人気ブログランキング |
ブログトップ

茶凡遊山記

chabon.exblog.jp

経ケ森(愛媛県松山市)

 四国霊場第52番札所「太山寺(たいさんじ)」の、「奥の院」がある「経ケ森(きょうがもり)」へ登ってきた。

 山頂からの視界は、雑木に阻まれ360度の大パノラマとはいかなかったが、この時期にありがちな瀬戸内海の春霞も一瞬消え去り、木々の隙間からは、「興居島」「松山観光港」「堀江湾」、そして攀じ登った木の上からは「松山城」も見ることができた。

f0308898_20513425.jpg
松山市中心街からは北になり
対岸には「興居島」がある
f0308898_20515347.jpg
f0308898_17063205.jpg
納経所だけが麓にあるので要注意
f0308898_20541346.jpg
四国八十八か所では第52番札所
伊予十三仏霊場では第3番霊場
f0308898_20542338.jpg
平成30年7月豪雨の爪痕
f0308898_20562033.jpg
f0308898_20562080.jpg
「経ケ森自然遊歩道」が整備されている
f0308898_20562127.jpg
f0308898_20562119.jpg
「太山寺」には三つの山門があり
こちらは「三ノ門」になる
f0308898_20562117.jpg
f0308898_20562254.jpg
f0308898_20562287.jpg
「本堂」向かって右に「聖徳太子堂」
ここから「本堂」の裏手へと左に進む
f0308898_20562274.jpg
f0308898_20562204.jpg
「本堂」の北裏
f0308898_20562276.jpg
f0308898_20571450.jpg
「高浜」「奥之院」へは通行止とあるが
行けるところまで行ってみよう
f0308898_20571485.jpg
左上へと進みたいが
右の道を進む
f0308898_20571556.jpg
木製の階段の横に立つ道標
f0308898_20571544.jpg
f0308898_20571524.jpg
f0308898_20571571.jpg
f0308898_20571607.jpg
f0308898_20571614.jpg
「しよう」が「しょう」となっている
そう書いた時代があったかもしれない
f0308898_20571673.jpg
f0308898_20571642.jpg
どうやら雨量計のようだ
f0308898_20582047.jpg
f0308898_20582008.jpg
f0308898_20582130.jpg
ここが土砂崩れ現場
慎重に山際を歩く
f0308898_20582171.jpg
なかなか大規模に滑りこけちょる
f0308898_20582137.jpg
変則的な五叉路に着いた
f0308898_20582100.jpg
右手に木製の道標
左手には石塔が立つ
f0308898_20582243.jpg
「高浜町」から登って来た遍路道の峠
f0308898_20582283.jpg
南側から見ているので
右(東)が「太山寺」
左(西)が「高浜町」
f0308898_20582224.jpg
地理院地図で見ると
右が「高浜町(五)」
左が「高浜町(三)」
へと続く里道
f0308898_20582201.jpg
左(「高浜町(三)」)へと進むとすぐに
左上へと切り返す登山道が分岐
f0308898_20591345.jpg
これも南から見ているので
左(北)からこちらに来て
ここで右上(北)へと切り返す
f0308898_20591392.jpg
f0308898_20591489.jpg
f0308898_20591427.jpg
f0308898_20591447.jpg
f0308898_20591443.jpg
もう少し太ったら通れない道幅
f0308898_20591449.jpg
ボブスレー競技コースのような
おへそを擦りそうな溝道を過ぎると
f0308898_20591501.jpg
一転して雰囲気の良い里道に変わる
f0308898_20591519.jpg
フワフワの落ち葉で実に滑りやすく
登り坂なのに2度も滑って
しゃがみ込んでしまった
f0308898_20591536.jpg
ヘアピング・カーブ
f0308898_20594920.jpg
f0308898_20594939.jpg
なぜか山頂に近づくほど岩が増える
f0308898_20595093.jpg
f0308898_20595055.jpg
f0308898_20595056.jpg
「太山寺奥の院」に到着
f0308898_20595032.jpg
「十一面観音像」
f0308898_20595162.jpg

 元々ここに建っていた石像「十一面観音像」は、平成13年の芸予地震で倒れたが、その後修復されて、現在は「本堂」裏手に「身代わり観音」として建っている。

「経ケ森」山頂203m 
f0308898_20595103.jpg
木々の隙間に「松山観光港」
f0308898_20595123.jpg
北東に「堀江湾」
f0308898_20595126.jpg
「堀江湾」から南へと続く「堀江町」
f0308898_21003301.jpg
f0308898_21003373.jpg
f0308898_21003486.jpg
対岸の「興居島」への定期船か?
f0308898_21003451.jpg
f0308898_21003550.jpg
f0308898_21003526.jpg
山頂の東南「護摩ケ森」へ行っておこう
f0308898_21003541.jpg
山頂広場から登山道を南へと下る
f0308898_21003542.jpg
f0308898_21003565.jpg
道標が立つ三叉路を左(東)へ

f0308898_21003651.jpg
通り過ぎてみているので右になる
うっすらと「護摩ケ森」の文字
f0308898_21020083.jpg
f0308898_21020127.jpg
竹藪前の広場に着いたら右へ
f0308898_21020157.jpg
f0308898_21020113.jpg
f0308898_21020163.jpg
f0308898_21020249.jpg
複雑な事情があるらしい
f0308898_21020224.jpg
f0308898_21020273.jpg
「護摩ケ森」に到着
f0308898_21020299.jpg
フル・オープン
f0308898_21020250.jpg
f0308898_21033173.jpg
南の松山市街地の展望はほとんどない
f0308898_21034066.jpg
先ほど立っていた「経ケ森」と思うが
「十一面観音像」の姿がない
f0308898_21035814.jpg
f0308898_21041402.jpg
祠の傍らの木が目に入る
あれに登れば
松山市街地が見れるはず・・
f0308898_21042997.jpg
よっこいしょっ、と
f0308898_21052891.jpg
ありゃっ
f0308898_21053998.jpg
枝が脆(はそ)いが折れんかの?
f0308898_21055236.jpg
南西の独立標高点189mの左に
「松山港」の突堤
f0308898_21045204.jpg
中央やや右の山に「松山城」

f0308898_21063053.jpg
かなり上まで攀じ登ったが
木々に遮られ展望はイマイチ
f0308898_21074408.jpg
ううむ
f0308898_21074475.jpg
これ以上登ると枝が折れる
f0308898_21074550.jpg
f0308898_21074553.jpg
f0308898_21074526.jpg
f0308898_21074591.jpg
f0308898_21074549.jpg
いつまでも仲良くお暮し下さい
f0308898_21074551.jpg
f0308898_21074612.jpg
f0308898_21074665.jpg
電線も山を越えている
f0308898_21082771.jpg
竹藪前の広場に戻り左折
f0308898_21082761.jpg
f0308898_21082796.jpg
f0308898_21082888.jpg
f0308898_21082895.jpg
f0308898_21082872.jpg
f0308898_21082893.jpg
「経ケ森」に戻って来た
f0308898_21082935.jpg
f0308898_21082991.jpg
合掌
f0308898_21090660.jpg
礼拝
f0308898_21090691.jpg
「興居島」北端を正面に見ながら下山
f0308898_21090771.jpg
f0308898_21090752.jpg
f0308898_21090714.jpg
いつか隣りの巨木のように
f0308898_21090740.jpg
f0308898_21090815.jpg
f0308898_21090855.jpg
ボブスレー・コースに進入
f0308898_21090807.jpg
f0308898_21090893.jpg
f0308898_21110964.jpg
「経ケ森」登山道の切り返しに戻り右
f0308898_21110942.jpg
変則的な五叉路に戻り右
f0308898_21110945.jpg
石塔の指示に従い「太山寺」へ
と、なるはずが・・
f0308898_21110947.jpg
正面にも道が見える
f0308898_21110941.jpg
「勝岡」と鳥居のマーク
f0308898_21111014.jpg
f0308898_21111085.jpg
f0308898_21111023.jpg
f0308898_21111055.jpg
f0308898_21111181.jpg
三等三角点「太山寺」172.03m
f0308898_21120557.jpg
本日は昼食を済ませているので
三角点のテーブルは不要
f0308898_21120595.jpg
滑りやすい下り坂
f0308898_21120622.jpg
おおのっ、誰かと思うたぢゃいかっ
f0308898_21120699.jpg
f0308898_21120680.jpg
f0308898_21120612.jpg
高見山にほしかった強靭な下半身
f0308898_21120608.jpg
変則的な五叉路を北から見下ろす
f0308898_21120732.jpg
さてと、ゆらゆらと往(い)ぬろうか
f0308898_21120785.jpg
崖崩れ現場を通過
「へんろ道」の文字が「白」
反対側は「赤」
f0308898_21120735.jpg
見るからに脆そうな土
f0308898_21132912.jpg
雨の多い土地というよりは
雨に弱い土地というところか
f0308898_21132928.jpg
休憩所の奥の
f0308898_21132954.jpg
23番石像から始まり
f0308898_21133065.jpg
24番石像
f0308898_21133064.jpg
f0308898_21133071.jpg
25番石像
f0308898_21133007.jpg
f0308898_21133027.jpg
26番石像
f0308898_21133136.jpg
27番石像
f0308898_21141037.jpg
f0308898_21141116.jpg
f0308898_21141194.jpg
f0308898_21141162.jpg
「本堂」裏に降りてきた
f0308898_21141149.jpg
28番石像
f0308898_21141171.jpg
29番石像
f0308898_21141185.jpg
30番石像
f0308898_21141233.jpg
31番石像
f0308898_21141248.jpg
32番石像
f0308898_21141204.jpg
33番石像と続く
f0308898_21145355.jpg
「摩尼車」(転経器)
f0308898_21145398.jpg
一回廻すと一回お経を読んだことになる
f0308898_21145443.jpg
運んで来たリヤカーがそのまま商品棚
f0308898_21145467.jpg


「経ケ森は」登山口からわずか10分ほどで山頂に着き、「護摩ケ森」も目と鼻の先。散歩にちょうどの里山なので、近くを通ったらちょこっと登られることをお勧めしたい。やや雑木が茂って視界がイマイチだが、瀬戸内海や松山平野の眺めを楽しむことができる。

 本堂境内には登山口の案内板がなく、初めて行くと登山口が判りづらいと思われるが、登山口は本堂の裏手にあるのでこの点だけご注意を!




by ky_kochi | 2019-04-20 13:00 | 登山 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://chabon.exblog.jp/tb/30553804
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 笹ケ峰(土佐町)~往路~ 林道寒風大座礼東線(大川村) >>