ブログトップ

茶凡遊山記

chabon.exblog.jp

四国カルスト(高知愛媛県境)

 高知県と愛媛県の県境に、東から、天狗高原、五段城、姫鶴平、地芳峠、大野ケ原と続く「四国カルスト」がある。

 かつて天狗高原への道は、かの酷道ヨサク、国道439号線から津野町王在家で県道48号線に入り、険道を延々と登ったものであった。

 最近では、といっても随分と前になるが、緑資源幹線林道「東津野城川線」の東線と西線、いずれもスカイラインのような林道を走れば、四国カルストを容易に東西に縦断できるようになった。


f0308898_19310877.jpg

 
本日のルートは、国道197号線(黄色)を西進、津野町高野で「東津野城川線」(東線)に入り「天狗高原」へ。(右の水色)

「天狗高原」からは、「四国カルスト」の稜線の山岳道路を西へ縦断、「姫鶴平」や「大野ケ原」を経由して「韮ケ峠」へ。(ピンク)

「韮ケ峠」からは、「東津野城川線」(西線)を下り国道197号線へ。(左の水色)

「高研トンネル」から国道197号線(黄色)を東進、高知へと帰る反時計回りのルート。
 
f0308898_21192543.jpg

須崎市から国道197号線を西進する
「風の里公園」の風車群も鮮やか
今日は高原の眺めも期待できそう
f0308898_18221171.jpg
表札ではなく地名
f0308898_18222541.jpg
 

 津野町新田に到着、ここが酷道439号線ルートへの分岐で、途中には「早瀬の一本橋」や「長沢の滝」などの見所が多いが、本日はスルーし直進する。


f0308898_18223597.jpg
「廻り舞台」で有名な高野
f0308898_18224831.jpg
「高野の茶堂」でひと休み
f0308898_18230112.jpg
冷たい麦茶がほしくなる
f0308898_18231083.jpg
「東津野城川林道」(東線)の分岐に到着
f0308898_18231703.jpg
塗料が落ちて板だけになっている
ウサギにも見えるが
元々はどちらさんかな?
f0308898_18232775.jpg
四国カルストへの道に多いゲート
f0308898_18233953.jpg
「穴神トンネル」は真っ暗
進入直後は注意が必要
f0308898_18240005.jpg
「つつじ公園」へはトンネル南口から
f0308898_18243871.jpg
石灰石の採掘により
頂上部分が平らになった
「鳥形山」(中央やや右)
「王在家」越しには
さほど痛々しく見えない
f0308898_18245004.jpg
「天狗高原」(右)から
「五段城」へと続く
「四国カルスト」の稜線
これからあの道を
東(右)から西へと縦走する
f0308898_18250404.jpg
右路側に自然の展望台
f0308898_18251397.jpg
林道というよりスカイライン
f0308898_18252112.jpg
積雪への対策か?
この地に多い
背の高い町名標識
f0308898_18262715.jpg
恋のパワースポット
「長沢の滝」への分岐
滝口がハートの形をしている
f0308898_18264276.jpg
県道304号線との交差点
県道の方が優先道路だった時代がある
f0308898_18270774.jpg
「津野町」になったり「梼原町」になったり
「高知県」になったり「愛媛県」になったり
いかにも県境の山岳道路らしい
f0308898_18271761.jpg
右上に「天狗荘」が見えてきた
f0308898_18273331.jpg
その左手にはカルストの石灰岩
f0308898_18274218.jpg
県道48号線との三差路に到着
ここを左に曲がるとヘアピンカーブ
すぐに林道の下のトンネルをくぐり
「王在家」へと下っている
f0308898_18274909.jpg
「天狗荘」で早昼(はやびる)を取る
「四万十ボークのカツカレー」
この先の風景を思うと
牛肉はちと食べにくい
f0308898_18281036.jpg
山荘前は県境になっている
f0308898_18282596.jpg
この間に県境があるかどうかは不明
f0308898_18300971.jpg
山荘下のヘアピンカーブ
左(高知)から登って来て
右(愛媛)へと向かう
f0308898_18302474.jpg
いくつか登った山もあるのだが
遠すぎて山座が特定できない
f0308898_18303329.jpg
「天狗荘」の東に「天狗高原」
この辺りの呼称かと思っていたら
国土地理院の地図に海抜1,485mとある
f0308898_18310336.jpg
東南の方向にかすかに見える
「風の里公園」の風車群
1,2,3・・、全部で20基のはず
f0308898_18311351.jpg
それではいざ「大野ケ原」へ
f0308898_18322831.jpg
夏草がよく茂っている
牛もしっかり肥えますろう
f0308898_18323693.jpg
や、やぁ
f0308898_18324788.jpg
人間など意に介さず
威風堂々
f0308898_18325619.jpg
牛歩というが存外と早い
f0308898_18330706.jpg
両側が牧場になっている
f0308898_18331840.jpg
この辺りまでは良く晴れていたが・・
f0308898_18333254.jpg
ほとんどが黒牛
f0308898_18334885.jpg
振り返り見る「天狗高原」
f0308898_18335816.jpg
とても高知とは思えない
f0308898_18340851.jpg
分水嶺を縦断する県道383号線
この辺りの字(あざ)は「太田戸」
南麓に「太田戸川」が流れている
f0308898_18342837.jpg
おっ?赤牛もおる
f0308898_18344001.jpg
牛の背中は山に似ている
「三嶺山系」(徳島県)には
「牛の背」という山があり
飛行機から見るとまるで牛の背中
f0308898_18345003.jpg
いいね!
f0308898_18350161.jpg
「姫鶴(めづる)荘」の手前に2基の風車
f0308898_18352826.jpg
い、いかんっ、翳ってきた
陽だまりが西へと逃げてゆく
f0308898_18354083.jpg
牛は涼しかろうが
画像が薄暗い、残念
f0308898_18354935.jpg
ここから「愛媛県久万高原町」
「四国カルスト高原縦断線」となる
f0308898_18361098.jpg
少し晴れ間が出て来たが・・
f0308898_18365678.jpg
やっぱりいかん
f0308898_18370847.jpg
キャンプ場がすっぽり雲に
f0308898_18371803.jpg
気を取り直して
次の目的地「地芳峠」へ
f0308898_18372716.jpg
愛媛県久万高原町の南端にあたる
f0308898_18373752.jpg
かつての往還道の大峠
峠は広場になっている
f0308898_18375784.jpg
穴の開いた石灰石が祀られている
f0308898_18382763.jpg
下りて来た道を振り返る
右下の国道440号線を下ると
「梼原町」に至る
f0308898_18383738.jpg
「大野ケ原」を目指しさらに西進の前
f0308898_18384714.jpg
もう一度振り返ると
愛媛県側に下る旧道が
夏草の中に下りている
f0308898_18385853.jpg
現在の国道440号線は
「地芳峠」の下に開通した
「地芳トンネル」を通っている
ここにも県境の風穴が開いた
f0308898_18391186.jpg
「大野ケ原」へはこの分岐を左
f0308898_18391782.jpg
愛媛県野村町の小松地区
f0308898_18392876.jpg
「大野ケ原」の集落が見え始める頃、左手に「源氏ケ駄場」登山口への車道が現れる。その先のソフトクリームの店から見える長い石段はかなりきついが、この車道を使えば、駐車場からわずか400mで頂上に行くことができる。
 
f0308898_18394024.jpg
牧場のフェンス沿いに登る
f0308898_18395138.jpg
看板が新しくなっているような・・
f0308898_18555169.jpg
「一夜ケ森」へは通行止めのフェンス
f0308898_18560253.jpg
路傍の石塔はミニ八十八か所?
f0308898_18561243.jpg
どんどん曇って来た
いかにも寂しげな光景
f0308898_18562445.jpg
右の三角形が中津明神山(仁淀川町)
山頂にアメダスのレーダーが見える
筒上山(左端)の右には手箱山
f0308898_18563468.jpg
愛媛県野村町の寺山地区
f0308898_18570426.jpg
時々は雲の切れ間もあるが
f0308898_18571732.jpg
せっかくの「大野ケ原」が
まだら状態なのが残念
f0308898_18573135.jpg
赤い鳥居が見えている
f0308898_18574328.jpg
 明治には陸軍演習場、昭和には軍馬放牧場、そして戦後の開拓者たちは厳しい気候に大変な苦労をされたと記されている。
 
f0308898_18575996.jpg
おりょ?
f0308898_18581934.jpg
大根の良心市
f0308898_18582744.jpg
1本100円
f0308898_18583495.jpg
大野ケ原は大根の名産地
大好物の大根の葉っぱを
沢山買って帰った記憶がある
f0308898_18584377.jpg
左上の丸い森が「一夜ケ森」
弘法大師の伝説が残っている
f0308898_18594809.jpg
「大野ケ原」を後にし
「韮ケ峠」(にらがとうげ)に到着
f0308898_19001293.jpg
坂本龍馬の脱藩の地
f0308898_19002733.jpg
土佐と伊予との圀境
f0308898_19003691.jpg
草鞋のあと(道路東側)
f0308898_19004445.jpg
坂本龍馬と澤村惣之丞の覚悟
f0308898_19031064.jpg
草鞋のあと(道路西側)
f0308898_19031868.jpg
郷土史家の明治6年の覚え書き
f0308898_19032686.jpg
峠の西麓「野村町惣川」の
自治振興会による説明書き
f0308898_19033827.jpg
脱藩の道は静かに林の中へ
f0308898_19034648.jpg
峠を後に
真っ直ぐ(画面左)幹線林道へ
画面右は県道379号線
f0308898_19035690.jpg
「東津野城川線」(西線)へ
西予市、梼原町、鬼北町に跨るらしい
f0308898_19040646.jpg
脱藩の道を実際に歩く人もいる
f0308898_19041572.jpg
この「韮ケ峠」から
県道379号線を下って行っても
梼原町へと繋がっている
f0308898_19042317.jpg
石塔の周りには早くも赤トンボ
f0308898_19043546.jpg
「大茅(おおがや)峠」では直進
「国道197号線」の案内に従う
左は県道2号線経由で「国道197号線」へ
f0308898_19044232.jpg
走って来た「四国カルスト」の稜線
f0308898_19045272.jpg
東線と西線の詳しい説明
f0308898_19051701.jpg
西線の終点で振り返る
f0308898_19053667.jpg
終点を左折した先の「高研(たかとぎ)隧道」は
f0308898_19061856.jpg
坑内崩落のため通行止め
f0308898_19063210.jpg
「高研山トンネル」の上は
存外くねっちょる
f0308898_19064118.jpg
伐採後植林の苗の保護
f0308898_19065129.jpg
国道197号線に出た
f0308898_19070508.jpg
ここにもゲートがあるが
若干老朽化している
「日吉・松野線」とあるが・・?
f0308898_19072480.jpg
かつて番所があったらしい
f0308898_19074226.jpg
大丈夫ですか?
随分と心労(しんど)そうですが・・

「鬼北町日向谷」は
「きほくちょうひゅうがい」と読む
f0308898_19075159.jpg
「高研山トンネル」へと左折東進
f0308898_19075968.jpg
梼原町を通過直進する
ここを左折すれば
国道440号線で「地芳峠」へ

f0308898_19081266.jpg
「東津野城川線」(東線)に戻ってきた
f0308898_19082432.jpg
今朝くぐった時は晴天だったが
山の天気は変わりやすい
f0308898_19083382.jpg


 何年か前は、ほぼ同じルートをカブで走破したが、この暑さと寄る年波には逆らえず、本日はエアコン付きの四輪車。

「天狗高原」から「韮ケ峠」へは、エアコンなしで走れるかと思っていたが、なかなかどうして、今年はカルスト高原もうだるような暑さ。

 昨日は「山の日」、いくら蛇を踏むのが怖(オトロ)しいとはいえ、わずか400mの遊歩道ぐらいは登っておかねばと、叱咤激励獅子奮迅。なんとか「源氏ケ駄場」までは登って来たが、その暑いこと暑いこと、きっと200グラムは痩せたに違いない。
 


by ky_kochi | 2017-08-12 10:00 | 登山 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://chabon.exblog.jp/tb/28044948
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 五在所山(越知町) 掩体壕(南国市) >>