ブログトップ

茶凡遊山記

chabon.exblog.jp

仁尾ケ内林道(大豊町)

 大豊町と本山町の分水嶺にある見事な掘り切りの「竜王峠」では、「仁尾ケ内林道」「林道奥白髪線」「竜王林道」「林道立川千本線」の4つの林道が交差している。

 今回は、高知自動車道を大豊ICで降り、江戸時代の参勤交代の道「北山越え」に沿って「立川番所跡」まで北上、「仁尾ケ内林道」から西向けに入山、「竜王峠」を経て、「林道奥白髪線」を本山町冬ノ瀬に下ってみた。


【ご注意】
 画像は平成22年5月のものです。


f0308898_2131841.jpg



酷道439号から県道5号線に
f0308898_2053537.jpg

四国三郎「吉野川」中流
f0308898_20532846.jpg

オービスのある付近
f0308898_20541096.jpg

立川川の清流
f0308898_20544773.jpg

「仁尾ケ内」の地名が現れる
f0308898_2055540.jpg

郵便局があるようだが
f0308898_20551378.jpg

「立川番所跡」へ寄り道しておこう
f0308898_20545544.jpg

「笹ケ峰」を越えると銘菓「霧の森大福」
f0308898_20552599.jpg

「立川番所跡」
f0308898_20553233.jpg

番所の西にこれから越える山が
f0308898_2055396.jpg

番所の裏口も立派
f0308898_20554819.jpg

「北山越え」は参勤交代の道
f0308898_2056391.jpg

立川川上流はさらに清流となる
f0308898_20562296.jpg

「仁尾ケ内」のバス廻し場
f0308898_20563039.jpg

1日2便
f0308898_20563798.jpg

「カガマシ山」へは右上
f0308898_20564486.jpg

直進し「工石山(くいしやま)」を目指す
f0308898_20571290.jpg

御神木か銘木か?
1本だけ伐り残されている
f0308898_20572068.jpg

その名も「工石橋」
f0308898_20572712.jpg

ここからが「仁尾ケ内林道」
f0308898_20573523.jpg

ということはここまでは町道か?
f0308898_20574881.jpg

「仁尾ケ内橋」に到達
f0308898_2058207.jpg

林道らしくなってきた
f0308898_20582892.jpg
f0308898_20583618.jpg

右もそそられるが先を急ぐ
f0308898_20585069.jpg
f0308898_2059449.jpg
f0308898_2059165.jpg
f0308898_20592686.jpg
f0308898_20593757.jpg

こりゃオトロシイ
f0308898_20594631.jpg

天然色なら初めて見る色
f0308898_20595634.jpg
f0308898_2101390.jpg
f0308898_2103150.jpg

かなり高度が上がって来た
f0308898_2104046.jpg

もしや第二、第三が?
f0308898_2105099.jpg

「立川工石山山荘」に到着
f0308898_211133.jpg
f0308898_2111375.jpg
f0308898_2112227.jpg

f0308898_2113542.jpg
f0308898_2114699.jpg

f0308898_2115711.jpg


 途中の大豊町には「工石山」、本山町には「白髪山」があるが、高知県内には高知市にも「工石山」があり、旧物部村にも「白髪山」がある。

 それぞれを区別するため、大豊町の「工石山」は「奥工石山」(または「立川工石山」)で高知市は「前工石山」、本山町の「白髪山」は「奥白髪山」で旧物部村は「物部白髪山」などと呼ばれている。


ここからはしばらくフラット
f0308898_2121043.jpg

f0308898_2121748.jpg
f0308898_213384.jpg

自画自賛の「いいね!」
f0308898_2131841.jpg

マニアにはたまらないゲート
f0308898_2133442.jpg
f0308898_2134326.jpg

f0308898_2135949.jpg

お見事な工事
f0308898_214826.jpg

イタドリが岩から生えている
f0308898_2141867.jpg

「竜王峠」の鞍部が見えて来た
f0308898_2183474.jpg

なかなか良(え)いですやいか
f0308898_2184568.jpg

ここらで一休み
f0308898_2185699.jpg

この高度で石清水とは
f0308898_219683.jpg

頼りなくも心強いガードレール
f0308898_219146.jpg

♪思えば高くへ来たもんだあ~
この先どこまで行くのやらあ~♪
f0308898_2193211.jpg

次第に道は下りに転じる
f0308898_2194452.jpg

不思議と目に入るニョロニョロ様
どこにいるか見えますか?
f0308898_2195430.jpg

ほど良く荒れている
f0308898_2110174.jpg

さすが山屋のau
f0308898_21102852.jpg

「白髪山」へ行けるらしいが・・
f0308898_21104195.jpg

「行き止まり」ともある
f0308898_21105841.jpg

よく見かけるが何の仕掛け?
f0308898_2111982.jpg

「竜王峠」にさしかかる
f0308898_21112376.jpg

f0308898_21113686.jpg

グッ・ジョブ!
f0308898_21114576.jpg

ここに来たかった
f0308898_21115310.jpg
f0308898_2112319.jpg


「竜王峠」は芸術的なT字路になっていて、突き当りには左右を見られる凸面鏡が設置されている。

 こんな山奥に左右2基と思われるかもしれないが、林業関係車両はもとより、登山客の自動車やオートバイも多く、最近は時おり自転車も見かける。何よりもT字路に気付かないことがオトロシイ、突っ込んだら命の保証はない、安全第一、安全第一。


【後編「奥白髪林道」へと続きます】


by ky_kochi | 2016-06-08 20:54 | リトルカブ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://chabon.exblog.jp/tb/25311999
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 林道奥白髪線(本山町) 松尾峠(旧香北町~大豊町) >>