ブログトップ

茶凡遊山記

chabon.exblog.jp

七ツ淵三宝山(高知市)

 高知市の北に連なる「北山」、海抜300mの地に、7つの滝が連続する渓谷の入口に鎮座するのが「七ツ淵神社」で、古来より多くの人々の信仰を集めて来た。縁日の日などは、参拝者が北山を上り下りする提灯の行列を、遠く高知市街から見ることが出来たそうである。

 今回、土佐町の「高峰神社」を訪ねるにあたっていろいろ調べていると、県内にいくつかある「高峰神社」はおおむね「三宝山」にあり、その総宮が土佐町の「高峰神社」であり、何と「七ツ淵神社」への参道途中にも「三宝山」があって、絶景の広がる山頂には「高峰神社」を勧進した祠があるという。

f0308898_13355844.jpg
ハイキングコースを歩いてみる
f0308898_13361374.jpg
県道16号線「小坂峠」の北
「七淵神社」入口より入山
f0308898_13362619.jpg
右上に新道ができているが
本日は旧道からの参道を歩く
f0308898_13363790.jpg
最初の「七ツ淵」への標識は通過直進し
f0308898_13364622.jpg
右手に見える鳥居を切り返す
f0308898_13365681.jpg
年季が入った鳥居をくぐり
f0308898_13370761.jpg
「七ツ淵ハイキングコース」の道標

「望六峠」とは懐かしい
峠の茶屋でコーヒー牛乳を
飲んだ御同輩はいませんか?
f0308898_13371556.jpg
民家の手前で山道に入る
f0308898_13372147.jpg
とても良く整備されている
f0308898_13373141.jpg
この時季は紫陽花が見頃
f0308898_13374940.jpg
右下には手入れの行き届いた畑
f0308898_13375771.jpg
並び立つシブい古木
f0308898_13380693.jpg
「七ツ渕道」とある
ここでは「渕」の字があてられている
f0308898_13381534.jpg
民家の手前で車道と交差
f0308898_13382406.jpg
落ち着いた登山道に入る
f0308898_13384786.jpg
左手に「三宝様」の道標
f0308898_13391068.jpg
「七ツ渕」はここで右下へ
f0308898_13391888.jpg
参道の雰囲気を漂わす石段がお出迎え
f0308898_13392801.jpg
車道を横断した先に道標が見える
f0308898_13394063.jpg
道に迷うおそれはない
f0308898_13400007.jpg
再び車道と交差した後
参道はさらに上へと続く
f0308898_13400962.jpg
久し振りにムカデを見た
存外と太い!
刺されると相当に痛い
f0308898_13401944.jpg
すわ、地すべりか?
f0308898_13403660.jpg
右の立石は由緒ある石とのこと
f0308898_13404816.jpg
手水鉢が見えて来た
f0308898_13410241.jpg
して、水はどのようにして溜めるのか?
f0308898_13424081.jpg
左上へと誘う道標
まもなく山頂か?
f0308898_13424763.jpg
山頂は大岩になっている模様
f0308898_13430881.jpg
大岩でよく見かける植物
f0308898_13432021.jpg
祠があった
f0308898_13433768.jpg
東南に高知ゴルフクラブ
f0308898_13434713.jpg
南の大きなビルは旭ロイヤルホテル
さらに南に「浦戸湾」と「浦戸大橋」
f0308898_13435467.jpg
高知市街の南には「南嶺」の峰々
左から順に
「鷲尾山」「烏帽子山」「柏尾山」
f0308898_13440317.jpg
なかなかの佇まい
f0308898_13441248.jpg
山頂の大岩はかなりの広さ
f0308898_13442063.jpg
台風6号の影響で雲が多いが
少し晴れ間が見えて来た
f0308898_13443007.jpg
f0308898_13444684.jpg
f0308898_13445596.jpg
晴天ならば
さぞや絶景であったろうと思いながら
ゆるゆると下山を開始する
f0308898_13451034.jpg
手水鉢を過ぎ
f0308898_13452030.jpg
大岩がごろごろしている広場を通過
f0308898_13452915.jpg
巨大な割石もある
f0308898_13454339.jpg
左には良く見ると2本になっている木
f0308898_13455339.jpg
こちらはとてもユーモラス
f0308898_13461142.jpg
上の車道と交差する
試しに右下へと進む
f0308898_13462035.jpg
すぐに左下へと切り返す道がある
f0308898_13463061.jpg
少し下ると上の車道からの歩道と交差
f0308898_13463959.jpg
歩道はそのまま右下の麓へと続く
f0308898_13465456.jpg
振り返る見る左上からの車道
f0308898_13473031.jpg
最初に「三宝様」の道標を見た場所に到着
f0308898_13473830.jpg
足元には「ハチに注意」の案内
「ハメ(マムシ)に注意」かと思った
f0308898_13474790.jpg
赤テープの巻かれた
生コンのテストピースが
参道の道標になっている
f0308898_13475560.jpg
すみません、お名前を存じ上げず・・
f0308898_13480368.jpg
人里が近い
f0308898_13481590.jpg
民家前の車道まで下山
f0308898_13482526.jpg
植林の中に竹が混じる
f0308898_13483841.jpg
この辺りはタケノコの名産地
f0308898_13484757.jpg
畑が左下に見えて来た
f0308898_13490150.jpg
畑でこのアーチを見た記憶のあるかた
御同輩とお見受けいたしまする
f0308898_13490982.jpg
鳥居まで戻って来た
f0308898_13495272.jpg
新道からだと手軽に行けるらしい
予習をしておこう
f0308898_13500113.jpg
ゆるやかな登りが続く
f0308898_13501136.jpg
右手に広い土場が見えて来ると
f0308898_13501925.jpg
「七ツ淵神社」への参道の鳥居前に着く
f0308898_13502937.jpg
その少し左上にある道へ入ると
かなり近そうに思えたが
本日はここで時間切れ
f0308898_13503751.jpg
土佐町からの帰りに通った
「赤良木峠」方面には
重たい雨雲がかかってきた
f0308898_13505098.jpg
「七ツ淵」を後に南下し
「小坂峠」から見下ろすと
高知市はまだ良く晴れている
f0308898_13505803.jpg
さほど離れていないのに
「土佐町」と「高知市」では
天気がこのように大きく違う
f0308898_13510979.jpg

 本日は、土佐町と高知市の2つの「三宝山」に「高峰神社」を訪ねたが、実はもう1か所、土佐町東石原で、旧酷道439号線を高知市へと走っている時、「三宝山地福寺」という真言宗のお寺を偶然見かけて立ち寄っている。

 本堂の左手、「三宝大権現」と書かれた鳥居の先には、山上へと長い石段が続いていて、石段には厄年ごとの年齢が刻まれていた。厄坂の階段を登り切り、尾根道をしばらく歩いてみたが、奥ノ院らしき場所はずっと先のように思われたので引き返して来た。

 帰りに行き会った地元のかたに聞くと、「大権現さまは尾根道からはしばらく先にある」とのこと、今度また日を改めて来てみよう。






by ky_kochi | 2018-06-16 16:00 | 登山 | Trackback | Comments(3)
トラックバックURL : https://chabon.exblog.jp/tb/29867916
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by タメやん at 2018-07-07 01:45 x
ここも三宝山だったのか。あと県内で登ってない三宝山は
Commented by ky_kochi at 2018-07-08 20:18
近場では、旧春野町西畑の三宝山が気になっています。
Commented by タメやん at 2018-07-15 22:14 x
何度かトライしたが、登山道は北の用水路沿いの「木好工房」からしかない様に思われる。
途中に神社あり。(Pは、西の変則的な交差点の膨らみ。)
<< 轟の滝(旧香北町) 黒滝峰(高知市~土佐町)~予習編~ >>