ブログトップ

茶凡遊山記

chabon.exblog.jp

うずまき舎(香美市)

 高知市五台山で毎春開催されている「古本まつり」で、今年初めて作ったという県内古書店のマップをもらった。

 兵庫県から移住し、旧香北町の山間で古書店「うずまき舎」を開いたかたが、この手作りマップの製作者と聞き、早速訪ねてみた。

 何度か林道巡りで走ってきたこのエリアに、驚きの異空間を発見した。

f0308898_21222237.jpg


「ふるほんやMap」で
本日の走行経路を確認
f0308898_2116660.jpg

アンパンマンミュージアムのやや西で
日ノ御子(ひのみこ)方面へ左折
暁美橋を物部川北岸へと渡り
ドン突きの三差路は右折し
いったん猪野々方面へ
f0308898_21162757.jpg

目指す中谷集落は
河の内川支流のさらに上流
f0308898_21164033.jpg

物部(ものべ)川の濁水に
河の内川の清流が合流
f0308898_21165396.jpg

古い小さな橋を渡り
ほどなく現れるY字三差路を
谷相方面へと切り返す
f0308898_2117539.jpg

「日ノ御子」バス停
昔むかしその昔
皇族がお住まいだった
ことに由来する地名
f0308898_21173711.jpg

要所要所に出現する
「うずまき舎」のロゴマーク
f0308898_21174911.jpg

「横谷宮ノ前」バス停前を左折
f0308898_2118038.jpg

ガードレールにロゴマーク
f0308898_21181283.jpg

農道へは入らず左を上昇
f0308898_2118291.jpg

「中谷公会堂前」バス停に到着
f0308898_21192133.jpg

越知町の投入堂「聖神社」と同名だが・・
f0308898_21193330.jpg

「うずまき舎」へはあとわずか
f0308898_21194444.jpg

道端のいたるところに花が
f0308898_21195736.jpg
f0308898_2120950.jpg
f0308898_21211531.jpg

「松村谷」バス停に到着
涼しい風が小滝から
f0308898_21212811.jpg

東隣りにある谷相集落からの
眺めに似ている
この地にも
耕して天に至る
棚田の風景
f0308898_21214364.jpg

店の入口に到着
f0308898_21215661.jpg

「うずまき舎」へと続く小路
f0308898_2122882.jpg

お店が見えてきた
f0308898_21233162.jpg

古民家を改造した店舗には
f0308898_21222237.jpg

店主お気に入りの様々なジャンルの本
f0308898_2122369.jpg

「土足で上がって下さい」とあるが
思わず靴を脱ぎそうになる
f0308898_21225123.jpg

本以外にも
そそられるグッズあり
f0308898_2123778.jpg

各種案内が貼られた掲示板
f0308898_21231823.jpg

外に出て見上げる全景
柿の若葉の鮮烈な緑
f0308898_21234584.jpg

「谷相小学校前」バス停
別ルートで降下開始
このバス停には「町営バス」とあるが
「町」の字が塗り潰されているバス停も
f0308898_21235856.jpg

さすがは「いざなぎの里」
このエリアにはシブい神社が多い
f0308898_2124117.jpg

地元アーチストによる?道案内
f0308898_2124257.jpg

懐かしい看板
f0308898_2124387.jpg

ワタナベの「チウインガム」
f0308898_2124521.jpg


「三十代」バス停

はたして通行止め解除の日は?

谷相林道の先には
霊峰梶ケ森を遠望する松尾峠

この峠には知る人ぞ知る
有沢無線中継所跡が残っているが
それは日をあらためてまた


f0308898_2125415.jpg

「ハーブ園前」バス停
園はこのバス停の向い側にある
この日ハーブ園はやや荒れていた
f0308898_21251714.jpg

魔女とはハーブ園の園長女史か?
何度か行ったが
まだお姿を見たことがない
f0308898_21253047.jpg

「谷相上ノダ」バス停
山上にあるバス終点
f0308898_2125533.jpg

県道に戻って気付いたゴミ箱
「カンとペットボトルだけ」
f0308898_2126618.jpg

「前方.鳥居あり」の標識
f0308898_21261875.jpg

大川上美良布神社の鳥居には
アンパンマンのオブジェ
ここ旧香北町は
やなせたかし氏の故郷でもある
f0308898_21263156.jpg


【ご案内】

 「うずまき舎」までは全行程舗装道路で、普通に車で行くことができます。ウエブサイトやSNSで、営業日時をお確かめ上お出かけ下さい。
 
 店主手作りの案内図や、途中にあるロゴマークが、おそらくカーナビより確かです。
 
 古書マニアのみならず、楽しめることうけあいの隠れスポットです。



by ky_kochi | 2015-04-26 13:00 | 番外編 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://chabon.exblog.jp/tb/23944314
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< ふるさと林道工石線(高知市) 楮佐古小檜曽林道(香美市~大豊... >>