ブログトップ

茶凡遊山記

chabon.exblog.jp

瓶ケ森(旧本川村)

 約30年前、磯遊び一辺倒だった小生を、山登りへとコペルニクス的に転換させたのが、石鎚山(愛媛県)の紅葉であった。

 石鎚山系の中でも特にお気に入りが「瓶ケ森」で、上空から見ると亀の甲羅に見えるといわれる、広大な笹原のスロープは何度歩いても見飽きることがない。

【ご注意】

 画像は平成21年8月に撮影したものです。


f0308898_19201913.jpg

 かねてより、この「瓶ケ森」の東に屹立する「西黒森」に登ろうと思いながら、今夏もどうも日程が合わず、というと聞こえが良いが、実際は夏山はヘビが怖いだけ。

 ここのところ山登りから離れていたので、「西黒森」への思いをかき立てつつ、平成21年8月の「瓶ケ森」を振り返ってみた。

国道194号線を「仁淀川」に沿って遡上
f0308898_19220987.jpg
f0308898_19222234.jpg
「高知アイス売店」はまだ手作り感一杯
f0308898_19230044.jpg
「木の根三里橋」の吊橋で休憩
f0308898_19235904.jpg
「平家平」(右)と「冠山」
f0308898_19235826.jpg
f0308898_19252713.jpg
f0308898_19252775.jpg
f0308898_19252777.jpg
「寒風山」(左)と「笹ケ峰」
f0308898_19252847.jpg
「旧寒風山トンネル」へと右折分岐
f0308898_19252682.jpg
f0308898_19263111.jpg
通称「UFOライン」へと左折
f0308898_19263184.jpg
「寒風山」登山口から「桑瀬峠」までは
少しばかりきつい
f0308898_19263114.jpg
「寒風山」(左)と「笹ヶ峰」
f0308898_19263131.jpg
「笹ヶ峰」(左)から東への稜線
f0308898_19263081.jpg
渋過ぎる素掘りのトンネル
f0308898_19274144.jpg
ケルンの前方に「伊予富士」
f0308898_19274124.jpg
「伊予富士」はこの東側からはきついが
西側の「東黒森」からはラクに登られる
f0308898_19464723.jpg
f0308898_19470439.jpg
「東黒森」の山裾を進むと
f0308898_19471461.jpg
f0308898_19473174.jpg
f0308898_19474964.jpg
「自念子ノ頭」が見えてくる
f0308898_19480446.jpg
ベリー・グッド!
f0308898_19481779.jpg
「自念子ノ頭(ジネンコノカシラ)」の左に
左奥のドーム状の「筒上山」から
さらに「手箱山」へと続く稜線
f0308898_19483064.jpg
中央やや右が「石鎚山」
f0308898_19502152.jpg
「手箱山」(左)と「筒上山」
f0308898_19503482.jpg
「神鳴池(かんならしいけ)」
f0308898_19504789.jpg
左前方に「瓶ケ森」の山塊
f0308898_19510716.jpg
携帯タンクよりガソリン補給
f0308898_19514829.jpg
「瓶ケ森」登山口
f0308898_19515911.jpg
大駐車場を後に入山
f0308898_19521642.jpg
「男山」を経由して「女山」(山頂)へ
f0308898_19522659.jpg
「西黒森」(左)と「ジネンコの頭」
f0308898_19525313.jpg
背中に「石鎚山」を見ながら登る
f0308898_19530540.jpg
すぐに駐車場を見下ろせる高さに
f0308898_19532553.jpg
f0308898_19533615.jpg
f0308898_19534766.jpg
f0308898_19535671.jpg
「男山」の手前
f0308898_19543036.jpg
f0308898_19550356.jpg
鎖場もゆるやかな勾配
f0308898_19555336.jpg
f0308898_19560535.jpg
広大な笹原のスロープ
「氷見二千石原(ひみにせんごくばら)」
f0308898_19562397.jpg
「氷見二千石原」の先に「石鎚山」
f0308898_19572294.jpg
f0308898_19573655.jpg
「男山」の祠
f0308898_19575055.jpg
次回登山予定の「西黒森」
f0308898_19580376.jpg
f0308898_19581685.jpg
f0308898_19582756.jpg
「女山」(山頂)を目指す
f0308898_19583938.jpg
鞍部が「西黒森」の西登山口
「吉野川源流の碑」
f0308898_19585186.jpg
f0308898_19593773.jpg
f0308898_19595104.jpg
植生も豊か
f0308898_20000273.jpg
f0308898_20002488.jpg
f0308898_20003388.jpg
f0308898_20005072.jpg
f0308898_20010391.jpg
f0308898_20011517.jpg
東方向の遠望
手前から「西黒森」「ジネンコの頭」
「東黒森」「伊予富士」「寒風山」
f0308898_20012751.jpg
いいね!
f0308898_20020376.jpg
f0308898_20021356.jpg
f0308898_20033621.jpg
f0308898_20035057.jpg
f0308898_20035920.jpg
「女山」(「瓶ケ森」山頂)に到着
f0308898_20041212.jpg
正面の「西黒森」へ
縦走する人が多い
f0308898_20042054.jpg
愛媛県西条市の方向(北西)
晴れていれば瀬戸内海が見える
f0308898_20042661.jpg
この頃は作業着に麦藁で登山をしていた
f0308898_20043454.jpg
f0308898_20050843.jpg
当機は徐々に高度を下げてまいります
f0308898_20051881.jpg
木馬(きんま)で滑り降りたい
f0308898_20052911.jpg
f0308898_20055433.jpg
f0308898_20061189.jpg
f0308898_20062114.jpg
f0308898_20064839.jpg
f0308898_20070769.jpg
ちょいと一休み
長い下りは膝に悪い
f0308898_20072469.jpg
f0308898_20074910.jpg
f0308898_20080382.jpg
f0308898_20081399.jpg
f0308898_20092050.jpg
f0308898_20095402.jpg
随所に親切な案内板
f0308898_20102749.jpg
ご高齢の方もあれば
f0308898_20103958.jpg
若い方もおられる
f0308898_20105009.jpg
しっかりとした造作
f0308898_20110164.jpg
年季が入って来た山小屋
f0308898_20114489.jpg
f0308898_20120394.jpg
f0308898_20121612.jpg
f0308898_20123027.jpg
f0308898_20124489.jpg
「石鎚山」を見上げるようになってきた
f0308898_20125513.jpg
f0308898_20130535.jpg
この辺りから白骨林が多くなる
f0308898_20132037.jpg
f0308898_20133419.jpg
f0308898_20135189.jpg
f0308898_20140152.jpg
f0308898_20141700.jpg
f0308898_20140152.jpg
f0308898_20144071.jpg
f0308898_20153425.jpg
f0308898_20154998.jpg
f0308898_20160143.jpg
上空を旅客機が
f0308898_20161003.jpg
根元がせり上がった五葉松
f0308898_20162315.jpg
「瓶壺」へ寄り道
f0308898_20163391.jpg
以前はかなり深かったが
砂利が入って悲しいほどの浅さに
f0308898_20164198.jpg
人間も給水
f0308898_20170321.jpg
登山道から近いので
是非お立ち寄りを
f0308898_20171470.jpg
f0308898_20172409.jpg
登山道へと戻る
f0308898_20173140.jpg
f0308898_20174320.jpg
f0308898_20175530.jpg
f0308898_20180740.jpg
「筒上山」や「手箱山」も
見上げる高さになって来た
f0308898_20181814.jpg
無事下山
f0308898_20182833.jpg
「子持権現山」に寄り道
f0308898_20183600.jpg
西から見上げる「瓶ケ森」
f0308898_20184788.jpg
「銀号」もまだ若い
f0308898_20190142.jpg
「石鎚山」ビューポイント
f0308898_20194799.jpg
f0308898_20201566.jpg
たしかこの枯れ木は
登山ガイドブックの表紙に・・
f0308898_20202449.jpg
次回はあの「西黒森」へ!
f0308898_20203384.jpg
東と西の登山口
どちらから登ってどちらへ降りるか
慎重に調査中
f0308898_20204133.jpg
振り返り見る「瓶ケ森」
f0308898_20205185.jpg
「神鳴池」に戻る
f0308898_20210380.jpg
「神鳴池」の登山口が
「西黒森」の東登山口になる
f0308898_20211132.jpg
「子持権現山」(左端)と「瓶ケ森」
f0308898_20212019.jpg
「石鎚山」がはるか遠くに
f0308898_20212970.jpg
ミラーの中で「子持権現山」が
おいでおいでと手招きしている
f0308898_20214142.jpg
「東黒森」が見えて来た
f0308898_20215310.jpg
「瓶ケ森」(左)と「西黒森」
「西黒森」は見る角度によっては
非常に尖って見える
f0308898_20220390.jpg
「自念子ノ頭」へ寄り道
f0308898_20221602.jpg
眺めが良いので
振り返り振り返り登る
f0308898_20222960.jpg
石鎚山系でヘビを見たのは
この稜線の登山道のみ
f0308898_20225387.jpg
「子持権現山」のズームアップ
f0308898_20230741.jpg
「自念子ノ頭」頂上
f0308898_20232929.jpg
そなたはたしか「伊予冨士」でも・・
f0308898_20233789.jpg
下山時の風景
「東黒森」(手前)から
「伊予富士」「寒風山」の稜線
f0308898_20243588.jpg
f0308898_20245003.jpg
トンネルを抜けると
f0308898_20245872.jpg
「伊予富士」登山口
こちらからがラクに登頂可能
f0308898_20250791.jpg
再びご機嫌なトンネルに入り
f0308898_20251674.jpg
思わず振り返る素掘りの素晴らしさ
f0308898_20252416.jpg
「寒風山」の山塊を正面に見て
f0308898_20253465.jpg
「旧寒風山トンネル」を右折
f0308898_20254886.jpg
「林道寒風大座礼線」は
東西線がかなり延伸したらしい
カブを買った当初
この林道にも随分とハマった
f0308898_20255877.jpg
石鎚山系の遊山時のキャンプ地
喫茶「うの花」
f0308898_20263203.jpg
f0308898_20264985.jpg
お気に入りの席
f0308898_20260807.jpg
f0308898_20273119.jpg
「女将さん、唐揚げ定食をお願いします」
f0308898_20283778.jpg
f0308898_20284836.jpg
f0308898_20290034.jpg
f0308898_20291325.jpg
店の下には清流「大森川」
f0308898_20292473.jpg
「新大森トンネル」を抜けると
一気に高度を下げ着陸態勢へ
f0308898_20293790.jpg
 相棒「銀号」で林道を駆け巡り始めて約1年ほどがたち、やおらハマって来たのが山登り。「村道瓶ケ森線」という呼び名が今でもしっくりくるが、東の「寒風山」から西の「石鎚山」までの間に連なる山々から手あたり次第に歩いて来た。

 そのうち半分くらいは、「銀号」で往復5時間くらいかけて登山口まで行き、そこから往復4時間くらいの山歩き。この日は「瓶ケ森」と「自念子ノ頭」の2山に登ったが、土佐弁でいう「ちょっこり」登れる山もあり、「石鎚山系」では実に楽しく遊ばせてもらった。

 それなりの標高と山容でありながら、隣りの「瓶ケ森」の人気に隠れて「西黒森」は登山者が少ないというが、「人の行く裏に道あり花の山」、次回の山行が今から待ち遠しい。


by ky_kochi | 2017-10-01 19:18 | 登山 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://chabon.exblog.jp/tb/28187820
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by タメやん at 2017-10-06 13:47 x
あ、ここ9月10日に行ってた。
伊吹山→子持権現山→瓶ヶ森(コースは、名前をクリック)
情報収集不足で瓶壺の水が美味いというのを知らずに、飲まなかったのが悔やまれる。(濁って見えた。)
>瓶つぼの水は「難病に効く」と云われ、松山辺りからも汲みに来られる方も沢山おられ、その汲んだ水は何年置いていても腐らない
Commented by ky_kochi at 2017-10-08 21:19
 タメやんさん、いつもありがとうございます。

 昔の「瓶壺」を知るかたは、一様に「もっと深かった」と仰います。私が初めて見た時も、1メートル近くあったように記憶しています。そして、冷たくて、とても美味しかったです。

 恥ずかしながら、「子持権現」が未登頂のままです。前日の雨で滑りやすかったこともありますが、根っからの小心者で一度臆病風が吹いたら吹き止まず、敵前逃亡してきております。

 UFOライン界隈では、「子持権現」が残っています、還暦までには何とかしておかなければと、ずっと思うだけで今日に至っています。
<< 西黒森(旧本川村) 案山子の里(徳島県三好市) >>