ブログトップ

茶凡遊山記

chabon.exblog.jp

五在所山(越知町)

 平成28年2月、越知町(おちちょう)を代表する秀峰「横倉山」から下山した後、SNSのお師匠さんが、北東に見えていた「五在所山」に登っていたことを知った。

 この「五在所山」は、越知町のもう一つの秀峰「黒森山」の東に鎮座し、桑藪(くやぶ)から約1時間ほどで登頂でき、北に石鎚山系のパノラマを望める隠れスポットである。

f0308898_14100689.jpg

 高知市の西にある「いの町」、「仁淀ブルー」で知られる「仁淀川」にかかる「仁淀川橋」で、国道33号線と国道194号線は分岐する。

 本日のルートは、国道33号線から「越知町」へ向かい、「横倉」で県道18号線に右折東進、「五在所山」に登頂後、国道194号線を「仁淀川」に沿って下り、「仁淀川橋」に戻る時計回りのルート。


「仁淀川橋」東詰
往きはここを左折し鉄橋を渡り
帰りは右奥から戻って来る
f0308898_09292037.jpg
「佐川町」の「霧生関隧道」の手前に
いつの間にか広大な広場が出来ている
f0308898_09303061.jpg

 道路情勢が脆弱な高知県では、主要国道が寸断されるとたちまち「陸の孤島」になる。山間部はもとより、最近では幹線道路沿いにも多くのヘリポートが建設されるようになった。

 本日の山行のきっかけは、「越知町」の山間部「桑藪(くやぶ)」地区で、地元住民の皆さんが手さぐりで造り上げたヘリポートの記事を目にしたことであったが、偶然にも途中の主要国道沿いの「霧生関」でも、ヘリポートを目にすることとなった。


「佐川(さかわ)ヘリポート」
f0308898_09304172.jpg
「地酒」があるなら「地乳」も
f0308898_09305129.jpg
「佐川町」と「越知町」の境界
旧道は前方の「赤土峠」を越えていた
f0308898_09305971.jpg
幕末の佐川志士脱藩の際の集合場所
「赤土峠」は現在
「四国のみち」として残っている
f0308898_09311050.jpg
「越知町」に入ると右奥に
「黒森山」から「五在所山」へ続く稜線
f0308898_09312788.jpg
「越知町」のメイン・ストリートを西進
正面に迫ってくるのは「横倉山」の峰々
f0308898_09313879.jpg
安徳天皇の伝説が残る「横倉山」
f0308898_09314994.jpg
県道18号線「横倉橋」から上流を見る
国道33号線は愛媛県松山市へと
仁淀川に沿って遡上する

「横倉橋」「横畠橋」「鎌井田大橋」
「仁淀川」はこの3つの橋の間で
S字状に大きく蛇行する
f0308898_08505771.png
「横倉橋」の上流右岸に
通るたび気になる尖がりの山
f0308898_09320007.jpg
「今成トンネル」を抜ける
f0308898_09320964.jpg
「堂ノ岡」は「旧松山街道」の入口
f0308898_09322217.jpg
天空に広がる異空間
「虹色の里横畠」への入口の先
f0308898_09323718.jpg
「横畠橋」南詰は広場になっている
観光案内板で「桑藪」は
「広望の里」と紹介されている
f0308898_09325137.jpg
「横畠橋」から上流を見る
右中央の山塊が「黒森山」
奥が下流だが「仁淀川」はその先で右へと
大きなヘアピンカーブを描いている
お気に入りのビュー・スポット
f0308898_09332557.jpg
いつの年だったか
大規模な土砂崩れの跡
f0308898_09330072.jpg
「横畠橋」はかなり高い
f0308898_09334381.jpg
「浅尾(あそ)トンネル」を抜けると
f0308898_09335321.jpg
再び「仁淀川」を渡ることになる
今度は左手奥が川上となり
川は左に大きくヘアピンカーブを描き
先ほどの「横畠橋」に至ることになる
f0308898_09340634.jpg
「浅尾トンネル」を抜け
「鎌井田大橋」を渡るとすぐに
「あじさい街道」へと左折する
f0308898_09341405.jpg
「浅尾沈下橋」が見えてきた
f0308898_09342369.jpg
せっかくなので対岸へと渡っておこう
f0308898_09344787.jpg
川原に舫われた川舟
f0308898_09345904.jpg
「鎌井田」集落の西側の谷を
ひたすら北登すると「五在所山」
f0308898_09351059.jpg
「桑藪」への道案内
f0308898_09381013.jpg
「天神橋」を渡り
f0308898_09382485.jpg
「文化橋」を渡り
f0308898_09383863.jpg
どんどん高度を上げて行く
この位置が意外と見やすいカーブミラー
f0308898_09385184.jpg
「日の浦」や「清助」集落との分岐
「あじさい街道」はここを左
f0308898_09390318.jpg
「桑藪」へはここを右
「京仲」とはまた粋な地名
f0308898_09391490.jpg
巨岩の下を走る
f0308898_09392817.jpg
谷風が涼しい
f0308898_09394673.jpg
シブい切り通し
f0308898_09395539.jpg
石清水とよくマッチしている
f0308898_09400363.jpg
枝道が切り通しの中で分岐している
これまで見た切り通しでは
きわめて秀逸な造りとなっている
f0308898_09401862.jpg
普通は右側に標記されるが
橋名は読み取れなかった
もしかして左側かもしれないが
標柱は倒壊してしまっている
f0308898_09403027.jpg
名残りの紫陽花が一輪
f0308898_09404123.jpg
ここで「五在所山」へのルートは分かれる
f0308898_09404928.jpg
迷わず取り舵一杯!
いつか歩きますので
今日はカブで行かせてもらいます
f0308898_09410082.jpg
とても整然とした道路工事現場
f0308898_09410933.jpg
この辺り一帯はヤマユリが多い
f0308898_09411824.jpg
「桑藪(くやぶ)ヘリポート」に到着
途中にあったはずの
「桐ノ峠(きりのとう)」には気付かなかった
峠名ではなく集落名かもしれない
f0308898_09412677.jpg
「越知町」がはるか眼下に見えている
f0308898_10292378.jpg
ヘリポートは海抜691メートル

f0308898_09420873.jpg
前方の三角形が「五在所山」
まだあんなに高くて遠い
f0308898_10301004.jpg
それでは標高差200メートルを
一気に駆け上がるとしよう
f0308898_09422483.jpg
テイク・オフ!
f0308898_10322626.jpg
道路を跨いで落ちている倒木は
折れたというよりは割れたという印象
f0308898_09430398.jpg
なかなか良(え)いですやいか
f0308898_09431117.jpg
少しは荒れてないと面白くない
f0308898_09432192.jpg
ところどころ未舗装が混じる
f0308898_09452185.jpg
林道は山頂直下で行き止まり
f0308898_09453194.jpg
まるで魔法使いの杖のよう
杖として拝借しようとしたが
やや気が引けた
f0308898_09455942.jpg
「五在所神社」への
参道というか山道というか・・
f0308898_09461504.jpg
一瞬クマに見えて怯む
小心者は手元が震え完全なピンボケ
情けないこと限りなし
f0308898_09463187.jpg
鳥居の先に本殿
f0308898_09464858.jpg
まだ林道が無かった頃には
海抜976メートルの山上に
麓から資材を担ぎ上げるだけでも
さぞや難渋したことであろう
昔の人は偉い、脱帽
f0308898_09465603.jpg
向かって左の小さな祠から眺望所へ
f0308898_09470756.jpg
踏み跡は十分に残っている
f0308898_09471783.jpg
山頂に到着
f0308898_09472972.jpg
SONIAの案内板に安堵する
f0308898_10190716.jpg
スマホには海抜975mと表示されている
山頂976mの三角点はいずこ?
 
f0308898_09532935.jpg

 ピンクの線が走ってきた林道で、登山道は山頂から「桑藪」へと下る点線と思われる。

 山頂直下で林道と登山道と交差する地点は、やや広い広場となっている場所で、先輩諸氏のサイトで、登山道が分断されて判りづらい、と指摘されている場所と思われる。

 

f0308898_09560219.jpg
石鎚山系の眺望スポットだけに
山名表示板が設置されている
f0308898_10374543.jpg
し、しかしながら、
「石鎚山系」には夏山独特のガスが充満
f0308898_10375890.jpg
眼前の山なみは上等に見えているが・・
f0308898_09474965.jpg
特に「石鎚山」から「瓶ケ森」にかけて
ガスガスの状態
f0308898_09482370.jpg
積雪のある頃の眺めは
さぞ宜しかろうと思われる
f0308898_10213916.jpg
東の「平家平」や「冠山」は
肉眼でも山座を特定しづらい
f0308898_10204202.jpg
北の「伊予冨士」「寒風山」は
かろうじて見て取れる
f0308898_10210198.jpg
一瞬の晴れ間もこの程度
f0308898_09495028.jpg
 最近良く似たような山に登ったことがあったような、たしか山頂から北の峰々を見渡せる山だったが、と、しばらく考えていてやっと思いだした。この山頂の雰囲気は、旧香北町の「御在所山」に似ている。似たような山頂の広場から、土佐と阿波の分水嶺、「土阿辺境」のパノラマが広がっていたことであった。

 越知町の「五在所山」は、近隣の「鎌井田」「片岡」「十田」「新別」「下八川」の5つの在所の信仰を集めたことに由来する、という。

 四万十町の「五在所ノ峰」もまた、5つの在所に山名の由来がある。旧香北町の「御在所山」は「御」であるが、「ございしょ」という響きにはどこか共通の響きが感じられる。

山頂はちょうど手ごろな広場
f0308898_09500857.jpg
山頂の守護神のような古木
f0308898_09501813.jpg

 北東に、今年3月に登った「小式ケ台」が見えている。海抜は「五在所山」とほとんど変わらないが、低く見えるのが不思議。

「小式ケ台」からも、今いる「五在所山」が見えていたはずだが、よほど意識して登らないと、山座は記憶に残らない。

「小式ケ台」の南西山麓
f0308898_09503088.jpg
さっきからブンブンとうるさいアブ
「平家平」を目指しているが・・
f0308898_09504157.jpg
「冠山」へ縦走することなく下山
f0308898_09504904.jpg
♪古いコートは捨てて~
f0308898_09510199.jpg
もし、どうされましたぞ?
f0308898_09520357.jpg
本殿の背後に戻る
f0308898_09521473.jpg
木壁なのに風雪によく耐えている
それもそのはず総欅造りとのこと
f0308898_09522515.jpg
霊験あらたか
f0308898_09524001.jpg
鳥居の横に注連縄
何らかの結界であろうか
f0308898_09525098.jpg
蔓が複雑に絡みつく
f0308898_09571321.jpg
右正面が麓からの登山道
左へ下ると林道終点広場
f0308898_09572295.jpg
さあて往(い)ぬるとするか
(=さて帰るとするか)
f0308898_09573449.jpg
この広場が林道と登山道の交差点
f0308898_09574736.jpg
登山道は左下から登って来て
f0308898_09580045.jpg
正面の木立の中を山頂へと続く
f0308898_09581240.jpg
この木もあちこちでよく出会う
根元から数本の木が枝分かれ
f0308898_09582489.jpg
中央が「五在所山」山頂
かなり降りてきた
f0308898_09583344.jpg
林道はほぼ全線何らかの舗装路
荒れている部分もこの程度である
f0308898_09584564.jpg
赤松や栂も多く植生が豊か
白骨輪もいたるところにある
f0308898_09585810.jpg
「桑藪ヘリポート」まで戻ってきた
f0308898_09590653.jpg

 林道は、「五在所山」の西側を巻いている。かなり見づらいがピンクの線上の赤い矢印(南下から北上に転じる辺り)がヘリポートで、西には「黒森山」があるのだが、残念ながら遠望することはできない。

 左下(南西)の「横倉山」からは「五在所山」の山容は見渡せるが、「五在所山」山頂付近は南西方向への視界が無く、残念ながら山頂間同士の視界は無い。


「五在所山」の北には「酷道439号線」
f0308898_09594777.jpg
これは美味しそうにない
f0308898_10003608.jpg
グッド!
f0308898_10005248.jpg
白い花も緑の葉に助けられて
f0308898_10010288.jpg

 鎌と輪に、ひらがなの「ぬ」で、「鎌輪奴」(かまわぬ)、佐川町の老舗酒蔵の銘柄でも見たことがある。

 時は元禄、「水火も厭わず(かまわず)、身を捨てて弱い者を助ける」心意気を持った人が好んで着た衣類の模様、という。


作業小屋の入口に「鎌と輪」
f0308898_10011139.jpg
登って来る時には
作業員のかた数人がこのロープに体を固定
さながらレインジャー部隊の様子で
最上部で高所作業をしていた
f0308898_10012034.jpg
実に整理整頓が行き届いた工事現場
f0308898_10013410.jpg
完成するとこのようになる
f0308898_10014507.jpg
林道と登山道との分岐まで下山
せめて登山道の入口だけは見ておこう
f0308898_10030211.jpg
車の廻し場に登山案内図
f0308898_10031509.jpg
かなり年季が入っている
f0308898_10033004.jpg
先ほどの車の廻し場を過ぎ
行き止まりまで登り詰める
f0308898_10034106.jpg
終点の車の廻し場の奥に登山道入口
f0308898_10035072.jpg
ここもまた信仰深い土地柄
f0308898_10040322.jpg
山里でよく見かける花
f0308898_10041403.jpg
何度見ても見飽きない切り通し
f0308898_10042678.jpg
岩肌にびっしりと緑が寄り添う
f0308898_10044313.jpg
この造作はシブ過ぎる
石塔もまたナイス!
f0308898_10050835.jpg
再び巨岩の下をくぐる
f0308898_10054117.jpg
県道18号線に戻り
県道をくぐって「片岡沈下橋」へ
f0308898_10055391.jpg
「仁淀川」の南岸へ渡ってみる
f0308898_10061115.jpg
沈下橋から上流を見る
f0308898_10062787.jpg
「片岡」集落(「仁淀川」北岸)左奥が
方角的には「五在所山」にあたる
f0308898_10064929.jpg
これまた相当に気合が入った道しるべ
f0308898_10070341.jpg
ほどなく国道194号線
「出来地」の三差路
f0308898_10071672.jpg
「出来地」の三差路を右折し
道なりに下って行くと「名越屋沈下橋」
「仁淀川」の最下流にある沈下橋
f0308898_10073846.jpg
4トン車は通れない
f0308898_10085914.jpg
川下(右)側に数か所の待避所があるが
橋の上での離合はせずに
先に橋に入った車がある場合は
対岸で待つのが暗黙のローカル・ルール
f0308898_10083347.jpg
増水時に渡っていると
水の流れと橋の直線との間に錯覚が生じ
川下側に転落する事故もあったという
f0308898_10075799.jpg
沈下橋の途中にある待避所はこの狭さ
車同士で離合する気にはちょっとなれない
f0308898_10340523.jpg
羽を休める「銀号」
林道巡回の揺れにより
荷台のお茶は泡だらけ
f0308898_10092806.jpg
「仁淀川橋」は人気の川遊びスポット
まもなく「仁淀川橋」東詰
時計回りのルートの終点となる
f0308898_10094488.jpg

 この日、林道を走行中、突然眼前をイノシシの親子が横切った。左手の山から林道へ転げ落ちるように崖を降りてきて、右手の山裾の崖へと降りていく途中であったと見える。

 カブの目前2mほどだったので、衝突は避けることができたが、ウリ坊のほうはまだ山道に不慣れと見えて、林道に着地した時に、ブヒッという悲鳴とともに転倒し危うく轢く寸前であった。

 その直後だっただけに、「五在所神社」の手前で杉の風倒木の根っこを見た時、思わず熊と思い込んでしまった。ことほどさように意気地無しの小心者、蛇を踏むのが嫌だからと夏山に入らないようなひ弱者には、とても山の神様は微笑んではくれない。

 楽しみにしていた石鎚の峰々の眺望は、ガスにさえぎられ残念であった。が、今春登ったばかりの「小式ケ台」を、眼前に見られたのは実に良かった、そう思うことにしよう。



by ky_kochi | 2017-08-19 10:00 | 登山 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://chabon.exblog.jp/tb/28072889
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 菖蒲洞(旧土佐山村) 四国カルスト(高知愛媛県境) >>