ブログトップ

茶凡遊山記

chabon.exblog.jp

春分峠(四万十町~檮原町)道路標識

f0308898_15235970.png

 平成27年9月の『茶凡遊山記』の、「春分峠」の案内標識の消えかかった文字、その後画像を加工してみたところ、何やら文字が浮かびあがって来ました。

  1行目「 原  13km」
  2行目「地芳台」

  3行目「天??上 29km」
  4行目「江師温泉」

 と想像したけれども、

  1行目「 原  33km」
  2行目「地芳台」

  3行目「大  正 29km」
  4行目「江師温泉」

 に思えてきました。

 もう一度行ってみるつもりでしたが、年内どうも行けそうにありません。

 この標識を管理する土木事務所のかたにも調べて貰っていますが、ご存知の方、あるいは、設置当時の写真をお持ちの方、是非情報をご提供下さい。


f0308898_1556288.jpg

by ky_kochi | 2015-12-04 15:24 | 登山 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://chabon.exblog.jp/tb/24735767
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by いごっそ at 2018-05-19 19:30 x
いつも楽しみに読ませてもらっています。
梼原、地芳、大正、江師っぽいですが、真相はこれいかに?ですな。
江師温泉は大正温泉のことですね。
江師という地区にあるので。連休中はお休みでしたが、ぬめりのある良い湯です。
Commented by ky_kochi at 2018-05-20 21:17
いごっそさん、コメントありがとうございます。

先月中旬より、体験したことがないような体調不良に見舞われて、しばらく遊山が開店休業の状態でした。

窪川町の松葉川温泉の近くで無農薬の稲作農業をしているかたと親しくさせていただいていて、実家が窪川町にあることもあり、帰省がてら田植えや稲刈りの手伝いに通っています。

窪川町では主に小学校までを過ごしましたが、春分峠は子供時分より聞き覚えがありました。いつ日にか、「春分峠」から「鈴ケ森」へ登ってみたいと思っています。

奥四万十へはご縁があり、時々訪ねています。「江師温泉」の評判、登山の仲間から教わりました、是非入浴してみたいです。

今後ともよろしくお願いいたします。
<< 五色ノ浜(土佐市) 樫山越え(高知市側) >>