ブログトップ

茶凡遊山記

chabon.exblog.jp

新宮の森(旧鏡村)

 高知市の円行寺から、旧鏡村大利へと越える途中に、よく整備された「新宮の森」がある。

 新宮神社の祠の建つ山頂からは、白骨林の隙間に、三角錐の秀峰「雪光山」や、県民の森「工石山」が指呼の間。

 太刀踊りで有名な鏡ダム南岸「大利」集落へと下る途中からは、新鮮な角度で高知市の水瓶「鏡ダム」を俯瞰できる。

f0308898_10522443.jpg


「新宮の森」は、地図右下、高知市柴巻からダム湖へと越える途中、峠から西に寄り道しているあたり。


f0308898_10542272.png

お城の温泉前を北上
f0308898_1055301.jpg

路線バス廃止から久しい
f0308898_10554673.jpg

この温泉をご存知のかたは
よほどのご年輩のかたか
あるいは
男女を問わず斯道の大先達
f0308898_10555780.jpg

印象的な大カーブを左に分岐
f0308898_10561785.jpg

坂本龍馬ゆかりの地へ
f0308898_10563148.jpg

柴巻の名水
f0308898_10564763.jpg

「田中良助邸」本日はスルー
f0308898_1057043.jpg

柴巻のモニュメント
「八畳岩」はここで左の農道へ
f0308898_10571623.jpg

「八畳岩」への分岐を越えて
二度目の分岐も左
f0308898_1057399.jpg

「鏡ダム」を目指す
f0308898_1057515.jpg

杉の植林の中を進む
f0308898_105829.jpg

すぐに峠が見えて来る
f0308898_10581598.jpg

この案内図も
なかなか年季が入って来た
f0308898_10595594.jpg

旧鏡村の地形は美女の横顔
f0308898_110617.jpg

広場から鳥居をくぐり山頂へ
f0308898_1102252.jpg

白骨林に囲まれた山頂の鳥居
f0308898_1104483.jpg

祠の扉には銀の鈴
f0308898_1105972.jpg

白骨林の隙間から
「雪光山」を覗き見る
f0308898_1121773.jpg

本数は少ないが白骨林がシブい
f0308898_1122689.jpg
f0308898_1123568.jpg
f0308898_1124745.jpg

本日の最終目的地
「焼野の森」方向を遠望する
はるか眼下に「鏡ダム」
f0308898_113871.jpg

「大利」集落の見事な柿
f0308898_1142516.jpg

板が外れた掲示板の枠を
絵描きのキャンバスに見立てる
f0308898_1145182.jpg

自分でも信じられないが
テニスをしていた時期もある
f0308898_115398.jpg

「鏡ダム」の左岸
f0308898_1151271.jpg

ダムの堰堤を渡り右岸へ
f0308898_1152526.jpg

ダム湖に映る峰々
f0308898_12114041.jpg

堰堤から下を覗き込む
存外と高い
f0308898_12115141.jpg

ダムの下は公園になっている
f0308898_1212110.jpg

その名も「ちょっとみ広場」
f0308898_12121477.jpg

「鏡文化ステーションRIO」には
旧鏡村「梅ノ木」出身の孤高の書家
川崎白雲翁のギャラリーがある
f0308898_12122713.jpg
f0308898_12123852.jpg
f0308898_12124876.jpg

的淵川と鏡川の合流地点
f0308898_12125886.jpg


 高知市に隣接していた旧鏡村や旧土佐山村は、バーベキュー、滝巡り、山登り、林道巡りと、若い頃の遊山のメイン・ステージ。春夏秋冬、飽きもせず遊び回り、現地の皆さんにも随分とよくしてもらった。

「集落の飲み水じゃけに、本当は他所の者には言われんことになっちょるが・・と。まあ、兄(にい)やんには教えちゃろう、付いて来てんよ、ふぇっふぇっ」と笑いながら、ガイドブックには載っていない秘瀑へ案内してくれたタオルで頬被りした古老が懐かしい。

 何年か前からとんと見かけなくなり、その後の消息を尋ねたいのだが、当時すでに一軒家となっていた古老の家に人影はない。



by ky_kochi | 2015-11-21 10:00 | 登山 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://chabon.exblog.jp/tb/24696417
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 焼野の森(旧鏡村) 豊楽寺(大豊町) >>