ブログトップ

茶凡遊山記

chabon.exblog.jp

白ノ鼻灯台(土佐市)


 土佐市「竜」地区へは、「五色の浜」「グリーンピア土佐横浪(竜基地)」「蟹ケ池」「四国霊場第36番札所青龍寺」「国民宿舎土佐」など、以前からたびたび出かけていた。

 東西に長い「横浪半島」の東端に位置する「崎山」の南麓には、以前から気になっている「白ノ鼻灯台」がひっそりと立っている。

 灯台というからには保守管理道があるはず、冬の晴天の今日、ついに挑戦することにした。
 
f0308898_16005740.jpg
「崎山」登頂後に東進するも・・
f0308898_21034586.jpg
ログの拡大図を元に
歩行ルートを現在解析中

f0308898_13554814.png
「塚地峠」から見えていた「宇佐港」
東には「萩岬」
f0308898_21041191.jpg
西には「崎山」(左端)
f0308898_21042841.jpg
「崎山」にズーム・イン!
本日はいたって波静か
f0308898_21043970.jpg
「宇佐大橋」ができるまで
「横浪三里」と呼ばれる半島は
「陸の孤島」といわれていた
f0308898_21045217.jpg

「横浪三里」はこちらのリンクをどうぞ


「宇佐大橋」を渡る
f0308898_21050145.jpg

 土佐落語に、こんな話がある。宇佐から井尻(いのしり)への渡し舟に乗ったオンちゃん、タバコの灰を捨てようとキセルを船べりにトントンと叩いた時、手元が狂ってキセルを海中に落としてしまった。

「キセルを拾いたいケに舟を停めとうせ」と船頭に頼んだが、他に急ぎの乗合客もあり断られてしまう。

 するとこのオンちゃん、「行きは諦めるが、帰りは必ず船を停めてくれ」とあらためて船頭に頼んだそうな。「帰りに船を停めるチ、落とした場所が判るかの?」と船頭が聞くと、「キセルを舟べりから落とした時に、舟のへりに目印を付けたケに大丈夫じゃ」と真顔で答えたそうな。



正面に「崎山」が近付く
f0308898_21051749.jpg
駐車場に1台の車あり
「五色の浜」への先客か?
よもや灯台見物の物好きではあるまい
f0308898_21055070.jpg
駐車場の少し上
「ヴィラサントリーニ」から見おろす
「崎山」の先端に
「白ノ鼻灯台」の白い点
f0308898_21062103.jpg
太平洋は鏡のような静けさ
f0308898_21062993.jpg
 北には「蟹ケ池」が見えている。上から見ると蟹に見えるというが、凡人の目にはカニには見えづらい。

 かつてここにあったのが「グリーンピア土佐横浪(竜基地)」で、現在は明徳義塾中学高等学校の「竜キャンパス」となっている。

 正面左手に見えているのが「宇佐」の町並みで、画像中央の対岸の突端が「萩岬」となる。

f0308898_21063805.jpg
「蟹ケ池」の左の道を手前へ進むと
横綱朝青龍の四股名の由縁でもある
四国霊場第36番札所「青龍寺」
f0308898_21065120.jpg
先客は帰られたもよう
f0308898_21065931.jpg
駐車場の隅に登山口がある
f0308898_21071211.jpg
海岸沿いでもよく見かける木
f0308898_21072596.jpg
何やら植生が違う
f0308898_21073286.jpg
マムシグサの枯れ花か?
f0308898_21074680.jpg
左手へと遊歩道が続く
f0308898_21080587.jpg
蔓と木が複雑に絡み合っている
それぞれに御事情があるようで
f0308898_21090856.jpg
手摺のある三差路の尾根に突き当たる
f0308898_21091874.jpg
右はすぐに行止り
f0308898_21101991.jpg
三差路のすぐ左にある分岐
右に海岸沿いの細い道
左に整備された遊歩道
f0308898_21121398.jpg
今に思えば
「白ノ鼻灯台」だけ行くなら
右の細い道でも行くことができたが
f0308898_21124129.jpg
せっかくなので
「崎山」の山頂へも行っておこう
f0308898_21125140.jpg
ヘアピングカーブに
「魚つき保安林」の杭
f0308898_21130043.jpg
この辺りは良く整備されている
f0308898_21130977.jpg
次のヘアピングカーブにも杭
f0308898_21131674.jpg
そなたもメタボかな?
同病相憐のひととき
f0308898_21132884.jpg
さまざまな色のテープ
f0308898_21133822.jpg
カゴノキのこのパターンは初めて
f0308898_21134814.jpg
痛々しい木皮
f0308898_21140278.jpg
表情豊かな根っ子
f0308898_21141481.jpg
早くも山頂らしいが・・
f0308898_21142734.jpg
ここが山頂への入口か?
f0308898_21144657.jpg
四等三角点「崎山」114.4m
f0308898_21145647.jpg
「四」の文字が消えている
f0308898_21150421.jpg
山頂の周囲はこんな感じ
山名板も見当たらなかった
それにしても草木のバラが痛い
f0308898_21151986.jpg
荒川静香女史も脱帽の
イナバウワー
f0308898_21152967.jpg
山頂を過ぎてもそこそこの道が続く
f0308898_21173383.jpg
「崎山」の東端へと続くのか?
f0308898_21155193.jpg
この枯れ枝は帰りの道標
右(太平洋側)が枝のモト
覚えておこう
f0308898_21182876.jpg
この印象的な木も
覚えておこう
f0308898_21184683.jpg
ありゃ、行き止まりか?
灯台に辿り着くには
一旦右下崖を下りて
再び登らねばならぬようである
こりゃあ日が暮れる
麓にあった分岐へ戻ろう
海岸線沿いの道が
灯台への道だったに違いない
f0308898_21185580.jpg
引き返したら正面に鎮座
なかなか武骨な顔をしておる
やあ、はじめまして
f0308898_21190999.jpg
こちらは面白い形をしている
f0308898_21191850.jpg
赤いテープもある
f0308898_21192510.jpg
左手に海があるのだが
雑木がほこって(繁って)視界無し
f0308898_21193432.jpg
栄養を蓄えているのか?
f0308898_21194550.jpg
左(太平洋側)がモトになっている
真ん中に別の木の緑も葉もある
先ほどの枯れ枝と思ってよかろう
f0308898_21195445.jpg
山頂広場を右に見て通過
f0308898_21200644.jpg
これはこれは
f0308898_21201601.jpg
仲睦まじくて何より何より
f0308898_21202850.jpg
分岐点の上の
遊歩道まで戻って来た
f0308898_21204052.jpg
ここを左(登ってきた時には右)
だったに違いない
f0308898_21204858.jpg
岩肌にへばりついた細い道が
東の灯台方向へと続いている
黄色の派手なテープもある
おそらく間違いなかろう
f0308898_21210377.jpg
赤テープの先は広い道では?
f0308898_21211859.jpg
委細構わず駆け上がる
f0308898_21213151.jpg
良さげな道が前方へと延びる
f0308898_21214424.jpg
テープも増えて来た
f0308898_21215616.jpg
色とりどりのテープ
f0308898_21231330.jpg
これだと迷うこともない
f0308898_21232663.jpg
歩きやすい道が続く
f0308898_21233987.jpg
右後方に
「五色の浜」の西がチラチラと
f0308898_21235692.jpg
ずっとこんな調子だと良いが・・
と思った次の瞬間
f0308898_21241077.jpg
ネットで見ていた電柱と
黄色のカバーが出現
この電柱で道は左右に分かれるが・・
f0308898_21242114.jpg
灯台への送電か?
f0308898_21243088.jpg
左に見えた黄色いカバーに目を取られ
迷わず左に進んでしまったが
f0308898_21244236.jpg
木に沢山のテープが巻かれている
右に分かれる道に全く気付かず
左の道をひたすら突き進んでいた
f0308898_21245488.jpg
豊かな植生と
f0308898_21250856.jpg
正面に見え始めた
海の青さに引き寄せられ東進
f0308898_21251629.jpg
気が付いた時には
右下に下りる道があやふや
f0308898_21252626.jpg
下りられなくはないが
眼下はかなり寂しげな谷間
f0308898_21254017.jpg
数少ない赤テープを頼りに
下るというよりは滑り落ちる
f0308898_21255632.jpg
GPSで見ると方向は正しいが・・
f0308898_21260428.jpg
いかにも寂しい場所に降り立った
f0308898_21261894.jpg
暗い谷間に降り立って
東に進めば絶壁となっており
f0308898_21262601.jpg
何やら意味深な標石がポツリ
f0308898_21263358.jpg
上手く写っていないが
前方(東)は真っ青な海
f0308898_21264823.jpg
灯台への道もなさそうだし
これは1人で帰られるかしらんと
思っていたら
f0308898_21281216.jpg
ひいぃ!
f0308898_21292196.jpg
さらに、ひいぃっ!
f0308898_21294865.jpg
無気味な壕の南に
一際明るい配色のテープ
f0308898_21300019.jpg
さらにその先には
灯台へと続くと思われる
階段を発見!
f0308898_21300812.jpg
長くきつい階段が続いているが
ようやく見つけた灯台への道
欣喜雀躍走り寄る
f0308898_21303903.jpg
それでも半分ぐらい登ったら
息があがって小休止
f0308898_21310018.jpg
そして登り切った先で
ついに「白ノ鼻灯台」と面会
f0308898_21310880.jpg
プレートも渋い
f0308898_21311629.jpg
海上保安庁の御触書
f0308898_21312453.jpg
灯りの部分は見えなかった
f0308898_21313699.jpg
何かの基準点が
f0308898_21315021.jpg
正面の左右に一対ある
f0308898_21315916.jpg
北西も
f0308898_21321199.jpg
北東も
f0308898_21322247.jpg
南東も
f0308898_21323712.jpg
南西も
視界無し
f0308898_21324671.jpg
暗い谷間へと続く長い階段のみ
f0308898_21330333.jpg
おやっ?
海側に獣道がある
行っておこう
f0308898_21333826.jpg
おおぉっ!
f0308898_21335742.jpg
「白碆」が真下に見える
f0308898_21341394.jpg
画像中央の緑の葉の下は
絶壁になっている
f0308898_21342904.jpg
灯台周囲の視界はなかったが
「白碆」は見ることができた
良しとしよう
f0308898_21345797.jpg
ここからの帰りが大事と
周囲をじっくりと見回す
f0308898_22073505.jpg
階段を降りたら
いったん右手に
f0308898_22080567.jpg
次の赤テープを見たら
海岸線に沿って西へと向かう
f0308898_22083567.jpg
ところどころで
足元に磯を見ながら進む
f0308898_22090566.jpg
冬の磯は良く澄んでいる
f0308898_22093552.jpg
見た目は暗いが
明瞭な踏み跡がある
f0308898_22100590.jpg
なかなか楽しませてくれる
f0308898_22103578.jpg
足の長い蜘蛛が歩いている感じ
f0308898_22110559.jpg
テープもいたるところにある
f0308898_22113545.jpg
こちらを来れば早かったのだが
そうはいかないのが山歩き
f0308898_22135453.jpg
こんな大きい木もある
f0308898_22144241.jpg
南斜面だけに木漏れ日も
f0308898_22151658.jpg
前方に遊歩道らしき道が・・
f0308898_22155056.jpg
先ほどの電柱の先を
左に進んだところの黄色のカバー
f0308898_22162387.jpg
さっき左に進んだところを
f0308898_22165322.jpg
右側に進んでおけば良かったと
気付いた時には後の祭り
右側の道に目をやれば
沢山のテープに気付いただろうに・・
f0308898_22172314.jpg
どりゃ、ここまで来れば安心
この辺りで昼飯にしよう
f0308898_22175252.jpg
それではそろそろ出立いたそう
f0308898_22182347.jpg
覚えのある倒木
f0308898_22201574.jpg
右に道らしき雰囲気があるが
f0308898_22204650.jpg
左手に進む
f0308898_22211664.jpg
あとはテープに従って
f0308898_22214570.jpg
この木を見て
f0308898_22221660.jpg
この大きな蔓をくぐり
f0308898_22224605.jpg
どなたかの家の玄関先を過ぎると
f0308898_22231675.jpg
突然前方に遊歩道が現れる
f0308898_22254504.jpg
二本の門のような木の
赤テープを出ると
f0308898_22261561.jpg
仲睦まじい木の辺りに出る
f0308898_22281119.jpg
遊歩道側から見るとこんな感じ
門のような二本の木の
赤テープに気付けば
一段下の「崎山」への分岐で
細い海岸線沿いの道を行かずとも
もっと歩きやすい道を通って
灯台まで行くことができることになる
f0308898_22284108.jpg
ヘアピングカーブまで戻って来た
f0308898_22291142.jpg
木々の隙間から西に見えるのは
f0308898_22294186.jpg
入山前に立ち寄っていた
「ヴィラサントリーニ」の
地中海風の白い建物
f0308898_22302550.jpg
「崎山」と「灯台」への最初の分岐
f0308898_22305550.jpg
ここを真っ直ぐ行けば灯台だが
途中に一か所だけ
ロープが張られた場所があった
f0308898_22312594.jpg
白ヘビのような木は
先っぽが四つに分かれている
「ヤマタノオロチ」ならぬ「四又ノオロチ」
f0308898_22315577.jpg
もう一度おさらいをしておくと
「崎山」との分岐を右に行くと
「白ノ鼻灯台」だが
少し上の遊歩道右手の
二本の門構えの赤テープからも
灯台に行くことができる
f0308898_22322540.jpg
倒木にぐるぐると巻き付いている
f0308898_22325574.jpg
ホワット・カインド・オブ・キノコ?
f0308898_22334604.jpg
駐車場の裏手はやや荒れている
f0308898_22341626.jpg
無事に下山したが
一時はどうなることかと・・
f0308898_22344775.jpg
「崎山」を振り返る
右のピークが山頂かと思われる
f0308898_22351658.jpg
左端が「ヴィラサントリーニ」
右端が「崎山」
f0308898_22354698.jpg
「宇佐」の町並みの遠景
鞍部のどれかが「塚地峠」
f0308898_22361766.jpg
 今日の「崎山」と「白ノ鼻灯台」はネット上にも情報が少なく、動画サイトにアップされていた動画と、地理院地図上に残る自分の足跡をスマートフォンで辿りながらの山行であった。

 電柱で道が左右に分かれていたが、左の道の普請が良かったこともあるけれども、真っ先に眼に入った左前方の黄色のカバーに完全に気を取られ、右の道に全く意識が向くことがなかった。右の道には、赤、青、黄色と、色とりどりのテープがあり、灯台のある海岸線にも近く、気付きさえしたら右に進んだことであろう。

 今に始まったことではないが、迷ったら慌てず騒がず落ち着いて、一度立ち止まる習慣をつけなければと、大いに学んだ一日であった。













by ky_kochi | 2018-01-27 12:00 | 登山 | Trackback | Comments(3)
トラックバックURL : https://chabon.exblog.jp/tb/29396338
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by タメやん at 2018-02-09 23:37 x
戦跡だと思うが、場所が知りたい。
Commented by タメやん at 2018-02-17 20:02 x
今日行ってきた。奥行きが2m位しかなかったのが珍しく感じた。(隣は、まだコマイ…。)
Commented by ky_kochi at 2018-02-18 08:48
 タメやんさん、コメントありがとうございます。

 先週の3連休前から、ブログをほとんど見ておらず、大変失礼しました。

 周辺に畑もないので農作物の保存施設ではなさそうだし、灯台の保安用品の倉庫とも違うようだがと思いながら、遠巻きに眺めたことでした。何よりも、入り込んではいけない場所に間違って迷い込んだような気持ちになって、やっと見つけた灯台への階段に直行しました。
<< 甫喜ケ峰(旧土佐山田町) 塚地峠(土佐市) >>