人気ブログランキング |
ブログトップ

茶凡遊山記

chabon.exblog.jp

手結港可動橋(旧夜須町)

 高知空港の東、旧夜須町に、日本最古といわれる、河口の岩盤を人手で掘削し石積みを施した良港、「手結(てい)港」がある。

 2018年の夏、旧本川村の「UFOライン」がトヨタ自動車のCMの撮影地となり、どこか誇らしかったが、その約2年前、2016年の秋、この「手結港可動橋」はダイハツ自動車のCMの撮影地となり、全国の注目を集めた。

f0308898_17294836.jpg
Googleの航空写真の可動橋は
跳ね上げられた時に撮影されている
G社の心憎い気配りに思わず合掌
f0308898_19220256.jpg
可動橋が跳ね上がっていても
内港をぐるりと回れば
対岸に行くことはできる
f0308898_19233948.jpg
鉄道との交差ではないが
遮断器のデザインは共通
f0308898_19224329.jpg
操舵室のある管理事務所の屋上は
展望台になっている
f0308898_19232663.jpg
橋の西側は太平洋
f0308898_19262301.jpg

橋の東側が内港

内港の南には半島があり
夏の暴風雨に強い
地の利も生かした
土佐屈指の良港の一つ
f0308898_19262352.jpg
見事な石積みがされている
f0308898_19262346.jpg
港の南の山上にはかつて
国民宿舎「海風荘」があった
f0308898_19274199.jpg
f0308898_19274261.jpg
舫い船
f0308898_19274200.jpg
飛行機の音に空を見上げていたら
カンカンカン・・と遮断機の音
f0308898_19274272.jpg
約3分かかって恐縮ですが、



可動橋が跳ね上がった後の様子
f0308898_19310690.jpg
f0308898_19310756.jpg
f0308898_19310787.jpg
f0308898_19310796.jpg
f0308898_19310897.jpg
展望台に行ってみよう
f0308898_19310774.jpg
f0308898_19310649.jpg
こちらは可動橋の東側の新港
f0308898_19341578.jpg
海水浴場「ヤシイ・パーク」が見える
今日はたくさんのヨットが練習中
f0308898_19341670.jpg
このあと一時間ほど開かずの踏切
f0308898_19310693.jpg
それでは手結港の内港を時計回りに
f0308898_19354838.jpg
f0308898_19354957.jpg
可動橋は存外と太い
f0308898_19354995.jpg
f0308898_19354986.jpg
ちょうど良い塩梅の傾き加減
f0308898_19354987.jpg
これは干物を干すネットですろうか
シイラが丸々一匹干せそうな太さ
ま、何といっても大は小を兼ねますな
f0308898_19355095.jpg
f0308898_19355008.jpg
初めて見る可動橋の裏側
f0308898_19355096.jpg
得も言われぬ傾き
f0308898_19355009.jpg
威風堂々
裏側もなかなか良(え)いですやいか
f0308898_19355022.jpg
金網の籠にはチェーンロープを収納する
f0308898_19375792.jpg
赤の回転灯は
一般の車に付けてはいけません
f0308898_19375787.jpg
これはまたシブい
こりゃあここで弁当がつかえますのうし
f0308898_19375719.jpg
ベンチの背後の石碑には
f0308898_19375751.jpg
「手結」の文字と
「高知新聞」の前身
「土陽新聞」の文字
f0308898_19384544.jpg
左側が管理事務所
f0308898_19393589.jpg
沖から帰って来る漁師さんたちには
このように見える
f0308898_19393594.jpg
南岸の橋脚部分
f0308898_19393602.jpg
意外とシンプルな造作
f0308898_19393688.jpg
はい
f0308898_19393687.jpg
f0308898_19393681.jpg
それにしてもシブい漁港
f0308898_19393657.jpg
港のぐるりには大きな栴檀の木
葉陰が広く吹き渡る風が涼しい
f0308898_19403337.jpg
f0308898_19403373.jpg
旧「国民宿舎海風荘」跡地へ寄り道
f0308898_21124882.png
アベマキの大木
f0308898_19430901.jpg
ここはかつての往還道
このアベマキの木陰で
行き交う人々が涼を取ったという
f0308898_19430940.jpg
可動橋の左上の半島の山上に
「海風荘」跡に建つ建物
f0308898_19430950.jpg
f0308898_19431075.jpg
f0308898_19431038.jpg
東へと分岐するT字路を直進
f0308898_19431060.jpg
東へは「大峰山里山林道」とあり
「羽尾(はお)」まで繋がっているという
滝巡りに夢中になっていた頃を思い出す
是非いつかこの林道は走っておきたい
f0308898_19431009.jpg
おっ、あっからとしてきた!
f0308898_19431074.jpg
正面の太平洋の方向に
左は「手結山観光ホテル」跡
右は「ホテル海辺の果樹園」
なるほどこの道はここに出るのか
f0308898_19431112.jpg
お寺の別院もあり意外な風景
左の国道は
安芸市へと続く国道55号線
f0308898_19431171.jpg
かつての国民宿舎「海風荘」付近から
「ヤシイ・パーク」周辺を見下ろす
f0308898_19442348.jpg
左下から登って来たが
右下の国道55号線へと下り
f0308898_19442371.jpg
「手結山観光ホテル」跡を
約40年ぶりに見ておこう
f0308898_19442482.jpg
「手結山観光ホテル」は
前職の新入社員研修の会場
f0308898_19442426.jpg
現在は閉館
隣に「ホテル海辺の果樹園」が建つ
f0308898_19442414.jpg
いつか泊まりに来てみたい
f0308898_19442496.jpg

 今日は「手結港可動橋」だけを見にきたつもりだったが、一つ寄り道したら、またつい一つ寄り道したくなり、もう四昔も前の、新入社員の合宿研修会場へと足を延ばすことになった。

 その上さらに、次に走る林道を一つ見つけ、途中にあった「考える村」まで予習も済ませることができた。

 山登りより前にハマっていたのが滝巡り、当時は県道51号線を走って辿り着いた「羽尾大釜の滝」へ、なんとこの「手結港」から直接行くことができる林道があるらしい。

 意外に思われるかもしれないが、一時期ゴルフにハマり、一回だけ行ったことがある「Kochi黒潮カントリークラブ」を右下に見ながら、ぜひ約十数キロの林道を走ってみたい。


f0308898_21491774.jpg

















by ky_kochi | 2019-06-08 10:00 | リトルカブ | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://chabon.exblog.jp/tb/30636027
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by タメやん at 2019-06-11 19:36 x
青仁王
https://maps.gsi.go.jp/#17/33.526755/133.755090/&base=std&ls=std&disp=1&vs=c1j0h0k0l0u0t0z0r0s0m0f1

これ何じゃろ?
https://www.google.co.jp/maps/place/KFB(%E9%AB%98%E7%9F%A5%E3%83%95%E3%83%AD%E3%83%B3%E3%83%86%E3%82%A3%E3%82%A2%E3%83%99%E3%83%BC%E3%82%B9)/@33.5261256,133.7629562,18z/data=!4m5!3m4!1s0x354e01a1bb3bc1cf:0x249c8643ac06dcb7!8m2!3d33.5251997!4d133.7637451
Commented by ky_kochi at 2019-06-12 12:41
 青仁王様とあるからには、赤仁王様もおられるのか?麓の真行寺の奥之院なのか?あれこれ想像を逞しくしています。

 サバイバル施設のようですが、小生が付近を通った時には、全く気付きませんでした。

「城山・羽尾林道」を通って、「羽尾大釜の滝」を再訪し、できれば「長者が森」辺りまで行ってみる予定ですので、青仁王とKFBに立ち寄ってみます。

 いつも貴重な情報をありがとうございます。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 林道城山羽尾線(1/3)【考え... 無農薬稲作農業(四万十町) >>