ブログトップ

茶凡遊山記

chabon.exblog.jp

「アトリエ四万十」のカヌレ(四万十町)

 四万十町特産の米粉と栗焼酎「ダバダ火振り」とで仕上げる、カヌレの専門店が旧窪川町にあると聞き、早速「アトリエ四万十」に立ち寄ってみた。

 フランスで10年間修業し帰国したご主人が
6年前に開業、「実家が農家なので、米で何かやりたいと思ったのがきっかけ」で考案したカヌレとのことである。

民家風の「アトリエ四万十」
f0308898_19534944.jpg
アトリエは国道56号線沿い
四万十町金上野(きんじょの)にある
f0308898_19543462.jpg
ご主人は只今配達中
f0308898_19553975.jpg
中庭もお洒落
f0308898_19555412.jpg
休憩所も設えられている
f0308898_19561501.jpg
「無手無冠(むてむか)」は
「ダバダ火振り」の醸造元
f0308898_19571110.jpg
無手無冠の前掛け
f0308898_19575164.jpg
犬走りにもカヌレ
f0308898_19581459.jpg
足元の木札に書かれた心遣い
「足元 気をつけてね」が
「足 元気をつけてね」に見え
最近の歩き不足が頭をよぎる・・
f0308898_19582463.jpg
あっという間に平らげてしまい
カヌレの写真が撮れなかったので
配達車に描かれたカヌレをどうぞ
f0308898_19551713.jpg
カヌレに添えられていたカード
f0308898_19590794.jpg
『マチボン』Vol.1
 P118~P119 に掲載あり
f0308898_20301772.jpg

 かつての窪川町、現在の四万十町は生まれ故郷で、主に小学校までを過ごした。

 海抜200mを越える台地の町で、夏は相当に暑く、冬は寒いというよりは冷(ひ)やいという表現がピッタリの町であった。

 窪川町は「霧の町」と呼ばれるほど朝夕の霧が深く、昼夜の寒暖差とも相まって独特の風味の米を育んだ。

 窪川町の西、旧大正町の栗焼酎「ダバダ火振り」とのコラボによる「アトリエ四万十」のカヌレ、おススメです。 






by ky_kochi | 2018-04-07 10:00 | 番外編 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://chabon.exblog.jp/tb/29723091
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 皿ケ峰~鷲尾山(高知市) 御在所山(旧香北町)の東の稜線 >>