ブログトップ

茶凡遊山記

chabon.exblog.jp

菖蒲洞(旧土佐山村)

 高知市の水源「鏡川」上流、旧土佐山村に「菖蒲洞」という鍾乳洞がある。洞内は東西の2室に分かれ,鍾乳石や石筍、洞窟性の生物も多数生息しているとのこと。

 一般の入洞はできないが、洞窟内部から噴き出してくる風はとても涼しく、避暑には絶好の水辺である。

f0308898_12144732.jpg
 
 高知市の北に連なる「北山」を、時計回りに走ってみた。「佛瀬越」まで県道270号線を登り「広瀬」で県道33号線へと右折、旧土佐山役場があった「平石」で県道16号線へと右折、すぐに「梶谷」で再び県道33号線へ左折、「菖蒲洞」へと向かう。
f0308898_12145938.jpg
「銀号」のかかりつけ医の前を出発
♪今にも雨が降り出しそうな~♪
f0308898_12155970.jpg
「北山」はあいにくの曇天
f0308898_12161065.jpg
「円行寺」には牧場があり
f0308898_12162197.jpg
ポニーたちとふれ合える
f0308898_12163053.jpg
この大カーブを「土佐山」へ
f0308898_12164306.jpg
ここを左折し枝道を進むと
「龍馬」ゆかりの地「柴巻」
f0308898_12165101.jpg
はるか遠くに高知市街
坂本龍馬も見た風景
f0308898_12165900.jpg
「佛瀬越」の直下
かつて賑やかだった「道の駅」
f0308898_12172379.jpg
「土佐山村」の表示がそのまま残っている
f0308898_12173308.jpg
この名水も有名だった
f0308898_12174245.jpg
懐かしい観光案内板
f0308898_12175299.jpg
旧土佐山村の独特の道案内
f0308898_12180130.jpg
「北山」には網の目状の道がある
f0308898_12180934.jpg
「広瀬」に下りて来た
f0308898_12182161.jpg
橋のたもとのお堂
f0308898_12183124.jpg
「広瀬」の三叉路は道なりに直進
f0308898_12184218.jpg
お見事
f0308898_12185122.jpg
背丈に合った場所で
f0308898_12190388.jpg
自由に水遊びを
f0308898_12193794.jpg
通り雨には傘もある
f0308898_12191792.jpg
下流の「大穴峡」のみならず
f0308898_12200362.jpg
上流の川原にも大勢の人
f0308898_12201523.jpg
対岸へと渡る策道(ゴンドラ)
小さな沈下橋も架かっている
f0308898_12202742.jpg
「桑尾」のヘリポート
f0308898_12204372.jpg
白ユリが多い
f0308898_12220431.jpg
「平石」の三叉路を右折し
少しの間だけ県道16号線を走る
f0308898_12221241.jpg
「高川川」と「重倉川」の合流地点
右下の大岩は最近転がってきたものか?
昔はなかったように思うが・・
f0308898_12222312.jpg
左上には県道16号線の旧道
f0308898_12223151.jpg
「梶谷」で左折し再び県道33号線へ
「重倉川」と「梶谷川」の合流点
(「梶谷川」が「鏡川」の本流か?)
f0308898_12224163.jpg
「梶谷川」に沿って東進
f0308898_12225621.jpg
畑の片隅の花壇
f0308898_12231238.jpg
草が茂って見えないが
草がなくても文字が見えない
f0308898_12232086.jpg
「西川」を通過
f0308898_12233283.jpg
橋を渡って左折すると「山嶽社」跡
f0308898_12234133.jpg
「菖蒲」に到着
f0308898_12235155.jpg
ここは下の道を進む
この先直進を続けると
「蟹越」を経て南国市へと抜ける
f0308898_12240266.jpg
「白山神社」
f0308898_12241311.jpg
天然の手水鉢
f0308898_12242585.jpg
本堂の外囲い
f0308898_12243486.jpg
神社前の広場に聳えるご神木
f0308898_12244485.jpg
こちらが表側にあたる
f0308898_12250708.jpg
かなりの大木
f0308898_12252269.jpg
風格が漂う
f0308898_12253057.jpg
「菖蒲洞」へと続く道
f0308898_12253980.jpg
やや鬱蒼としている
f0308898_12254736.jpg
洞の入口前の広場
f0308898_12260081.jpg
牢屋のような柵
f0308898_12261362.jpg
心地よい冷風が噴き出ている
f0308898_12272126.jpg
取水用のパイプが2本
f0308898_12273363.jpg
鍵がかけられている
f0308898_12274353.jpg
水はかなり冷たい
f0308898_12275434.jpg
白い花が良く合うのだが・・
f0308898_12280596.jpg
3つ並んで咲きそうな気配
f0308898_12281674.jpg
桜の木の傍らに百合
f0308898_12282641.jpg
不燃物の種別が書かれた杭
f0308898_12283519.jpg
「ビアガーデンの反省会」とある
反省会の反省会がありそうで楽しい
f0308898_12351218.jpg
伐採のため道普請か?
f0308898_12352871.jpg
おやっ?
f0308898_12354622.jpg
何を採りゆうがじゃろう?
f0308898_12360528.jpg
背比べするアオイ
f0308898_12361960.jpg
ここもまた信仰深い土地柄
f0308898_12363212.jpg
白ユリ一輪がお出迎え
f0308898_12364160.jpg

 地図上部のピンクの線の右端が「菖蒲洞」、そのやや左の北への寄り道が「三嶽社」跡で、明治時代、板垣退助の秘書を務めていた和田三郎の生家である。

 和田は旧土佐山村にいた頃、村の青年を集めて「山獄社」を結成、政治や学問について語りあったという。
f0308898_12412657.jpg
先ほどの道標に従って北上
f0308898_12370217.jpg
ここまで行ってみたが
今回も行きつけず仕舞い
f0308898_12372367.jpg
稲刈りが終わった田んぼに稲木
f0308898_12373769.jpg
この花にも里山でよく出会う
f0308898_12375498.jpg
前のめりに倒れそうな中央の大岩
向こう側が平たくなっているため
どっしりとこの角度で鎮座が可能
f0308898_12380258.jpg
「梶谷」で県道16号線に戻り
三叉路を左折して高知市へ
f0308898_12381212.jpg
新旧3本の「梶谷橋」が並ぶ
f0308898_12382344.jpg
旧土佐山村の商店案内板
f0308898_12383595.jpg
周辺では異色の筆致
f0308898_12384724.jpg
「小坂峠」に到着
f0308898_12385957.jpg
海抜は311m

f0308898_12390749.jpg
高知市街も曇っている
f0308898_12392169.jpg
高知市の玄関「浦戸湾」
f0308898_12392934.jpg
すわっ、転落か?
f0308898_12393909.jpg
少々の勾配はノープロブレム
f0308898_12395111.jpg
「高知自動車道」を跨ぐ
f0308898_12400385.jpg

 土曜日の昼下がり、2時間ほど時間が空いたので、夕涼みがてら「菖蒲洞」まで走ってみた。高知市の北に広がる「北山」は、海抜300m前後の高度があるため、高知市街と比べるといくらか涼しい上に、鏡川の支流がたくさんあるため、沿道の川風が心地よい。

 あいにくの曇天ではあったが、この日も良い気晴らしになった。このエリアに通い出して30年近くなるが、川原で遊ぶ人々の多さに驚いた。以前はアユ釣りの人しか見かけなかった瀬や渕でも、大勢の家族連れや若者たちのグループがBBQなどを楽しんでいた。

 海山川で遊び回った世代は自分たちが最後かと思っていたが、なかなかどうしてどうして。「大穴渓」にかかる橋の上にまで、たくさんの車が駐車していたが、橋が重さに耐えられるかどうか、ふと心配になるぐらいであった。




by ky_kochi | 2017-08-26 15:00 | リトルカブ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://chabon.exblog.jp/tb/28105036
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 剣山(1/2)【往路】(徳島県) 五在所山(越知町) >>