ブログトップ

茶凡遊山記

chabon.exblog.jp

大滝山(高知市)

 旧土佐山村の大滝山へは、南側の「オーベルジュ土佐山」からの約2時間の急登コースと、北側の「ふるさと林道工石山線」登山口からの約20分の安直コースとがある。

 たしか平成14年頃の高知新聞で、地元の人々が約3年をかけてこつこつと登山道を拓いたことが紹介されていた記憶があり、地元の人々の熱意を感じさせていただこうと一念発起、本日の山行となった次第。

 「オーベルジュ土佐山」のフロントの妙齢のご婦人は「中級というよりは上級ですよ」、登山口前の地場産店「とんとんの店」のお嬢さんは「登りますか?きついですよ」、地元の初老の男性は「南からはきついけに儂らあは北から登るぜよ」と、皆さん深く心配をしていただいた。


09:20「とんとんの店」の向かいにある登山口より入山。
f0308898_16455772.jpg

09:53初めの林道との交差点、ここまでが相当にキツイ。
f0308898_16475258.jpg

急登を示す真上を向いた道標がシダの中でお出迎え。
f0308898_16511135.jpg

10:21
2番目の林道との交差点を過ぎるとやがて「第1見晴台」。
f0308898_16541947.jpg

目指す大滝山ははるか上方。
f0308898_16544262.jpg

10:31「藤が滝山頂」に到着。
f0308898_16571526.jpg

10:36「第2見晴台」に到着、頂上が少しだけ近づく。
f0308898_16583413.jpg

10:40「ユリコミのたお」を通過。
f0308898_16592238.jpg

10:47なかなかしぶい巨木を過ぎると、
f0308898_1701016.jpg

10:47「子石鎚山」へ到着。
f0308898_1721069.jpg

鎖場を過ぎ、
f0308898_1731664.jpg

雰囲気の良い尾根筋を歩いて行くと、
f0308898_1733560.jpg

道の真ん中に落し物。
紙を使った跡がないので人間ではないらしい。
f0308898_1744138.jpg

11:01「第3猿討ち」を通過。
f0308898_175421.jpg

11:10ここも大昔は海底だったのか大岩が鎮座。
f0308898_1764654.jpg

11:21「大滝山」登頂に成功、三等三角点発見。
f0308898_1781623.jpg

11:25山頂はススキが高く見通しもイマイチ。
直ちにこの山の名所「魚売石」へ。
途中に、天狗が食卓に使ったと思われる大岩が。
f0308898_17103247.jpg

f0308898_1815570.jpg

11:29「第4魚売石」から見下ろす、「オーベルジュ土佐山」のある集落(右下)と「鏡ダム」(左上)
f0308898_17131181.jpg

11:40弁当の後、さらに腹が出っ張り足元がみえづらい。
f0308898_17143592.jpg

12:00ゆるゆると下山開始、あの稜線を下るとは、、。
f0308898_184544.jpg

まずは鎖場から。
f0308898_17151481.jpg

趣きのある下山道。
f0308898_17161896.jpg

見ようによっては鶴と亀、まことに目出度い。
f0308898_17184925.jpg

登って来る時におりましたかな?
f0308898_172021.jpg

これは一体何ですぞ?
f0308898_1720595.jpg

どちらさんかな?
f0308898_172148100.jpg

見事なオブジェ。
f0308898_17223381.jpg

分水嶺を走る登山道を、脱兎ならぬ脱豚のように。
f0308898_17234045.jpg

どうもこのタイプが多いようで、、。
f0308898_17242274.jpg

使いようによっては必ずしもゴミとは言いにくい。
f0308898_17262336.jpg

倒(かや)らんように足元を縛ってくれる蔓。
f0308898_17271416.jpg

ご立派、サイの角にも見えますぞ。
f0308898_17282045.jpg

ヘビだけはどうぞ勘弁して下さい。
f0308898_17291378.jpg

北側の枝はどこへ行きましたぞ?
f0308898_17295620.jpg

あんなところまで登っていたとは、、。
自分で自分を誉めてあげたい。
f0308898_17303025.jpg

何もかもがひっくり倒(かや)ったという感じですな。
f0308898_17321126.jpg

お賽銭でも入れまひょか。
f0308898_1733122.jpg

なんぼ言うたち、そんなにかきつかいじゃちえいろうに。
f0308898_1736674.jpg

f0308898_17334923.jpg

これは何という鳥のお住まいどころですろうか?
f0308898_1737078.jpg

13:40無事下山。
もしまた来る時があれば、きっと杖をお借りしましょうぞ。
f0308898_17372138.jpg

石段の真ん中に咲く花、花の名前がわからない、嗚呼。
f0308898_17495480.jpg

by ky_kochi | 2013-12-08 12:00 | 登山 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://chabon.exblog.jp/tb/21049114
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 宇津野山~鷲尾山~皿が峰(高知市) 雪光山(高知市) >>