ブログトップ

茶凡遊山記

chabon.exblog.jp

カテゴリ:リトルカブ( 42 )

たいようひろば(高知市)

 県道37号線の高知市神田と旧春野町との境にある「神田トンネル」を抜け左折登攀すると、高知市の「南嶺(なんれい)」の一つ「烏帽子山」の北麓に福祉牧場「おおなろ園」がある。

 園内の「たいようひろば(高知市青少年ふれあい広場)」には、ゴルフよろしくいかに少ない投数でフリスビーを順にかごに入れていくかを競うフライングディスク広場やフィールドアスレチック広場がある。

 さらに、小高い丘の上には高知市を一望できる展望台もあって、大人も子供も楽しめる憩いの場となっている。

f0308898_21010388.jpg
「神田(こうだ)トンネル」南口
f0308898_20541671.jpg
ここは「烏帽子山」の北麓にあたる
f0308898_20542852.jpg
ここから先は車両乗入禁止
f0308898_20544154.jpg
風情のある木々のお出迎え
f0308898_20545304.jpg
二昔前は小さかったのに立派になられて
f0308898_20550291.jpg
茶畑にセイタカアワダチソウ
f0308898_20551767.jpg
こんな日向にもキノコが生える
f0308898_20552685.jpg
黒く見えている木があるが
樹肌なのかキノコなのか・・
f0308898_20553517.jpg
夏草が残る丘には
f0308898_20554576.jpg
昔のままのフィールドアスレチック
f0308898_20560294.jpg
「たいようひろば」に到着
f0308898_20562376.jpg
だんだん記憶が蘇って来る
f0308898_14550578.jpg
南に「烏帽子山」(左)と「柏尾山」の鞍部
f0308898_20565347.jpg
「展望台」へはこの道を右上に
f0308898_20570536.jpg
お痛わしい
f0308898_20571505.jpg
蜘蛛の巣に捕まった落ち葉


簡易舗装が切れる
f0308898_20573635.jpg
道なりに広い道を進んでも
左上に藪漕ぎをしても
展望台に着く
f0308898_20580184.jpg
ここは花に誘われ藪漕ぎの道へ
f0308898_20582081.jpg
なぜかこんなところに大岩
f0308898_20594332.jpg
マツタケ殿はおられぬか?
f0308898_20595225.jpg
この高さならきっと眺めも良かろ
f0308898_21000011.jpg
なかなか良(え)いですやいか
f0308898_21001826.jpg

f0308898_21013350.jpg
北東
f0308898_21015148.jpg

f0308898_21020315.jpg
南東
f0308898_21021637.jpg

f0308898_21022860.jpg
南西
f0308898_21024105.jpg
西
f0308898_21025283.jpg
北西
f0308898_21031102.jpg
パノラマ
f0308898_21032380.jpg
東に土佐塾中高
f0308898_21033427.jpg
筆山は確かに筆の形をしている
f0308898_21055355.jpg
自宅を探すが見当たらない
f0308898_21060428.jpg
足元を写すと腹が写るのは何故?
はい、誰のせいでもありません
すべて私が悪うございます
f0308898_21061476.jpg
滑り台も取り付けられている
f0308898_21062557.jpg
こちら側にもマツタケ殿の姿はない
f0308898_21063832.jpg
ベンチの南に階段がある
こちらが本来の遊歩道らしい
f0308898_21065630.jpg
階段を下りて右に曲がると
f0308898_21070499.jpg
歩きやすい道が西へと続き
f0308898_21072232.jpg
やがて簡易舗装の道に戻る
f0308898_21073316.jpg
四国電力の27番鉄塔は
f0308898_21074367.jpg
このウサギ道の先にある
f0308898_21075380.jpg
♪松ぼっくりがあったとさ~
f0308898_21080076.jpg
敬礼ッ
f0308898_21080907.jpg
「たいようひろば」中央
f0308898_21082191.jpg
フリスビーを投げ入れる
黄色いかごが右下に見える
f0308898_21091368.jpg
石の上にもウン十年
f0308898_21092469.jpg
貴殿にも山でよくお会いしますな
f0308898_21093723.jpg
♪そしてあたしはいつも夜咲くアザミ~
f0308898_21094885.jpg
春の桜が今から楽しみ
f0308898_21100380.jpg
二十年も経つとなかなかの巨木になる
f0308898_21102237.jpg
坂本龍馬ゆかりの「和霊神社」へと続く道の
f0308898_21103154.jpg
左上に一見民家風の「石鎚神社」があり
さらに進むと「石鎚教奥の院」がある
f0308898_21104445.jpg
広い参道の横に狭い参道があり
f0308898_21110292.jpg
立派な狛犬が睨みをきかせている
f0308898_21111504.jpg
「石鎚山」周辺の修験施設に似ている
f0308898_21112553.jpg
百度石と本殿との距離が長い
願をかけるのも大変であろう
f0308898_21114024.jpg
よく掃き清められている
f0308898_21115101.jpg
石段の先に
f0308898_21120421.jpg
広い方の参道が続く
f0308898_21132652.jpg
二町二反四畝十五歩は
2ちょう2たん4せ15ぶと読み
6,735坪で約22,225㎡となる

ちなみに
1町=3000坪
1反=300坪
1畝=30坪
1歩=1坪

f0308898_21133668.jpg
「烏帽子山」頂上の「石土神社」には
「おおなろ園」ロータリー南から
車で行くこともできる
f0308898_21134503.jpg
「テレビ高知」の「烏帽子山送信所」
f0308898_21135737.jpg
塔の北側から「神田石土神社」へ
f0308898_21141252.jpg
最初の鳥居
f0308898_21142696.jpg
二番目の鳥居
f0308898_21143853.jpg
大きな木の洞(うろ)
f0308898_21145049.jpg
頂上にもまたまた鳥居
f0308898_21150124.jpg
南麓の旧春野町側からの参道
f0308898_21151322.jpg
鎖がいかにも「石土神社」
f0308898_21152230.jpg
「烏帽子山」の山頂広場
f0308898_21154360.jpg
グッドデザイン賞
f0308898_21155348.jpg
南の「桂浜」方向に太平洋を遠望
f0308898_21160481.jpg
沖合に大型船が停泊中
f0308898_21172400.jpg
野鳥の餌場
f0308898_21173401.jpg
f0308898_21174582.jpg
f0308898_21175544.jpg
f0308898_21180441.jpg
f0308898_21181458.jpg
鉄壁のガード
f0308898_21182436.jpg
鉄筋造の平屋建て鉄板葺き
f0308898_21183977.jpg
周辺地図も完備
f0308898_21191302.jpg
これは解りやすい
f0308898_21192363.jpg
f0308898_21193622.jpg
夏の夕涼みにぼっちり
f0308898_21200576.jpg
休日遊山だけで約25,000キロ
f0308898_21215214.jpg
やはり高いものは縦に撮らねば
f0308898_21220401.jpg
登山道の道案内が新設されている
f0308898_21221960.jpg
「白土峠」は「柏尾山」の登山口
f0308898_21223634.jpg

 午後に2時間ほど時間ができたので、カブのガソリン給油を兼ねて、久方ぶりに「おおなろ園」へ出かけてみた。

 約20年ほど前、子供たちと遊びに来た頃には、「たいようのひろば」に隣接する放牧場に赤牛がいたように思うが、今日はその姿はなかった。

 この地に「石鎚神社」と「石土教奥の院」、そして展望台があることは、当時から知っていたがなぜか行かずじまいのままであった。

「烏帽子山」には「石鎚神社」と「石鎚大権現社」があり、麓の高知市神田(こうだ)には、「高座」に「石土神社」と「吉野」に「石鎚神社」がある。周辺だけで「石鎚山」に縁起する神社が6社もあることになる、よほど「石鎚山」にゆかりの深い土地のようである。

 前日の「UFOライン」遊山で、石鎚神社四社の一つ「土小屋遥拝殿」に立ち寄ったが、そういえばなぜここを「土小屋」と呼ぶのか以前から気になっていた。

「石鎚」と書いたり、「石土」と書いたり、何か関係があるのであろうか。











by ky_kochi | 2018-10-14 13:00 | リトルカブ | Trackback | Comments(0)

コンビニフック(リトルカブ)

 これまでに買った高額商品では、ウォシュレットと双璧をなす遊山の相棒「銀号」、ホンダリトルカブを買ったのが2008年。メタボな騎手の無駄な重さに文句ひとつ言わず、野に山に川に海にと、実に根気強く付き合ってくれている。

 世界のホンダ「スーパーカブ」は、そのシンプルかつ逞しい構造からカスタムがしやすく、様々なカスタムパーツが販売されている。エンジンの改造など到底無理な小生でも、オイルやプラグは自分で交換できるし、ちょっとしたアクセサリーパーツも簡単に取り付けできる。


鍋奉行になる日も
f0308898_14183742.jpg
珍しくスイーツを買う日も
f0308898_14185960.jpg
風除け内側にある2つのフックが大活躍

f0308898_14204337.jpg
東京目白にある
カブ乗りの聖地「東京堂」
f0308898_14192177.jpg
手前のカブに装着されているのは
「ベトナムキャリー」
シートも荷台もご機嫌
ううむ堪らん
f0308898_14193357.jpg
出張の帰りに聖地を巡礼
おふだがわりにコンビニフックを購入
f0308898_14194418.jpg
帰りの飛行機の中でも矯めつ眇めつ
f0308898_14200368.jpg
早く取り付けたいと気が逸る
f0308898_14201436.jpg
裏面の取説はベトナム語であろうか?
f0308898_14202585.jpg
取り付けはいたって簡単
f0308898_14204337.jpg
右側に純正のコンビニフックを残すことで
右サイドに2つコンビニ袋を引っ掛けられる
f0308898_14205337.jpg
外側にはエメラルドグリーンのお洒落心
f0308898_14210455.jpg


 アクセサリーパーツの中で、特におススメなのがこのコンビニフック。東南アジア系の顔立ちなので、このフックに買い物袋を沢山ひっかけて走る様は、まるでベトナム辺りでよく見かける荷物をいっぱい運んでいるカブそのもの。

 こまめなオイル交換とプラグ交換の甲斐あって、相棒はここまで10年間、チェーンとタイヤを1回交換しただけですこぶる元気。あちこちガタが来ているのは騎手の方、嗚呼。






by ky_kochi | 2018-10-14 12:00 | リトルカブ | Trackback | Comments(0)

馬之助神社(旧大正町)

 旧幡多郡大正町打井川に、「馬之助神社」という鎮魂の神社がある。

 約200年前、極貧の家に生まれ、あまりの空腹に耐えかねて畑荒らしや盗みを繰り返す、馬之助という七歳の子供がいた。両親は心を鬼にして、いわば口減らしのために我が子を打井川の谷奥に捨て置いた。一週間ほどたって父親が様子を見に行くと、馬之助は谷で「アカイコ」(沢蟹)をたべていたという。

 その後わずか一か月も経たないうちに、馬之助の家族親族はことごとく死に絶え、打井川ではその後も馬之助の祟りと思われる不幸が次々とおこり、人々は小さな祠を建て馬之助の安らかな眠りを祈願したという。

f0308898_10482434.jpg



f0308898_14163884.png


四万十町(旧窪川町)で
国道56号線から381号線に分岐
f0308898_09435225.jpg
道の駅
「四万十とおわ」「四万十大正」を目指す
f0308898_09440365.jpg
「若井大橋」から見る「若井沈下橋」
小学生の頃には
ここまで自転車で遠征
泳ぎに来たこともある
f0308898_09443291.jpg
「若井大橋」の欄干にあるこの設備には
地元役場へ連絡されたしとの札があった
百葉箱にも見えるが
何かを計測しているのであろうか・・
何年か前に流失した「若井沈下橋」の
監視カメラであろうか・・
f0308898_09444220.jpg
子供時代に川で泳いだ御同輩には
解ってもらえそうなこのワクワク感
あの先の角を曲がったら
f0308898_09445483.jpg
沈下橋があって
f0308898_09450339.jpg
沈下橋は格好の飛び込み台
f0308898_09452201.jpg
そして橋のたもとには川舟
f0308898_09490133.jpg
橋脚の台は河童たちのお休み処
f0308898_09490972.jpg
「口神」とかいて「くちごう」と呼ぶ
この先「天ノ川」(そらのかわ)を過ぎると
f0308898_09491880.jpg
「あきまる」よりは
「あきまろ」と発音した記憶がある
「秋丸」
f0308898_09492930.jpg
県展無鑑査ばりの出来栄えに
f0308898_09493954.jpg
実際の人かと思った
f0308898_09500028.jpg

「家地川」には、桜の名所となっている堰堤があり、ここで取水された水は、黒潮町(旧土佐佐賀町)伊与木の発電所に送水されている。

 小学校の授業で「日本で唯一ダムのない川、それが四万十川です」と教えられ、「先生、家地川にはダムがあるじゃいか」と述べると、「あれはダムではありません、堰堤です」とピシャリとやり込められた。どうもあの頃から、教師と巡査が・・。

ここは道なりに直進
f0308898_09503288.jpg
「上宮橋」(じょうぐうばし)が見えてきた
f0308898_09510262.jpg
沈下橋に腰掛ける子供たち
今日は水が出ていて泳げない
f0308898_09511368.jpg
「打井川橋」が見えてきた
f0308898_09512701.jpg
四万十川に沿った緩やかな下り
f0308898_09513340.jpg
「ホビー館」への道案内も登場
f0308898_09514141.jpg
「轟公園」の「石の風車」はまた今度
ここを左折し「打井川橋」を対岸へ
f0308898_09514796.jpg
橋の突き当りは右へ進む
f0308898_09515750.jpg
おりょ?この地図は・・
f0308898_09520801.jpg
去年「馬路村」で
初めて作者の森下画伯ご本人に会えた
聞きしにまさるパワーに脱帽敬礼
f0308898_09521530.jpg
本日のメインエベント会場
f0308898_09522466.jpg
全通した予土線に乗り
窪川駅から宇和島駅までの初旅が
高校の夏休み帰省の時だったような
今は昔・・

f0308898_09523213.jpg
「打井川駅」
f0308898_09524665.jpg
「四国の新幹線実現を目指して」の幟
f0308898_09525488.jpg
予土線をくぐる
f0308898_09531225.jpg
それらしい雰囲気になってきた
f0308898_09532315.jpg
飛び込んでみたくなる堰
澄み切った川は浅く見えても
けっこう深い
そういえばしばらく川で泳いでいない
f0308898_09533385.jpg
「海洋堂かっぱ館」の方向へ分岐
f0308898_09534185.jpg
「馬之助神社入口」
「僕たちが案内するけん!!」
 ここから4km
f0308898_09534870.jpg
かっぱのお出迎え
f0308898_09535703.jpg
絵になる
f0308898_09540575.jpg

「『茶凡遊山記』は1話が長すぎて説明文も長すぎる、いっそYoutubeで動画にしてくれたほうがいい」とのご意見が多いので、この先説明文は控え気味、スライドショー的に眺め飛ばしていただきましょう。

「海洋堂かっぱ館」
f0308898_09554145.jpg
f0308898_09554968.jpg
f0308898_09555831.jpg
f0308898_09560712.jpg
f0308898_09562053.jpg
f0308898_09563311.jpg
沢蟹を「あかいこ」と呼ぶ
f0308898_09570332.jpg
f0308898_09571353.jpg
ヘビだけはどいたちいかんっ
f0308898_09572815.jpg
f0308898_09573544.jpg
ピンボケが残念、レバーはキュウリ

f0308898_09583681.jpg
館外への出入口にはすべて
「かっぱが入るので扉をお閉め下さい」
とのナイスな注意書き
f0308898_09584801.jpg
f0308898_09593030.jpg
f0308898_09594012.jpg
f0308898_09595147.jpg
f0308898_09595840.jpg
f0308898_10004732.jpg
右手に「下町のナポレオン」
左手に栗焼酎「ダバダ火振」
f0308898_10010025.jpg
針金製のかっぱ
左が頭で目とサラがある
f0308898_10013769.jpg
f0308898_10030702.jpg
f0308898_10032596.jpg
f0308898_10033502.jpg
f0308898_10034966.jpg
f0308898_10035954.jpg
f0308898_10041721.jpg
f0308898_10050062.jpg
かっぱの世界でも
美女をめぐって激しい恋のバトル
f0308898_10051150.jpg
f0308898_10053658.jpg
f0308898_10054501.jpg
f0308898_10060168.jpg
「人間ハ説教ヲシナクナッタ」
f0308898_10061291.jpg
何やら諭されている
f0308898_10062343.jpg
f0308898_10064327.jpg
f0308898_10073161.jpg
酒呑みの手には
「下町のナポレオン」
f0308898_10065882.jpg
f0308898_10080517.jpg
f0308898_10082936.jpg
f0308898_10083866.jpg
f0308898_10084637.jpg
f0308898_10085627.jpg
f0308898_10090539.jpg
f0308898_10092571.jpg
f0308898_10093615.jpg
県鳥「八色鳥」(ヤイロチョウ)か?
f0308898_10094688.jpg
f0308898_10095419.jpg
f0308898_10100359.jpg
テラスでいただく「かっぱカレー」
頭にはきゅうりとハム
30種類のスパイスを使用し
なかなかの美味
鼻も美味しかったが
素材が何だったか忘れてしまった
たしか目はレーズンで
鼻はとんがりコーンだったような・・
f0308898_10101768.jpg
f0308898_10102791.jpg
f0308898_10132407.jpg
f0308898_10134023.jpg
f0308898_10135358.jpg
f0308898_10140599.jpg
捻った蛇口からかっぱ
f0308898_10141122.jpg
f0308898_10143619.jpg
f0308898_10145290.jpg
仏手柑(ブシュカン)が売られていた
f0308898_10151505.jpg
それではいよいよ「馬之助神社」へ
f0308898_10153044.jpg
白百合が満開
f0308898_10154150.jpg
少し行くと舗装が切れる
f0308898_10155090.jpg
おさらくキロ数表示板であろう
標識が1本倒れている
f0308898_10160420.jpg
「せばい道やけん気い付けて」
「せばい」は「狭い」の意
f0308898_10161340.jpg
あと3km
f0308898_10162901.jpg
「そよ風のスピードで
 ゆっくり走ってよ」
f0308898_10163980.jpg
いずこも猪の被害が深刻
f0308898_10165716.jpg
意味深な木
f0308898_10170820.jpg
あと2.5km
f0308898_10180403.jpg
「馬之助川」(「かっぱ館」館長命名)の
川岸に沿って遡上して行く
f0308898_10181587.jpg
あと2km
f0308898_10182546.jpg
対岸に小滝が懸かっている
森下画伯の絵地図にある
「にっちの滝」か?
f0308898_10183891.jpg
ブランコのかっぱはいずこに?
どうやら遊びに出かけたらしい
f0308898_10184810.jpg
チェーンソーを持ったかっぱ
打井川のかっぱ達は
チェーンソーで作られるという
f0308898_10185708.jpg
ご機嫌な林道が続く
f0308898_10190663.jpg
あと1kmになった
f0308898_10191538.jpg
「カッパランド」入口前の祠
f0308898_10192784.jpg
f0308898_10193991.jpg
早くもイチョウの葉
f0308898_10194873.jpg
いざ「カッパランド」へ入園
f0308898_10200017.jpg
や、やぁ
f0308898_10201071.jpg
f0308898_10201913.jpg
f0308898_10202729.jpg
ハンモックが古くなってしまった
f0308898_10203581.jpg
f0308898_10205623.jpg
f0308898_10464426.jpg
蛇口にTOTOのロゴ
f0308898_10475479.jpg

 病気平癒、子宝、子供息災、入学祈願、海上安全を願い、県内外から多くの人が訪れる「馬之助神社」に、最初の祠を建てたのがフィギュア製作で世界的に有名な「海洋堂」創業者、宮脇修氏の父上。現在この「打井川」の地には、「海洋堂ホビー館」と「海洋堂かっぱ館」が建ち、多くの観光客で賑わっている。

狛犬ならぬ狛「かっぱ」のお出迎え
f0308898_10482434.jpg
石碑の背後のお地蔵様は
少し俯いておられる
f0308898_10485981.jpg

 これまで見てきたお地蔵様は、じっと目を閉じ、人々の思いを耳で聞くというよりは心で聞いているというお地蔵様が多かった。由来を書いた石板の背後に立つお地蔵様、あのように前向きに俯いたお地蔵様の立ち姿を今回初めて見た。

 お地蔵様の傍らに立つ満腹の様子のかっぱ、たとえ「アカイコ」(沢蟹)であっても、山奥にたった一人で置き去られた馬之助少年が、おなか一杯であったことを祈ってのことであろうか。

満腹に見えるかっぱ
f0308898_10494193.jpg
鳥居の手前にはきちんと狛犬
f0308898_10501115.jpg
たくさんの祈りが絵馬に書かれている
堂内には沢山の玩具も奉納されている
f0308898_10522438.jpg
馬之助の命を何日か繋いだ「アカイコ」
f0308898_10525475.jpg
水力で自動で回るミニ水車
f0308898_10532372.jpg
馬之助も見たであろうか
古木の根っ子
f0308898_10535447.jpg
枝先は螺旋状に天空へ
f0308898_10542360.jpg
ただいま絵馬は在庫切れ
f0308898_10545461.jpg
お地蔵さまの背後にも水車
f0308898_10552408.jpg
満腹のかっぱの後ろ姿
f0308898_10555411.jpg
この辺りで馬之助が「アカイコ」を・・
f0308898_10562591.jpg
抱き合うかっぱの傍らに供花
f0308898_10565514.jpg
二宮金次郎のような読書中のかっぱ
f0308898_10572589.jpg
「四万十かっぱ小学校」
f0308898_10575480.jpg
小学校のすぐ隣りに
二人の酔っ払い
f0308898_12085011.jpg
右のかっぱの存在感
左手にはダバダ火振り
右手の盃を持つ角度が素晴らしい

左のかっぱのへべれけ感
左手で一升瓶から茶碗に注ぎ
右手は崩れ落ちそうな額に

県展無鑑査間違いなし!
f0308898_12082064.jpg
川舟を操るかっぱ
f0308898_10582513.jpg
川舟に乗る親子のかっぱ
f0308898_11011843.jpg
遊歩道も川に見える
f0308898_11014839.jpg
今日も大漁
f0308898_11021847.jpg
さてそろそろ帰ろう
f0308898_11024842.jpg
「又覗き」には言い伝えがあり
幽霊船や難破船を見極める際に
「又覗き」をすると
船の正体を見極められるという
f0308898_11031893.jpg
追いかけて来たかと思うた
びっくりするじゃいかっ
f0308898_11034812.jpg
ブランコに乗る二人のかっぱ
f0308898_11041893.jpg


釣竿じゃろうか?
木刀じゃろうか?
f0308898_11054953.jpg
こちらのブランコには一人
f0308898_11061977.jpg




大きながけ崩れを見ながら
「かっぱ館」へと戻る
f0308898_11092576.jpg
「かっぱ館」への分岐を右折し
「ホビー館」へ向かう
f0308898_11121181.jpg
さすが「ホビー館」への玄関口
「かっぱすいすいばし」で
恐竜のお出迎えを受ける
f0308898_11124247.jpg
続いて「あかいこばし」
f0308898_11131223.jpg
地名も川名も「打井川」
「あかいこ橋」には
ちばてつや先生の作品
f0308898_11150648.jpg
思わず右下へ進みそうになるが
ここは道なりに直進する
f0308898_11153654.jpg
「奥打井川」通過
あと0.7kmで「ホビー館」
f0308898_11170168.jpg
「海洋堂ホビー館」が見えて来た
f0308898_11183420.jpg
ここで右下へV字ターン
f0308898_11190529.jpg
「海洋堂ホビー館」正面
f0308898_11193631.jpg
「ホビー館」は元「打井川小学校」
f0308898_11200658.jpg
f0308898_11203655.jpg
それではスライドショー的にどうぞ
f0308898_11344200.jpg
「へんぴ」は「辺鄙」と書き
「都会から離れていて不便」
という意味
土佐弁と思っていたが標準語らしい
f0308898_11210641.jpg
f0308898_11213604.jpg
f0308898_11220624.jpg
f0308898_11223650.jpg
f0308898_11230612.jpg
f0308898_11233698.jpg
f0308898_11240692.jpg
f0308898_11243790.jpg
f0308898_11281226.jpg
f0308898_11284708.jpg
f0308898_11301688.jpg
f0308898_11351977.jpg
f0308898_11355172.jpg
f0308898_11362030.jpg
f0308898_11370399.jpg
f0308898_11373318.jpg
f0308898_11532347.jpg

「海洋堂」創業者の宮脇修氏は、30以上の職を転々としていたが、一人息子の小学校入学を機に小商いを始める決意を固める。店の名前は「海洋堂」と決めていたが、何を商うかを悩んでいた。

 習い覚えた手打ちうどんか、流行の兆しを見せていたプラモデル店か悩んでいたが、ついに天に決断を委ねることにした。天井から木刀を紐で吊るし、鋏で紐を切って、木刀が東西に倒れたらうどん屋、南北に倒れたらプラモデル店。こうして、誕生したのが、僅か一坪半のプラモデル店、「プラモデル店海洋堂」だっという。


f0308898_11315925.jpg
f0308898_11322958.jpg
f0308898_11330558.jpg
f0308898_11390429.jpg
f0308898_11393433.jpg
f0308898_11442194.jpg
f0308898_11455294.jpg
f0308898_11403764.jpg
f0308898_11400481.jpg
f0308898_11421230.jpg
f0308898_11424245.jpg
ANAユニフォームコレクション
買って帰るかどうか迷いどころ
f0308898_11484065.jpg
f0308898_11491399.jpg
f0308898_11494454.jpg
f0308898_11501477.jpg
f0308898_11504350.jpg
f0308898_11514728.jpg
おなじみポケットモンスター
f0308898_11521794.jpg
f0308898_11540173.jpg
f0308898_11543565.jpg
f0308898_11550587.jpg
「打井川」に沿って国道381号へ
f0308898_11553622.jpg
良く手入れされた稲田の上に
お弁当を食べに行きたい丘が見える
f0308898_11560676.jpg
「あかいこばし」まで戻って来た
f0308898_11563501.jpg
森下画伯の絵地図には青空が似合う

帰宅してから気付いたが
この地図の上辺中央部が
「馬之助神社」で
この地図の左下には
「馬之助のかくれ岩」とある

f0308898_11570641.jpg
鯉のぼりではなく「鮎」のぼり
f0308898_11573631.jpg
「奥打井川」から「中打井川」に
f0308898_11580621.jpg
これは何をお祀りしているのであろうか?
森下画伯の絵地図では「関札石塚」とある
f0308898_11583558.jpg
「打井川橋」を渡ると国道381号線
右折して旧窪川町へ向かう
f0308898_12011194.jpg
栗焼酎「ダバダ火振」
f0308898_12021468.jpg
「上宮橋」で休憩
f0308898_12025460.jpg
沈下橋から上流を見る
f0308898_12032469.jpg
 


 旧窪川町に入り、「四万十川」の支流の「渡川」を渡る。小学生の頃は、夏はこの通称「おおかわ」でほぼ毎日泳いでいた。今日は増水していて川原が見えないのか、川の形が変わってしまったのかわからないが、昔この画像の右側は広い川原であった。

 友達たちと自転車で乗り付けて、途中の川原でヨモギを千切り、川原の石で叩き潰して汁が出ているヨモギの葉をスイガン(水中眼鏡の略称)に塗り付けて曇り止めにしたものであった。

 実は、一度だけこの川で溺れたことがある。皆んなで一緒に泳いでいたら、一緒に来ていた友達のお兄さんが振り回すヘビが、運悪く真横に飛来してきた。思わず水中に潜り、川底の岩を蹴って反対方向に蹴り上がる算段であった。たしかに足は川底の岩を捉えたが、あろうことか踏ん張った瞬間に大岩が水中で転び、蹴り上がるどころか再び沈んでしまった。はずみで水を飲み込んでしまい、あとの顛末はご想像通り。

 こちらは必死にもがいているのに、周りの友達や肝心のヘビを放った年長のお兄さんからも、「溺れゆう真似をしゆうぞ」と囃し立てられる始末。画像の左にある大木のやや上流から流され始めたが、画像の右で白く泡立っている岩の右にある中州あたりに奇跡的に流れ着いた。

 子供心に生涯初めて命の危険を感じたが、友達にも、まして両親にはこのことは話さなかった。それもそのはず、話せば明日から川へ泳ぎに行けなくなるからである。


通称「おおかわ」の川原
f0308898_12035378.jpg




by ky_kochi | 2018-08-18 10:00 | リトルカブ | Trackback | Comments(0)

瀬戸川渓谷(土佐町)

 土佐町の「瀬戸川渓谷」に、「下瀬戸の桂」と呼ばれる巨木があることを知った。以前、リトルカブで「嶺北巨木ツアー」(土佐町編)と銘打って巡回した「土佐町」の巨木たちの番外として紹介されていた桂の古木である。

 連日続く猛暑の中、「仁淀ブルー」と双璧をなす「瀬戸川グリーン」への暑気払いの遊山。「早明浦ダム湖」からすぐの「南川(みながわ)」にある、何十年来気になって仕方がなかった「百万遍祭」の舞台「大谷寺」の「舞堂」にも初めて立ち寄り、「河内神社」では懐かしい「夫婦杉」にも再会できた。

 この日は予習不足で「下瀬戸の桂」には会えなかったが、土佐町の皆さんのご親切に出会えた夏の日の好日となった。

f0308898_21495532.jpg
通称「赤良木(あからぎ)越え」
高知市から県道16号線を北上
旧「土佐山村」の大ワラジ
f0308898_21500738.jpg
「赤良木越え」は「工石(くいし)越え」
憧れの「黒滝峰」の山裾を登攀
f0308898_21501905.jpg
「工石山」ファンの記憶に残るゲート
f0308898_21503169.jpg
茶屋のご主人とは随分ご無沙汰
今日の帰りには立ち寄ろう
f0308898_21504145.jpg
路面凍結によるスリップ防止路面
f0308898_21505247.jpg
ちょっと走ってみたい砕石の山
f0308898_21510053.jpg
「立割」の棚田撮影スポット
f0308898_21511092.jpg
「大峠(おおとう)」からのこの分岐
気になっていたご同兄はいませんか?
f0308898_21511964.jpg
この分岐から西の山裾の
「下地蔵寺」にショートカットできます
f0308898_21513399.jpg
「下地蔵寺」の集落が眼下に見えてきた
f0308898_21514104.jpg
これは旧「吾北村」側から見た画像だが
ショートカットしてきた道は
画像右手の山上から
酷道439(ヨサク)号線の
「ENEOS地蔵寺SS」の対面に下りてくる
f0308898_21515205.jpg
少し東進したところにあるこの分岐は
f0308898_21520149.jpg
「平石の乳銀杏」「三樽権現滝」等々
見どころ満載のエリアへの分岐
f0308898_21521767.jpg
「三樽権現滝」や「翠ケ滝」は
おススメの滝なのだが
「にこ淵」(いの町)のように
心無い見物客が増えないことを祈るばかり
f0308898_21522509.jpg
捨て猫の被害が深刻とのこと
f0308898_21523750.jpg
おやっ?
だんだん広くなってきた川に・・

f0308898_21524504.jpg
大水が出る前には
岸に引き上げるのであろうか?
f0308898_21525433.jpg
県道16号はこの右手から
酷道439号線に突き当たるが
今日は「大峠」から上流の「地蔵寺」へ
ショートカットしたため
この三差路で合流する
f0308898_21530268.jpg
土佐町土居の「Aコープ」前で左折北進
f0308898_21531193.jpg
堰堤は川にあるものと思っていたら
土石流対策の堰堤もある
なかなかの力作の造形美
f0308898_21532132.jpg
「南越トンネル」を抜けると
f0308898_21532971.jpg
「早明浦ダム湖」かかる「上吉野川橋」
f0308898_21533914.jpg
「上吉野川橋」から見るダム湖上流
f0308898_21535027.jpg
橋の東西の詰めにはギザギザがある
この構造があらゆる軋みを吸収する
車のハンドルに遊びがあるように
何事においても「かっつけ」は窮屈
f0308898_21535998.jpg
「おんびき(=カエル)」の神様
そういえば昔
周囲の大人たちが
「ガマガエル」を「やどんびき」と
呼んでいたような・・
f0308898_21541057.jpg
「岩躑躅(いわつづじ)山」の雄姿
f0308898_21541914.jpg
「下川橋」を直進
f0308898_21543005.jpg
「柚ノ木橋」は対岸に渡らず通過
f0308898_21544144.jpg
「上津川橋」を越えると「大川村」
f0308898_21571306.jpg
ここのギザギザは隙間が狭い
f0308898_21572576.jpg
「桃ケ谷橋」を直進すると
f0308898_21573347.jpg
対岸に「舟戸」への分岐
f0308898_21574612.jpg
「林道桃ケ内線」とある
右の青い標識版の文字は
雨風に劣化して解読不能
f0308898_21575944.jpg
このダム湖ではかつて
f0308898_21581295.jpg
米軍の戦闘機が墜落したことがあった
f0308898_21582274.jpg
下流に「柚ノ木橋」が見えている
f0308898_22012213.jpg
ダムに沈んだ村、ダム工事殉職者、
米軍兵士、、
「親水の碑」が建つ「親水展望台」
f0308898_22013322.jpg
これから向かう「瀬戸川」方向
f0308898_22014168.jpg
このエリアのベースキャンプ
「村のえき」
最近創作されたという「大川ラーメン」
今日の昼食はここに決定
f0308898_22015008.jpg
この先の三差路で
県道6号線へと左折
「大川橋」を渡り
「黒丸」方向へ西進
f0308898_22020585.jpg
「大川橋」の左上前方には
「大川小学校・中学校」
f0308898_22023022.jpg
「大川橋」から上流を見ると
「大川村」の中心地「小松」地区
画像奥の「小松川橋」手前を北進すると
ブナが美しい「大座礼山」登山口
「大田尾越」を越えて愛媛県新居浜市へ
f0308898_22024159.jpg

「大川橋」の南詰を左折
f0308898_22030180.jpg
「南川」「瀬戸川」を目指す
f0308898_22031221.jpg
4トン以上は通行止め
リトルカブは0.079トン
騎手もほぼそれくらい
ノープロブレム
f0308898_22031980.jpg
たしかこの辺りの湖底に大川村旧役場庁舎
f0308898_22032958.jpg
「南川」に入った
f0308898_22033782.jpg
「大谷寺」への分岐
f0308898_22035406.jpg
「土佐町消防団」の救命ボート
f0308898_22040288.jpg
「南川百万遍祭」の案内板
f0308898_22041486.jpg
「七尾橋」を対岸へと渡る
f0308898_22042372.jpg
この辺りはまだダム湖の景色
f0308898_22043311.jpg
京都で「百万遍」を見聞きしたことが・・
f0308898_22044250.jpg
境内には社殿が2つ並び建っている
f0308898_22045005.jpg
境内の大木に吊り下げられた鐘楼
f0308898_22061999.jpg
なかなかに荘厳
f0308898_22063039.jpg
本堂であろうか?
f0308898_22063965.jpg
こちらは「舞堂」
f0308898_22065013.jpg
「舞堂」には巨大な数珠が格納されている
f0308898_22070658.jpg
「百万遍祭」をお伝えすることは
我が禿筆の到底及ぶところではないので
土佐町のホームページ等をご覧下さい
f0308898_22071386.jpg
境内の中央に巨大な古木
f0308898_22072410.jpg
参道脇に積み重ねられた薪
奥山の人の仕事はいつも丁寧
f0308898_22073342.jpg
実にそそられる稜線だが
山容からすると
「岩茸山」1174mから
「朝日之本」三角点1125mへかけての
稜線か?
f0308898_22074052.jpg
「大谷寺」北東にも独特の山塊
「岩躑躅山」の南西隣り
1067メートルのピークであろうか?
f0308898_22074974.jpg
むむっ、ここにも気になる橋が・・
f0308898_22075764.jpg
行き止まり感いっぱい
f0308898_22080538.jpg
上流に「瀬戸川」独特の風景
f0308898_22081759.jpg
こちらは下流側
f0308898_22082716.jpg
どうやら行き止まり
ヘビを踏みそうで一歩も進めず
f0308898_22083791.jpg
ここ「瀬戸川取水所」は
「吉野川源流88か所水めぐり」第13番
f0308898_22084539.jpg
なんとこの取水堰から
高知市の鏡ダムへと分水されている
f0308898_22085428.jpg
人造物でも美しい「瀬戸川グリーン」
f0308898_22090180.jpg
取水場の少し上流に架かる吊り橋
f0308898_22090913.jpg
これは枯れ枝で
獣の落とし物ではない
f0308898_22091765.jpg
上流方向を見る
やはり独特の風景
f0308898_22093017.jpg
下流に取水堰が見えている
f0308898_22094031.jpg
吊橋からさらに上流の
大岩がごろごろしている川原
f0308898_22095541.jpg
豆のような実が
たくさんぶら下がっているが
いつもながら名前が判らない
f0308898_22100443.jpg
「川奈路」集落手前の分岐
f0308898_22101220.jpg
「夫婦杉」のある「河内神社」は
先ほどの分岐を左下へと下り
シブい吊橋を渡る
f0308898_22102127.jpg
相当に太い
f0308898_22102996.jpg
うぅむ
f0308898_22115208.jpg
シブすぎる
f0308898_22120178.jpg
「銀号」と比べると一目瞭然
f0308898_22120853.jpg
苔むした境内
f0308898_22123390.jpg
そなたはどちらさんかな?
f0308898_22124431.jpg
必要は発明の母
f0308898_22125173.jpg
「河内神社」前の吊橋から見る上流
画像奥は「岩茸山」であろうか?
f0308898_22133123.jpg
吊橋のワイヤー止めの周囲は花畑
f0308898_22134621.jpg
どうにも気になる
f0308898_22135470.jpg
ここ「川奈路渓谷」は
「吉野川源流88か所水めぐり」第14番
f0308898_22140655.jpg
「ひがしかど」「にしかど」と表記されている
「ひがしかどや」「にしかどや」
あるいは
「ひがしかどやま」「にしかどやま」
とばかり思っていた

f0308898_22142012.jpg
本日の目的地は「下瀬戸」
橋を渡ってから
逆方向への切り返し
f0308898_22142709.jpg
東屋前の水面
f0308898_22143959.jpg
「川奈路渓谷」には
東屋とトイレがある
f0308898_22152953.jpg
「林道小屋床線」とある
行ってみたいがまた後日
f0308898_22154191.jpg
「周橋」とあるが
「●周橋」だったような?
f0308898_22154911.jpg
橋はしっかりとしている
f0308898_22155712.jpg
先ずは足元から
f0308898_22160505.jpg
こちらは上流
f0308898_22165569.jpg
こちらが下流
f0308898_22161554.jpg
いたるところにユリが
f0308898_22173015.jpg
「下瀬戸」集落へは切り返さず直進
f0308898_22173818.jpg
「下瀬戸川橋」で左に分岐
f0308898_22174975.jpg
民家を過ぎ
小さな橋を渡ってから
f0308898_22175877.jpg
すぐに右上へと登攀開始
f0308898_22180886.jpg
右の谷が「カツラの木」への入口だが
設置されていたという看板が見当たらない
f0308898_22195424.jpg
 
 やがて広大なゼンマイ畑に入り、作業道は途中で2つに分かれた。どちらも終点まで行ってみたが、「カツラの木」への入口らしき場所が判らない。

作業道は途中で2つに分かれる
どちらも終点まで行ってみたが・・
f0308898_15364718.png
無理もない
「カツラの木」への入口は
地図の「土佐町」の「土」の左上
通り過ぎてしまっている


 帰宅してガイドブックを読み返してみたら、「入り口はゼンマイ畑より下」ときちんと書かれている。

 地図を見たらわかった気になる、興味をひかれたものに先ず目が行く、今日ならゼンマイ畑に行かなければと思い込む、そして何よりもガイドブックを持たずに出かける、横着もここに極まれりといったところ。

f0308898_13434977.jpg

 かくなる上はと、出発前に現地の情報を教わろうとしていたかたに連絡したところ、心当たりのお二方に聞いてみて下さるとのこと。連絡を待っていると、ふと山上からこぼれ落ちてくる人の声。2台の軽トラックが駐車されていた作業小屋前から、ゼンマイ畑へと駆け上がると、おりしも3人の地元のかたが作業中。

「カツラの木」への道をたずねると、男性のかたが「自分は行ったことがないが、聞いたことはある。この下のゼンマイ畑が切れた辺りに小さな谷があり、その奥にあると思う」とのこと。「入り口に看板があったように思うが・・」と女性のかたからも情報をいただく。
 
作業道終点からの眺め
広大なゼンマイ畑が広がっている
f0308898_22181708.jpg
ゼンマイ畑の切れ目を目指し下山
f0308898_22182659.jpg
 
 谷の入口まで引き返してみたが、やはり看板を見つけられない。あと2つ谷があったように思いさらに下ってみたが、看板はもとより小道の踏み跡すら見当たらない。最後にもう1回だけと、一番上にあった谷の入口まで戻っていると、先ほど道を教えてくれた男性の軽トラックと行き会った。

 なんと軽トラックをバックで入り口まで引き返していただき、「ここが入口だと思う、前はここに看板があったのだが」と教えてくれるのみならず、途中まで案内までしていただいた。谷は途中で左右に分かれていたが、「踏み跡からすると右では・・」ということになり、「徒歩10分とネットで見たので、10分過ぎたら引き返します」とお礼を申し上げてお別れをした。

 おりしも、先刻電話で相談していたかたから返電があり、照会していただいたお2人のうち、お一方は現在イベントに参加中で、もうお一方は地元在住だが行ったことがない、とのこと。かくなる上は、10分間で行けるところまで行ってみようと、大雨で荒れに荒れた山道をなかば匍匐前進、「カツラの木」を目指した。

f0308898_22212574.jpg
それらしい雰囲気になっては来たが
f0308898_22210575.jpg
どこが道やら谷やら
f0308898_22214849.jpg
ところどころにテープはあるが
f0308898_22215797.jpg
いくつか小谷へ分け入ったが
どうも「カツラの君」の姿はなさげ
f0308898_22220667.jpg
撮影中にズルッと滑ったので
f0308898_22222275.jpg
協議の結果
取り直しならぬ撮り直し
f0308898_22232890.jpg
これではない
f0308898_22234602.jpg
とにかく谷に沿ってひたすら下山
f0308898_22235537.jpg
これでもない
f0308898_22240489.jpg
あれでもない
f0308898_22241191.jpg
ほっとする木漏れ日
f0308898_22242100.jpg
一本だけ左の谷にも入ってみたが・・
f0308898_22242733.jpg
本日のところは撤収を決定
f0308898_22243565.jpg
作業道に出る直前
あれに見えるはもしや?
f0308898_22244455.jpg
裏返しになった看板を発見!
f0308898_22245375.jpg
看板は右の木立ちの向こう側に
f0308898_22250185.jpg

 看板を作業道の見やすい場所に移動させようかと迷ったが、あまりに道が荒れているので、見物客を入山させないようにとの配慮かと思いとどまった。

県道6号線「下瀬戸川橋」に戻ってきた
f0308898_22251147.jpg
せっかくなので「黒丸」まで
f0308898_22251963.jpg
たまらない文字がズラリ
f0308898_22252833.jpg
「剣ケ岳」の山頂部
f0308898_22253596.jpg
「アメガエリの滝」展望台から見る
土佐のマッターホルン「剣ケ岳」
f0308898_22254606.jpg
まもなく盛りを過ぎるユリ
f0308898_22255354.jpg
「黒丸橋」の少し下流
右に小さな滝がある渕
f0308898_22260155.jpg
エメラルド・グリーン
f0308898_22261194.jpg
渓谷沿いに何か所かある名所案内
f0308898_22261918.jpg
名水というより古水
f0308898_22262762.jpg
「七尾の湧水」は
「吉野川源流88か所水めぐり」第12番
f0308898_22263450.jpg
「村のえき」で遅めの昼食
「大川ラーメン」には塩と味噌がある
f0308898_22272664.jpg
「早明浦ダム」湖畔にある
ドイツ人芸術家のオブジェ
展示されてから
かれこれ30年近いはず
f0308898_22273362.jpg
高所作業車が必要だったと思われる
f0308898_22274005.jpg
「早明浦ダム」に浮かぶ
「中の島」は海抜343m
ダムに沈む前は
「細崎山」いう名前の山で
現在は「水の塔」が建っている
f0308898_22275193.jpg
ダム右岸にある記念広場
f0308898_22280177.jpg
「四国のいのち」
f0308898_22281151.jpg
「蛍火やダム堰く村を捨てきれず」
f0308898_22282108.jpg
貯水量が少ない
f0308898_22283474.jpg
左にもう一つ小さな島が見えている
f0308898_22284289.jpg
ダムの中央が市町村境界
f0308898_22290253.jpg
「本山町/田井町」
f0308898_22284819.jpg
今日は放水なし

f0308898_22291692.jpg
こりゃあ存外高い

f0308898_22292223.jpg
ダムの直下まで行くことができる
f0308898_22293744.jpg
放水時の開始時と終了時
あのハンドルを開閉するには
かなりの力が要りそう
f0308898_22294846.jpg
「早明浦ダム」を後に
酷道439号線を西進
県道16号線「赤良木越え」で
高知市へと帰る

最近は「落石」だけでなく
「倒木」が加わっている
f0308898_22295939.jpg


「カツラの木」を探している間に、とても我が物とは思えない匂いの大汗をかいた。いつもの一人歩きなので、熱中症やマムシに噛まれた時のことを思うとはなはだ不謹慎ではあるが、今日は大汗をかいて実に良い暑気払いとなった。

 ご親切にしていただいた土佐町の皆さん、ありがとうございました。もう少し涼しくなって、アブが減った頃に、もう一度行かせていただきます。

 

「下瀬戸の桂」に会いに行くきっかけは・・



by ky_kochi | 2018-08-05 09:00 | リトルカブ | Trackback | Comments(2)

高知自動車道上り線通行止(大豊町)

 平成30年7月の記録的な豪雨により、高知自動車道の上り線は「立川トンネル」入口手前の橋を土砂崩れにより流失、現在は下り線の約8kmを対面通行として復旧作業が進められている。

 この区間には、高知県大豊町から愛媛県川之江市へと越える県道5号線が通っている。すでに平安時代に作られていたという「北山官道」は、その後「土佐北街道」として江戸時代には参勤交代にも利用された。

 高知自動車道道の「笹ケ峰トンネル」と同じく、県道5号線も「笹ケ峰隧道」を越えると四国中央市新宮町に降り立つことが出来る。名物の「霧の森大福」を買いがてらと、軽い気持ちで出かけたが・・

f0308898_21310914.jpg
f0308898_10132790.png
大豊IC-新宮IC
終日対面通行
f0308898_21041737.jpg
国道32号線は
南国市領石(りょうせき)で
高知自動車道をくぐり抜け
f0308898_21042940.jpg
一気に海抜395メートルの
「根曳(ねびき)峠」へと駆け上がる
f0308898_21044167.jpg

 昭和47年7月、旧土佐山田町繁藤では、"姿なき台風"とも呼ばれる「湿舌」により、1時間降雨量95.5mm、24時間の降雨量が742mmという激しい集中豪雨に見舞われた。

 平年の3ヶ月分という大量の雨が一気に降ったことにより、最初の土砂崩壊での行方不明者の捜索の真っ最中に大規模な崩落が発生、家屋12棟、国鉄繁藤駅に停車中の5両編成の列車の機関車と客車1両、捜索活動にあたっていた関係者を飲み込み、60名もの犠牲者を出した。

哀悼広場への入口
f0308898_21045344.jpg
「繁藤哀悼の広場」モニュメント
f0308898_21050614.jpg
「繁藤災害資料館」
f0308898_21051853.jpg
国道32号線は
連続雨量250mmで通行止めになる
f0308898_21052988.jpg
「大豊町馬瀬」は「天坪」
「天坪」は「雨壺」
昔の地名には意味がある
f0308898_21053903.jpg
「ゆとりすとパークおおとよ」への分岐
ここにも前から気になっている山塊がある
「天坪三等三角点」と思われる
f0308898_21055041.jpg
「日本一の大杉」の看板が
「日本1の大杉」となっている
「一」の看板が落ちた時に
「1」に向きを変えたのでは?
f0308898_21060276.jpg
まもなく大豊町役場
高知自動車道への分岐が近い
f0308898_21061711.jpg
大豊町役場の対面には
ご存知「ひばり食堂」
この地では
昭和22年地方巡業に来ていた
9歳の美空ひばりが
バスの転落事故に遭った
f0308898_21062868.jpg
ここで国道32号線と別れ
高知自動車道と並行して走る
県道5号線へと向かう
県道5号線の終点までは
かの酷道439号線を走ることになる
f0308898_21064174.jpg
高知自動車道はここを左折し
大豊ICから進入するが
県道5号線へはそのまま直進
f0308898_21070129.jpg
量販店を過ぎた三差路で
県道5号線へと右折分岐
f0308898_21071390.jpg
「川口南トンネル」を抜けると
f0308898_21072263.jpg
「川口大橋」の右上に
高知道の「土佐吉野橋」
上り線オービスの少し手前にあたる
f0308898_21073824.jpg
"四国のいのち"
「早明浦(さめうら)ダム」のある
"四国三郎"「吉野川」の上流方向を見る
f0308898_21075270.jpg

「県境から通行止」とあり、「霧の森大福」を販売している「霧の森菓子工房新宮本店」までは行けないことが判明した。

通行禁止制限期間は未定
f0308898_21080112.jpg
「吉野川」にもかなりの増水の痕跡
流木の跡がかなり上にまである
f0308898_21081096.jpg
成川 時間規制 車両規制
「成川」は
高知自動道の橋梁消失現場の対岸で
f0308898_21082226.jpg
刈屋~笹ケ峰 全面通行止
「刈屋」は
「旧立川番所書院跡」がある所
f0308898_21083382.jpg
「立川川」は濁ったまま
f0308898_21084429.jpg
高知道下り線の
橋脚は大丈夫であろうか?
かなりえぐられている

f0308898_21085331.jpg
上流からの流木がひっかかり
貯木場のようになっている
f0308898_21131004.jpg
ねむの木の木立ちが切れると
f0308898_21132508.jpg
痛々しい川原がむき出し
f0308898_21133796.jpg
橋の高さまで水嵩が増し
流木がひっかかった跡かと
f0308898_21135029.jpg
この高さまで増水すると
聞いただけで足がすくみそうになる
f0308898_21145636.jpg
こんな長い木が引っ掛かったまま
f0308898_21160289.jpg
吊り橋はズタズタ
f0308898_21161322.jpg
およそ犯罪には縁遠いこの地に
泥棒が入ったことの注意書き
f0308898_21164514.jpg
トンネルも多いが橋も多い
f0308898_21165487.jpg
はるか先の釣り橋に
何か引っ掛かっている
f0308898_21170412.jpg
対岸のワイヤーにも
ガードレールのような金属板が
引っ掛かったまま
f0308898_21172660.jpg
巨木が橋に引っ掛かり
対岸に渡れない
f0308898_21180009.jpg
この高さの橋に
流木が取り残されるとは
想像を絶する水量
f0308898_21181481.jpg
こうしてみると
相当頑丈そうに思えるが・・
f0308898_21183036.jpg
以前この辺りにはたしか橋が・・
f0308898_21184181.jpg
対岸に橋桁があるが
そこにあったものか
上流から流れ着いたものか
f0308898_21185532.jpg
川の両岸には流木が取り残されたまま
f0308898_21190493.jpg
これはもしや橋の跡か?
長い鉄板が下流方向に続いている
f0308898_21191384.jpg
そうかここが対岸への橋の跡か
f0308898_21192399.jpg
橋桁の上にポツンと1本の流木が
f0308898_21193461.jpg
橋桁の足元には流木が山積み
f0308898_21194493.jpg
このガードレールは
川原の上流方向ヘの
下り歩道にあったものが
下流側にめくり上がった模様
f0308898_21195346.jpg
県道には大きな陥没
f0308898_21200777.jpg
応急のつっかい棒の下に川面が見える
f0308898_21221209.jpg
濁流が県道の岸をホグったらしい
f0308898_21225549.jpg
「旧立川番所」まであと5キロ
f0308898_21231104.jpg
「立川下名」と「立川上名」とがある
f0308898_21232443.jpg
ここはまだ今回の
上り線「立川トンネル」手前の
橋梁消失現場ではない
f0308898_21234068.jpg
これはひどい
f0308898_21235233.jpg
橋脚を浚ってなくてなにより
f0308898_21241084.jpg
この橋脚の足元も危うい
元からこうだったのならよいが・・
f0308898_21242572.jpg
「三谷」方面も通行止であった
「立川番所跡」まであと3キロ
f0308898_21243705.jpg
なぜか上流側に折れ曲がった標識
いったい何があったんです?
f0308898_21245692.jpg
「落石注意」の標識が無残な姿に
f0308898_21251429.jpg
手前が下り線で
奥が上り線
まもなく「成川」集落対岸に
「立川トンネル」がある
f0308898_21252406.jpg
ここにも小さな吊り橋があったように思うが・・
残っているのはワイヤーロープのみ
f0308898_21253481.jpg
「旧立川番所」まであと2キロで
高知道の上り線「立川トンネル」手前の
橋梁消失現場が見えてくる
左下への分岐は
すぐ下の橋の消失でこれまた通行止
f0308898_21255223.jpg
「成川」集落を過ぎると
架設道路が応急的に敷設されている
f0308898_21261386.jpg
「旧立川番所」を過ぎ
最初に高知道の下をくぐった先で
県道5号線は通行止
f0308898_21262564.jpg

県道5号線の通称は「川之江大豊線」
f0308898_21263625.jpg
立ち姿がいつもと違うのは
f0308898_21264802.jpg
足元の岸がズリこけたままのよう
f0308898_21270088.jpg
ガードレールの柱も存外長い
f0308898_21272049.jpg
こんなに長いとは知らなかった
f0308898_21273556.jpg
この辺に
龍馬が知人と待合せをしたという
案内板があったように思うが
もっと上流だったかもしれない
f0308898_21274759.jpg
「旧立川番所書院」で一休み
f0308898_21275865.jpg
ホームビデオのバッテリー充電に失敗し
大事な撮影が出来なかったトラウマで
デジカメはずっと乾電池タイプのコンデジ
乾電池なら万一の場合でも何とかなる
f0308898_21324510.jpg
「成川」の通行規制箇所で貰ったお知らせ
f0308898_21325630.jpg
参勤交代の際の
土佐での最後の宿泊地
f0308898_21330543.jpg
正面三角形の頂点
瓦葺でいうと巴瓦の部分には
「水」の文字

f0308898_21331399.jpg
藩主以外が出入りする勝手口か?
f0308898_21332568.jpg
「仁尾ケ内」方向を遠望する
あの山を
カブで越えていた頃が懐かしい
f0308898_21333553.jpg


「参勤交代道」であっことがわかる
f0308898_21335288.jpg
山菜そばを楽しみに来たのだが残念
f0308898_21360406.jpg
この展望台は
f0308898_21361927.jpg
番所の全景をレンズに収めるため
f0308898_21362906.jpg
微妙に揺れる
f0308898_21363812.jpg
「立川番所」は
「野根山番所」「池川口番所」と並ぶ
土佐藩内の三番頭であったが
国境警備の要衝として
首位を占めていたとある

f0308898_21365353.jpg
紫陽花が終わった後を
向日葵が追いかける
f0308898_21371038.jpg
お殿様が出入りなさる玄関は
今や格好の昼寝場所
f0308898_21371780.jpg
山里に多く植えられている花
f0308898_21373637.jpg
あそこにも
ずっと気になっている山塊がある
「刈屋四等三角点」と思われる
f0308898_21374591.jpg
第二駐車場の横の道を進み
f0308898_21380239.jpg
高知自動車道をくぐって
「幹線林道浦ノ谷平線」を経由し
「野鹿池山(のかのいけやま)」へ
行くことができる

f0308898_21383050.jpg


少しだけ走ってみたが
f0308898_21383951.jpg
この辺りで引き返してきた
f0308898_21385285.jpg
こらっ、蛇かと思うじゃいかっ
f0308898_21390108.jpg
途中に「土佐北街道」の標識
こんな道だと
籠を担ぐのも大変だろうが
籠に乗るのお殿様もまた大変
お殿様はたしかにえらい
f0308898_21390931.jpg

引き返す帰路から見る
高知道上り線の「刈谷トンネル」出口
f0308898_21395987.jpg
厳しい高さに作業用梯子が続いている
大人1人分ぐらいの直径の
円形の枠が上まで取付られているが
すみません
私はよう登りません
f0308898_21401046.jpg
高知と愛媛の県境
「笹ケ峰」が遥か遠くに見える
f0308898_21402058.jpg
手前が高知道上り線の
「立川トンネル」の出口になる
f0308898_21403235.jpg
現在は左側の下り線を
対面通行で運用している
f0308898_21404358.jpg
一瞬だけ見えた橋梁消失現場
f0308898_21405242.jpg

 一瞬だけ見えたと書いたが、実際は県道5号線も片側通行となっていて、バイクを降りて撮影できなかったというのが事実。

 走行中にあまりの惨状についバイクを止めて撮影していたら、後続の工事関係者のかたの軽トラックから、現場監督さんと思しきかたに注意を受けた。

 先ずもって停車している場所が危険箇所であること、次に向こう側で待機中の車両を発進させることができないこと。申し訳ありませんでした、以後十分気をつけます。


国道32号線の帰り道
大豊町大杉にある
お気に入りスポットに寄り道
f0308898_21410854.jpg
歩くとカタンカタンと音がする
土讃線の廃止鉄橋を渡ると
f0308898_21412374.jpg
かつての軌道跡が続いている
この先に1軒だけ民家があり
軌道変更に伴い線路を撤去した後も
生活道として利用されているとのこと
f0308898_21414789.jpg
来たものは帰らねば
f0308898_21420845.jpg
結構な高さと
コンクリート板の音
微妙な揺れと
橋上を吹き渡る涼風は
絶好の暑気払いとなる

f0308898_21422151.jpg
存外と高い
f0308898_21423438.jpg


お洒落な雰囲気の「板木野洞門」
f0308898_21424585.jpg

「角茂谷(かくもだに)」も
お気に入りのスポット
f0308898_21425649.jpg
ねむの木越しもまた宜し
f0308898_21431295.jpg
路肩はねむの木の花盛り
f0308898_21432504.jpg

 今回、高知自動車道の橋梁消失現場へと向かう途中、予想をはるかに越える県道5号線の損壊を目の当たりにした。

 県道沿いでは、畳を干している家々もあった。川面から県道までさほど高さがない場所では、床上まで浸水したのかもしれない。

 巨大な流木が取り残されたままの、かなりの高さの橋がいくつもあった。橋を越える水嵩を体験したことがないが、その恐怖たるや想像に難くない。

 西日本豪雨の被災地の復興が、一日も早く進むことを願っている。





by ky_kochi | 2018-07-15 11:00 | リトルカブ | Trackback | Comments(2)

神賀林道(旧香北町)

「轟の滝」からの帰り道、「猪野々簡易郵便局」前の分岐にあった「焼そば」の幟を思い出すものの、あれはきっと「滝の茶屋」のことであろう、本日は休業だったので「あんぱんまんミュージアム」まで昼ご飯はお預けかと思ったら・・

f0308898_16040873.jpg

 話が前後するが、「神賀神社」へ立ち寄ることになったいきさつを、地図でご案内すると・・

 下の地図の左が「轟の滝」で、帰路も往路と同じ赤いルートを走行し、緑のルートの起点にまで戻って来たところ、「田舎食堂猪野々商店」の店内から、楽しそうな声がこぼれ出ている。

「やきそば」の提灯に誘われ迷わず入店したら、3人の先客の皆さんが女将さんと和気藹々と談笑をしておられる。女将さんおススメの「塩やきそば」を美味しくいただいた後、「轟の滝」からの帰りであることを伝えると、すぐにご主人を呼んできていただき、ご主人が先日の大雨の後に撮影したという「轟の滝」の大水の動画を見せていただいた。

 たしか新聞で読んだことがあると思いながらお話をうかがう内に、「猪野々」集落に食堂を2015年にオープンされたご夫妻であること、さらに「轟の滝」の「滝の茶屋」を2016年に3年ぶりに再開されたご夫妻であることがわかった。

f0308898_15541957.png
f0308898_15552014.png


 ご主人から、滝へはもう一つ道(緑のルート)があり、途中の眺めが良いことと、終点は長い間疑問に思っていた滝の手前の「新柚ノ木橋」を直進する道に繋がっていると教えていただき、ただちに踵を返した次第。

 これまた以前から気になっている「神賀山」の手前には「神賀神社」があり、そこまでは車でも行ける(青のルート)し、神社からだと「神賀山」はさほど遠くない(橙のルート)とのこと。

 近くにはブナが美しい「大ボシ山」への登山道もあり、県外からの登山者も多いという。さらに、「大ボシ山」への途中には美しい滝が2つあるとのこと。いやはや、貴重な情報をいただいた一日であった。


日本の滝百選に選ばれた1990年頃は
第二駐車場も満杯だった
f0308898_16044732.jpg
たしか当時からあるような・・
f0308898_16052988.jpg
一発で清書しなければならぬ
消しゴムは使えない
f0308898_16053781.jpg
いやしの里「猪野々」へ下りてきた
f0308898_16054673.jpg
「吉井勇記念館」へはどちらからでも行ける
f0308898_16055686.jpg
年を経て渋みが増してきた
f0308898_16060623.jpg

 猪野々集会所にカブを駐車しようとすると、巣から落ちたのであろうか燕の雛が3羽、悲しい声で鳴いている。

「田舎食堂猪野々商店」でお聞きしたところによれば、落ちた雛鳥は親鳥が巣に戻すまでそっとしておくよりない、とのこと。かりに人間が雛鳥に触れて巣に戻したとしても、親鳥は人間の匂いがついた雛鳥を育てようとしなくなるらしい。

 駐車場に戻って来た時には1羽になっていたが、ヘビやネコなどに気付かれないうちに、親鳥による一刻も早い救出をただただ願うばかり。

巣から落ちた燕の雛が3羽
f0308898_16061637.jpg
「田舎食堂猪野々商店」
高知市から移住したオーナーご夫妻が
2015年に閉店中の商店を改装してオープン
f0308898_16062766.jpg
オーナーご夫妻は「轟の滝」入口の
「滝の茶屋」も2016年に再開された
f0308898_16063752.jpg
それではいざ周回ルートへ!
f0308898_16071085.jpg
消防屯所の先でテイク・オフ
f0308898_16072910.jpg
「引立」はどう読むのだろう?
f0308898_16074778.jpg
「神賀神社」へ行ってから
「轟の滝」へと周回してみよう
f0308898_16080467.jpg
徐々に高度を上げて行く
f0308898_16081370.jpg
「物部川」上流方向に「永瀬ダム」
f0308898_16082586.jpg
相当に雨が降ったらしい
f0308898_16084680.jpg
突き当りの三差路を右折
先ずは「神賀神社」を目指す
f0308898_16085570.jpg
ほどなく「神賀林道」に入る
f0308898_16091084.jpg
「神賀神社」への分岐を右折登攀
f0308898_16092663.jpg
一部ダート区間があるがほぼほぼ舗装路
f0308898_16093925.jpg
お祭りの日の駐車場であろうか
「神賀神社」近しの予感
f0308898_16094830.jpg
なかなか広い
f0308898_16095898.jpg

 この広場の手前だったか先だったか、写真を撮るのも忘れるぐらいだったが、林道の勾配はかなり厳しかった。そのうちメタボな騎手の重さに耐えかねた相棒「銀号」が、時折苦しそうなサウンドを発するようになった。

 いくら世界のホンダ「スーパーカブ」とはいえ、エンジンが焼き切れたら一巻の終わり。カブから降りて手押しすることにしたが、ローギアに入れているものの、スロットルの塩梅が林道の勾配とカブの車重、何よりも騎手の歩行速度と微妙に噛み合わぬ。

 神社を目前にしながらここから先は歩きか?と諦めかけたその時、右手に赴き深い鳥居の先に参道が現れた。


参道はなかなか長い
「神賀神社」はまだ先のようだ
f0308898_16101103.jpg
海抜967mのピークに建つ本殿
f0308898_16102111.jpg
この位置に鷲がいるのは初めて
もしや屋根から落ちたのでは?
f0308898_16103291.jpg
ここにおわすのはよく見かけるが・・
f0308898_16104238.jpg
3本のパターンは珍しい
f0308898_16105189.jpg
この山上の地に
資材を運び上げるだけでも大変
f0308898_16110188.jpg
塵一つない境内
大切にお祀りされている
f0308898_16121037.jpg
さてと登ってきた道は降りなければ
f0308898_16122091.jpg
はるか下「オモ谷」であろうか
道路と作業小屋が見える
f0308898_16123637.jpg
広場まで下りて来た
f0308898_16125215.jpg
尾根筋の植林の中を進む
f0308898_16130249.jpg
大層そそられる小道が左に
寄ってみたいが残り時間が少ない
f0308898_16131817.jpg
「轟の滝」にもあった
古木に刻まれた神社への案内
f0308898_16132751.jpg
左下から登って来たが
f0308898_16134049.jpg
「轟の滝」を目指し直進
f0308898_16140341.jpg
小さな三差路に突き当たる
「轟の滝」へはここを左折
f0308898_16141116.jpg
なるほどここに出るのか
f0308898_16142155.jpg
長年の疑問が氷解した
f0308898_16143117.jpg
「新神賀橋」から下流を見る
f0308898_16144070.jpg
こちらは上流
f0308898_16144910.jpg
♪坊さんかんざし買うを見た♪
よさこい節に唄われた
純信とお馬の駆け落ちの道もこの方向
f0308898_16150060.jpg


喉が渇いたので
f0308898_16151027.jpg
「誰がつけたかお急ぎスーパー」で給水
f0308898_16152058.jpg
メダカの直販所
f0308898_16153387.jpg
「上の畑に色々います」とのこと
f0308898_16154287.jpg
野菜ならぬメダカの良心市
f0308898_16155649.jpg

 11年ぶりに出かけた「轟の滝」の帰り道、偶然立ち寄った「田舎食堂猪野々商店」で、素敵なオーナーご夫妻と出会えた。何度となく来たことがあった「轟の滝」であったが、今日は知らなかった事を沢山教えていただいた。

「神賀山」より先に、「奥神賀山」へ登ったことがあった。ちょうど長年の夢叶い、カブで林道巡りに没頭していた頃であった。旧香北町楮佐古と大豊町西峰を結ぶ「楮佐古小檜曾林道」の分水嶺、「大豊峠」でいったん停車、「奥神賀山」山頂にあるという鳥居を目指した。

 ほどなく山頂、鳥居も視界に入った所で、奥の院の番人と思しき真っ黒い巨大なヘビが登山道に横たわっていた。こちらの気配に気付く様子もなく、身動き一つもせず通せんぼする姿は、威風堂々としたもの。

 人は自分の臍の尾を最初に跨いだ動物に終生怯え続けると聞いたことがあるが、どうやら小生の場合はそれがヘビだったかもしれぬ、とにかく見るも聞くも苦手で、ましてや触ろうなどとは夢にも思わない。



 実は、初めて「轟の滝」へ行った時には、途中で道に迷っている。どの道を通って辿り着いたか記憶にないが、ちょうど「滝の茶屋」の駐車場にいた地元の古老に迷った道を聞くと、「ああそれは神賀(じんが)様への道ぢゃね」と教えてくれたことであった。どうやら、「神賀神社」へと向かっていたらしい。

 思えばこの地には以前からご縁があった、そして今日は「猪野々(いのの)」で素晴らしいご縁をいただいた。地理院地図の等高線が教えるところによれば、「神賀神社」から「神賀山」までは高低差の少ない尾根歩きと思われる。この機会に「神賀山」と「奥神賀山」に是非とも登頂しておきたい、そして願わくば「大ボシ山」も。





by ky_kochi | 2018-06-24 15:00 | リトルカブ | Trackback | Comments(5)

高峰神社(土佐町)~三宝山~

 先月、「陣ケ森」(土佐町)に登った際、登山口までの途中にあった「高峰神社」への分岐が気になっていた。地理院の地図を見ると、県道6号線から神社への道は、南の「石原」からと北の「安吉」、2か所から始まっている。

 平成23年6月に土佐町の巨木を訪ねた時、果たしてどちらから神社に行ったものか、さっぱり記憶がなくなっている。調べていると、当時そこが神社だと思っていた場所は、参道のほんの入口に過ぎず、本殿は「三宝山」の山頂にあるようだ。

 さらに今回、「陣ケ森」の東、「陣ケ森城」跡に展望台があることを教えていただいた。記憶の点を線につなげるべく、「高峰神社」を再訪してみることにした。

f0308898_23200646.jpg
f0308898_10302186.png
高知市から県道6号線を北上
「郷ノ峰峠」手前から北に
「陣ケ森」の稜線が見える
f0308898_22374998.jpg
酷道439号線も
この付近は高速道路の雰囲気
ん、尖がった山はどちらさんかな?
f0308898_22380511.jpg
「郷ノ峰」を右折
f0308898_22381901.jpg
ここは直進
f0308898_22383459.jpg
左は「陣ケ森」登山口方面だが
本日は北の「安吉」から神社を目指す
f0308898_22384639.jpg
植林の日陰は少し肌寒い
f0308898_22385854.jpg
カーブミラーが2つ見えると
f0308898_22390893.jpg
三差路になっているので
f0308898_22392350.jpg
ここで県道6号線と別れて
f0308898_22393959.jpg
「安吉」集落へと左折する
f0308898_22395639.jpg
内輪差による脱輪防止策であろうか
うっかり早回りしても大丈夫
f0308898_22401550.jpg
しばらく舗装路が続く
f0308898_22402601.jpg
「安吉」集落を過ぎると
右上へと切り返す道との三差路に
f0308898_22404197.jpg
「高峰神社本参道」とある
f0308898_22410560.jpg
次第に記憶が蘇ってくる
どうやら前回もこちらから来ている
f0308898_22423954.jpg
鳥居の前に着いた
f0308898_22425274.jpg
石の扁額も威風堂々
f0308898_22433012.jpg
麓からここまで運んできたという
伝説の手水鉢
f0308898_22440398.jpg
鳥居の先から迫り来る羊歯
f0308898_22443090.jpg
羊歯の群生の奥に参道入口
f0308898_22443803.jpg
狛犬がお出迎え
f0308898_22445060.jpg
こなた「阿」
f0308898_22450152.jpg
かたや「吽」
f0308898_22453544.jpg
小さな社にも見事な彫刻
f0308898_22470123.jpg
苔むした石段
f0308898_22474086.jpg
直角に曲がり山道に入る
f0308898_22502794.jpg
小さな広場に着いた
いたる所に結界を示す注連縄
f0308898_22484582.jpg
おや、狛犬ではなく狛鳥か?
f0308898_22490349.jpg
鳥が後ろを振り返った構図
f0308898_23015230.jpg
台座には牛に見える動物が
f0308898_23012615.jpg
「文政十三年」と刻まれた常夜灯
f0308898_23021224.jpg
参道北側の車道はここで終点
車道には美しい緑の絨毯
f0308898_23022161.jpg
歩道の参道にも独特の苔
その上を歩くのが申し訳ない
f0308898_23023277.jpg
二番目の鳥居の先に石段が見える
f0308898_23024726.jpg
頭上から日差しが差し込み
実に神々しい雰囲気
f0308898_23025837.jpg
地理院地図に表記された石段
f0308898_23030986.jpg
御立派で御誠実
f0308898_23032032.jpg
ブロックがありがたい
f0308898_23033732.jpg
本殿下の三番目の鳥居に到着
傍らに手水鉢もある
f0308898_23035466.jpg
岩と言われれば岩
木と言われれば木
f0308898_23042461.jpg
こちらは木
f0308898_23043495.jpg
灯篭に刻まれた年号はほとんどが明治
f0308898_23045031.jpg
南側は風雨除けか?
f0308898_23142516.jpg
荘厳で実に厳か
f0308898_23143508.jpg
「土佐国本宮」
「高峯神社」
「三寶山鎮座」
f0308898_23145073.jpg
本殿から見下ろす石段
f0308898_23150140.jpg
本殿の北壁
f0308898_23151801.jpg
なかなかの造作
f0308898_23153026.jpg
回廊の下側も立派
f0308898_23154433.jpg
竹さえ画になる
f0308898_23155786.jpg
梅に鶯
f0308898_23160715.jpg
手が込んでいる
f0308898_23161626.jpg
八方に広がる枝
f0308898_23162839.jpg
独り佇む長老
f0308898_23164361.jpg
かなり勾配が早い
f0308898_23165628.jpg
ただならぬ深淵な雰囲気
f0308898_23170864.jpg
何という仲間の苔であろうか
f0308898_23172932.jpg
この造形は初めて見た
f0308898_23180591.jpg
麓まで下りて来た
f0308898_23181586.jpg
再び迫って来る羊歯の群生
f0308898_23182925.jpg
あらためて見ると大きい
f0308898_23183961.jpg
夏草が茂っている
f0308898_23185374.jpg
待機中の「銀号」
f0308898_23190586.jpg
相棒も交通安全を祈願
f0308898_23191963.jpg

 先ほど左手(北)から右折した三差路に戻って来た。ここから右手(南)に延びる林道が、「陣ケ森」登山口への途中にあった「高峰神社」への三差路に繋がっているはず。

 そして、その途中には、教えていただいた「陣ケ森城」跡の展望台があるはず。

三差路を右折し「陣ケ森」方面へ
f0308898_23192997.jpg
上方に枝道が分岐しているが
山上で見た車道の起点ではなさそう
f0308898_23223816.jpg
た、堪りませんなっ
f0308898_23225599.jpg
しばらく南下すると三差路に到着
ここを右に進むと「高峰神社」
f0308898_23230754.jpg
「高峯神社→」
「←陣ケ森」
f0308898_23231909.jpg
今日は神社までの車道はパス
「陣ケ森」方面を目指す
f0308898_23232804.jpg
交通量が少ないらしい
f0308898_23234460.jpg
小さな広場を通過
f0308898_23235905.jpg
小規模な崩落はあるが
二輪車の走行に支障はない
f0308898_23241741.jpg
岩肌にはツツジがまだ残る
f0308898_23242622.jpg
東方向に視界が開ける
f0308898_23243529.jpg
左右から夏草が体に当たる
f0308898_23244624.jpg
落ちそうで落ちない枯木
f0308898_23245959.jpg
「高峰神社」の道標の裏側に
f0308898_23252331.jpg
「展望台」の道標
f0308898_23253762.jpg
「展望台」への分岐に到着したが
倒木のゲートがカブでは進めない
f0308898_23261198.jpg
ここからは歩くとしよう
f0308898_23270403.jpg
途中にも数本の倒木
f0308898_23272759.jpg
カブでも走れそうな林道
f0308898_23273839.jpg
足元には黄色の小さな花
f0308898_23274862.jpg
背の高いあなたはどちらさんかな?
f0308898_23275703.jpg
遥か東に見覚えあるシルエット
「白髪山」(本山町)と思われる
f0308898_23281376.jpg
海抜973mの山頂に立つ祠
f0308898_23284209.jpg
山頂広場にひっそりと立つ展望台
f0308898_23295139.jpg
登ってみたものの・・
f0308898_23300231.jpg
足元の表示では
正面が「東」にあたるが
雑木が繁り遠望無し
f0308898_23302608.jpg
「北」
f0308898_23304360.jpg
「東」
f0308898_23310278.jpg
「南」
f0308898_23313326.jpg
「西」
f0308898_23315002.jpg
防護柵に攀じ登ると
かつての城主も思いを馳せたであろう
高知の城下との境の稜線が見える
f0308898_23324372.jpg
この鎖は飾り?それとも何か目的が?
f0308898_23325237.jpg
「展望台」を後に林道に戻ると
民家なのか施設なのか
あんな山上にも建物がある
f0308898_23330108.jpg
画像中央やや右に蝶々を発見
f0308898_23331076.jpg
なかなか上手く取れない
f0308898_23332041.jpg
「陣ケ森」登山口側にある
「高峰神社」への分岐三差路に到着
f0308898_23333227.jpg

「陣ケ森」登山の帰り、前回「高峰神社」に行った時の分岐に似ていると思い込み、ここからしばらく自動車で走ってみたが、たしか三差路からはすぐに鳥居に着いたはずと思い出し、道も次第に荒れて来たので引返したことであった。

 実際に「安吉」からカブで走って来て、こちら側から自動車で神社までは厳しいと判ったが、たとえ分岐が似たような三差路であったとしても、記憶力の低下を大いに痛感した。

 そして、「展望台」があることを教えていただいた方の、観察力や洞察力にはいつもながらただただ敬服するばかり。自身も目にしていたはずの道標には、「高峰神社」と並んで「展望台」と明記されている。それを見た瞬間に、「こんな場所に展望台とは?」と関心が向かないのがいかにも凡人の哀しさ、嗚呼。


たしかに「展望台」と表示されている
f0308898_23334310.jpg
「陣ケ森」登山口への県道分岐に無事下山
f0308898_23340150.jpg
田植えの済んだ田んぼの先に見える
「三辻山」(左)と「工石山」の鞍部
「赤良木峠」を越えて
高知市へ帰還するとしよう
f0308898_23341494.jpg


「高峰神社」参詣後、「陣ケ森」登山口への林道との三差路へと南下。地図上の最初の分岐が、神社へと続く車道との三差路。

 途中の寄り道が「陣ケ森城」跡の「展望台」への歩行ルートで、走行ルート南端の三差路が、「陣ケ森」登山口へと続く林道との分岐三差路となる。

f0308898_10314115.png

こちらのリンクもどうぞ!







by ky_kochi | 2018-06-16 10:00 | リトルカブ | Trackback | Comments(2)

猿押林道(馬路村~安芸市)


「ごっくん馬路村」で有名な県東部の馬路村からの帰り道、西隣の安芸市へと越える「猿押林道」は、良く締まったダートとトラバース部分の素晴らしい眺望を楽しめるごきげんな林道。

 このブログを始めたのが、山歩きを再開した平成24年。ホンダ・リトルカブを買った平成20年からそれまでの4年間、当時最もハマっていた「銀号」による林道巡回の記録が抜け落ちている。

 平成29年秋にこの林道でずっと不思議に思っていたことも氷解したこともあり、平成30年元旦の今日、その中から平成23年秋の「猿押林道」を書き留めておきたい。

【ご注意】画像は平成23年11月のものです。


f0308898_13112391.jpg

 高知市から国道55号線を東進、安芸市を越えて安田町で左折北進、「安田川」に沿って若鮎よろしく遡上。ユズの村「馬路村」から、童謡の里「安芸市」へと越える林道の一部、黄色の部分が「猿押林道」にあたる部分と思われる。

 国道55号線を「安芸市」に入り「伊尾木川」を渡ると、前方「東山森林公園」の北に「安芸広域メルトセンター」の白い巨大な建物が見えるが、ちょうどそのあたりに「馬路村」から降り着くことになる。


f0308898_13041513.jpg
「土佐ロイヤルホテル」を過ぎ
f0308898_13044624.jpg
「国虎屋」のうどんの
甘い誘惑を振り切って
「馬路(うまじ)村」を目指す
f0308898_13045859.jpg
本日の山越えルートのゴール
「伊尾木」には
幻想的なシダの名洞がある
f0308898_13052111.jpg
「おや、寅さんじゃないのかい?」
f0308898_13061659.jpg
安芸市出身の俳優川谷拓三氏は
『男はつらいよ』第36作に出演
そのご縁もあってか
f0308898_13070469.jpg
第49作のロケ地に決定していたが
主演の渥美清氏が亡くなり
幻となってしまったとのこと
f0308898_13081055.jpg
フーテンの寅さん
f0308898_13082164.jpg
「さくらの桜」に座布団5枚
f0308898_13083549.jpg
寅さんからの語りかけ
f0308898_13084885.jpg
道の駅「大山」の前には
渋い造りの漁港がある
ここに来るだけでもおススメ
f0308898_13091966.jpg
「神峯寺(こうのみねじ)」へ寄り道
f0308898_13125859.jpg
茶畑に霜除けの扇風機が並ぶ
f0308898_13130529.jpg
太平洋を一望できる
f0308898_13131331.jpg
土佐路で唯一の「遍路ころがし」
「神峯寺」への登り坂は
「真っ縦(まったて)」と呼ばれている
f0308898_13132163.jpg

土佐の銘酒「土佐鶴」のCMに、

 ♪天平の香りゆかしい土佐の酒
  土佐じゃ土佐鶴朝日に向いて
  宇多の松原鶴が舞う♪

と歌われた「宇多の松原」かと思ってしまうが、実際にはもっと西の、高知空港辺りから東の赤岡や岸本あたりまでの海岸線を指すらしい。

 なんと、かなだけで書かれていると思っていた『土佐日記』(紀貫之)は、「宇多の松原」の部分だけは漢字で書かれていて、それは亡き天皇の名前であった等々諸説あるらしい。

 また、現在の岸本海岸には松原はないが、このことについても諸説紛々あるらしく、まことに世の中は退屈しない。

f0308898_13133225.jpg
大岩の上に松の老木
f0308898_13133962.jpg
「土佐鶴」酒蔵の先を左折北進
f0308898_13134834.jpg
いいね!
f0308898_13140452.jpg
他所様の家の塀を勝手に撮影
お花泥棒は罪ではないとは
勝手な言い訳
f0308898_13141406.jpg
この年に32周年なので
まもなく40周年を迎える
f0308898_13142300.jpg
「旧魚梁瀬森林鉄道安田川線」に架かる
「明神口橋」(昭和4年建立)
f0308898_13143229.jpg
橋の下流側には
「オオムカエ隧道」
f0308898_13144027.jpg
規格も立派
町道の一部として利用されている
f0308898_13144908.jpg
アウチ!
f0308898_13145830.jpg
大きく蛇行する「安田川」
f0308898_13160492.jpg
「釜ケ谷橋」でまたも寄り道
ちっとも行き着くことにならん
f0308898_13161640.jpg
柚(ゆず)畑が多くなってきた
f0308898_13162352.jpg
左手上に遊歩道が延びている
f0308898_13163022.jpg
この「釜ケ谷の滝」も中々良いが
ご紹介は次の機会に
f0308898_13164025.jpg
中州に小さな森がある
f0308898_13164686.jpg
「平瀬隧道」南口に大岩
通行止めの標識か
はたまた自然の落石か
f0308898_13165398.jpg
「馬路村」中心街が近い
f0308898_13170641.jpg
「馬路橋」の対岸には
「まかいちょって家(や)」
【現代語訳】「まかせておいて下さいね」
f0308898_13171264.jpg
「馬路村農協ゆずの森加工場」周辺
f0308898_13172295.jpg
f0308898_13172925.jpg
f0308898_13173634.jpg
f0308898_13174910.jpg
f0308898_13175777.jpg
ううむ、たまらんっ
f0308898_13180950.jpg
興味のない人には鉄屑
f0308898_13181838.jpg
工場見学は一見の価値あり
f0308898_13182575.jpg
村の風景にぴったり合う
郵便局の赤い色
f0308898_13183467.jpg
近くには「うまじ温泉」もある
f0308898_13184744.jpg
インクラインが山上へ
f0308898_13194864.jpg
おなじみのキャラクター
f0308898_13195538.jpg

ごっくんランチの他にも
あめごすりみ丼
ゆず酢鳥丼
土佐ジロー丼
ゆず定食
「上から全部持って来て
皆で分けてたべるきに」
f0308898_13200202.jpg
たしか以前は村長さんの名札が・・
f0308898_13201067.jpg
一周300mを二周してくれる
f0308898_13203639.jpg
f0308898_13205258.jpg
出発進行!
f0308898_13211219.jpg
f0308898_13212379.jpg
f0308898_13213372.jpg
f0308898_13214499.jpg
「インクライン」にも乗車できる
高低差50m勾配長92.3m
したがって勾配は34度
計算できますか?
f0308898_13215876.jpg
f0308898_13220694.jpg
インクラインに見とれていたら
汽車は行ってしまった
f0308898_13222778.jpg
なんと良(え)いちや
f0308898_13224038.jpg
坑内用ディーゼル機関車
f0308898_13225125.jpg
平成元年まで現役だったという
f0308898_13230051.jpg
た、たまらんっ
f0308898_13231111.jpg
実に素晴らしい曲線
f0308898_13232512.jpg
狭軌とは思えぬ線路幅
f0308898_13233998.jpg
二周目に登ってきてもらいたい
f0308898_13234857.jpg

 
さてそろそろ「猿押林道」へ
道草ばかりしていると日が暮れる
「馬路橋」まで戻り
温泉方向ではなく左に分岐
f0308898_13273930.jpg
「金林寺」手前で左に分岐
「この先林道」方向へと進む
f0308898_13275167.jpg
「林道横岩線」に入る
f0308898_13281710.jpg
杉の落葉が多いがノープロブレム
f0308898_13282770.jpg
f0308898_13284660.jpg
f0308898_13285963.jpg
「猿押林道」に入る
f0308898_13290701.jpg
なんと良(え)い
f0308898_13291726.jpg
この傾きがたまらない
f0308898_13293579.jpg
ここで舗装が切れる
f0308898_13295680.jpg
さほど長い距離ではないが
f0308898_13300601.jpg
南東に見事な展望が開ける
f0308898_13301870.jpg
騎手は喉が渇いてきた
馬はエンジンが焼けて来た
休憩!
f0308898_13302917.jpg
そりゃそうじゃ
こんな所(く)で鉄砲を撃って
それがどうならっ
f0308898_13303832.jpg
よく締まったダートが続く
f0308898_13304771.jpg
舗装路並みに快適に走行
f0308898_13305881.jpg
安芸市の「名村川」上流を渡る橋か?
f0308898_13310885.jpg
再び左手に視界が広がる
f0308898_13311878.jpg
三差路になっている
右手に寄り道していこう
f0308898_13312972.jpg
発砲禁止の触書が多い
f0308898_13322712.jpg
立入禁止の柵の向こうは広場で
北西方向に眺めが良かった
右手に林道があったが
国有林専用林道で
立入禁止であった
「猿押山」への林道か?
f0308898_13323616.jpg
見事な造作の崖崩れ防止柵
f0308898_13324701.jpg
三差路へと戻る
f0308898_13325434.jpg
これはご念が入(い)りました
こんな山上にも念入りなミラー
携帯電話の電波を拾えるらしい
f0308898_13330661.jpg
雨水で林道が侵食されないよう
ゴム製の仕切りで細工がされている
f0308898_13331538.jpg
その甲斐あってか路面はフラット
f0308898_13333482.jpg
全体的に下りとなる
f0308898_13334381.jpg
眺めが良いのでここでも休憩
f0308898_13335230.jpg
それにしても走り易いダート
f0308898_13340221.jpg
並び落ちる無名滝
f0308898_13341104.jpg
こちらはやや高さがある一条の滝
f0308898_13342021.jpg
まだ紅葉が残っている
f0308898_13342867.jpg
青に緑に赤に黄
四色混ぜたら灰色などと
無粋なことは言いますまいぞ
f0308898_13343799.jpg
紅一点ですかの
なんぼかモテますろう
f0308898_13344619.jpg
まもなくダートが終わる
f0308898_13345860.jpg
手作り感満載
f0308898_13351976.jpg
通って来たのは「熊押山国有林」
f0308898_13354658.jpg
山は「熊」とあるが
f0308898_13360072.jpg
道は「猿」とある
f0308898_13361354.jpg
見事な掘り切り
f0308898_13365388.jpg
右手に安芸市が見えて来た
f0308898_13380272.jpg
市だけあって街が広い
f0308898_13381445.jpg
快適な舗装路を
ゆるゆると高度降下
f0308898_13382895.jpg
安芸市側は松の落ち葉
f0308898_13383844.jpg
足摺岬(南西)方向の太平洋
安芸市は園芸も盛ん
白く見えているのはビニルハウス群
f0308898_13384992.jpg
「安芸広域メルトセンター」北を下る
遠くから見て巨大な建物は
間近でみるとさらに巨大
f0308898_13385841.jpg
「伊尾木川」左岸へ降りたつと
前夜にネットで見ていた
もう1つの森林鉄道跡を思い出し
「伊尾木川」上流の「奈比賀」へ
f0308898_13390741.jpg
「伊尾木森林鉄道」の軌道跡も
相当に渋い
隧道もかなりの数が
当時のまま残っているらしい
いつか来なければ
f0308898_13391568.jpg
   

少し上流の沈下橋を
右岸へと渡る
前日までの雨で増水している

橋ぎりぎりまで増水している時など
川の流れに気を取られると
錯覚をおこして下流側に転落する

f0308898_13392204.jpg
背後に安芸市を見ながら
高知市へ向け西進する
f0308898_13393889.jpg
海のシワに見える
f0308898_13394850.jpg
振り向くと
高知県の東南端
「室戸岬」が
松の天辺のやや右に見える
f0308898_13395658.jpg
高知の一定以上の年代は
「眩しい」を「まばい」と発音する
f0308898_13400529.jpg
こちらは高知県の西南端
「足摺岬」の方向
この松原もまだ
「宇多の松原」ではない
f0308898_13401280.jpg
安芸市は童謡の里
f0308898_13402290.jpg
「とさくろしお鉄道」の
「ごめん・なはり線」と
国道55号線がクロスする
路側に見えているのは
サイクリング・ロード
f0308898_13403187.jpg
「手結(てい)」まで戻ると
ダイハツ自動車のCMで使われた
可動橋が折しも上がっている
f0308898_13420885.jpg
こりゃあ見ちょかんといかん
【現代語訳】これは見ておかないといけない
f0308898_13424218.jpg
違和感を越える迫力
f0308898_13422288.jpg
少し捻じれているのがまた良い
f0308898_13430557.jpg
船舶と自動車の
通行時間を分けている
f0308898_13441034.jpg
「土佐日記」にも登場する
天然の良港「手結港」
f0308898_13441747.jpg
こちらは西側の新港
f0308898_13442555.jpg
おっ、橋が下がり始めた
それでは連続早送りでどうぞ
f0308898_13461861.jpg
f0308898_13462741.jpg
f0308898_13464288.jpg
f0308898_13465159.jpg
f0308898_13465900.jpg
f0308898_13470634.jpg
f0308898_13471736.jpg
f0308898_13473317.jpg
f0308898_13474118.jpg
f0308898_13474981.jpg
f0308898_13475913.jpg

 この林道の安芸市側の入口に、「熊押山国有林」と「猿押林道」という標記がありずっと「熊」と「猿」を疑問に思っていたが、昨年秋に馬路村でのイベントで初めてお目にかかった森林官のかたの手作りマップ、『熊押猿押物語』で氷解した。

「猿押山」「熊押山」は、それぞれ「猿多し山」「熊多し山」が轉じたもので、「猿押山」は、地理院地図の「馬路村カジヤ」から「西谷川」上流方向の西、888.1m地点の三等三角点「猿押」であり、「熊押山」は地理院地図で「名村川」とある北西、763.0mの「柄尾山」もしくはその南麓を指すものと思われる。

 してみれば、安芸市の山奥に熊が現れても不思議ではないことになる、森林官のかたもマップに書かれていたが、この御時世、「山には一人で入られん」、何に出くわすかわからない、ヘビどころではない。







by ky_kochi | 2018-01-01 13:00 | リトルカブ | Trackback | Comments(2)

星ガ窪(2/2)【復路】(旧仁淀村)

「星ガ窪」の南麓に、「堂林」(越知町)という集落がある。平成24年6月に全国に3つしかない投入堂(なげいれどう)の1つ「聖神社」と「大タヲ山」を訪ねた時、偶然に通りかかったのがこの「堂林」であった。

 緑色の深淵な渕に感激した後、この道は一体どこに繋がっているのか、行けるところまで行ってみようと走っていると、今回の「星ガ窪」への近道と思われる道標を発見した。

 歩道に近い作業道のようだったのでやり過ごしさらに高度を上げて行くと、思いがけず「葉山風車」の分岐に到着。迷わずレフトターン、20基の風車が並ぶ越知町と津野町との分水嶺へと駆け上がったことであった。

f0308898_17351613.jpg
「松尾」から「谷山大師堂」まで南下
途中の道は1/25000地図にも記載が無いが
おそらく緑色の点の航跡かと

f0308898_10213532.png
これまた1/25000地図にはないが
水色の線の方向へとひたすら走る
途中には国道までの距離案内もあり
まず迷うことはない

f0308898_10224563.png
やがて酷道439号線(橙色)に降り着き左折
すぐに「長者」集落へとさらに左に分岐
随所にある道案内に従い
「星ガ窪」へと再び高度を上げる

緑色の輪っかが「星ガ窪」の草競馬跡
東端からは「田代」集落へと林道がある
南にも林道があったがこちらは行止り
f0308898_10225958.png
「星ガ窪」西入口で南西方向へ
Uターンしている舗装路を進む
途中に道案内がなく心細いが
辛抱強く走り続けると
越知町道「下ノ谷堂林線」に突き当たる
f0308898_12094680.png
南正面に風車群を見上げながら南西へと登り
「葉山風車」の道案内のある三差路を左折
№11風車の西で尾根道と合流する

f0308898_10232322.png
木々の影が東に長くなって来た
まだまだ先は長い
早く出立せねばならぬ
f0308898_10254471.jpg
なにせまだあの稜線を縦断せねば・・
f0308898_10255282.jpg
「星の家」横から
南麓直下へと続いていそうな道を
平成24年に見た近道と思い込み・・
f0308898_10435391.jpg
途中には眺めの良い広場もあり
頭の中ではもう自信満々
f0308898_10440116.jpg
おやっ?どうも様子がおかしい・・
f0308898_10441480.jpg
ありゃ、何と行止りになっちょる
f0308898_10442295.jpg
「星の池」に引き返し西を見れば
f0308898_10443545.jpg
着いた時には全く視野に入っていないが
立派な道が
西に向かって折り返している
が、この車道もたしか1/25000地図には
途中までしかなかったと思うが・・
f0308898_10444467.jpg
落ち着いてよく見れば
ちゃんと「越知葉山方面」と
案内もしてくれちょりますやいか
そうですそうです
そこへ行きたいがです
f0308898_10445360.jpg
現在も採掘が進んでいる「鳥形山」
今でもあの高さに聳えて見えるが
石灰石の採掘前はその名の通り
山頂付近は見事な円錐形だったと聞く
頂上の三角形部分がスパッと横に
切り取られたイメージらしい
f0308898_10450442.jpg
舗装路を辛抱強く西進するうちに
越知町道「下ノ谷堂林線」に突き当たる
「堂林」集落はこの三差路を左に下るが
本日は右に登って「風の里公園」へ
f0308898_10454633.jpg
現在は「堂林~下の谷」間が通行止めだが
復旧すれば「桐見川」に沿って下り
越知町へと抜けることができるし
「聖神社」や「大タヲ山」にも行ける
f0308898_10475932.jpg
平成24年に見た作業道は
いま通ってきたような立派な道ではなく
自転車なら何とか行けそうな道であった
現地の再調査が必要である
f0308898_10470109.jpg


「聖神社」(投入堂)と「大タヲ山」は
こちらのリンクをどうぞ



いよいよ「風の里公園」が近づいて来た
山の夕暮れは早い
急がねば
f0308898_10460733.jpg
この電線も1/25000地図にはない
四国電力ではなく民間敷設の電線か?
f0308898_10472719.jpg
地図で見ると
「白石川」経由の酷道439号線合流にも
大いに惹かれるものがある
f0308898_10483339.jpg
ここが「風の里公園」への分岐
左折すると「風の里公園」で
直進すれば「白石川」集落
f0308898_10504163.jpg
5年前に初めてこの道標を見た時には
思わず声が出たが
あれからすでに5年とは・・
f0308898_10505074.jpg
左側には「白石川 R439」
右側には「堂林 星ガ窪」
と書かれている
f0308898_10505904.jpg
根元には立派な松茸があるに違いない
f0308898_10510843.jpg
地球の皺
f0308898_10511711.jpg
ところどころやや荒れているが
f0308898_10512736.jpg
あっという間に「不入山脈」分水嶺に到達
f0308898_10514052.jpg
前方は№11の風車
風車は全部で20基なので
ほぼ真ん中に取り付くことになる
f0308898_10514960.jpg
来るたび曇りだが今日は珍しく晴天
f0308898_10515882.jpg
№12、13、14と風車が西に続く先に
「鶴松森」(かくしょうもり)のシルエット
f0308898_10521298.jpg
ほんに良い天気
f0308898_10522405.jpg
「鶴松森」が近づいて来る
f0308898_10523347.jpg
西端の№20の風車が終点
f0308898_10524367.jpg
すぐ左に「鶴松森」の登山口
ここからだと30分もあれば登頂できる
f0308898_10525128.jpg
四万十川の源流点は
県内にいくつかあるがどれが本物じゃろ?
上流の支流ごとの源流を
四万十源流と呼んでいるとも聞くが・・
f0308898_10560532.jpg
さて陽があるうちに帰ろうか
f0308898_10561851.jpg
高知県西南端「足摺岬」方向
こうして見ると
土佐は海国でもあるが
とてつもない山国でもある
f0308898_10562999.jpg
「風の広場」で休憩
f0308898_10564280.jpg
風車の現物が展示されている
f0308898_10565993.jpg
「風の広場」から北の展望
左端が「鳥形山」で
右奥が「石鎚連山」
f0308898_10574481.jpg
広場はかなり広い
f0308898_10580329.jpg
オキナグサの津野町での分布図
f0308898_10581944.jpg
山頂部分を消失した「鳥形山」
f0308898_11005704.jpg
広場の北右前に「泉」の集落
f0308898_11012029.jpg
「泉」集落の右に
「石鎚山」(中央)と
「筒上山」(右)のドーム
さらにその右(東)に「手箱山」
f0308898_11013959.jpg
消えた三角形はどんな形だったのか・・
f0308898_11024051.jpg
「展望ゾーン」から東南方向に
須崎市を遠望する
f0308898_11034556.jpg
「北山」分水嶺に残り半分の風車が続く
f0308898_11045866.jpg
№11風車(手前)から№1の風車
f0308898_11051834.jpg
今日はほとんどの風車が停止している
f0308898_11053472.jpg
ジワジワと夕暮れの風情
f0308898_11073454.jpg
「堂林」から先ほど登って道が左に見える
前方は「風車体験ゾーン」
ここへは寄っておかねば
f0308898_11074598.jpg
最も風車に接近できる№11風車
風車が回っている時は
ブーンという音が間近で聞ける
f0308898_11075430.jpg
「マムシ注意」の警告
f0308898_11080225.jpg
やあっ
f0308898_11081905.jpg
急な階段を登り切ると
「石鎚神社遥拝所」があるが
この塔石
「中津明神山」の方向を向いている
f0308898_11093193.jpg
実際の「石鎚山」は
黄色の葉の上にある
小枝の真上あたりにある
もしかすると「中津明神山」山頂には
「石鎚神社」があって
その遥拝所かもしれない
f0308898_11094776.jpg
四国の西の背骨「石鎚連峰」まで
折り重なるように山々が連なる
f0308898_11103048.jpg
「風車体験ゾーン」下山途中から
「鳥形山」の南壁を見る
人造の白いザレは一層痛々しい
f0308898_11104205.jpg
№1風車(東端)から須崎湾方向を俯瞰する
f0308898_11240218.jpg
♪空と海との間には~♪
どこまでが空で
どこまでが海か
太平洋が綺麗に見えていたが
海の青さを上手く写せない
f0308898_11243277.jpg
まもなくこの辺りへは
路面凍結で来られなくなる
f0308898_11250999.jpg
「風の里公園」総合案内図
f0308898_11255719.jpg

№1風車を後に
東前方に「黒森」を見ながら下山

 津野町側から稜線に辿り着き、「風の里公園」へと大きく左折するところを右折、舗装路を東へと進んだ先にあるのが秀峰「黒森」(984m)。

 地図上では無名峰が多い「北山連山」の中で、地元のかたが山名として認識する唯一の山であるとのことである。

f0308898_11262720.jpg
いつもはここを直進し
「重谷」集落へと下山するが
本日は通行止めになっていたため
「黒川」集落へと下山する
f0308898_11270469.jpg
こ、これは堪らんっ
マニア必見の切通し
林道は岩塊をぐるりと右に巻いている

初めて「黒川ルート」を走ったが
思わぬ眼福に預かった
f0308898_11282238.jpg

「北山」と「一斗俵」の文字を発見

 高知市民が「北山」と聞くと、高知市の北側に連なる山並みを連想するが、「不入山」(いらずやま)から東に派生する「不入山脈」のうち、「鶴松森(かくしょうもり)から「蟠蛇森」(ばんだがもり)までの旧葉山村の区域を「北山」と呼ぶという。

 また、「一斗俵」と聞くと、「四万十川」の最古の沈下橋、「一斗俵沈下橋」を連想するが、高知県内で初めて同じ地名を目にした。

f0308898_11285125.jpg
初めて通る「黒川」集落の中央部には
鎮守の森が鎮座していて
長い石段が麓から続いている
f0308898_11292551.jpg
「塔婆」の「おとうば」か?
鎮守の森の長い石段は次回の宿題に
f0308898_11303714.jpg

 旧仁淀村ではかつて草競馬が盛大に行われ、「星ガ窪」と「松尾」の2か所に競馬場の跡が残っていること、そのうち「松尾」へはハナモモの桃源郷「上久喜」を経由して行くことができること、さらに「松尾」には「明神山」という由緒ある山があることを知った。

「星ガ窪」と「堂林」の近道の道標を見た3年前の記憶もじわじわと甦り、「上久喜」を経由し「松尾」と「星ガ窪」へ行き、帰路は「堂林」から「桐見川」沿いに越知町から高知市へ、あるいは時間があれば津野町の「風の里公園」を抜けて高知市へと、気分はまるで遠足前の小学生。

 が、そう簡単には問屋が卸さない。転ばぬ先の杖、「星ガ窪」から「堂林」の間が自信が無かったので、周辺に詳しい先輩に道を聞くと、予定ルートの途中2か所が通行止めとなっていることを教えていただいた。知らずに出掛けていたら、時間を大幅にロスし、予定した行程の半分も行けないところであった。

 奥山の道は、1/25000地図にさえ載っていないこともしはしば。何といっても現地のかたの情報が一番、先輩に感謝しながら高知市へ帰り着いた時にはすでに日没。のべ8時間のカブでのロデオ旅、さすがに少しばかり腰にダメージが・・


























by ky_kochi | 2017-10-26 15:00 | リトルカブ | Trackback | Comments(0)

星ガ窪(1/2)【往路】(旧仁淀村)

 隕石が落ちた跡と言われる「星の池」が中央にあり、キャンプ場としても利用されている「星ガ窪」は、昭和34年まで草競馬のコースがあり、1万人もの観客で賑わっていたという。

 旧仁淀村には、この「星ガ窪」の他にもう一つ草競馬場跡があり、それは何とあの桃源郷「上久喜の花桃」の上部、「松尾」集落にあるという。

 そして「松尾」集落の背後「明神山」には、旧仁淀村の礎を築いた別府経基の居城「別府山城」が建っていたという、行っておかねば、見ておかねば。

f0308898_19004633.jpg

国道33号線を北上
「旧池川町大崎」で「仁淀川」対岸へ

この日は「大蕨~松尾」間が通行止め
花桃の桃源郷「上久喜」を経由できず残念

高知県最古の沈下橋「久喜橋」を渡り
国道33号線へ戻る
f0308898_21311980.png
f0308898_21321505.png

国道33号線から酷道439号線に入る
左上が「松尾」集落になる

「仁淀中学校」まで南下し左折
「松尾」集落へと高度を上げて行く
f0308898_21360102.png
f0308898_21455835.png

「旧池川町大崎」で「上久喜」方面へ分岐
f0308898_21522289.jpg

「上久喜の花桃」はこちらのリンクをどうぞ

吊橋を渡り突き当りを右折
f0308898_21523533.jpg
「松尾」手前で山手崩落し復旧未定とある
f0308898_21524809.jpg
高知県最古の沈下橋「久喜橋」
f0308898_21525602.jpg
風雪ならぬ落石に耐えて来た傷跡
f0308898_21535705.jpg
右下に見える道路を手前下に引き返す
f0308898_21540930.jpg
「久喜橋」が見えて来た
左上が国道33号線
f0308898_21542024.jpg
独特のフォルムの橋脚
f0308898_21542953.jpg
振り返り見る「久喜橋」
f0308898_21543852.jpg
これまた独特の地表
f0308898_21544875.jpg
国鉄バスで松山へ出張していた若い頃
車窓から良く見た銀杏の木
やや樹勢に翳りが・・
無理もないあれから三十年
f0308898_21550352.jpg
この赤鉄橋は対岸に渡れるだけで
「旧仁淀村」方面へは行けないが
ついつい渡ってしまいやすい
f0308898_21551318.jpg
「旧仁淀村」は1.9km先を左折とある
f0308898_21552488.jpg
ここで「旧仁淀村」方面へと分岐
f0308898_21553176.jpg
棚田のイベント広告がある
f0308898_21554239.jpg
「森」地区は「旧仁淀村」の中心地
f0308898_21555757.jpg
「大森沈下橋」(手前下流側)と「大森橋」
対岸の国道33号線からの眺めは
記憶に残っているかたも多いはず
f0308898_21560613.jpg
茶業試験場の茶畑には
お茶の木で「茶業試験場」の
文字が書かれる
f0308898_21561798.jpg
これから向かう「長者川」沿いの遠望
f0308898_21562642.jpg
酷道439号線を南下する
左手山上の鞍部が「松尾」集落
その右が「明神山」(610m)
f0308898_21565567.jpg
「仁淀川中学」を右に見て左折
「長者川」を渡る
f0308898_22030372.jpg
突き当りの「五所神社」の右へ進む
f0308898_22031688.jpg
「松尾~大蕨」集落間が崩壊とある
f0308898_22032641.jpg
渋い道標に従い
「中宮・谷山」方向へ
f0308898_22033539.jpg
右の朽ち木もまた道標
「宮首」と書かれているはず
f0308898_22035056.jpg
ほんの道端に立派な滝
増水時にだけ出現する滝か?
f0308898_22040333.jpg
「谷山大師堂」に到着
f0308898_22041638.jpg
これは見てみたい
「佐婆為神社」の「一本木の火回し」

「谷山大師堂」で右折南進しても
酷道439号線に降り着くらしい
1/25000地図にはなかったが・・
f0308898_22043226.jpg
「谷山大師堂」背後の三差路
覚えておこう!
「谷山」から登って来て
左が「松尾」で右が「木半夏」
f0308898_22044429.jpg
「松尾」バス停に到着
f0308898_22045667.jpg
「長者」地区の方向を見ると
遠景の稜線が「風の里公園」で
とても見ずらいが
20基の風車が並んでいる
f0308898_22050530.jpg
アンテナが林立している
f0308898_22052592.jpg
「松尾」集落の眼下は「森」地区
f0308898_22054510.jpg
ここに草競馬場があったというが
ここまではかなりの距離と高度
昔の人は偉いとしか言いようがない

f0308898_22061358.jpg
数軒の民家があったが
お住いの様子はなかった
f0308898_22063169.jpg
目指す「明神山」の登山口は石灯篭
「宇賀神社」前の山道を
四国電力の鉄塔標識に従って進むとある
f0308898_22064342.jpg
燈明台部分が鉄枠で造作されている
四国電力の鉄塔も見えて来た
f0308898_22065808.jpg
すぐに「宇賀神社」の鳥居に来たが
境内にあったという草競馬場跡が見つからぬ
f0308898_22072241.jpg
ひとたび案内板の所まで戻ると
草競馬場跡はこの右上にあるらしい
f0308898_22052592.jpg
千手観音堂の前がホームストレッチなら
さしずめ第2コーナーあたり
f0308898_18524700.jpg
ホームストレッチが東へ延びる
f0308898_18532061.jpg
お見事!
f0308898_18533393.jpg
「千手観音堂」は霊験あらたか
f0308898_18535352.jpg
馬場の中央に記念碑
「大正六年春」と刻まれている
f0308898_18542972.jpg
ホームストレッチから第1コーナーへ
f0308898_18521245.jpg
第1コーナーの西北(画像やや左)に
「中津明神山」(1541m)

周辺で「明神山」のことを聞くと
現地の人も先ずアメダスのある
「中津明神山」を教えてくれる
f0308898_18545606.jpg
鉄塔の左が「明神山」だが
「星ガ窪」と「風の里公園」への
残り時間が逼迫してきたため
本日の登頂は断念
場所は心得たのでまた来よう!
f0308898_18564469.jpg
「佐婆為神社」まで降りてきた
ここからさっき登って来た道を
酷道439号線に下らずとも
道なりに直進南下したら
「木半夏」集落を経由して
「長者」地区まで抜けられそう
f0308898_18570237.jpg
そそられる林道がそこかしこに
右下へは「普通林道中宮線」が分岐
f0308898_18571337.jpg
「木半夏」集落を通過する
「木半夏」(モクハンゲ)とは
「ナツグミ」とある
してみれば橋名の
「しゃせぶはし」の「しゃせぶ」とは
子供の頃に「グイミ」と呼んでいた
赤い木の実と同じであろうか?
f0308898_18572696.jpg
「木半夏」の実が多く生る土地らしい
そういえば当時の周囲のお年寄りは
「グイミ」とは言わずに単に「ぐみ」
あるいは「しゃせぶ」と言っていたような・・
f0308898_18574036.jpg
眼下に酷道439号線と
「長者」地区が見えて来る
f0308898_18575925.jpg
「上久喜の花桃」のシーズンには
帰路は狭道離合による渋滞を避けるため
この道への迂回をお願いしているらしい
f0308898_18581660.jpg
「長者」地区へ酷道439号線から左折分岐
f0308898_18582897.jpg
「星ガ窪」への最初の道案内
f0308898_18584075.jpg
人造物さえ美しい水の流れ
f0308898_18585348.jpg
「長者」地区は棚田でできている
f0308898_18590727.jpg
「だんだんの里」の「だんだん」は
「段々」の「だんだん」
f0308898_18592145.jpg
出雲地方の方言の
「だんだん」(ありがとう)と
かけているのかも
f0308898_19020190.jpg
「長者の大銀杏」
f0308898_19022354.jpg
この県道18号線に入りがちだが
f0308898_19023792.jpg
県道18号線に合流したら一旦は西に直進
1つ先の分岐で左上へと登り
白い建物の先で左に大きくUカーブ
f0308898_19024720.jpg
随所に道案内あり
f0308898_19025792.jpg
今年は柿のなり年のもよう
f0308898_19032146.jpg
日本の原風景「稲木」
f0308898_19034724.jpg
かなり高くなって来た
はるか北に「石鎚連峰」
f0308898_19043685.jpg
広い三差路では右上へ
f0308898_19041927.jpg
「鳥形山」が見えて来た
f0308898_19073273.jpg
ゴー・ツー・ストレート
ノット・レフトターン
f0308898_19093003.jpg
越知町の「町道下ノ谷堂林線」
「下の谷~堂林」間が通行止めのため
迂回路としても利用されている
f0308898_19095739.jpg
「普通林道星ガ窪」線の起点
f0308898_19100771.jpg
山上に出現する広大な広場に到着
f0308898_19101733.jpg
大昔に隕石が落ちた窪みという伝承あり
f0308898_19102851.jpg
園内はとても良く手入れされている
f0308898_19103784.jpg
「星ガ窪」からの北の遠望
右奥のドームが「筒上山」で
そこから右に「手箱山」への稜線
ほぼ中央の最奥部に「石鎚山」
f0308898_19104792.jpg
「星ガ窪」からの南の遠望
稜線に「風の里公園」の20基の風車
帰りはあの稜線を東西に縦断する
f0308898_19121024.jpg
「銀号」のエンジンを冷ます
世界のホンダ・スーパーカブも
エンジンが焼き付いたらアウト!
f0308898_19130967.jpg
言われてみれば
巨大な隕石が斜めに落下激突し
地上に楕円形の窪みを付けたと
想像がつく
f0308898_19131839.jpg
「星の池」湖畔の「星の家」
「だれでも使えます」とある
f0308898_19132964.jpg
隕石が先ず着地した地点か?
f0308898_19133982.jpg
ここ「星ガ窪」も草競馬場跡
さしずめホームストレッチ
f0308898_19134965.jpg
第4コーナー(東)あたりから
「田代」集落への林道がある
f0308898_19140799.jpg
第3コーナーから西を見る
f0308898_19141569.jpg
バックストレッチ
f0308898_19143182.jpg
「星の池」
f0308898_19144758.jpg
第2コーナーから東を見る
f0308898_19145600.jpg
東屋も整備されている
f0308898_19150682.jpg
「朝露の丘」からの眺め
たしかに競馬場の形をしている
f0308898_19151494.jpg
さて段々と陽が西に傾いて来た
「風の里公園」へ急ごう!
日が暮れる
f0308898_19152628.jpg
ここから見るとさほど
痛々しくない「鳥形山」
f0308898_19153876.jpg
 昭和30年頃、「星ガ窪」の草競馬は大人気で、出場場も100頭、当時西日本一の規模を誇ったとのこと。山上に忽然と現れる広大な馬場には、周辺の村々から1万人の老若男女が集ったという。

 明治32年に造られた草競馬場では、同年旧暦3月10日に草競馬が盛大に行われて以降、毎年旧暦の3月10日と10月10日の年2回草競馬が催されていたとの記録がある。

 昭和60年代のアウトドア・ブームの頃、多くのガイドブックで目にしていた「星ガ窪」であった。何と30年を経て初めて来てみたが、類似の名所の多くが最近疲弊荒廃している中にあって、この地には実に凛とした雰囲気が漂っていた。




by ky_kochi | 2017-10-26 12:00 | リトルカブ | Trackback | Comments(0)