ブログトップ

茶凡遊山記

chabon.exblog.jp

大タヲ山(越知町)

 ここのところ遊山ができずにいるので、平成24年に訪ねた越知町と津野町の境にある「大タヲ山」をご案内します。

 車でも行ける山頂への途中には、地元有志の皆さんがコツコツと再建された「聖神社」。全国に3つしかないという「投入堂(なげいれどう)」は、まことに趣き深い佇まい。

 下山後、深淵な渕のほとりの堂林の集落を過ぎれば、津野町の風力発電の風車群がある「風の里」へとつながる快適な林道も開通。「風の里」からは「鳥形山」を眼前に見ることもでき、猛暑の避暑にはボッチリの行程。

 一般のナビゲーションに表示されない周遊路を、地元の皆さん手作りの道標にそって走ってみて下さい、おススメです。


大タヲ山頂から見下ろす須崎市の先には太平洋
この景色を見るため越知町の桐見川を遡上
f0308898_2233522.jpg


越知町から日本の滝百選「樽の滝」方向へ分岐
桐見川流域には「佐の国」や「都」をはじめ雅びな地名が
f0308898_22103595.jpg


ローカルバス停「下谷」で11時の方角へいったん降下
どことなく人の姿を連想させるアートな標識
f0308898_22105396.jpg

古木で作られたオブジェは県展無鑑査のレベルかと
f0308898_2211916.jpg


道中のいたるところにある手作りの道標
f0308898_22113173.jpg

ほどなく「聖神社」への入口に到着
f0308898_2211472.jpg


多くの登山道がそうであるように杉の植林からの入山
f0308898_221207.jpg


地元有志の皆さんが整備された遊歩道
f0308898_2212126.jpg
f0308898_2212263.jpg

f0308898_22135772.jpg


10分ほどで聖神社に到着
投入堂は絶壁の岩肌にある窪みに鎮座おわします
f0308898_2215197.jpg

故事来歴についての案内板あり
f0308898_22182078.jpg

堂の中から突上げ戸を開けると眩しいばかりの新緑
f0308898_2219386.jpg

窓の外には足元から滑り落ちる絶壁
f0308898_22191768.jpg

この穴はもしや野鳥のための玄関にかあらむ
f0308898_22193755.jpg


このカニを拾ってイガミ(ブダイ)を釣りに行きたいところ
f0308898_22195980.jpg


マンガン鉱の跡地に寄り道
f0308898_22125013.jpg

坑道を三間ほど進むと
f0308898_2229367.jpg

復元中のゴンドラが眼前に出現するも
f0308898_22292172.jpg

足元にご念のいきましたる警告札が二枚
f0308898_22204047.jpg

滝とゴンドラのナイスなコンビネーション
f0308898_22202296.jpg



「聖神社」を満喫し本命の大タヲ山へといざレフトターン
f0308898_22353547.jpg

ここからは簡易舗装
f0308898_22205765.jpg


簡易舗装の林道を高度を上げると
f0308898_22211315.jpg

大タヲ山の山頂に到着
ううむ、やはり「大タヲ」は「大峠」が転じたものか
f0308898_2222683.jpg

はるか眼下に「貝の川の棚田」を遠望
f0308898_22214644.jpg


平成18年の通電を寿ぐ記念碑
f0308898_22222457.jpg


下山後、堂林の深淵な渕を左に見ながらさらに西進
f0308898_2222449.jpg

仁淀川長者に抜ける予定をこの道標一つで急遽変更
f0308898_2223982.jpg

いつもは津野町から登る「風の里」へ
f0308898_22235079.jpg

どこから見ても痛々しい鳥形山が指呼の間
f0308898_2224921.jpg

「風の里」の紹介はまたいずれまた
f0308898_22242712.jpg



 その昔、役行者(えんのぎょうじゃ)が麓で建てたお堂を法力で手のひらに乗るほどに小さくし、大音声とともに共に断崖絶壁にある岩窟に投入れたと言われる投入堂。

 この聖神社も、やはり対岸から岩窟に建つお堂を見るのがベスト。2年前にはまだわかりづらかった対岸への遊歩道も、おおぜいの人が訪れるようになり整備も進んでいることと思います。ぜひ投入堂の投入堂たる所以を、対岸の展望所からもご覧下さい。

 ネット上には、聖神社からオオタヲ山へと続く登山道や、新たに建てられた鳥居など、たくさんの情報がアップされています。地元の皆さんの熱意によって、この2年間だけでもかなりメジャーになっているようです。

by ky_kochi | 2014-06-22 22:13 | 登山 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : https://chabon.exblog.jp/tb/22367187
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by タメやん at 2014-08-15 12:27 x
越知方面と白石川・葉山方面の道標の三叉路?は、どこでしょうか?
また、風車までの道の状態は、どうだったでしょうか?
Commented by ky_kochi at 2014-08-18 16:19
 タメやんさん、コメントありがとうございます。

 国土地理院の1/25000地図でご案内しますと、越知町堂林を過ぎ、ヘアピンカーブを2つ過ぎると、海抜702.6mの先、722mの下に、右後方に登ってゆく道との三差路があり、この付近に標識があったと思います。ここまで、一般車が普通に離合できるアスファルト舗装です。

 この辺りから、左手上方に、風車群が見え隠れしていたと記憶しています。

 さらに進むと、683mの東に、本線から分岐する林道があり、この道が、783.5mを時計回りに巻きながら、風の里へとつながっていたと思います。道幅はやや狭くなりますが、こちらの林道もアスファルト舗装で、随所に離合場所がありました。

 風の里の風車群の道には、斜め下から合流するイメージで、以前に津野町から走った時に、この道はどこに繋がっているのかと思ったことでしたが、走ってみて実によくわかりました。

 記憶があやふやな上に、読図能力もほとんどありません。お出かけの際には、よく調査の上でお出かけ下さい。

 堂林から風の里までは、意外なほど難なく風の里に着いた、という印象です。林道への分岐点にも、解りやすい道案内があり、迷わずに行けました。
Commented by タメやん at 2014-09-15 10:04 x
遅くなりましたが、確認できました。ありがとうございました。
Commented by ky_kochi at 2014-09-15 22:03
 こちらのほうこそありがとうございました。
 これからもよろしくお願いします。
<< 自念子林道(いの町) 金鉱山(仁淀川町) >>