ブログトップ

茶凡遊山記

chabon.exblog.jp

蟹越え(いの町~旧鏡村)

 「仏ケ峠」の帰り道、久し振りに「蟹越え(がにごえ)」をしてみることにした。

 旧伊野町から、閉園した中追(なかおい)渓谷のレジャー施設跡、夜泣き石の伝説が残る「蟹越峠」、山腹に突然現れる「梅の木」集落をへて旧鏡村にいたるかつての往還道である。


f0308898_14224781.jpg


河口近くでもこのエメラルド色
さすがは「仁淀ブルー」
f0308898_9515147.jpg

画像右手の山の向こう側
正面の鷹羽ケ森との間を流れる
仁淀川支流の
勝賀瀬川に沿って遡上する
f0308898_953252.jpg

振り返って見る
仁淀川の河口方向
f0308898_9533995.jpg

正面「鷹羽ケ森」が近づいて来た

愛媛県境「寒風山」へは
ここからさらに47.5キロ
国道194号線の区間距離は
「寒風山」が一つの目安
f0308898_9535010.jpg

「中追渓谷」東入口の看板をみて
一部残る旧国道194号線へと分岐
f0308898_9542877.jpg

昭和3年に架けられた
旧勝賀瀬橋は今でも現役
f0308898_9544929.jpg

しばらく続く
勝賀瀬川沿いの道
f0308898_1305112.jpg

地酒「瀧嵐」の高知酒造酒蔵
f0308898_955437.jpg

名水は名酒の源
f0308898_9552892.jpg

橋床橋の分岐に到着
まずは中追渓谷へとレフトターン
f0308898_9554013.jpg

対岸に巨岩が見え始める
f0308898_9562623.jpg

見覚えのある吊り橋をくぐる
f0308898_9565974.jpg

二つの支流の合流点
この谷間がかつての観光施設跡
f0308898_959013.jpg

温泉や釣り堀をはじめ
宿泊施設まである
一大レジャー基地であった
f0308898_9591597.jpg

かつての渓谷への西入口
現在は福祉施設として利用されている

 この道をさらに北上すると、「樫ケ峠(かしがとう)」を越えて、旧吾北村の「思地(おもいじ)」にいたる古道が残っている。

「樫ケ峠」は海抜700メートル、「蟹越峠」よりさらに100メートルも高く、車道終点までの上りさえ、「執拗な上り」と本に紹介されている。


f0308898_9592772.jpg

展望台からの眺め
かすかに記憶に残る
レストランと吊り橋
f0308898_1002825.jpg

この吊り橋は現在は通行禁止
f0308898_1004821.jpg



 中追渓谷にあった観光施設は、高度経済成長期の働きづめの人々たちのために、地域の篤志家により作られたレクリエーション施設であったと聞く。

 心霊スポットとして知られる、旧土佐山田町繁藤にあった「麓宝園(ろっぽうえん)」も、地元篤志家の同じ思いで作られた遊園地であった。

 旧吾川村の「中津渓谷」まで行く時間がないような日でも、この「中追渓谷」は気軽に行ける丁度の距離の紅葉の名所でもあった。


再び橋床分岐に戻り
今度は旧鏡村方面へ直進
f0308898_101255.jpg

人造施設であっても美しい
f0308898_1011649.jpg

対岸から見下ろすレストラン跡
建物上の吊り橋の高さは
祖谷のかずら橋どころではない
あまりの高さに
渡れない人が多かった

それもそのはず
レストラン自体が
絶壁の上に建っている
そして吊り橋は
さらにその上空にある
f0308898_1013139.jpg

たしか「夢の吊り橋」だったかと
現在は通行止めのフェンスあり
f0308898_103587.jpg

山頂に近づくほど
なぜか増える巨岩
f0308898_1032063.jpg

かなり山深い
f0308898_1033319.jpg

「明神」集落を通過
f0308898_1034522.jpg

親切な道標に助けられながら
ぐんぐん高度を稼いでゆく
存外と勾配が早く
このあたりから
カブが喘ぎ始めた
f0308898_1035877.jpg

薄暗い植林の道を抜け
やっと視界がひらけてきた
f0308898_1061026.jpg

「蟹越峠」海抜約600メートル
f0308898_1062553.jpg

「伊野」の「伊」だけになった道標
f0308898_1064087.jpg



 高知県内には、「蟹越」という地名がもう一つ、旧土佐山村菖蒲と南国市奈路との間に残っている。

 山越えする蟹がその由来との説の他に、この「夜泣き石」のある「蟹越え」は、坂道に馴れた人が蟹のように歩く様子がその語源との説もある。

 言われてみればこちらの「蟹越え」、「かにごえ」とは言わずに「ガニゴエ」と発音するところからしても、「ガニ又」に由来するのかもしれない。


草木が繁り良く見えないが
この岩が「夜泣き岩」
f0308898_1065947.jpg

夏草が繁り
ヘビを踏みそうで
とても行く気がおこらない
f0308898_1071482.jpg

中央に見える白点の周囲
グレーの部分が「夜泣き岩」
こうしてみるとやはり大きい
f0308898_1013323.jpg


 昔この峠を通りかかった一組の夫婦、急に産気づくも無事出産をした妻子をこの大岩の上に残し、夫は助けを求めに里に下りる。そして再び戻ってくると、哀れ母子は山犬に喰い殺されていた。

 以来、夜間にこの大岩のあたりを通ると、女の人の悲しい声と、赤ん坊の泣き声が聞こえてくるという。


白骨林といえば白骨林
f0308898_10131697.jpg

前回は
「太平洋みはらし小屋」へ行けたが
「ピザ梅ノ木」は休業中であった
今回は
「太平洋みはらし小屋」への道にチェーン
なかなかの眺めだったのに残念
f0308898_10132944.jpg

f0308898_18222061.jpg

高知市街が見えてきた
f0308898_10134327.jpg

「山菜の里」手前の分岐
f0308898_1013542.jpg

「中追」の案内も見える
f0308898_1014680.jpg

前回はアイス・バーンだった
ヘアピングカーブ
f0308898_10142056.jpg

県内いずこにも
豪雨災害の爪痕
f0308898_10143358.jpg

峠はあの鞍部の右肩
f0308898_10144697.jpg

ここも満開
f0308898_1015777.jpg

「梅の木」集落に到着
道路左手に「八坂神社」
f0308898_10151965.jpg

立派な鳥居の背中には
樹高38メートル
聳え立つ大杉
f0308898_10153159.jpg

樹齢500年の樹肌
f0308898_10154378.jpg

はるか上方に見える尾根
海抜約600メートルの「蟹越峠」
あんなところを越えて来たとは・・
f0308898_10155521.jpg

ここ横矢もどぶろく特区か?
その名もよろし「滝のしずく」
f0308898_1016759.jpg

非常に判りやすい地図
これまで林道で見た
どの地図よりも明晰
f0308898_10162249.jpg

「竹奈路」集落で
「平家の滝」へと続く
的渕川沿いの道に合流
f0308898_10163349.jpg

これまた満開
f0308898_10164536.jpg

旧鏡村草峰地区の地すべり跡
こちら岸にはかなりの戸数の住宅がある
凄まじい雨と地鳴りだったと聞く
f0308898_10165856.jpg


 小樽を訪ねた時、戦前に作られた「オタモイ遊園地」の跡が残っていることを知った。「この世の楽園」と謳われ、見事な海岸美とあいまって竜宮城を彷彿させる遊園地跡であった。

 これまで行った場所のうちで、是非もう一度行っておきたい場所の一つである。

by ky_kochi | 2015-05-06 14:00 | リトルカブ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://chabon.exblog.jp/tb/23988432
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 国道56号線旧道(須崎市~中土佐町) 仏ケ峠(いの町) >>