奥に分け入りたいが蛇を踏みそうで・・
f0308898_19474248.jpg
「トチバニンジン」の「トチバ」は
「栃葉」であろうか?
葉の形がトチの木に似ているような・・
f0308898_19475176.jpg
路傍の苗床
f0308898_19475900.jpg
発見者の渡辺協氏に由来する「ワタナベソウ」
f0308898_19481125.jpg
これは「ワタナベソウ」ではなさそう
f0308898_19484013.jpg
再び「キレンマショウゲ」群
f0308898_19485048.jpg
花はうつむきがちに咲く
f0308898_19485843.jpg
作業道の上段と下段に群生
こちらは上段
f0308898_19491189.jpg
初めてお目にかかります
f0308898_19492421.jpg
「斑入リオカトラノオ」
葉っぱに斑があるからか?
f0308898_19493778.jpg

第1駐車場の「白花姫平江帯」

最上部の第1駐車場の途中には
麓からいくつかの駐車場がある
f0308898_19501064.jpg
どこに咲いておいでますぞ?
f0308898_19501967.jpg
な、なるほど
f0308898_19503115.jpg
このあたりが福寿草エリアか?
f0308898_19504002.jpg
ゲストハウスを後にする
f0308898_09423627.jpg
「茶や谷」の茶堂へ寄り道
f0308898_19515191.jpg
「梼原町」には現在13の茶堂が残っている
f0308898_19520939.jpg

 茶堂には木像や石像が安置され、かつて津野山郷を治めた津野氏の霊を慰めるとともに、行路の人々に茶菓の接待が輪番制で行われていた。


丁重にお祀りされている
f0308898_19522055.jpg
茶堂だけに茶卓もある
f0308898_19523120.jpg
左奥の壁には
輪番の接待役の名前が
細かく板書されている
f0308898_19524985.jpg
脱藩の道は
「韮ケ峠」を越えて
伊予の国へと続く
f0308898_19535873.jpg
「耕して天に至る」
この地は棚田でも良く知られている

先ずは「野越トンネル」手前を左折
「神在居(かんざいこ)」の「千枚田」へ
f0308898_19541564.jpg
展望所が設けられている
f0308898_19542656.jpg
司馬遼太郎翁が絶賛したという
「神在居」の千枚田
f0308898_19543691.jpg
国道のトンネルの上が
先ほどの展望所
f0308898_19544820.jpg
巨大な杉の根元だけが見えている
f0308898_19584620.jpg
小さな鎮守の森に向かう
f0308898_19590177.jpg
大きな時化(台風)が来ませんように
f0308898_19591485.jpg
釈迦堂の傍らに
f0308898_19592766.jpg
「折れ大杉」と
f0308898_19593663.jpg
「千枚田オーナー制度」発足の記念植樹
f0308898_20003622.jpg
古株の上端から垂れた杉が
現在も活きているという
f0308898_20005497.jpg
今年初めて見るアマガエル
f0308898_20011187.jpg
枯杉の根元にミニ八十八か所
f0308898_20012052.jpg
黄緑色に良く映える黄色
f0308898_20014675.jpg
「津野町」にあるもう1つの棚田
棚田の里「貝ノ川」集落へと左折
f0308898_20022628.jpg
「貝ノ川」は「オオタヲ山」の山麓にある
f0308898_20024358.jpg
随所に道標があり迷うことはない
f0308898_20025893.jpg
ここを左手前に大きく切り返し
展望スポットへとひたすら登攀
f0308898_20031573.jpg
登り詰めた所が
「貝ノ川」の棚田の展望スポット
f0308898_20032836.jpg
キャンドル・イベントが催される
f0308898_20041730.jpg
f0308898_20044184.jpg
これまたお見事!
f0308898_20045220.jpg
 キレンゲショウマをメインに訪ねるつもりが、いつもの道草癖のために、茶堂や棚田につい寄り道。

 道草の先々で新情報を発見するため、次の訪問地に事欠くことはないが、年齢とともに最近どうも行動力が衰退してきたように感じ始めてきた。

 相棒『銀号』は、10年を経てなお健康そのもので、軽やかなエンジン音をたてている。メタボな騎手も、もう少しの間、健康で遊山を続けたいと願っている。


 






by ky_kochi | 2017-07-16 10:00 | 番外編 | Trackback | Comments(0)

高知伊丹線(高知~大阪)

「高知龍馬空港」がまだ「日章飛行場」だった頃、滑走路へと向かうYS11機のプロペラから吹き付ける風圧に驚いたことであった。プレハブ造りの飛行場の建物の前に植えられていたソテツの葉が、千切れそうなぐらいに揺れていたのをよく覚えている。

 その後、伊丹空港で初めてジャンボ機を見た時にはもっと驚いた。そしてそれは、田舎の小学校の木造の講堂しか見たことがない少年が、高知市の中学校の入学式で見た、鉄筋コンクリート造りの体育館の大きさに驚いた時に似ていた気がする。


「高知龍馬空港」から「大阪伊丹空港」へ
f0308898_22091436.jpg
隣りのスポットにJAL機が到着
f0308898_22093313.jpg
滑走路にはギザギザ模様
f0308898_22094446.jpg
先日歩いた「介良富士」(中央)から
「鉢伏山」への稜線が見えている
たしかに富士山の形をしている
f0308898_22095649.jpg
ロックフィル工法の「魚梁瀬ダム」

周辺は日本でも有数の多雨地帯であり
「魚梁瀬杉」は
「日本三大美林」の1つでもある
f0308898_22100778.jpg
徳島県の「那賀川」(下)と
「四国三郎吉野川」(画像中央上)の河口
これから「紀伊水道」を渡る
f0308898_22101990.jpg
紀伊半島に上陸
f0308898_22103073.jpg
「八尾空港」が見えている
f0308898_22104222.jpg
「大阪城公園」の桜も見頃
f0308898_22105596.jpg
飛行機も「淀川」を渡る
f0308898_22110610.jpg
「大阪伊丹空港」から
「高知龍馬空港」へと折り返す
「明石大橋」上空を通過
橋を渡れば「淡路島」
f0308898_22112132.jpg
左下に「神戸空港」への着陸機
f0308898_22113708.jpg
「土佐矢筈山」(手前)から
「小桧曽山」へと続く稜線

稜線の右手にあるバイク乗りの聖地
「京柱峠」(酷道439号線)は
高知県と徳島県の県境

f0308898_22115526.jpg
「永瀬ダム」(旧物部村大栃)
f0308898_22120386.jpg
太平洋まで戻って来た
f0308898_22121595.jpg
物部川河口から高知空港へと進入
f0308898_22122813.jpg
地面を擦りゃあしませんかの?
f0308898_22124477.jpg

 名古屋での学生時代、休日には「小牧空港」によく出かけた。送迎デッキには、航空無線を傍受するマニアたちおおぜいいて、彼らが肩にかけたラジオのスピーカーからは、管制塔とパイロットとのやりとりが漏れ聞こえてきて、日がな楽しませてもらった。

 航空自衛隊の基地との併用でもあったので、タッチ&ゴーの訓練の様子も見られたし、送迎デッキと駐機中の航空機のコックピットの距離が近く、パイロットに手を振れば振り返してくれたりと、一日中いてもちっとも飽きなかった。

「高知⇔名古屋」便は、「名古屋セントレア空港」ではなく「名古屋小牧空港
」を離発着する。利用するたび、遠い学生時代を懐かしく思い出している。




by ky_kochi | 2017-04-13 09:00 | 番外編 | Trackback | Comments(0)

新改駅(旧土佐山田町)

 JR四国の土讃線に2つあるスイッチバック駅の1つ、「新改(しんがい)」駅は、「土佐山田」駅と「繁藤(しげとう)」駅の間にある無人駅である。

 高知駅を岡山駅へと発車した特急「南風」号が、「御免(ごめん)」駅と「土佐山田」駅に停車した後、車掌が切符検札に回り始める頃、進行方向に向かって左側の席から駅ホームへの引込線を見ることができる。

【ご注意】画像は平成28年7月のものです。
f0308898_17551231.jpg
「新改」駅は本線から北に分岐した場所にあり、その分岐点から南には長い引込線が設けられている。

 付近は上り列車(地図の右方向)にとっては急勾配であり、「新改」駅に停車した列車がそのまま発車しても坂道を登れなかったため、いったん引込線に入り加速を付けて登って行ったと、昔聞いたようにも思う。

 今はエンジンの性能も向上したのでその必要もなさそうに思うが、昔ながらの普通列車の停車駅でもあり、特急列車との行き違いの待避場所としても利用されているようである。

f0308898_16275119.png
体験宿泊施設「ほっと平山」方面へ
払下げられたものか
退役した路線バス
f0308898_17180573.jpg
ダム湖のほとりに案内板
f0308898_17182632.jpg
植林の中を高度を上げる
f0308898_17193510.jpg
海抜約200mにある
f0308898_17195593.jpg
土讃線の36番目の駅
以前は土佐山田町であったが
現在は香美市
f0308898_17201187.jpg
ホームの北は行き止まり
f0308898_17203127.jpg
渋過ぎる
f0308898_17205082.jpg
この標識は?
f0308898_17210149.jpg
線路終端
f0308898_17211743.jpg
ホームの南側は本線へと続き
左から来る本線に添うように
合流するX線状のスイッチバック
f0308898_17213641.jpg
高知方面(下り)の本線は右側で
左の山裾の奥へと引込線が延びる

f0308898_17215401.jpg
岡山方面(登り)の本線は
「新改」駅への分岐の先で
トンネルに入る
f0308898_17220993.jpg
たまりませんな!
f0308898_17222857.jpg
下り特急「南風」号が
トンネルを出て疾走して行く
f0308898_17224347.jpg
おなじみのアンパンマン列車
f0308898_17230278.jpg
右側の本線へと直進する
f0308898_17231881.jpg
引込線で行き違い待ち合わせ中の
下り普通列車がこちらへと発車
f0308898_17233782.jpg
「新改」駅へしずしずと入線
f0308898_17235367.jpg
図体は特急列車にひけを取らない
f0308898_17241450.jpg
1両編成のワンマン列車
都会の人に想像がつきますかな?
f0308898_17243094.jpg
「新改」駅での乗降中に
上り特急「南風」号が本線に
f0308898_17245112.jpg
あっという間にトンネルに消える
f0308898_17251642.jpg
最後に下りの普通列車が
「新改」駅をゆるゆると発車
f0308898_17254176.jpg
「高知」駅へと向かう
f0308898_17290804.jpg
ご安全に
f0308898_17292556.jpg
今度は右の本線に入線
f0308898_17295261.jpg
ホームの足元には
f0308898_17301793.jpg
はるか北には
高知自動車道の曽我部川橋
f0308898_17303353.jpg
お帰りはこちらなのだが・・
f0308898_17304812.jpg
気になる案内板
f0308898_17311654.jpg
カブに鞭打って
ひたすら山道を登ると
f0308898_17313138.jpg
その名も「武田神社」
f0308898_17314866.jpg
なんと勝頼公の墓所もある
f0308898_17320714.jpg
何ともシュール
f0308898_17323185.jpg
 以下の画像は、鉄道廃線にハマっていた頃、平成8年1月のものです。

この日は1月3日
お正月から遊山三昧
はるか北には「甫喜ケ峰」の
風車2基が見えている
f0308898_17404311.jpg
きちんと煤払いされている
f0308898_17410417.jpg
ローカルルール
f0308898_17413422.jpg
スイッチバック愛好会のかたや
地元の皆さんが
ボランティアで駅舎を清掃している
f0308898_17431993.jpg
新年の雰囲気が漂う
f0308898_17435334.jpg
この奥が行きどまり
f0308898_17442491.jpg
少し藪っている
f0308898_17451918.jpg
終端の標識も輝いている
f0308898_17455600.jpg
いいね!
f0308898_17462838.jpg
大層そそられるパーツ
f0308898_17483298.jpg
線路が使われている
f0308898_17490293.jpg
グッ・ジョブ!
f0308898_17493167.jpg
ホームに置かれたカゴ
f0308898_17500328.jpg
下り特急列車が通過
f0308898_17503362.jpg
現在は見かけない車両
f0308898_17510840.jpg
海抜200mならでは
f0308898_17514054.jpg
タブレット授受用のホームか?
f0308898_17521864.jpg
エクセレント!
f0308898_17524829.jpg
 最近どうも身辺があわただしく、というのは言い訳で、寒さに怯んでしまってすっかり遊山から遠ざかっている。

 野山にも、いつの間にかパステルカラーが増えてきた。このままだと出不精になってしまう、そろそろ始動せねば。






by ky_kochi | 2017-02-12 16:26 | 番外編 | Trackback | Comments(2)