ブログトップ

茶凡遊山記

chabon.exblog.jp

三崎山(四万十町)

 三崎山と聞いても馴染みが薄くても、興津灯台と聞けばご存知の方も多いのでは。

 海水浴場やキャンプ地として知られた興津海岸には、室戸岬から足摺岬まで大きな弓状をなす高知県の海岸線の中に、突如2キロほど突き出した三崎山があり、その先端に興津埼灯台がある。

 かつては、半島の西側の小室漁港から岬へと続く遊歩道があったようであるが、現在は歩く人もすっかり減り、ところどころ藪に覆われているようである。

 今日は半島の東側、浦分漁港から三崎山観音堂へと続く道を灯台へと登ってみた。

 高知自動車道を西進し、四万十中央インターで下りたあと興津方面へ。



高南台地を道なりに南進すると興津展望台に到着
f0308898_21945.jpg


展望台にはカメラの固定台と立ち位置とが設置
f0308898_21132133.jpg

f0308898_21133866.jpg


灯台の登り口には浦分漁港
f0308898_2116537.jpg


バイクか軽トラックで来たかった道を登り詰めると
f0308898_21182019.jpg


現在は無人であるがかつては灯台守が常駐
f0308898_21191035.jpg
f0308898_21191919.jpg


灯台はなかなか立派
f0308898_2120527.jpg
f0308898_21201578.jpg


灯台の北には電子標準点
f0308898_23281980.jpg

f0308898_23283131.jpg


灯台からさらに三崎山へと進むと三崎山観音堂
f0308898_21215570.jpg


眼下には興津埼灯台
f0308898_21224423.jpg


三崎山の山頂から東を見ると
f0308898_23174427.jpg

f0308898_21241278.jpg


西には一礁バエ
f0308898_21255447.jpg


帰りは写真を撮る余裕が少しだけ
f0308898_2128084.jpg

f0308898_21282079.jpg


下山後に海岸へ寄り道
f0308898_21295763.jpg
f0308898_213025100.jpg

f0308898_21304263.jpg

f0308898_21311475.jpg

f0308898_2131296.jpg


 途中で出会った散歩帰りのご婦人によれば、「昼間はめったに出んけんど、イノシシに気をつけて行きなさい」ということであった。イノシシもさることながら、この道へは軽トラックかバイク、もしくは徒歩で入ることを強くお勧めする。鶴津海岸とはまた一味違った、スリルに溢れ過ぎた道であった。
by ky_kochi | 2014-03-23 21:13 | 登山 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://chabon.exblog.jp/tb/21620674
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 上久喜の花桃(仁淀川町) 茶臼山(土佐市) >>