ブログトップ

茶凡遊山記

chabon.exblog.jp

白山洞門(土佐清水市)

 現在は足摺温泉街に移築されている白山神社の前には、白山洞門という名勝があるが、残念なことに足摺岬からやや西に離れている。

 このため、一般の観光客の多くは、足摺岬と四国霊場38番札所金剛福寺だけを見て通り過ぎることが多い。

 地元高知県民でさえ、聞いたことはあるが行ったことはない、という人が多い白山洞門に、白皇山登山に併せて行ってみた。


f0308898_10422131.jpg


高知ではあまり見慣れない注連縄
f0308898_10363352.jpg

神社の全景
f0308898_10365299.jpg

いま登ってきた「白皇山」と書かれた山号額
f0308898_10371260.jpg

掃き清められた境内
f0308898_10373685.jpg
f0308898_1038219.jpg

神社前から白山洞門へはいったん下り
f0308898_1038225.jpg

かなり勾配が早い
f0308898_10384325.jpg

やや悪びれた様子のイノシシ
f0308898_10385967.jpg

左折すると足摺岬へ600メートル
さらに海岸へと下る
f0308898_10392455.jpg

白山洞門の頂上社への鳥居
f0308898_10394167.jpg

まずは海岸から白山洞門へ
f0308898_10395797.jpg

頂上の橋に見える部分に社が見えている
f0308898_10401333.jpg

弘法大師の伝説がありそうなものだが・・
f0308898_10402766.jpg

岩肌の少女の横顔は
見える人と見えない人とが
あるらしい
f0308898_10404354.jpg

再び正面に見える鳥居に戻り
洞門山頂部の社を目指す
f0308898_1041045.jpg

急勾配の階段には鎖が・・
f0308898_10411543.jpg


 絶壁を右に見下ろしながらの社への参道は、一度恐いと思ったらとても登りきれない。

 普段から天が降ってくるのではないかと怯えるぐらい小心者の小生は、もしもコンクリートの階段が剥がれ落ちたら、もしも鎖が切れたら、もしもいま地震がきたらと、防災大臣さえ考えないようなことをあれこれ思い患い、登りさえ鎖にしがみつく完全なへっぴり腰。

 何とか頂上社まで辿り着いたものの、これから先は左下を見ながらの下山が待っている。途中でにっちもさっちも身動き取れなくなって、消防に救援を依頼しなくてはならなくなれば、これは相当にみっともないと自らを叱咤激励獅子奮迅。

 鎖に掴まりながら、ようやっとの思いで下山。「ジョン万次郎の足湯」でこちらを見ていた入湯者たちには、ひ弱ザルの姿はさぞ滑稽に見えたことであろう。

 ジジ、ジジ、ジ、ッ、ッ、ツー、ツー、ツー、・・

 以降の通信は途絶え、したがって下山の際の、スリル満点の画像は、無い。




 
by ky_kochi | 2015-03-14 13:00 | 登山 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://chabon.exblog.jp/tb/23783439
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 白山洞門(土佐清水市)足摺岬編 唐人駄場(土佐清水市) >>