ブログトップ

茶凡遊山記

chabon.exblog.jp

一斗俵の沈下橋&早瀬の一本橋(「春分峠」経由)

 高知県最古といわれる「一斗俵の沈下橋」と、沈下橋の原型といわれる「早瀬の一本橋」を訪ねてみた。

 四万十町の奥座敷「松葉川温泉」から、「春分峠」を越えて檮原町松原へと抜け、津野町へと時計回りに高知市へと戻るコース。

「春分峠」の四万十町側に一部未舗装区間が残っているが、街乗りアクアでもラクに走れる良く締まったダートである。


f0308898_1828121.jpg


四万十町より県道19号線を
「松葉川温泉」へ

「四万十源流大橋」の上流には
「一斗俵(いっとひょう)の沈下橋」
f0308898_915074.jpg

下流には
「清水ケ瀬の沈下橋」
が見えている
f0308898_9163966.jpg

対岸は「米奥(よねおく)」集落
f0308898_9165111.jpg

二つの沈下橋へは
遊歩道が整備されている
f0308898_917048.jpg

杉の木に舫われた川舟
大水が出ると
ここまで水位が上昇する
f0308898_917952.jpg


「一斗俵の沈下橋」

水が少ない時には
対岸に小さな川原が現れる
f0308898_17374851.jpg

しっかりとした造り
f0308898_9172833.jpg

橋脚も逞しい
f0308898_1248572.jpg


山影を映す水面には靄が残る
f0308898_9174730.jpg

オサバイ様(田んぼの神様)
f0308898_9175563.jpg

川の東岸からも行ける
f0308898_918488.jpg

車両は通行禁止だが
歩いて渡ることはできる
f0308898_12492270.jpg


沈下橋の上流へと北上すると
四万十町の奥座敷
「松葉川温泉」
f0308898_9181230.jpg

「松葉川」は隠れ名山の宝庫
f0308898_9182085.jpg

「松葉川温泉」に泊まり
稜線歩きをしてみたくなる
f0308898_9182727.jpg

温泉周囲には散策コースがある
f0308898_9183745.jpg

年齢とともに
高さよりもむしろ
持ち物を落しそうで怖い
f0308898_9184429.jpg

温泉からも見える河原
f0308898_9185114.jpg

人造物でも美しい
f0308898_919536.jpg

存外高いですぞね
f0308898_9191560.jpg


「春分峠」に向けて
県道322号線を登る

町と町を繋ぐ道だけに
掘り切りの普請も上々
f0308898_9201874.jpg

「枝折(しおれ)山」や「角点山」など
カーナビに隠れ名山が登場し始める
f0308898_920273.jpg

「こらっ、ヘビかと思うたじゃいかっ」
ここから少しの間だけダート
f0308898_9204567.jpg

林道マニアなら解ってくれるはず
思わず押したくなる「いいね!」ボタン
f0308898_9205865.jpg

「松葉川林道2号線」とある
ならば「1号線」はどこですろう?
f0308898_921935.jpg

「←松葉川」
ウンウン
f0308898_9211749.jpg

「檮原・大正→」
ウンウン

こういう落書きやったら
きっと先生にも叱られんろう

f0308898_9213053.jpg


山側の崩落
f0308898_922548.jpg

「春分峠」に到着
f0308898_9221782.jpg


1行目「松原3km」
2行目「地芳台」
3行目「●●●●29km」
4行目「江師温泉」

「松原」は想像がついたが
たぶん13kmの1が消えている
はてここから29kmとはどこじゃお?
「天●●上」の雰囲気だが
文字が消えて読めない・・
「地吉台」と「江師温泉」は
距離が消えている
f0308898_9223164.jpg

舗装が再開される
f0308898_9224188.jpg

海抜730mの峠はかなり高い
f0308898_9225989.jpg

現在地は画像左の町境
f0308898_923982.png

檮原町側から四万十町側を振り返る
f0308898_9232630.jpg

前から気になっていた「春分峠」
昭和43年3月20日の春分の日に
開通式を行ったのが
峠の名前の由来だという
f0308898_9234416.jpg

登山口には無料貸出の杖
f0308898_9244755.jpg

「自己責任」の御触れ書き
f0308898_9245943.jpg

「杖立三角点」へ
f0308898_9251092.jpg

「久保谷風景林」へ
f0308898_9252426.jpg

岩?それとも木?
登山口からいきなり現れる
2本の巨大な古木
f0308898_9253524.jpg

一帯は樅や樫の巨木が有名
次回は是非とも山歩きに
f0308898_9255229.jpg

年季の入った案内図
f0308898_926340.jpg

画伯は林野庁へお勤めのかたと
聞いた事がある
最近作品が増えて
楽しませてくれる
f0308898_9261258.jpg

ん?
f0308898_9262566.jpg

そうか、ここが「主谷林道」か・・
f0308898_9263652.jpg

檮原町の「松原集落」に到着
f0308898_17412945.jpg

「松葉川温泉から27キロ」とあるが
「それほどあったろうか?」の印象
f0308898_17402884.jpg

元は「JA」だったと解る建屋
f0308898_17393915.jpg

「酷道439号線」の手前にかかる
「松原橋」は川面からかなり高い

 長く高知市に住んでいることに加え、頭が固い小生には「川は北から南へ流れるもの」という固い思い込みがあって、川が南から北に流れる土地に行くと方向音痴になりやすい。

上流(南)
f0308898_17423182.jpg

下流(北)
f0308898_17425092.jpg

檮原町に数多く残る「茶堂」と
かなりの山奥にもある
コカ・コーラの自販機
f0308898_9274778.jpg

内部はこうなっている
f0308898_9275695.jpg


「酷道よさく(国道439)」を北上
f0308898_928574.jpg

ナビは途中で県道26号線へと誘導
途中の「初瀬ダム」には
大きな「魚道」がある
f0308898_9281859.jpg

「薊の花も一盛り(ひとさかり)」というが
「シーレーの花も一盛り」
f0308898_93052100.jpg

なかなかえいですやいか
f0308898_931337.jpg


次の目的地「早瀬の一本橋」がある
津野町の芳生野(よしうの)地区へは
国道197号線沿いの
「新田(しんでん)」から
再び酷道439号線を北上する

幕末志士「吉村虎太郎」の
銅像や生家跡などが目印
f0308898_9311488.jpg

高台への階段を登る
f0308898_931259.jpg

なかなかの二枚目
f0308898_9313284.jpg


「早瀬の一本橋」へは
国道439号線から
右下の川原へと分岐する
f0308898_9314592.jpg

杉板に立派な墨書

 構造的には「早瀬の流れ橋」がぴったりだと思うが、現地での案内表示では「早瀬の一本橋」となっていた。

f0308898_9315668.jpg

駐車場で河童がお出迎え
f0308898_932982.jpg

アユの「しゃくり」漁は禁止
子どもをしゃくったら大事
f0308898_9322578.jpg

水浴びにボッチリ
f0308898_9324054.jpg

一番手前が無いと思ったら
f0308898_9325324.jpg

岸にある
f0308898_933780.jpg

たしかにワイヤーが・・
f0308898_9331869.jpg


 水が出る前に担(かた)いだか?と思ったら、橋材はワイヤーで「鎮守杉」に括り付けられていて、大水が出るとひとりでに橋桁から外れ、岸側に流れ着くという仕掛けらしい。

 大水が出ても、橋は川の流れに沈むが、流されることはない沈下橋。そのルーツは、大水が出た時には、岸に括り付けた橋を流れにまかせて流す「流れ橋」であった。「四万十川」とともに生きてきた先人たちの、知恵と工夫に脱帽。

 すぐそばに「諏訪神社」という、霊験あらたかな神社があるとのこと。雨が上がるのが遅く、出発を躊躇したため本日は時間切れ。「春分峠」の手前にも良い眺めがあったのに撮り残しているので、次回はカブで反時計回りにおさらいをしてみようと思っている。 


全景はこんな具合
流された橋材が
右岸にある
f0308898_9332723.jpg

たしかに手前の橋材は
「鎮守杉」に括り付けられている
f0308898_933384.jpg

地元の子供達の作った作品が並ぶ
f0308898_933504.jpg

♪お内裏様とお雛様♪
f0308898_9394350.jpg


道の駅「布施が坂」で遅い昼食
f0308898_11264385.jpg

第2駐車場の東に
「鶴松山」への登山口
あちこち遊山していると
時々「点」が「線」になる
f0308898_9355894.jpg


こちらからの登山道は
取りつきが急坂と聞いたが
見るからにキツそう

夏草の蛇に怖気づき
ちゃっかり敵前逃亡した
「風の里公園」終点からの近道

登るならあの道を登ろうと
あらためて固く決意
f0308898_1129059.jpg


 もう二昔近く前になる、「一斗俵の沈下橋」へ子供たちを連れてバーベキューに来た事があった。

 お決まりの沈下橋からの飛び込みに興じていると、誰かが「後ろ向いて飛べるかえ?」と言い出した。言い出しっぺは事も無げに飛んで拍手喝采を浴びていたが、ほとんどの者は飛べなかった。

 画像で見るとさほど感じないと思うが、いざ「橋の端」に立ってみると川面まで意外と高い。まして後ろ向きにとなると、たいていの人は飛べないはずである。

 

by ky_kochi | 2015-09-27 12:00 | 登山 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://chabon.exblog.jp/tb/24515743
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 朽木峠(「龍馬脱藩の道」) 秋葉山(香南市~香美市) >>