ブログトップ

茶凡遊山記

chabon.exblog.jp

国道56号線旧道(須崎市~中土佐町)

 ♪角谷、焼坂、添蚯蚓(かどや、やけざか、そえみみず)♪と唄われた、歩き遍路泣かせの坂がある。三つの坂は、四国八十八か所第三十六番清龍寺(土佐市)から、第三十七番岩本寺(旧窪川町)との間にあり、現在の国道56号線もほぼこの三つの歩き遍路道に沿って敷設されている。

 現在の国道が、次第に改良されてきた歴史の裏に残る、現在はほとんど人通りのなくなった旧道の一部を走ってみた。



f0308898_20523251.jpg


「新名古屋トンネル」の
土佐市側入口の手前
国道56号線と交差する高知自動車道
f0308898_20133856.jpg

旧国道の入口は
かなり昔からある
学生服の「イチカワ」の
青い看板
f0308898_2014164.jpg

旧国道に入る前に
現役の
三代目「新名古屋トンネル」と
f0308898_20142385.jpg

その隣の退役した
二代目の「名古屋トンネル」
を見ておきたい
二代目の方はかなり
シュールな雰囲気
f0308898_20144260.jpg

旧国道は
橋を渡ると上りに入る
f0308898_2014574.jpg

植林の隙間に
現在の国道56号線
f0308898_20151216.jpg

夏草が茂っているが
舗装路を快適に走行
f0308898_20153072.jpg

大変よく肥やしている
f0308898_20154469.jpg

峠に貫かれている
初代「名古屋隧道」
f0308898_20155783.jpg

須崎市側の出口には
和製マーライオン
f0308898_20161550.jpg

カエルがモチーフか?
f0308898_20502069.jpg

峠を過ぎミカン畑の中を下る
f0308898_20171779.jpg

どこも深刻なイノシシの被害
f0308898_20173446.jpg

棚田ならぬ棚畑
ん?
棚畑ではなく段々畑
f0308898_20174731.jpg

再び国道56号線が見えてきた
f0308898_2018235.jpg

バイクショップの先で合流
正面に鎮座する蟠蛇森(ばんだがもり)
いかんっ
蛇が蟠(わだかま)る山
と書いている
f0308898_20181739.jpg

道の駅「かわうその里」の先に
f0308898_20183879.jpg

最近イオン高知にも出店した
玉子焼の「たけざき」本店
f0308898_20185276.jpg

♪おむすび、たけざき、卵焼き♪
f0308898_2051261.jpg

「角谷坂」は右へと分岐
f0308898_2019571.jpg

最近よく見かける花
君の名は?
f0308898_20191852.jpg

少しの間
現国道と並走
f0308898_20193072.jpg

この道幅を
かつてはバスもトラックも
そして人も往来した
f0308898_20195494.jpg

数分で峠に到着
f0308898_20201188.jpg

ここは歩き遍路道
さまざまな道案内が
いたるところに架けられている
f0308898_20202589.jpg

鶴津海岸に似た風景
旧道は海岸の絶壁に
へばりついている
f0308898_2020408.jpg

台風が接近しているが
まだ遠いのかよく凪いでいる
f0308898_2021144.jpg

二十歳の頃に
この地磯で爆釣したことがあった
磯場に下りるのに足が竦んだ
f0308898_20211661.jpg

ビワ畑は絶壁にある
f0308898_20213316.jpg

ここで乗り換えて
乗せてもらいたい
収穫用モノレール
f0308898_20214656.jpg

安和沖の双子碆(ふたごばえ)は
地元では双子島と呼ぶらしい
f0308898_2022513.jpg

だいたいこんな道が続く
f0308898_20222030.jpg

左下に現国道が見え始めた
f0308898_20223648.jpg

かつての峠の店屋(てんや)の跡か?
f0308898_20225777.jpg

見覚えのあるカーブ
f0308898_20232838.jpg

そうかここに下りるのか
f0308898_20234434.jpg

いつの間にここにテトラが?
f0308898_2024846.jpg

次に目指すは
突端にある元回転レストラン跡
f0308898_20243136.jpg

トンネル手前を左へ分岐
「昼間から右へ入ったらいかんぞね」
f0308898_20245349.jpg

なかなかトロピカル
f0308898_20252055.jpg

視界が急に開ける
f0308898_20254656.jpg

JR土讃線の無人駅「土佐安和」駅
伊予鉄道「梅津寺」駅の次ぐらいに
海から近い駅
f0308898_2026337.jpg

老舗喫茶店前の三叉路に合流
f0308898_20271970.jpg

上り須崎方面
f0308898_20283213.jpg

下り窪川方面
f0308898_20292711.jpg

正面太平洋の向こうはアメリカか
f0308898_20294067.jpg

高知方面ワンマン列車乗り場
f0308898_20295584.jpg

窪川方面ワンマン列車乗り場

この乗り場の間隔の狭さは
単線で列車が一両編成のため
f0308898_20303240.jpg

汽車の運転士のための
乗客乗降確認ミラー
f0308898_2031587.jpg

下り「窪川行き」ワンマン列車が到着
f0308898_20312476.jpg

一人降りたあと一人乗って出発
f0308898_20314086.jpg

「青木崎」廻りの県道320号線へと
竹細工の「山岸竹材店竹虎」の前を左折する
本来の旧道「焼坂」は
この先に見える山を越える道
f0308898_20315562.jpg

「四国のみち」の一部になっている
f0308898_20334056.jpg

さっき走ってきた「角谷坂」の全景
f0308898_20335466.jpg

洞門があったことに初めて気付く
f0308898_2034967.jpg

この県道はしばしば
災害で通行止めになる
f0308898_20342717.jpg

大潮の干潮時にゾブったら
磯伝いに双子島に渡れると聞く
f0308898_20343947.jpg

「ニナ」(巻貝)がおるに違いない
f0308898_20354781.jpg

停まらんと飛び込むぞね
f0308898_20362246.jpg

空冷中の「銀号」
f0308898_20363422.jpg

隧道が多い
f0308898_20364832.jpg

アートに近い
f0308898_2037377.jpg

「双子島」の右奥に須崎市街
f0308898_20374460.jpg

青い国に土佐
なかなか青い
f0308898_203802.jpg

気になる松の枯れ方
f0308898_2038143.jpg

本日いたるところで見る
飛行機雲によるバッテン
「空へ落書きしたらいかん」
f0308898_20382969.jpg

磯釣りをする人は
この崖を登り降りする
f0308898_20384978.jpg

昔からある
地産地消の防護柵
f0308898_20394499.jpg

「青木崎」手前の隧道
f0308898_2040112.jpg

「青木崎」の掘り切りを過ぎると
鰹の町「中土佐町久礼(くれ)」
f0308898_20402189.jpg

巨大なゴミ焼却施設
f0308898_20403675.jpg

久礼の漁師の心の灯
燈台のある「双名島(ふたなじま)」
f0308898_20405151.jpg

久礼湾が見えてきた
左手の山上に「黒潮本陣」
f0308898_2041562.jpg

「双名島」の遠景
f0308898_20412313.jpg

海辺の道でもよく出会う光景
f0308898_20413767.jpg

「大正市場」でおなじみの港町には
漁師町ならではの鯉のぼりとフラフ
f0308898_2042016.jpg

津波避難塔ができていた
f0308898_2042162.jpg

久礼の街の西端
「大坂谷川」の河口
カモの親子は本日不在
f0308898_20423333.jpg

中村市は四万十市に
窪川町は四万十町に
双方ともに四万十を譲らず
f0308898_20425178.jpg

二代目「久礼坂」の欄干の下
画像中央に初代「久礼坂」
f0308898_2043822.jpg

はるか前方には
三代目「久礼坂」となる
高知自動車道の高架橋
f0308898_20432470.jpg

二代目「久礼坂」にも
初代「久礼坂」の旧道入口が
一部残っているが
大半はチェーンがかかり
通行不能
f0308898_20435741.jpg

高知市へと折り返す途中
旧「焼坂」への分岐
このかつての往還道は
相当に厳しいと聞く
予習不足につき本日はスルー
f0308898_20454540.jpg

「新名古屋トンネル」の
須崎市側に戻って来た
こちら側は二代目も美しい
f0308898_20441431.jpg


 今回は行けなかったが、「青木坂」を廻る海岸線ではなく、本来の旧国道、かつての「焼坂」を一度走破してみたいと思っている。

 ネット上には、「歩き遍路道」や「廃道」といった表現が多いが、国土地理院の地図にはそれなりの道幅を持つ道路として表現されている。

「あれをカブで越えてきましたか?」というコメントも見た、中土佐町側は歩かないといけないようだが、安和側から焼坂峠まではカブで行けそうに感じる。峠から見る安和の景色も素晴らしいようなので、十分な予習をした上で、いつか出かけようと思っている。

by ky_kochi | 2015-05-10 11:00 | リトルカブ | Trackback | Comments(5)
トラックバックURL : https://chabon.exblog.jp/tb/23993686
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by タメやん at 2015-05-17 19:52 x
大峰川山2等三角点・水谷山に登るタメ、焼坂峠(228m)までは車で行った事がある(JR安和駅側から)。
峠から西は、(実際通ってないが)車で通れない?旨の書き込みを見た気がする。
Commented by ky_kochi at 2015-05-19 08:08
 タメやんさん、いつもありがとうございます。

 水谷山へ登られたとは、斯道の大先達とお見受けします。

 中土佐町側は、高速道路の取付道路のその先として、幾分かは整備されたのではと勝手に思っていました。が、たしかに、ウエブ上も通行不能の記事がほとんどですね。

 まずは安和側から焼坂峠に登り、下れるところまで下ってみて、状況報告いたします。
 
 
Commented by タメやん at 2015-07-29 23:29 x
AT、高新朝刊に載ってましたね。
Commented by ky_kochi at 2015-07-30 12:32
 ためやんさん、お久し振りです。暑中お見舞い申し上げます。

 7月27日~29日の朝刊を見てみましたが、旧国道に関する記事でしょうか?
Commented by ky_kochi at 2015-07-31 13:13
 7月26日の朝刊に「焼坂遍路道」の記事を見つけました、ありがとうございました。
<< 旧松山街道(越知町~旧吾川村) 蟹越え(いの町~旧鏡村) >>