ブログトップ

茶凡遊山記

chabon.exblog.jp

工石山(高知市)

 2015年の登り初めは、高知市の北山連峰の頂点、何度登ったかも忘れたぐらいの工石(くいし)山。

 人の行く裏に道あり花の山、本日のルートは定番の「上り北回り下り南回り」ではなく、初めての「妙体岩周遊コース」。

 北回りよりずっと距離が短い分、工石神社からの登りは等高線どおりのかなりの急登である。


f0308898_962054.jpg



「赤良木トンネル」~「杖塚登山口」

「工石山直営店」を左折
f0308898_925054.jpg

凍結防止に塩?昔からの疑問
f0308898_932060.jpg

定番「杖塚登山口」はスルー
f0308898_93418.jpg


「杖塚登山口」~「妙体岩登山口」

「工石橋」は「沢登りコース」の起点
f0308898_942371.jpg

10時の方角に「妙体岩」
f0308898_945213.jpg

「工石神社」参道が登山口
f0308898_954731.jpg



「妙体岩登山口」~「南の頂」


登山口から見上げる妙体岩
f0308898_962054.jpg

新装なった「工石神社」鳥居
f0308898_965931.jpg

3分ほど続く急な石段
f0308898_973740.jpg

突き当りに工石神社
f0308898_98674.jpg

大きさを上手に伝えられず残念
f0308898_983784.jpg

手水鉢は氷結したまま
f0308898_99076.jpg

南側斜面なのにまだ雪が
f0308898_995368.jpg

サルノコシカケを発見
f0308898_9102429.jpg

バウムクーヘン
f0308898_9111940.jpg

森の番人
f0308898_9114837.jpg

見事な根上がり
f0308898_9122428.jpg

浦戸湾の先に太平洋
f0308898_913584.jpg

「南の頂」展望台
f0308898_9133754.jpg

石鎚山系の稜線
f0308898_91401.jpg


「南の頂」から「北の頂」(迂回ルート)

岩の上に巨木が密生
f0308898_9152949.jpg

ひっかかった落枝ではなく実枝
f0308898_916681.jpg

岩かと思えば倒木
f0308898_9194760.jpg

新緑が待ち遠しい巨大ブナ
f0308898_9202516.jpg

お見事!
f0308898_921068.jpg

巨大な風倒木
f0308898_9213899.jpg

「北の頂」のパノラマ板
f0308898_9221344.jpg

東方「瓶が森」西方「石鎚山」
f0308898_923995.jpg

ここは四国のヘソあたり
f0308898_9241116.jpg

たまらない山名がズラリ
f0308898_9245363.jpg


「北の頂」から「サイの河原」

つっかい棒健在
f0308898_9302963.jpg

大岩をつつみこむ根っ子
f0308898_930594.jpg

倒木のガードレール
f0308898_9313417.jpg

それほど捻じ曲がらいでも・・
f0308898_9322457.jpg

「サイの河原」の氷柱
f0308898_9325693.jpg

スマホを落としても大丈夫
f0308898_9332018.jpg


「サイの河原」から「妙体岩登山口」

「妙体岩」へは川に沿って左下
f0308898_9345788.jpg

初めのうちは人の踏み後が頼り
f0308898_9361039.jpg

「南回り」の名所「ひのき屏風岩」
f0308898_9363675.jpg

ここで右に行きたくなるが・・
f0308898_93746.jpg

判りにくいが左の木の石段が正解
f0308898_9373970.jpg

テーブル状の岩をみて小谷を渡る
f0308898_9375944.jpg

岩の上に四つ足君の落とし物
f0308898_9382133.jpg

大男の忘れ杖?と我が小男の杖
f0308898_938453.jpg

次第に岩が多くなると
f0308898_9392824.jpg

登山口の工石神社の鳥居に下山
f0308898_940118.jpg


「ふるさと林道」~「県道16号線」

来るたび気になる岩峰「黒滝山」
f0308898_941223.jpg

県道16号線から見る「工石山」の稜線
f0308898_9415125.jpg


「妙体岩周遊コース」のおさらい

f0308898_9425056.jpg


【定番コース】

 画像最下部の登山口から、「杖塚」を起点にして、オレンジ色のルートを最上部の「北の頂」へ。山頂の稜線を「南の頂」へと移動し、「シャクナゲ道」または「鏡岩」経由で画像中央の「サイの河原」まで下山。「サイの河原」からは紫色の「南回り」で山麓を回り込むように「杖塚」へと戻る。


【妙体コース】

 画像の左上、「工石神社」から「妙体岩」の右を巻き込むように、急登を一気に「南の頂」へ登る。「南の頂」から「北の頂」へは、画像最上部のピンクの迂回路を進む。2つある「北の頂」から「サイの河原」への下りは、「サイの河原・鏡岩線」を下山する。「サイの河原」から「妙体岩登山口」へは、画像左上、ピンクの「し」の形のトラバース道、「妙体・サイの河原線」を進む。



【ご注意】

 往路「登山開始」

  「工石神社」建物の右を横ではなく上

 帰路「妙体・サイの河原線」

  左手「白赤白」テープは左の木の階段




【ご参考】

 高知県には、高知市の工石山の他に嶺北地方にも工石山があり、区別して奥工石山と呼ばれたりしている。

 ともに山名は「石」に由来するともいわれ、高知市の工石山は山内一豊の土佐入国の際にも土佐湾からはっきりと見えたという「妙体岩」、奥工石山は山肌の巨岩を見た平家落人が「この石が喰えたなら(喰石山)」と嘆じた故事に由来するらしい。

by ky_kochi | 2015-02-14 09:00 | 登山 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://chabon.exblog.jp/tb/23674516
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 白皇山(土佐清水市) カフェ・ミシシッピ(本山町) >>