ブログトップ

茶凡遊山記

chabon.exblog.jp

松尾峠(旧香北町~大豊町)

 大豊町の「梶ケ森」からはるか遠く南、香美市の「御在所山」の方角の山の鞍部に見えている建物が、ずっと前から気になっていた。

 後日この場所が「松尾峠」であり、建物跡は正式には「松尾無線中継所」、建設中に殉職した通信部長の有沢一郎氏の名前をとって、「有沢無線中継所」と呼ばれるようになったと知った。


【ご注意】
 画像は平成21年9月のものです。


f0308898_18225437.jpg


「村が減少しすぎている」ウウム
f0308898_14451658.jpg

旧香北町はやなせたかし氏の故郷
f0308898_14452670.jpg

「韮生太鼓」の里
f0308898_1445333.jpg

「川上美良布(びらふ)神社」
f0308898_1445414.jpg

肩まで持ち上げた人がかつて3人
f0308898_14454847.jpg

五十貫ともなると浅力では無理
f0308898_14455687.jpg

アンパンマンの街灯
f0308898_1446388.jpg

「美良布橋」へ道草し
f0308898_14461183.jpg

さらに「暁美(ぎょうみ)橋」を渡る
f0308898_14461756.jpg

「谷相(たにあい)」集落を目指す
f0308898_14462552.jpg

f0308898_14463310.jpg

「日ノ御子」は「ひのみこ」と読む
f0308898_14464092.jpg

f0308898_14464837.jpg

f0308898_14465568.jpg

「林道谷相線」の道標
f0308898_14475635.jpg

「ハーブ園前」停留所は
f0308898_1448244.jpg

「魔女の停留所」
f0308898_1448974.jpg

「大豊町」を目指す
f0308898_14481583.jpg

たぶんバスの終点
f0308898_14482124.jpg

「梶ケ森」登山口の「落合」か?
f0308898_14482884.jpg

「御在所山」の高さに近づく
f0308898_17543597.jpg

ズーム・アップ
f0308898_14484632.jpg


はるか北に「松尾峠」
f0308898_1449196.jpg

鞍部にコンクリート塊
f0308898_1449748.jpg

ここまで舗装路を快適に走行
f0308898_14491496.jpg

おおっ!
f0308898_14492163.jpg

峠の遙か北に霊峰「梶ケ森」
f0308898_14492810.jpg

山頂のアンテナ群が見える
f0308898_14493490.jpg

ここらで一休み
f0308898_14494010.jpg


softbankは?
f0308898_14495626.jpg

緑が眩しい
f0308898_1450230.jpg

工事期間は「復旧の日まで」とある
f0308898_1450876.jpg

大豊町側は未舗装
f0308898_14501498.jpg

おおっ!
f0308898_1450207.jpg

見事な素掘りの隧道
f0308898_14502655.jpg

なかなか谷が深い
f0308898_14503623.jpg


大豊町へは通り抜けできないので
f0308898_14505557.jpg

素掘りの隧道まで戻る
f0308898_1451356.jpg

もう一度よく見て
f0308898_14511229.jpg

グッドな掘り切り
f0308898_14511945.jpg

南西方向を遠望する
f0308898_14512958.jpg

「樅ノ木は残った」
f0308898_14513857.jpg

「五在所山」まで戻る
f0308898_14515052.jpg

作業道が整備されている
f0308898_1452045.jpg

人里が近い感じ
f0308898_14521081.jpg


眼下に広がる棚田
f0308898_14522929.jpg

丹精込められている
f0308898_14523671.jpg
f0308898_14524378.jpg
f0308898_14525091.jpg

階段がなければ駆け上がれない
f0308898_1453097.jpg
f0308898_1453873.jpg


f0308898_14531637.jpg

高知市の夜景が見えると聞いた
f0308898_14532337.jpg

いいね!
f0308898_14533195.jpg

道標まで戻る
f0308898_14533999.jpg

グッド!
f0308898_14534630.jpg

転げ落ちてきたとみえる
f0308898_14535595.jpg

高度が下がってきた
f0308898_1454354.jpg

右折して高知市へ
f0308898_14541137.jpg


今はない「兵庫ラーメン香北店」
f0308898_14541983.jpg

香北エリアの基地だったが・・
f0308898_14542766.jpg


 約10年前に出版された不朽の名著、『高知遺産』にも取り上げられた名所。

「お急ぎスーパー」は現在は自販機が並んでいるだけだが、平成の初め頃までは商店もあったという。


「誰がつけたか」が良い
f0308898_14543478.jpg


 職場の近くにある有沢一郎氏の碑の前は、毎日のように通っていたが、「松尾峠」に所縁のあるかたとは全く気付かず、完全に灯台下暗しであった。

「梶ケ森」への登山道から分岐、長い間ずっと通行止めとなっている「大豊町川又」への道。「南大王川」に沿って遡れば、その先の「松尾峠」を越えて旧香北町に抜けられること、途中には見事な素掘りの隧道があること、そして峠には遺構が残っていることを、偶然に偶然が重なって知ることができた。

 山行を重ねるたびに、その日の山頂から、すでに登ったことがある山座が特定できることが増えてくる。これもまた、山登りの楽しみの1つである。

by ky_kochi | 2016-06-07 14:47 | リトルカブ | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : https://chabon.exblog.jp/tb/25307681
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by タメやん at 2016-06-08 20:53 x
松尾無線中継所

道路の西に1つ、東に4つ(?5つかも)施設跡があります。


兵庫ラーメン香北店

確か今は不動産屋か。


「梶ケ森」への登山道から分岐、長い間ずっと通行止めとなっている「大豊町川又」への道

支線を通れば抜けれるらしい。

http://dirtmap1.web.fc2.com/kamikita.html
Commented by ky_kochi at 2016-06-09 09:13
 タメやんさん、いつも貴重な情報ありがとうございます。

 松尾無線中継所の施設跡、『廃墟検索地図』さんのサイトで、東側にいくつかの施設跡と、西に延びる道を確認できました。

 この中継所跡は心霊スポットではありませんが、蛇と雷に恐れおののく生来の小心者は、2度目に行った時に初めて施設跡に立ち入りましたが、とても長居できず、早々に退散したことでした。

 連れでもあれば、じっくり周辺も探索できるかもしれませんが、小心者の単独行ではどうも実現しそうにありません。


 支線への迂回、思いもよりませんでした。梶ケ森への車道の、「八畝の乳銀杏」を過ぎたあたりのUカーブから分岐する道でしょうか、林業会社の専用作業道か人家への行き止まりの道とばかり思っていました。

「Dirtmap」さんのサイトによれば、相当にガレてはいるけれども、かなりの高度があり、眺めも良い林道とのことでした。

「Dirtmap」さんのサイトは、「楮佐古小檜曾林道」や「自念子林道」など、「銀号」での林道巡りを始めた頃からずっと拝見しています。痒いところに手が届く内容で、判りやすくて詳しくて、船乗りの海図みたいです。


 今回、タメやんさんもコメントしておられるブログで、『Do you climb?』さんを知りました。

 皆様のホームページやブログを拝見するたびに、目の前が急に開ける気持ちになります。

 いつもありがとうございます。


 
Commented by タメやん at 2016-06-12 12:04 x
Do you climb?

かなりのチャレンジャーですわ。
Commented by ky_kochi at 2016-06-12 13:36
衝撃でした。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 仁尾ケ内林道(大豊町) 嶺北巨木ツアー(土佐町編) >>