ブログトップ

茶凡遊山記

chabon.exblog.jp

城ケ森(高知市)

 土佐の奥山には、「子に高山の陽を見せ(る)な」という言い伝えがある。高い山にいるといつまでも陽が高く思えるが、山里の陽はあっという間に沈むことから、いつまでも高い山で遊んでいてはいけないという戒めである。

 秋の陽は釣瓶落とし、あっという間に日が暮れる。午後にぽっかりできた3時間、夏によく夕涼みに行く「城ケ森」をめざし「銀号」に飛び乗った。

f0308898_18342552.jpg
「城ケ森」(左下)の帰りに
「吉井」(中央上)に寄り道
f0308898_18344926.png
庭の火鉢にも紅葉の兆し
f0308898_18350991.jpg
こちらは緑の葉に小さな赤い実
f0308898_18352230.jpg


高知自動車道の「宗安寺跨道橋」越しに
右奥「敷ノ山」の奥に「雪光山」
「城ケ森」の山頂は左隅に見えている
f0308898_18353307.jpg
数本の木が立っている
一番高い場所が「城ケ森」の山頂
f0308898_18354104.jpg
「良心市」
f0308898_18355277.jpg
右手前に真ん丸に見える
「尾立(ひじ)」の大樟
f0308898_18360712.jpg
こりゃ夏は涼しかろ
f0308898_18361611.jpg
「鴻ノ森」上空に飛行機雲
f0308898_18362451.jpg

「城ケ森」までの道中ご案内は、2015年6月の夕涼みの記事をご覧下さい。


それでは出発進行
f0308898_18363424.jpg
f0308898_18364111.jpg
県庁所在地を流れる川としては
超一級の水質を誇る「鏡川」
f0308898_18365537.jpg
f0308898_18370339.jpg
f0308898_18371115.jpg
飛び込みたい気持ちはわかる
f0308898_18372073.jpg
f0308898_18372913.jpg
f0308898_18373944.jpg
これから登る「城ケ森」(中央奥)
f0308898_18374701.jpg
f0308898_18375788.jpg
f0308898_18380464.jpg
f0308898_18381371.jpg
f0308898_18473402.jpg
f0308898_18510967.jpg
かつての土佐郡には16もの村が
f0308898_18514390.jpg
ここを左下へ
f0308898_18521290.jpg
f0308898_18522527.jpg
f0308898_18523400.jpg
f0308898_18525273.jpg
f0308898_18530633.jpg
f0308898_18533200.jpg
f0308898_18534844.jpg
あの向こうには何が・・
f0308898_18535826.jpg
随所に独特の道案内がある
f0308898_18543183.jpg
f0308898_18544344.jpg
右へ右へという感じ
f0308898_18552259.jpg
f0308898_18553405.jpg
f0308898_18561867.jpg
広い駐車スペースもある
f0308898_19024092.jpg
左折すると「城ケ森」山頂
右折すると「長畝峠」
f0308898_19034578.jpg
山頂直下の広場
f0308898_19050328.jpg
少し荒れている印象
f0308898_19072694.jpg
秋にしては藪が・・
f0308898_19073606.jpg
すぐに山頂に到着
f0308898_19074900.jpg
高知市を南東方向に一望
f0308898_19075702.jpg
f0308898_19080720.jpg
f0308898_19092810.jpg
f0308898_19094796.jpg
「工石山」(北北東)
f0308898_19095635.jpg
「鴻ノ森」(東)
f0308898_19100349.jpg
北北西の方向に
台形状の「敷ノ山」左に
三角錐の秀峰「雪光山」
f0308898_19101598.jpg
f0308898_19102984.jpg
高知市街をズームアップ
f0308898_19104322.jpg
山麓に広がるショウガ畑
f0308898_19105235.jpg
f0308898_19110192.jpg
駐車スペース前を南進すると
f0308898_19111034.jpg
「土佐の雪道」の「長畝峠」分岐に
f0308898_19111822.jpg
「長畝峠」
f0308898_19112626.jpg
「土佐の雪道」の碑
f0308898_19113657.jpg
f0308898_19114880.jpg
f0308898_19123679.jpg
f0308898_19124448.jpg
f0308898_19125348.jpg
f0308898_19130106.jpg
「行川学園」正門
f0308898_19130979.jpg
手前は畑で向こうは「鏡川」
パッと見ではどこまでが畑で
どこからが川かわからない
f0308898_19131623.jpg
この高さのカーブミラーが多い
f0308898_19133152.jpg
「ここをコンクリートにして下さい」
地図に直接書かれた嘆願書
f0308898_19134524.jpg
現在は飛び込み禁止となっている
「行川(なめかわ)」の「お化け岩」
一番上は7mはあるのでは?
一度だけ立ってはみたが
とても飛び込めなかった
f0308898_19135327.jpg
f0308898_19140143.jpg
今日は初めて「吉井」集落へ
f0308898_19140719.jpg
空も高い
f0308898_19141618.jpg
f0308898_19142560.jpg
「神明宮」が見えてきた
f0308898_19143335.jpg
大正十三年と刻まれている
f0308898_19144290.jpg
苔さんですろうか
茸さんですろうか
黴さんですろうか
f0308898_19145292.jpg
f0308898_19150137.jpg
f0308898_19152593.jpg
f0308898_19154047.jpg
f0308898_19155434.jpg
北隣の「針原」集落への道案内を辿る
「鏡川」の上流の道路は網の目状だけに
道案内がとても充実していて
登山や滝巡りで何度も訪れたが
およそ道に迷ったということがない
f0308898_19164992.jpg
ミカン畑の広い場所が
「針原」への峠になる
f0308898_19165894.jpg
実に丹精込められている
f0308898_19171162.jpg
さらに西へと進む
f0308898_19172802.jpg
はるか南西に「城ケ森」
山頂の木々が小さく見えている
f0308898_19174437.jpg
南東を振り返ると高知市街
f0308898_19175370.jpg
山上にも交差点はある
f0308898_19180373.jpg
左折すると行き止まり
眼下に「行川」集落が見える
f0308898_19181395.jpg
右折すると三差路に突き当たり
f0308898_19182188.jpg
右に下ると「針原」集落
f0308898_19184167.jpg
左に下ると「行川学園」
本日はここでUターン
f0308898_19185568.jpg
「神明宮」越しに見る「城ケ森」
ここからだと
山頂の木々もはっきりと見える
f0308898_19190661.jpg
なかなか良(え)いですやいか
f0308898_19191839.jpg
お見事としか言いようがない
f0308898_19192950.jpg
ここにもこの位置にカーブミラー
f0308898_19193925.jpg
通学路の注意標識がとても多い
f0308898_19194834.jpg
大型トラックのバックミラー
捨てればゴミだが使えば資源
f0308898_19195650.jpg


「城ケ森」に来たのには理由があって、麓の畑を借りて家庭菜園をしている先輩に会うためであった。平成9年であったと記憶するが、勤務先の事務所移転で知り合ったこの先輩は、海山川、アウトドアのスペシャリスト。先輩たちが運営していた親子キャンプや林業体験のスタッフの一員に加えていただいてからというもの、それまでのいわばオタク的なアウトドアマニア生活が一変したことであった。

 今日も、普通に畑で会えるだろうと出かけたところ、作業小屋はなく、畑もすっかり片付いていた。農作業の帰り支度をしていた女性にお聞きすると、「齢(とし)もいってここまで通うのが・・、自宅近くに菜園が借りられたので・・、ということもあって、ここは引き払われたみたいです。畑はそれはきれいに作るし、私らあも気軽に話ができてなんと良(え)い人じゃったに・・」と、心底残念がっておられた。

 公私にわたりずっとお世話になりっぱなしのこの先輩は、気は優しくて力持ち、元気の塊みたいなかたで、内臓がブリキでできているかのように酒の強いかたでもあった。よもや体調を崩されたのではないと思うが、明日にでも電話してみよう。



 






by ky_kochi | 2018-11-11 13:00 | 登山 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://chabon.exblog.jp/tb/30158747
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by タメやん at 2018-11-23 20:39 x
>左折すると「城ケ森」山頂
>右折すると「長畝峠」

>山頂直下の広場

辺りに去年はムカゴがあった様な気が…。

画像から、針原にもありそうだ。
Commented by ky_kochi at 2018-11-24 15:36
タメやんさん、山頂下の簡易トイレの周辺でツルは見かけましたが、ムカゴはの姿はすでにありませんでした。

針原への分岐では陽が西に傾き薄暗く、さしもの黄色い葉っぱも、ましてムカゴは、小生の目にはさっぱり見えませんでした。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 須崎市営巡航船(須崎市) 法印山(須崎市) >>