ブログトップ

茶凡遊山記

chabon.exblog.jp

陣ケ森(土佐町)

 前回の登山が平成20(2008)年5月3日だったので、実に10年ぶりとなる土佐町の「陣ケ森」へ出かけてみた。

 実は今年2月3日、南斜面の山なので雪はあるまいと出かけてみたものの、山上から下りてくる除雪の重機車両と離合するほどの残雪の深さ。

 この日は薫風香る五月晴れ、この山のお気に入りスポット「岩場の展望台」では、ウグイスやホトトギスの囀りも楽しめた。

f0308898_12142153.jpg


登山口から山頂までが意外ときつい
f0308898_09180849.jpg
県道6号線を土佐町方向へ
f0308898_09195280.jpg
なんとこの奥山に「厳島神社」
f0308898_09232939.jpg
奥山の人の仕事はいつも丁寧
f0308898_09241200.jpg
お気に入りのコンビ
f0308898_09242215.jpg
「敷ノ山」(中央左)から
「雪光山」(「国見山」)への稜線
f0308898_09243025.jpg
「吉原公園」を過ぎ
f0308898_09244035.jpg
「高知市」と「いの町」の境界
f0308898_09245139.jpg
北に「陣ケ森」(じんがもり)が見えてきた
f0308898_09250132.jpg
「郷ノ峰峠」を右折する
f0308898_09250840.jpg
国道439号線とは峠の下でクロス
f0308898_09251690.jpg
10時の方角に「陣ケ森」をロックオン
f0308898_09252319.jpg
東南の方向に「三辻山」(左)と
鞍部の「赤良木(あからぎ)峠」を挟んで
「工石山(くいしやま)」(右)
f0308898_09253072.jpg
ここは大川村へと直進
f0308898_09253992.jpg
「瀬戸川渓谷」の方向を目指す
f0308898_09254531.jpg
ここで県道6号線と別れて左上に
f0308898_09255238.jpg
今年の2月は雪に阻まれた
f0308898_14133381.jpg
f0308898_14142284.jpg
田植え前の水田
f0308898_09260076.jpg
林道終点駐車場から入山する
f0308898_09260748.jpg
案内板が残念なことになっている
f0308898_09334107.jpg
山頂まで続く階段には
思いの他に鍛えられる
f0308898_09340806.jpg
シダに笑われながら登る
f0308898_09343863.jpg
木立ちの日陰を涼風がそよぐ
f0308898_09344695.jpg
わずか10分ほどで山頂に到着
f0308898_09345408.jpg
南側の「工石山」と
この「陣ケ森」は
県立自然公園に指定されている
f0308898_09350269.jpg
桜の木に山名プレート
f0308898_09351372.jpg
「戸矢ケ森(とやがもり)」を目指して
稜線をさらに西へと進む
f0308898_09352174.jpg
なかなか年季が入っている
f0308898_09352806.jpg
こちらは文字が消失している
f0308898_09353537.jpg
杖立てまで完備された休憩所
f0308898_09354344.jpg
とても良く刈り払われている
f0308898_09355192.jpg
随所に案内板がある
次の案内板までの距離表示がありがたい
f0308898_09360004.jpg
木陰で給水を
f0308898_09360864.jpg
「雪光山」の南に高知市街地が見える
f0308898_09361595.jpg
秀峰「雪光山」(右)の円錐上の山頂
左の平らな稜線は「敷ノ山」
f0308898_09364275.jpg
老兵はこの日も健在
f0308898_09372438.jpg
ツツジの絨毯
f0308898_09373797.jpg
「丸山広場」の手前
f0308898_09374448.jpg
「丸山広場」に到着
f0308898_09375270.jpg
距離の表示がとても親切
f0308898_09380175.jpg
南側が繁って視界が残念
f0308898_09380834.jpg
ツツジは終わりかけ
f0308898_09381742.jpg
薊の花も一盛り
f0308898_09383040.jpg
扉はいずこに?
f0308898_09453601.jpg
シェーッ!
f0308898_09454602.jpg
手前が「陣ケ森」
前方は「川窪」
f0308898_09455448.jpg
少し足元の草が怪しい
f0308898_09460253.jpg
富士山あたりで軌道修正か?
f0308898_09460937.jpg
お気に入りスポット
「岩場の展望台」に到着
この展望岩の北の小ピークは
「棒堂山」というらしい
f0308898_09461997.jpg
うっかりしていると
見過ごしてしまう岩場の入口
f0308898_09462836.jpg
1番沖にある大岩
f0308898_09463937.jpg
北東の方角から時計回りにどうぞ
f0308898_09464658.jpg
f0308898_09465430.jpg
f0308898_09470277.jpg
f0308898_09470961.jpg
f0308898_09471504.jpg
★動画でも是非ご覧下さい



「工石山」山系と「雪光岩」(右)との間に
高知市を遠望することができる
f0308898_09472505.jpg
「雪光山」より勾配が早い
f0308898_09473844.jpg
ひっきりなしに飛行機が上空を通過する
f0308898_09474515.jpg
崖っぷちによっこらしょと腰を下ろすと
f0308898_12093937.jpg
仰向けに倒れそうになり
f0308898_12095264.jpg
慌てて立て直す
f0308898_09475305.jpg
中央に綺麗な水晶
f0308898_09481070.jpg
夏山の定番「麦藁帽」も一休み
f0308898_09481981.jpg
それではここで野鳥の鳴き声を

まずはウグイスから


続いてホトトギス(?)を



東へ真っ直ぐなジェット雲が続く
f0308898_09482710.jpg
ベンチが草に埋もれかかっている
f0308898_09483504.jpg
柏餅が食べたくなる
f0308898_09484349.jpg
案内板も草の中
f0308898_09485653.jpg
目視では樅ノ木の左横あたりに
「鳥形山」が見えている
f0308898_09501974.jpg
「戸矢ケ森」まで行くつもりだったが
「岩場の展望台」手前でヘビを見て
すっかり意気消沈
この繁りようなら潜んでいる恐れあり
直ちに撤退を決定
f0308898_09502790.jpg
先ほどの2本のジェット雲が
あっという間に大きくなった
f0308898_09503544.jpg
「戸矢ケ森」周辺にあるという
馬酔木の大群生は断念して
「陳ケ森」山頂へとトビウオターン
f0308898_09504330.jpg
たしかこのあたりでヘビに・・
f0308898_09505172.jpg
いや、このあたりか?
f0308898_09510015.jpg
この佇まいだと安心できる
f0308898_09510702.jpg
「丸山広場」に到着
f0308898_09511485.jpg
ハチかアブか
アザミと共存共栄
f0308898_12085649.jpg
天敵を踏みそうで近寄れぬが
おそらくここもトイレかと
f0308898_09513155.jpg
今年の夏も厚くなりそう
f0308898_09513840.jpg
うっすらと白い月の影
ツツジ、野鳥、薫風、昼間の三日月
本日は「花鳥風月」の春の好日
f0308898_09514612.jpg
落花狼藉見るに忍びなし
f0308898_09515813.jpg
1本残っていた
f0308898_09520750.jpg
グッド!
f0308898_09521504.jpg
まもなく「陣ケ森」山頂に戻る
f0308898_09522238.jpg
ふにゃふにゃ
f0308898_09523002.jpg
木肌からいきなり葉が
f0308898_09523710.jpg
思わず見入ってしまう
f0308898_13164322.jpg
左上隅に石鎚山系の峰々が見える
f0308898_13172220.jpg
「陣ケ森」山頂の東屋に戻る
f0308898_09530410.jpg
公式山名プレートは東屋内のベンチに

f0308898_09531253.jpg
右下へと下山開始
f0308898_09531928.jpg
なかなか急勾配の下り
f0308898_09532893.jpg
天然のロープ
f0308898_09553973.jpg
ここは四差路になっている
f0308898_09554680.jpg
右折した先の眺め
f0308898_09555366.jpg
こちらは左折した先の眺め
f0308898_09560418.jpg
「陣ケ森」の東隣りのピーク
f0308898_09562720.jpg
この辺りは昔は牧場で
牛が草を食んでいたことを思い出した
登山道に残る有刺鉄線の柵は
イノシシ対策の柵ではなく
放牧場の柵であった
f0308898_09563505.jpg
トイレは登山前に
駐車場隅のトイレでどうぞ
f0308898_09564467.jpg
帰路にある分岐を左上に進むと
f0308898_09565546.jpg
「高峰神社」という異空間があるが
本日はあいにく時間切れ
f0308898_09570324.jpg
左折して国道439号線にも出れるが
気になる場所があるために
珍しく本日は来た道を引き返す
f0308898_09571304.jpg
「郷ノ峰峠」を左折登攀
f0308898_09572082.jpg
歩いて来た「陣ケ森」の稜線
f0308898_09572923.jpg
「いの町」から「高知市」へ
f0308898_09573748.jpg
ガードレールのもう一つの利用方法
f0308898_09574403.jpg
いつみても味わい深い
f0308898_09582139.jpg
いつ見ても見飽きない
f0308898_09582821.jpg
「樽の滝へは行かれない」と書かれている
f0308898_09583574.jpg
確かにナビで見ると行けそうな気になる

f0308898_09584331.jpg
橋を渡り終えてふと右を見ると
昔から気になっている山塊
f0308898_13345374.jpg
ナビで現在地を確認
f0308898_13355354.jpg
地理院地図でも「雪光山」のようだが・・
f0308898_13364178.png
高知市からの眺めからは
ずいぶんとかけ離れている
f0308898_09591314.jpg
等高線のつまり具合からも間違いなさそう

f0308898_13365930.png

 半信半疑のまま「吉原公民館」にある「百日紅(さるすべり)」へ、昼食がてら立ち寄ろうとUターンした時、またしても見慣れない山塊の頂上をはるか北に発見。

 この瞬間に、次回の再調査先は決定。山はすでに蛇のシーズンに入った、かくなる上はリトルカブでの林道巡りに衣替え。「雪光山」と新たに見つけた山の、山座特定に出かけてみよう。

f0308898_09592834.jpg

 この日、ヘビに怖気づいて辿りつけなかった「戸矢ケ森」周辺の馬酔木の大群生、さらにその少し西、「川窪」登山口への分岐近くの鉄塔からの「石鎚山系」の景観など、この日も心残りをいくつも作ってしまった。

 が、無理は禁物。ヘビに驚き腰が抜けたはずみで足の骨でも折ろうものなら、あるいはマムシに噛まれでもしたら、たちまち消防や警察の皆様にご迷惑をおかけする。本日もまたいつもの単独登山、用心に越したことはない。







by ky_kochi | 2018-05-20 10:00 | 登山 | Trackback | Comments(3)
トラックバックURL : https://chabon.exblog.jp/tb/29801338
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by タメやん at 2018-06-02 08:05 x
>「高峰神社」という異空間があるが本日はあいにく時間切れ

自分は5月5日に陣ケ森には行かなかったが、その分岐の先には行ってみた。
地形図の973mピークの東の分岐まで車可。地図にない林道(全国最新写真(シームレス)参照)を歩くと山頂。
コンクリート製の展望台があった(道標通り)。城八幡あり(名前をクリック)。
山頂分岐から先は車では無理そうだが、バイクでは行けそう。
Commented by ky_kochi at 2018-06-03 19:36
「高峰神社」へカブで行った時の画像が、なかなか出てきません。かなりの山奥に、思いがけない荘厳な佇まいだったように思います。

「陣ケ森」へ登った時の寄り道だったか、未舗装林道にハマっていた頃の寄り道だったか、ファイルやフォルダにタグをつけていないのが今更ながら残念です。

「陣ケ森城」、山名からイメージはわくものの、ここにあったとは・・。

 そして、『全国最新写真(シームレス)』も初めて知りました、これからの山行にとても役立ちそうです。

 知らないことばかりです、いつもありがとうございます。
Commented by ky_kochi at 2018-06-19 23:18
 タメやんさん、「地図にない林道(全国最新写真(シームレス)参照)」を歩き、無事に山頂まで辿り着けました。

 これまでに教えていただいた沢山のスポットの中から、今回初めて「陣ケ森城」址を訪ねてみました。

 いつも貴重な情報をありがとうございます、今後ともよろしくお願いします。

<< 雪光山(旧鏡村) ~前編~ 皿ケ峰~鷲尾山(高知市) >>