ブログトップ

茶凡遊山記

chabon.exblog.jp

呼坂峠(旧窪川町)

 国道56号線は、高知市から旧窪川町(四万十町)に入る手前で、JR土讃線と同様に、バイパスは「窪川トンネル」を、旧道は「呼坂トンネル」をくぐるが、これらのトンネルができる前には、幹道が「呼坂峠」を越えていた時代がある。

 現在の「呼坂トンネル」は二代目で、先代は「呼坂隧道」という狭く薄暗いトンネルであった。中学入学により親元を離れる前、小学生の頃は、「呼坂隧道」は川へ泳ぎに行ったりシジミを獲りに行く時によく自転車で走ったが、自転車で走っていると背後から誰かの呼び声がするようで、少し無気味であった。

 きっとその雰囲気が「呼坂」の名前の由来とばかり思い込んでいたが、実際には長宗我部元親がこの峠から、麓の敵将に向けて大声で降伏勧告をしたことに由来するということを知ったのがつい最近、いやはや生まれ故郷というのに情けない限り。

f0308898_19141315.jpg

 国道56号線「窪川トンネル」の北で、愛媛県宇和島市へ向け国道381号線に右折分岐。

「呼坂トンネル」を抜けたら県道19号線の分岐を右折し、「身代り大師」方向へ右折登攀、後は「テレビ塔」へ向けてひたすら高度を上げて行く。

f0308898_19142627.jpg
「呼坂トンネル」を抜け
1つ目の信号は直進し
2つ目の信号を右折する
f0308898_19143504.jpg
この信号を直進すると
「四万十川」に沿って西土佐へ
そしてさらにその先は愛媛県宇和島市
f0308898_19144353.jpg
この「身代り大師」の案内板が目印
f0308898_19145138.jpg
「テレビ塔」へと続く道を行く
f0308898_19150182.jpg
「身代り大師」の通称は「お大師様」
f0308898_19152209.jpg
f0308898_19153187.jpg
f0308898_19153924.jpg
かつて「火渡り」も行われた修験の道場
f0308898_19154836.jpg
「呼坂峠」にあった「横倉神社遥拝所」を
現在はこの地に遷移している
f0308898_19155677.jpg
背後に聳える巨木にキノコが密生
f0308898_19160572.jpg
左手の切通しが「呼坂峠」
f0308898_19161394.jpg

 幼少の頃には、まだこの峠の先にはかつての旧道が残っていて、何度かは峠を越えて「呼坂隧道」(現「呼坂トンネル」)北口へ降り立った記憶がある。

 Yahoo地図には、緑色の部分に旧道が残っているが、国土地理院の地図では現在すでに消えている。

 ただ、Yahoo地図での緑色の旧道は、国道56号線バイパスにある「窪川トンネル」の北に接道しているが、遠い記憶では旧国道56号線「呼坂トンネル」北口にあったうなぎ屋さんの近くに接道していたような気がしてならない。

f0308898_19191177.jpg
多くの旅人を見送って来たお地蔵様
f0308898_19162057.jpg

 昔の写真を見ると、この辺りには茶店が立ち並びなかなか繁華な光景であるが、半世紀前に小生が駆けずり回って遊んでいた頃にはすでにその光景はなく、ただただ寂しい峠であった。

 子供時分に近所のご隠居さん達から、昔は窪川から東へ出立する旅人を、この峠まで親戚縁者が見送りにきていたものだとよく聞かされた。

 また、「身代り大師」の女性住職さんはなかなかに神通力が強く、縁日の日などは大勢の信者さんたちが行列をなしたとも聞いたが、幼少時代に家の前を信者さんたちが歩く行列の記憶は思い起こせない。

f0308898_19162826.jpg
旧道に分け入ってみたところ
廃道に近いと聞いてはいたが
少しだけ歩いたところで
「イノシシの罠に注意!」を見て退散
うっかり罠を踏むと大変な事になる
f0308898_19163751.jpg
この辺りは竹が倒れているが
この先には倒木も多いという
f0308898_19164564.jpg
かつて峠の高台には
「横倉神社遥拝所」があったが
現在は「身代り大師」の傍らに遷移
f0308898_19165434.jpg
見覚えのある防空壕跡?は芋壺か?
f0308898_19170251.jpg
突然視界が開けてきた
f0308898_19170994.jpg
「茂串山」の北麓に窪川町の中心街
f0308898_19171634.jpg


 この見晴らしの良い場所へは、「呼坂トンネル」南口から山腹の墓地を登っても辿り着くことができる。土曜日が「半ドン」だった時代、小学校から帰宅して昼飯もそこそこに駄菓子屋で買ったお菓子をポケットにしのばせて登ったものだった。

「テレビ塔」への車道を歩くより近いことと、墓地の中を歩くスリリングを求めて、たいていの場合は墓地の中を登った。眼下には国鉄窪川駅があり、西へ東へと発車して行く列車のディーゼル音が山上にも響き、なかなかオツな風景であった。


桜の木の下にベンチ
f0308898_19172472.jpg
北西から順に
f0308898_19193153.jpg
西
f0308898_19194278.jpg
南西
f0308898_19195366.jpg
正面の鎮守の森は琴平神社
f0308898_19200370.jpg
パノラマだとこんな感じ
海抜300mの台地の盆地
夏は暑くて冬は寒いはず
f0308898_19202300.jpg
開花を待つ春の使者「スイセン」
f0308898_19203213.jpg
さらに高度を上げて行く
f0308898_19204035.jpg
ほどなく舗装が切れる
f0308898_19204876.jpg
ご機嫌な林道になってきた
f0308898_19205613.jpg
なぜか昔から掘り切りに惹かれる
f0308898_19210573.jpg
羊歯も密生してきた
f0308898_19211356.jpg
右上方に「テレビ塔」が見え始める
f0308898_19212175.jpg
テレビ塔と高さを競う白骨樹
f0308898_19212998.jpg
自転車でも大丈夫な路面だが
問題は脚力
けっこうな勾配がある
f0308898_19213661.jpg
良い雰囲気になって来た
f0308898_19214721.jpg
「テレビ塔群」に取り付いた
f0308898_19215687.jpg
軽トラックでもここまでが精一杯
f0308898_19220486.jpg
f0308898_19221101.jpg
f0308898_19221981.jpg
山頂は三等三角点「柏木」
海抜486.0m
f0308898_19232765.jpg
ん?485.8mと読めるような・・
f0308898_19233563.jpg
山頂には数基のアンテナが林立
東方向へと進んでみる
f0308898_19234278.jpg
f0308898_19234943.jpg
f0308898_19240075.jpg
f0308898_19240854.jpg
判読不能
f0308898_19241647.jpg
「・・・物貯蔵取扱所」と読めるが・・
f0308898_19242417.jpg
どの塔も芸術的
f0308898_19243261.jpg
山頂へと戻る尾根道
f0308898_19244158.jpg
木々の隙間に「四万十中央IC」
f0308898_19244965.jpg
山頂に戻って来た
f0308898_19245852.jpg
「窪川雨量観測所」
f0308898_19250505.jpg
この地は高知のチベットの一つ
吹くか、降るか、照るか、冷えるか、、
f0308898_19251361.jpg
f0308898_19252072.jpg
f0308898_19253069.jpg
f0308898_19253808.jpg
この辺りの字(あざ)は「見付(みつけ)」
f0308898_19254755.jpg
ゆるゆると下山を開始する
f0308898_19255572.jpg
幡多路へと続く国道56号線
はるか先に「足摺岬」を遠望できる
f0308898_19264106.jpg
作業道に寄り添う稜線沿いの尾根道
脱兎のように歩いた頃が懐かしい
f0308898_19265033.jpg
ここだけ道幅がやや狭く
かつ
谷が深い
f0308898_19265800.jpg
国道381号線の分岐へ戻る
直進する県道19号線は
JR土讃線「窪川駅」へと続く
f0308898_19270694.jpg
♪茂串山の空晴れて~♪
窪川小学校の校歌にも登場する
右手前が「茂串山」で
左手奥が「五在所山」(大観峰)
f0308898_19271457.jpg
道の駅「あぐり窪川」から南を見ると
f0308898_19272972.jpg
三角屋根の向こうに
「テレビ塔」群を北から遠望できる
f0308898_19273753.jpg
不死鳥?のモニュメントの左
青白く輝く球体の正体やいかに?
f0308898_19274889.jpg

 県西部へお出かけの場合、往路は「四万十中央IC」を降りた「道の駅あぐ窪川」あたりから南に、復路は「四万十西IC」を降りて四万十町中心街へ入る手前辺りから北に、テレビ塔の林立する山が見えて来る。

 今日は四万十町に所用があったので、帰りに実家の軽トラックに乗り換えて、実に半世紀ぶりに「テレビ塔」まで登ってみた。歩けば約1時間ぐらいだったように思う、小学校の遠足で学校から実家の前を通って登った記憶がある。

 トンネル名の由来を大きく思い違いしていた「呼坂峠」を経由して登った「テレビ塔」は、雑木が繁り眺望はあまり効かなかったが、良く晴れたこの日は運よく「足摺岬」を遠望することができた。




 





# by ky_kochi | 2019-01-14 11:00 | 登山 | Trackback | Comments(0)

高知城(高知市)~2007年晩秋~

 昔の画像を整理していたら、ちょうど11年前の今日、愛犬と高知城へ散歩に出かけた日の画像が目が留まった。

 チーズ嬢を自転車の前カゴに入れて高知城まで行き、お城がある「大高坂山(おおたかさかやま)」をよく散歩したものだった。

 樹木も齢を重ねると見えて、この頃と比べると最近は樹勢がやや衰えているように思える。

【2007年12月撮影】
f0308898_14110425.jpg
高知県庁西庁舎前の銀杏並木
f0308898_14094123.jpg
ツワブキも黄色い花を咲かせている
f0308898_14112579.jpg
「城西公園」の銀杏もお見事!
f0308898_14113509.jpg
f0308898_14114296.jpg
f0308898_14115099.jpg
f0308898_14115841.jpg
f0308898_14120556.jpg
西庁舎前の銀杏並木(南)
f0308898_14124841.jpg
高知県庁本庁舎の北に高知城
f0308898_14174739.jpg
西庁舎前の銀杏並木(北)
f0308898_14175783.jpg
高知城の北側
「辷山(すべりやま)」から登城する
f0308898_14180520.jpg
この辺りは赤黄緑と3色が混ざる
f0308898_14181311.jpg
f0308898_14182119.jpg
f0308898_14182964.jpg
f0308898_14183624.jpg
f0308898_14184452.jpg
逆光もまた良し
f0308898_14185357.jpg
f0308898_14190074.jpg
f0308898_14190709.jpg
f0308898_14191530.jpg
f0308898_14240938.jpg
f0308898_14242032.jpg
f0308898_14242944.jpg
「二ノ丸」到着
f0308898_14243603.jpg

f0308898_14244528.jpg
f0308898_14245151.jpg
「三ノ丸」へと下る
f0308898_14245936.jpg
f0308898_14250786.jpg
f0308898_14251490.jpg
f0308898_14252273.jpg
いつの間にか終わっていた
石垣の修復工事
f0308898_14253180.jpg
f0308898_14253812.jpg

 高知城などの里山はいうに及ばず、海抜1000m程度の山なら同行、さすがは四輪駆動、人よりも断然足が速く、かつ軽かった。

「工石山」の山頂では、大型犬を連れて登って来た人に、「こんな小型犬を連れてきたらいかんっ、足が曲がる」と真顔で説教されたこともあった。

 が、いつも室内で退屈しているものと見えて、野山に解き放つと生き生きとしているように思え、機会あるごとに遊山に連れ出したことであった。その甲斐あってと勝手に思い込んでいるが、18年の長寿を全うし旅立ったのが4年前。あれからペットショップに立ち寄ることはあっても、また犬を飼おうと思うことは決してない。

飼い主の前を歩くのが難点
f0308898_14254542.jpg
鐘撞堂の真下に来た
f0308898_14255267.jpg
f0308898_14262734.jpg
f0308898_14263645.jpg
鐘撞堂の段に到着
f0308898_14264369.jpg
こらっ!誰ならっ落書きしたがは?
f0308898_14265114.jpg
もう一段上が天守となる
f0308898_14265974.jpg
ビル壁面に映る紅葉
鳥が間違って激突するはず
f0308898_14270630.jpg
f0308898_14271216.jpg
真夏に天守の畳で昼寝すると
得も言われぬ心地良さ
f0308898_14272872.jpg
県庁前の銀杏並木
正面左が「筆山(ひつざん)」
f0308898_14273930.jpg
銀杏のあとは
紅葉を見ながらの下城
f0308898_14284424.jpg
f0308898_14285079.jpg
f0308898_14285621.jpg
f0308898_14290252.jpg
f0308898_14291197.jpg
f0308898_14292234.jpg
f0308898_14292915.jpg
f0308898_14293737.jpg
f0308898_14295067.jpg
f0308898_14295761.jpg
f0308898_14310258.jpg
f0308898_14310950.jpg
f0308898_14312382.jpg
f0308898_14313037.jpg
f0308898_14313822.jpg
f0308898_14314544.jpg
「辷山」を下る
f0308898_14315559.jpg
駐輪している間に溜まった落葉
f0308898_14320282.jpg
「城西公園」を通って帰ろう
f0308898_14320805.jpg
f0308898_14321781.jpg
自転車の前カゴに
ボッチリ(=ちょうど)おさまる体型
f0308898_14322538.jpg

 約10年前、デジカメを使い始めた頃の画像を今になって見返すと、カメラのスペックは決して高くないのに、景色が若く逞しく美しいように感じられる。

 特に最近撮った山の画像は、近頃は人が立ち入る機会が減ってきているためか、ただただ雑木が繁って見通しも悪く、殺伐とした雰囲気さえ漂っている。

 水辺の画像もまた然り、どうにも透明感が弱くなった印象であるが、「写真」は「真」実を「写」すと書いている、自分が撮ったように写っているはず、先ずは自身の腕の悪さを認めなければ。

 

# by ky_kochi | 2018-12-01 14:16 | 番外編 | Trackback | Comments(4)

波介山展望公園(土佐市)

 土佐市の南に東西に連なる山なみは「波介山展望公園」として整備され、いくつかあるどの展望所からも、素晴らしい展望を楽しむことができる。

「義盛山」近くの巨木の予習に出かけた午後、展望公園内をリトルカブ「銀号」で周遊し、公園の東端にある「横瀬山」へは少しだけ歩いてみた。

f0308898_16203720.jpg
「神母(いげ)谷」から入山し
石鎚展望所(西端)から
横瀬山(東端)へと周遊
f0308898_16215673.jpg
こちらは午前中の「義盛山」で
f0308898_16222000.jpg
こちらが「波介(はげ)山展望公園」
f0308898_16223600.png
今年も銀杏の季節
f0308898_16230617.jpg
「波介川」の下流を見ながら南岸へ
f0308898_16231595.jpg
「波介山展望公園」入口
f0308898_16232429.jpg
「神母谷線」から入山
f0308898_16233252.jpg
一番東からの定番コース
f0308898_16234273.jpg
川沿いの道を進む
f0308898_16235131.jpg
「山の神様」の御神水とあらば
ゆめゆめ粗末にしてはならない
f0308898_16242267.jpg
「七渕神社」の背面
f0308898_16243260.jpg
良い雰囲気の登り坂
f0308898_16244787.jpg
「神母谷休憩所」
f0308898_16250593.jpg
見事な羊歯の群生
f0308898_16251427.jpg
こちらはキノコ
f0308898_16252514.jpg
ご機嫌な色合い
f0308898_16253433.jpg
尾根の三差路に突き当たると
先ずは「高山展望所」へと右折西進
f0308898_16254338.jpg
走りやすい舗装道
f0308898_16273587.jpg
「高山展望所」へは左折登攀
道なりに直進すると「石鎚展望所」
右下に下ると「スリバチ山展望所」
f0308898_16274231.jpg
「高山展望所」から見る
「浦ノ内湾」(須崎市)
f0308898_16275136.jpg
「浦ノ内湾」の南
「横浪半島」のさらに南が太平洋
f0308898_16275895.jpg
こちらの北側には土佐市街
f0308898_16280664.jpg
「スリバチ山展望所」が眼下に
f0308898_16581159.jpg
四等三角点「波介」(307.7m)
f0308898_16582334.jpg
電線が残念
f0308898_16582926.jpg
三角点の北西への回廊
f0308898_16583844.jpg
南西の「足摺岬」方向
f0308898_16584601.jpg
休憩中の「銀号」
f0308898_16585368.jpg
「高山展望所」へは徒歩がおすすめ
車でこのカーブで荒ぶると
お腹や顎を擦(こす)ってしまう

この日は先客があり撮影は遠慮したが
「高山展望所」には立派な東屋があり
主に北に展望した時の
山名プレート板があったように思う
f0308898_16590273.jpg
展望所入口から南東への回廊
f0308898_16591044.jpg
「石鎚展望所」への途中の「中畝公園」
f0308898_16591805.jpg
「石鎚展望所」へは左折登攀
f0308898_16592946.jpg
f0308898_16594983.jpg
f0308898_16595636.jpg
f0308898_17000384.jpg
小さな木立の中に「石鎚神社」
f0308898_17001093.jpg
木立の北側背後には
f0308898_17005239.jpg
「お鎖」もある
f0308898_17010155.jpg
木守りの柿
f0308898_17011096.jpg
「石鎚展望所」分岐から
「コタ谷加々谷線」を帰ることもできるが
f0308898_17011749.jpg
本日の最終目的地は
公園東端の「横瀬山」
ここでは下らずに東へUターン
f0308898_17012365.jpg
「高山展望所」下で
「スリバチ山展望所」へ寄り道
f0308898_17013258.jpg
なぜか
「スリバチ」が
「スルバチ」と
表記されている
f0308898_17013927.jpg
「高山展望所」が頭上に見える
f0308898_17014596.jpg
フィールド・アスレチック広場
f0308898_17015388.jpg
f0308898_17020084.jpg
f0308898_17020809.jpg
「高山展望所」下に戻って来た
「大峠展望所」へと左折東進
f0308898_17021886.jpg
「大峠展望所」下には「横瀬山」案内図
f0308898_17022634.jpg
「大峠展望所」へ登る長い階段
f0308898_17023307.jpg
この先を下ったところに
「塚地峠」や「茶臼山」への分岐あり
f0308898_17031213.jpg
「大峠展望所」からは
土佐市宇佐の街並みが良く見える
f0308898_17031969.jpg
展望所の南西に「茶臼山」への道
f0308898_17032852.jpg
いいね!
f0308898_17033537.jpg
エンジンをちょっと冷(さ)まそう
f0308898_17034507.jpg
晴れでも合羽は必需品
合羽は何よりの防寒具
f0308898_17035462.jpg
「横瀬山」へのハイキングコース

f0308898_17040339.jpg
ここまでカブで来たが
f0308898_17041042.jpg
せめてこの辺りからは歩こう
f0308898_17041878.jpg
落葉が膝にとてもやさしい
f0308898_17042759.jpg
猪のヌタ場
f0308898_17043400.jpg
猪のお風呂上がりの跡
f0308898_17044293.jpg
ハイキングコースは左下へと続くが
f0308898_17045255.jpg
階段を十段ほど登ると「横瀬山」山頂
f0308898_17045857.jpg
体の重い人はご遠慮下さい
f0308898_17055286.jpg
「横瀬山」の山頂広場
f0308898_17055986.jpg
三等三角点「横瀬」(296.5m)
f0308898_17060612.jpg
このプレートも時々お見かけする
f0308898_17061447.jpg
さらに東へと下りたいが時間切れ
f0308898_17062383.jpg
ベンチで羽を休める蝶々
f0308898_17063172.jpg
遅めの昼食と軍法会議
f0308898_17063997.jpg
ありゃ、倒(か)やっちょる
f0308898_17064699.jpg
ありゃありゃ
f0308898_17065332.jpg
猪のヌタ場の先でウリ坊に遭ったが
カメラの立ち上がりが間に合わず
f0308898_17070123.jpg
猪がしっかり遊んでいる
f0308898_17070991.jpg
尾根道を境にして植生が異なる
f0308898_17071815.jpg
木肌というよりは岩肌
f0308898_17072522.jpg
待機中の「銀号」
f0308898_17073333.jpg
再び「神母谷線」へと右折し麓へ
f0308898_17081368.jpg
早くも椿が咲いている
f0308898_17082199.jpg
キノコが豊富
f0308898_17082964.jpg
f0308898_17083622.jpg
おやっ、この滝は?
f0308898_17084310.jpg
谷に下る道を発見
f0308898_17085121.jpg
狛犬の先に鳥居と石段
f0308898_17085807.jpg
鳥居はビニルパイプで作られている
f0308898_17090579.jpg
滝の対岸には神社があるのだが・・
f0308898_17091253.jpg
「下ナギの滝」
f0308898_17092138.jpg
本殿は哀れ倒壊している
f0308898_17092843.jpg
この屋根はどこから?
f0308898_17093529.jpg
「いのししをすてるな」とは
ワサ(罠)にかかった猪を放置するな
の意であろうか?
f0308898_17094497.jpg
古い木の株から赤い葉が
f0308898_17095161.jpg
「七渕神社」正面
f0308898_17102851.jpg
「直会(なおらい)」のご案内
f0308898_17103426.jpg
へし折れてもなお
f0308898_17104332.jpg
小さい秋
f0308898_17105030.jpg
午前中の「義盛山」の巨木は
こんなイメージなのだが・・
f0308898_17105867.jpg
神社名は判読不能
f0308898_17110495.jpg
高知市はあっち
f0308898_17111073.jpg
「波介川」を北岸へと渡る
f0308898_17111820.jpg
帰りに左手にもう一度見る
「義盛山」山頂と南に聳える巨木
f0308898_17112682.jpg


 午前は「義盛山」南の巨木には会えなかった(と思っている)が、午後はリトルカブで「波介山展望公園」を周回することができた。

「義盛山」周辺では地元の方々に親切にしていただいたし、そこそこ膝の調子も良くなってきたように感じられた。「波介山展望公園」では、先週「須崎市営巡航船」で舟遊びをした「浦ノ内湾」を俯瞰することもでき、今日も楽しい秋の好日であった。




# by ky_kochi | 2018-11-23 12:00 | リトルカブ | Trackback | Comments(2)