ブログトップ

茶凡遊山記

chabon.exblog.jp

三樽権現滝と翠ケ滝(土佐町)

 土佐町の名瀑、「三樽権現滝」と「翠ケ滝」へ出かけてきた。

 先日のリトルカブの修理に併せてプラグを変えたところ、ほとんど舗装路ということもあり、『銀号』は快調に風を切って走行、ぽっかりできた自由時間を満喫することができた。


f0308898_14261440.jpg


県道6号線を吉原川に沿って北上
f0308898_214986.jpg

バクチの木?
f0308898_2143283.jpg

怪しげな色彩
f0308898_14275785.jpg

雪光山の手水(ちょうず)登山口への分岐
王道であるこちらの登山道は
「元気の出る水」や
「しんどい坂」のある急坂
f0308898_21509.jpg

来るたびに山頂部が気になっているが
この山の名がいまだ不明
f0308898_2151540.jpg

「杉谷」「吉原」「柿ノ又」「梅ノ木」・・
かつての路線バスの
終点の地名が懐かしい
f0308898_2153066.jpg

シュールな索道とバス停
f0308898_2154266.jpg

こんな深山にも厳島神社がある
f0308898_127669.jpg

奥山の人の仕事はいつも几帳面
f0308898_216888.jpg

古木に根付くツツジ
f0308898_2162168.jpg

「陣ケ森(じんがもり)」が見えてきた
ハイキングコースとして紹介されるが
この山は実際に登ってみると
いささかきつい
f0308898_2163667.jpg

眼下に酷道439号線
この区間については高速道路なみ
「新小申田(こさるた)橋」か?
f0308898_2165137.jpg

「郷ノ峰峠」を右折する
f0308898_217795.jpg

このまま直進すると大川村だが
ここで県道6号線と別れ右折
国道439号線へとさらに下山
f0308898_2172558.jpg

「峰石原」「黒丸」「瀬戸川渓谷」・・
そそられるが後日またということで
f0308898_2173921.jpg

通称「与作」
国道439号線に合流
ここは左折する
f0308898_218425.jpg

西石原の通学路
こんな楽しい人がいると
通学も楽しそう
f0308898_115443100.jpg

籠(こもり)神社の大杉
この杉は見映えが違う
f0308898_21834100.jpg

ここで国道439号線と別れ
平石川に沿って溯上

「三樽権現」は「平石」方面
「翠ケ滝」は「能地」方面

海抜が高いこのエリアには
リンゴ園もある
f0308898_2185244.jpg

地図の右寄りに
「三樽権現(みたるごんげん)滝」(右上)
「翠ケ滝(みどりがたき)」(右下)
f0308898_219572.jpg

「平石の乳イチョウ」で有名な
平石地区の入口には
「毘沙門天の四本杉」
f0308898_2192125.jpg

山里の石垣でよく見かける花
f0308898_2193723.jpg

休校か廃校か・・
瀟洒な造りの旧平石小学校
f0308898_2194957.jpg

「三樽権現」への分岐
f0308898_211047.jpg

入口まで車で1分
入口から歩いて472歩
とある
実にわかりやすい
f0308898_21102053.jpg

「三樽権現滝」への入口
f0308898_21103729.jpg

よく整備された参道
f0308898_2110542.jpg

大蛇の伝説が残るというが・・
f0308898_21111538.jpg

落石がないところをみると
倒木の仕業か
f0308898_14335947.jpg

「三樽権現滝」の淵
旧吾北村「にこ淵」の
仁淀ブルーに似た
エメラルドグリーン
f0308898_21115322.jpg

♪この木何の木気になる木♪
f0308898_2112986.jpg

本日はやや日照不足
f0308898_21122427.jpg

淵のほとりの苔むす岩
岩の手前は浅い淵
f0308898_21123995.jpg

平石集落に戻ると
バスのりばで
ミッキーマウスのお出迎え
フリーハンドで良く描けている
f0308898_2112549.jpg

信仰心の篤い土地ならでは
立派な二基の常夜燈
f0308898_2113960.jpg

「平石」から下りてきた道を
今度は「翠ケ滝」を目指し
「能地」集落へと切り返し
f0308898_211584.jpg

相当に高い山の上
「能地」集落の入口にある
「翠ケ滝」への分岐

滝へは右下へと下るが
このあと一部舗装が切れる
f0308898_21153055.jpg

「翠ケ滝」に到着
f0308898_21161332.jpg

越知町の「聖神社」に似た
投入堂の風情
お堂の名前はわからない
f0308898_21164327.jpg

高知には少ない「裏見の滝」
お堂の軒先で雨宿りするイメージ
軒先に水滴がかすかに見える
f0308898_2117058.jpg

東の岩肌に洞穴が見えている
どうやら二段になっている
f0308898_21171733.jpg

地層の収斂と水晶
f0308898_21173577.jpg

上の段からの外界の眺め
f0308898_21175041.jpg

東から見る滝の全景
滝の落ち口は
画像中央上の白い部分
f0308898_2118857.jpg

画像左上が滝の落ち口
f0308898_16283117.jpg

この山里には
ミニ八十八か所や
地蔵が多い
f0308898_21183931.jpg

ここ最近の雨不足で
水量は雨だれ程度だが
裏見の滝を体感できる
f0308898_2119999.jpg

はるか遠くの頭上に
「三辻山」と「工石山」が見える
今日の帰路は
あの二つの山の鞍部にあたる
「赤良木峠」を越える県道16号線
ガソリンが危ないが
そもそもこの辺りには
ガソリンスタンドがない
f0308898_21192898.jpg

イノシシ捕獲の檻
屋根に日除けの草が自生
もう至れり尽くせり
f0308898_21194671.jpg

鹿脅しに造りが似ていたが
これは何の仕掛けであろう?
f0308898_2120013.jpg

「能地の薬師堂」
見事な龍の彫り物
f0308898_21202084.jpg

薬師堂の大杉
これもかなり太い
f0308898_2120383.jpg

飛び込んで初めてわかる澄んだ水
 浅く見えても足すら立たず ~茶凡~
f0308898_21205720.jpg

途中の分岐まで戻ってきた
向こう側から来た時には
「翠ケ滝」の道標をみて
ここで左の橋へと曲がったが
f0308898_21211631.jpg

左への橋は渡らずに
直進した方がずっと道が良い
f0308898_21213624.jpg

今となっては
人ではなく
草が渡る橋になってしまった吊り橋
f0308898_21215251.jpg

第4番札所だけが見つからないという
f0308898_212294.jpg

気迫籠る手書きの地図
f0308898_2122293.jpg

道の駅「土佐さめうら」では
メダカが売られている
f0308898_21224376.jpg

「とっても便利です/柚子絞り器/檜使用」
確かに柚子絞りは重労働と聞く
f0308898_21225723.jpg

こらっ
田んぼへ車を停めたらいかんじゃいかっ
f0308898_21231387.jpg

地酒「桂月」の酒蔵へ道草
この日はあいにく事務所不在
明治の漂泊の文人
「大町桂月」の資料館も
扉が閉められていた
f0308898_21233638.jpg

酒蔵ならではの煙突が見える
白い土蔵が資料館
「桂月館」への入館料を支払うと
ワンカップ「桂月」を一つもらえ
社長が直々に解説をして下さる
f0308898_2124373.jpg

酒蔵から国道439号線へと戻る道
名水と美味しい米がある土地では
自然と美味しいお酒が生まれる
f0308898_21241946.jpg

県道16号線を赤良木峠へと向かう

途中にある展望台からは
「相川」や「溜井」に広がる
棚田を見下ろせるが
夏草が茂って視界やや不良
f0308898_21245074.jpg

夕涼みにボッチリ
古木で作られたテーブルと机
テーブルの上のミカンは
野鳥のエサとして置かれたもの
f0308898_2125546.jpg

「立割」の棚田ビューポイント
f0308898_21252260.jpg

「赤良木トンネル」の土佐町側
このトンネルを抜けると高知市
そして高知市側は
工石山の登山口となっている
f0308898_21255287.jpg

次回登頂を目論む岩峰「黒滝峰」が
画像の左最奥から
手招きしてくれている
f0308898_2126923.jpg


 数年ぶりの「翠ケ滝」では、途中の分岐を半信半疑で左折した。山奥の風景といえども、時とともに眺めが変わる、かたや、さなきだに乏しい記憶力は日に日に衰えていく。

 今回、「能地薬師堂」への道の方が走りやすいと気付いたのは、県内の滝巡りが一段落した後に、『れいほくネイチャーハントガイドブック巨木を見に行こう』を片手に、嶺北地方の巨木巡りにハマった時期があり、この道を走った経験があったからであった。

 この嶺北地方には、檜や杉はもとより、栂、榧、柿、樅、公孫樹などの巨木をいたるところで見ることができる。そしてこの巨木のガイドブックは、大豊町、土佐町、本山町、大川村の四か町村からなる嶺北地方の巨木が紹介されているが、その大半がこの土佐町に立つ巨木で占められている。


by ky_kochi | 2015-05-31 11:00 | | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://chabon.exblog.jp/tb/24082898
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 城ケ森(高知市) 旧松山街道(越知町~旧吾川村) >>