ブログトップ

茶凡遊山記

chabon.exblog.jp

大北川渓谷(大川村)


 県道6号線で高知県大川村から愛媛県新居浜市へ越える、通称「大田尾越」で、8年前の今日、平成22年1月2日に思いがけない眼福に預かっていた。

 ブナが美しい「大座礼山(おおざれやま)」や、真っ白いアケボノツツジの「東光森山(ひがしみつもりやま)」への登山口への県道登り口では、名瀑「翁(おきな)の滝」が出迎えてくれる。

【ご注意】画像は平成22年1月のものです。

f0308898_16272467.jpg
  

 大川村役場の西から北西に分岐し、「大田尾越」へと続く黄色い部分が県道6号線。途中の青い線の部分で、路側の岩肌と沢の氷結、そして見事な氷柱(つらら)を見ることができた。

f0308898_16274415.jpg
  

「翁の滝」手前から木々への着氷が始まる
f0308898_16280106.jpg
f0308898_16281902.jpg
f0308898_16283285.jpg
続いて岩清水の氷結が始まる
f0308898_16285066.jpg
f0308898_16291514.jpg
ワンダフル!
f0308898_16292624.jpg
f0308898_16293928.jpg
ほおぉっ
f0308898_16294991.jpg
「翁の滝」に到着
f0308898_16295974.jpg
滝の一部が氷結している
f0308898_16301310.jpg
「なかがいちはし」を越え
f0308898_16310659.jpg
小さな滝壺を見て
f0308898_16311930.jpg
「東光森山」の東南麓まで来たが
道路が氷結していてUターン
f0308898_16313154.jpg
   
 やっばりスタッドレスを履かなければと嘆きつつ、車を転回させながらふと眼前の沢に目をやると、なんと沢の水が凍っている。

f0308898_16320253.jpg
 
 

f0308898_16322437.jpg

 そしてこの画像は、さる団体の機関誌の、名誉ある新年号の表紙を飾らせていただいた。長く続けていると、時に幸運の女神が微笑んでくれる、合掌。

f0308898_16324148.jpg
感激のあまり声もなく下山開始
f0308898_16325467.jpg
振り返り見る「大座礼山」
f0308898_16330696.jpg
陽の当たる南斜面もこの通り
f0308898_16333385.jpg
眼下の谷も所々が氷結している
f0308898_16334379.jpg
大変そそられる林道が分岐している
f0308898_16352687.jpg
おやっ?
f0308898_16354196.jpg
この足跡はどちらさんかな?
裸足じゃろうに
わざわざ氷水の上を歩かなくても・・
f0308898_16355201.jpg
この辺りからは見事な氷柱が
f0308898_16360365.jpg
f0308898_16361246.jpg
f0308898_16363377.jpg
エクセレント!
f0308898_16364341.jpg
f0308898_16365622.jpg
f0308898_16371564.jpg
f0308898_16372676.jpg
あっという間に「翁の滝」の上に
f0308898_16373817.jpg
滝の前のヘアピンカーブが見えている
f0308898_16375071.jpg
「翁の滝」の上部からは
東の「白滝の里」へと抜けられる
f0308898_16380792.jpg
かつては映画館もあったという
繁栄を極めた白滝鉱山の跡が
今はひっそりと眠っている
f0308898_16381892.jpg
「遠山洞門」をくぐる
「洞門」や「隧道」という呼称には
愛媛県色を感じてしまう
f0308898_16383349.jpg
なんと「翁の滝」に虹が
f0308898_16384443.jpg
ズーム・アップするとピンボケする
わがコンデジではこれが精一杯
f0308898_16385593.jpg

スタジオ・ジブリの世界をどうぞ!
氷の下を何かが這っています






by ky_kochi | 2018-01-02 16:00 | 登山 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://chabon.exblog.jp/tb/29079867
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 稲積山(香川県観音寺市) 猿押林道(馬路村~安芸市) >>