ブログトップ

茶凡遊山記

chabon.exblog.jp

瓶ケ森(旧本川村)

 約30年前、磯遊び一辺倒だった小生を、山登りへとコペルニクス的に転換させたのが、石鎚山(愛媛県)の紅葉であった。

 石鎚山系の中でも特にお気に入りが「瓶ケ森」で、上空から見ると亀の甲羅に見えるといわれる、広大な笹原のスロープは何度歩いても見飽きることがない。

【ご注意】

 画像は平成21年8月に撮影したものです。


f0308898_19201913.jpg

 かねてより、この「瓶ケ森」の東に屹立する「西黒森」に登ろうと思いながら、今夏もどうも日程が合わず、というと聞こえが良いが、実際は夏山はヘビが怖いだけ。

 ここのところ山登りから離れていたので、「西黒森」への思いをかき立てつつ、平成21年8月の「瓶ケ森」を振り返ってみた。

国道194号線を「仁淀川」に沿って遡上
f0308898_19220987.jpg
f0308898_19222234.jpg
「高知アイス売店」はまだ手作り感一杯
f0308898_19230044.jpg
「木の根三里橋」の吊橋で休憩
f0308898_19235904.jpg
「平家平」(右)と「冠山」
f0308898_19235826.jpg
f0308898_19252713.jpg
f0308898_19252775.jpg
f0308898_19252777.jpg
「寒風山」(左)と「笹ケ峰」
f0308898_19252847.jpg
「旧寒風山トンネル」へと右折分岐
f0308898_19252682.jpg
f0308898_19263111.jpg
通称「UFOライン」へと左折
f0308898_19263184.jpg
「寒風山」登山口から「桑瀬峠」までは
少しばかりきつい
f0308898_19263114.jpg
「寒風山」(左)と「笹ヶ峰」
f0308898_19263131.jpg
「笹ヶ峰」(左)から東への稜線
f0308898_19263081.jpg
渋過ぎる素掘りのトンネル
f0308898_19274144.jpg
ケルンの前方に「伊予富士」
f0308898_19274124.jpg
「伊予富士」はこの東側からはきついが
西側の「東黒森」からはラクに登られる
f0308898_19464723.jpg
f0308898_19470439.jpg
「東黒森」の山裾を進むと
f0308898_19471461.jpg
f0308898_19473174.jpg
f0308898_19474964.jpg
「自念子ノ頭」が見えてくる
f0308898_19480446.jpg
ベリー・グッド!
f0308898_19481779.jpg
「自念子ノ頭(ジネンコノカシラ)」の左に
左奥のドーム状の「筒上山」から
さらに「手箱山」へと続く稜線
f0308898_19483064.jpg
中央やや右が「石鎚山」
f0308898_19502152.jpg
「手箱山」(左)と「筒上山」
f0308898_19503482.jpg
「神鳴池(かんならしいけ)」
f0308898_19504789.jpg
左前方に「瓶ケ森」の山塊
f0308898_19510716.jpg
携帯タンクよりガソリン補給
f0308898_19514829.jpg
「瓶ケ森」登山口
f0308898_19515911.jpg
大駐車場を後に入山
f0308898_19521642.jpg
「男山」を経由して「女山」(山頂)へ
f0308898_19522659.jpg
「西黒森」(左)と「ジネンコの頭」
f0308898_19525313.jpg
背中に「石鎚山」を見ながら登る
f0308898_19530540.jpg
すぐに駐車場を見下ろせる高さに
f0308898_19532553.jpg
f0308898_19533615.jpg
f0308898_19534766.jpg
f0308898_19535671.jpg
「男山」の手前
f0308898_19543036.jpg
f0308898_19550356.jpg
鎖場もゆるやかな勾配
f0308898_19555336.jpg
f0308898_19560535.jpg
広大な笹原のスロープ
「氷見二千石原(ひみにせんごくばら)」
f0308898_19562397.jpg
「氷見二千石原」の先に「石鎚山」
f0308898_19572294.jpg
f0308898_19573655.jpg
「男山」の祠
f0308898_19575055.jpg
次回登山予定の「西黒森」
f0308898_19580376.jpg
f0308898_19581685.jpg
f0308898_19582756.jpg
「女山」(山頂)を目指す
f0308898_19583938.jpg
鞍部が「西黒森」の西登山口
「吉野川源流の碑」
f0308898_19585186.jpg
f0308898_19593773.jpg
f0308898_19595104.jpg
植生も豊か
f0308898_20000273.jpg
f0308898_20002488.jpg
f0308898_20003388.jpg
f0308898_20005072.jpg
f0308898_20010391.jpg
f0308898_20011517.jpg
東方向の遠望
手前から「西黒森」「ジネンコの頭」
「東黒森」「伊予富士」「寒風山」
f0308898_20012751.jpg
いいね!
f0308898_20020376.jpg
f0308898_20021356.jpg
f0308898_20033621.jpg
f0308898_20035057.jpg
f0308898_20035920.jpg
「女山」(「瓶ケ森」山頂)に到着
f0308898_20041212.jpg
正面の「西黒森」へ
縦走する人が多い
f0308898_20042054.jpg
愛媛県西条市の方向(北西)
晴れていれば瀬戸内海が見える
f0308898_20042661.jpg
この頃は作業着に麦藁で登山をしていた
f0308898_20043454.jpg
f0308898_20050843.jpg
当機は徐々に高度を下げてまいります
f0308898_20051881.jpg
木馬(きんま)で滑り降りたい
f0308898_20052911.jpg
f0308898_20055433.jpg
f0308898_20061189.jpg
f0308898_20062114.jpg
f0308898_20064839.jpg
f0308898_20070769.jpg
ちょいと一休み
長い下りは膝に悪い
f0308898_20072469.jpg
f0308898_20074910.jpg
f0308898_20080382.jpg
f0308898_20081399.jpg
f0308898_20092050.jpg
f0308898_20095402.jpg
随所に親切な案内板
f0308898_20102749.jpg
ご高齢の方もあれば
f0308898_20103958.jpg
若い方もおられる
f0308898_20105009.jpg
しっかりとした造作
f0308898_20110164.jpg
年季が入って来た山小屋
f0308898_20114489.jpg
f0308898_20120394.jpg
f0308898_20121612.jpg
f0308898_20123027.jpg
f0308898_20124489.jpg
「石鎚山」を見上げるようになってきた
f0308898_20125513.jpg
f0308898_20130535.jpg
この辺りから白骨林が多くなる
f0308898_20132037.jpg
f0308898_20133419.jpg
f0308898_20135189.jpg
f0308898_20140152.jpg
f0308898_20141700.jpg
f0308898_20140152.jpg
f0308898_20144071.jpg
f0308898_20153425.jpg
f0308898_20154998.jpg
f0308898_20160143.jpg
上空を旅客機が
f0308898_20161003.jpg
根元がせり上がった五葉松
f0308898_20162315.jpg
「瓶壺」へ寄り道
f0308898_20163391.jpg
以前はかなり深かったが
砂利が入って悲しいほどの浅さに
f0308898_20164198.jpg
人間も給水
f0308898_20170321.jpg
登山道から近いので
是非お立ち寄りを
f0308898_20171470.jpg
f0308898_20172409.jpg
登山道へと戻る
f0308898_20173140.jpg
f0308898_20174320.jpg
f0308898_20175530.jpg
f0308898_20180740.jpg
「筒上山」や「手箱山」も
見上げる高さになって来た
f0308898_20181814.jpg
無事下山
f0308898_20182833.jpg
「子持権現山」に寄り道
f0308898_20183600.jpg
西から見上げる「瓶ケ森」
f0308898_20184788.jpg
「銀号」もまだ若い
f0308898_20190142.jpg
「石鎚山」ビューポイント
f0308898_20194799.jpg
f0308898_20201566.jpg
たしかこの枯れ木は
登山ガイドブックの表紙に・・
f0308898_20202449.jpg
次回はあの「西黒森」へ!
f0308898_20203384.jpg
東と西の登山口
どちらから登ってどちらへ降りるか
慎重に調査中
f0308898_20204133.jpg
振り返り見る「瓶ケ森」
f0308898_20205185.jpg
「神鳴池」に戻る
f0308898_20210380.jpg
「神鳴池」の登山口が
「西黒森」の東登山口になる
f0308898_20211132.jpg
「子持権現山」(左端)と「瓶ケ森」
f0308898_20212019.jpg
「石鎚山」がはるか遠くに
f0308898_20212970.jpg
ミラーの中で「子持権現山」が
おいでおいでと手招きしている
f0308898_20214142.jpg
「東黒森」が見えて来た
f0308898_20215310.jpg
「瓶ケ森」(左)と「西黒森」
「西黒森」は見る角度によっては
非常に尖って見える
f0308898_20220390.jpg
「自念子ノ頭」へ寄り道
f0308898_20221602.jpg
眺めが良いので
振り返り振り返り登る
f0308898_20222960.jpg
石鎚山系でヘビを見たのは
この稜線の登山道のみ
f0308898_20225387.jpg
「子持権現山」のズームアップ
f0308898_20230741.jpg
「自念子ノ頭」頂上
f0308898_20232929.jpg
そなたはたしか「伊予冨士」でも・・
f0308898_20233789.jpg
下山時の風景
「東黒森」(手前)から
「伊予富士」「寒風山」の稜線
f0308898_20243588.jpg
f0308898_20245003.jpg
トンネルを抜けると
f0308898_20245872.jpg
「伊予富士」登山口
こちらからがラクに登頂可能
f0308898_20250791.jpg
再びご機嫌なトンネルに入り
f0308898_20251674.jpg
思わず振り返る素掘りの素晴らしさ
f0308898_20252416.jpg
「寒風山」の山塊を正面に見て
f0308898_20253465.jpg
「旧寒風山トンネル」を右折
f0308898_20254886.jpg
「林道寒風大座礼線」は
東西線がかなり延伸したらしい
カブを買った当初
この林道にも随分とハマった
f0308898_20255877.jpg
石鎚山系の遊山時のキャンプ地
喫茶「うの花」
f0308898_20263203.jpg
f0308898_20264985.jpg
お気に入りの席
f0308898_20260807.jpg
f0308898_20273119.jpg
「女将さん、唐揚げ定食をお願いします」
f0308898_20283778.jpg
f0308898_20284836.jpg
f0308898_20290034.jpg
f0308898_20291325.jpg
店の下には清流「大森川」
f0308898_20292473.jpg
「新大森トンネル」を抜けると
一気に高度を下げ着陸態勢へ
f0308898_20293790.jpg
 相棒「銀号」で林道を駆け巡り始めて約1年ほどがたち、やおらハマって来たのが山登り。「村道瓶ケ森線」という呼び名が今でもしっくりくるが、東の「寒風山」から西の「石鎚山」までの間に連なる山々から手あたり次第に歩いて来た。

 そのうち半分くらいは、「銀号」で往復5時間くらいかけて登山口まで行き、そこから往復4時間くらいの山歩き。この日は「瓶ケ森」と「自念子ノ頭」の2山に登ったが、土佐弁でいう「ちょっこり」登れる山もあり、「石鎚山系」では実に楽しく遊ばせてもらった。

 それなりの標高と山容でありながら、隣りの「瓶ケ森」の人気に隠れて「西黒森」は登山者が少ないというが、「人の行く裏に道あり花の山」、次回の山行が今から待ち遠しい。


# by ky_kochi | 2017-10-01 19:18 | 登山 | Trackback | Comments(2)

案山子の里(徳島県三好市)

「剣山」登山口への途中、「三嶺」登山口がある「名頃」集落に、天空の里「案山子の里」がある。

 初めて見たのは平成21年3月の剣山からの帰り、奥山にやたらと人がいると思ったら、なんと住民に見えたのは案山子たちであった。それでは、8年前の画像をノーカットでどうぞ。

【ご注意】

 現在の「案山子の里」は、案山子の数もかなり減り、この記事の様子とはかなり異なっています。


f0308898_12485891.jpg
f0308898_12432837.jpg
f0308898_12441077.jpg
f0308898_12444726.jpg
f0308898_12450875.jpg
f0308898_12453492.jpg
f0308898_12461537.jpg
f0308898_12504998.jpg
f0308898_12463818.jpg
f0308898_12472823.jpg
f0308898_12481760.jpg
f0308898_12485891.jpg
f0308898_12490981.jpg
f0308898_12491899.jpg
f0308898_12492930.jpg
f0308898_12493930.jpg

 先日の「剣山」からの帰り、「名頃」で車を停めて集落を歩いてみたが、8年前と比べると案山子たちの高齢化も進み、百単位だったその人数もめっきり減っている様子であった。

「限界集落」という言葉が世に出て久しい。何十年か後には、案山子だけになるのではと思いながら車の方を振り返った時、小学生ぐらいの元気な子ども数人の姿が目に飛び込んできた。

「祖谷川」の対岸に見える平成24年に閉校になった名頃小学校、彼らがこの小学校に通うことはおそらくない。




# by ky_kochi | 2017-09-03 12:51 | 番外編 | Trackback | Comments(2)

剣山(2/2)【復路】(徳島県)


 山頂ヒュッテでうどんを食べ終わり、窓の外を見るといつの間にかミストは雨になっている。

 やれやれとカッパに袖を通したら、慌ててバイク用のカッパを持ってきたため、背負ったリュックの分だけ腹回りがきついのなんの。これもまた身から出た錆び、♪誰のせいでもありゃしない~みんなオイラガ悪いのさ~♪、っと。

下山したら晴れて来た
f0308898_15084758.jpg
西側の「大剱道」コースから登り
山頂の広場を周遊
東側の「尾根道」コースを下山

f0308898_14224079.jpg
帰路の寄り道は
キレンゲショウマの探索
f0308898_14225247.jpg
「剣山本宮」を後にする
ついぞ山頂パノラマには恵まれず
f0308898_14244475.jpg
往路は左で帰路は右
f0308898_14245618.jpg
ここからの眺望もさぞかし・・
f0308898_14251891.jpg
大きくヘアピンカーブを描く
正面の細道は通行止め

f0308898_14253075.jpg
ちと文字が読み取りづらい
f0308898_14254587.jpg
倒れてから久しいと思われる
キノコがびっしりと生えている
f0308898_14255628.jpg
黄色い部分は花だが
お名前を存じ上げず・・
f0308898_14260358.jpg
晴れるどころか・・
f0308898_14261113.jpg
暗がりになってきた
f0308898_14261842.jpg
晴れていれば見応えありだが
この天気では無気味なだけ
f0308898_14262955.jpg
黄色と紫の競演
f0308898_14263735.jpg
道を跨いで倒れたらしい
f0308898_14264587.jpg
いいぞ!
f0308898_14265911.jpg
よく整備された登山道
f0308898_14270896.jpg
孤高の人
f0308898_14272931.jpg
なかなか表情がある
f0308898_14273879.jpg
「刀掛の松」の広場に到着
強い風と風向きが見て取れる木々
西風がきついらしい
f0308898_14274788.jpg
「刀掛の松」
f0308898_14280202.jpg
きちんと狛犬が鎮座
f0308898_14281188.jpg
キレンゲショウマの案内板
f0308898_14282143.jpg
キレンゲショウマは
「剣山」を舞台にした
小説『天涯の花』(宮尾登美子)で
広く知られるようになった
f0308898_15201829.jpg
キレンゲショウマの群生地は
約200m先の行場付近とのこと
f0308898_14283064.jpg
周辺は清流の源流域にあたる
f0308898_14284084.jpg
鹿の食害対策のネット
f0308898_14284982.jpg
自然の盆栽
f0308898_14290214.jpg
まもなく200mだがと立ち止まると
頭上でフガフガと獣の吐息
剣山系には熊がいる・・
急に臆病風が吹き始める
f0308898_14291035.jpg
葉に付いた細かい水滴
f0308898_14292190.jpg
かれこれではあるまいか?
f0308898_14293853.jpg
晩夏に似合う色
f0308898_14294878.jpg
傾いた道標
f0308898_14300523.jpg
先ほどの獣の吐息の道を
再び通らなければと思うと
どうも意気が上がらず
ここで引き返してしまった
f0308898_14321113.jpg
キレンゲショウマには会えなかったが
ナイスな紫に会えた
f0308898_14322066.jpg
「刀掛の松」前の広場に戻る
正面が「尾根道」コース
左が「行場」
右が「大剱神社」
中央の赤い屋根は「枝折神社」
f0308898_14322834.jpg
ハイヒールで登って来る
強者の御婦人もいるというが
それもむべなるかなと思う登山道


f0308898_14323814.jpg
見づらいが
緑の葉の上には黄色の花
f0308898_14325810.jpg
小さなテラス状の脇道
ここも目の前は真っ白
晴れていればさぞ絶景であろう
f0308898_14331292.jpg
森の番人の五葉松
f0308898_14332346.jpg
中に大人が立てれるほどの洞(うろ)
f0308898_14333379.jpg
左に進むと「大剱道」コースへ
f0308898_14334293.jpg
んっ、ようやく晴れてきたか?
f0308898_14335364.jpg
これは期待できそう
f0308898_14340129.jpg
次郎笈」方向に雲の切れ間
f0308898_14351878.jpg
いかん、また麓からガスが・・
f0308898_14352806.jpg
この蝶々はチョコレート好き
f0308898_14354430.jpg
「伊予富士」(愛媛県)でも
チョコレートを食べ始めたら
どこからともなく飛来した
f0308898_14355260.jpg
またまた少しだけ晴れてきた
f0308898_14360196.jpg
地中に何か埋設されているのか
「高圧注意」とある
f0308898_14361789.jpg
この笹ヤブの中でガサゴソと
生き物の気配がしていたが
大蛇かと思って近づけぬ
f0308898_14363100.jpg
登山リフト「西島駅」に下山
ここにきて晴れてくれても・・
遅かりし由良の助
f0308898_14364482.jpg
いやいや贅沢は言うまい
f0308898_14420133.jpg
もうちょっと晴れてくれぬものか
f0308898_14431704.jpg
やはり野に置けタンポポの花
f0308898_14442690.jpg
今朝は真っ白だった方角に
頂上ヒュッテ「雲海荘」が見える
f0308898_14461154.jpg
「大剱道」コース登山口に戻る
f0308898_14462438.jpg
「西島神社」の方向に
巨大な岩塊が見えている
見たからには行っておこう
f0308898_15105694.jpg
「三嶺」には再びガスが
f0308898_14463744.jpg
クマザサのスロープ
f0308898_14464952.jpg
キャンプ場へと続く登山道
f0308898_14470565.jpg
こんなところにもケルン
f0308898_14471684.jpg
「西島神社」は
大岩の突き当りを右だが
f0308898_14472462.jpg
先ずはこの岩塊に登らねば
f0308898_14473324.jpg
白骨樹が混ざる
f0308898_14474280.jpg
この先へ行くには装備が必要
f0308898_14480624.jpg
足元はなかなか高い
f0308898_14481893.jpg
どのような立ち姿であったものか
f0308898_14562818.jpg
どうも天気がイマイチ
f0308898_14571382.jpg
「剣山」「三嶺」は鹿の食害が深刻
f0308898_14574403.jpg
岩遊びを終え「西島駅」へと戻る
f0308898_14581440.jpg
「丸笹山」も見えるように
f0308898_14584366.jpg
「塔丸」方向にも視界が
f0308898_14591335.jpg
もう少し遅く登山を開始すれば
f0308898_14594357.jpg
山頂付近の視界も変わっていたはず・・
f0308898_15001327.jpg
「次郎笈」も見えていたであろうに
やっぱり
慌てる乞食は貰いが少ない
f0308898_15004409.jpg
まだ3時前なのに
もう一度登る気力はなく
トボトボとリフト乗り場へ
f0308898_15011563.jpg
「丸笹山」が手招きしている
f0308898_15014510.jpg
すわっ、リフトから転落か?
f0308898_15191904.jpg
キレンゲショウマ

f0308898_15023549.jpg
登山靴が随分とくたびれてきた
雨が入るようでは寿命ですな
f0308898_15045839.jpg
ここだけ支柱が2本建て
f0308898_15050849.jpg
麓の「剱神社」からの登山道は
f0308898_15052188.jpg
ここでトンネルをくぐって
登山リフトと交差する
f0308898_15053414.jpg
古木に良く似合うキノコ
f0308898_15054642.jpg
これはまたレトロな筆致
f0308898_15055827.jpg
パンフレットに使われているマップ
f0308898_15060645.jpg
イノシシの親子
f0308898_15061991.jpg
鳥獣戯画の世界
f0308898_15062993.jpg
狸はどこかユーモラス
f0308898_15063819.jpg
鹿が森を食い尽くしている
f0308898_15064713.jpg
どちらも眼光が鋭い
f0308898_15065550.jpg
マグネット式になっている掲示板
売っていれば部屋に飾りたい
「石鎚」と「剣」の掲示板
f0308898_15070537.jpg
「剣山」の四季
f0308898_15072777.jpg
今朝とは打って変わった晴天
f0308898_15080562.jpg
「剱神社」が本来の登山口
f0308898_15124563.jpg
質素な「本殿」
f0308898_15131951.jpg
登山口は本殿に向かって右
f0308898_15133056.jpg
鳥居はないが注連縄がある
f0308898_15134292.jpg
小説『天涯の花』(宮尾登美子)の
記念モニュメント
f0308898_15135976.jpg
「さわやかな月光の花は凛として気高い」
彼女独特の男文字で刻まれている
f0308898_15142048.jpg
何を隠そうかなりの宮尾ファン
東京神田の神保町古書店街で
全集を見つけた時には
思わず奇声を発した
f0308898_14500969.jpg
f0308898_14503733.jpg
f0308898_14505457.jpg

境内の倒木にサルノコシカケ
f0308898_15143730.jpg
水場にもキレンゲショウマ
f0308898_15145229.jpg
酷道439号線の名所の一つ
「見の越トンネル」
f0308898_15150339.jpg
「三嶺」のガスも少し晴れてきた
f0308898_15151703.jpg
海抜の表示がある
f0308898_15152893.jpg
「名頃」(なごろ)
f0308898_15153832.jpg
「三嶺」の山塊
f0308898_15162184.jpg
「三嶺」の「名頃登山口」
f0308898_15162941.jpg
名頃は「案山子の里」として有名
f0308898_15163814.jpg
必要は発明の母
f0308898_15164840.jpg
案内板は新調されていた
f0308898_15170808.jpg
海抜がかなり下がってきた
f0308898_15171421.jpg
岩の勝ち
f0308898_15172558.jpg
ここも岩の勝ち
f0308898_15173624.jpg
道路わきに案山子が
f0308898_15174435.jpg
やや古くはなってきたが
f0308898_15175682.jpg
なかなかリアル
f0308898_15180911.jpg
「菅生」(すげおい)
f0308898_15182352.jpg
「久保」
f0308898_15183466.jpg
酷道439号線(左折)との分岐

f0308898_15184287.jpg
「道の駅」のトイレの貼り紙
水が止まると聞くと
高知県人はつい渇水を連想するが
そうではないらしい
f0308898_15185147.jpg
「剣山」の別名は「太郎笈」、山頂から1時間ほどで行ける「次郎笈」へも歩いてみようと来てみたが、この日はあいにくの天気で残念至極。

 休日登山なので、いつも晴れというわけにはいかない。が、登山口は濃霧でも、山頂で絶景に会えた「伊予富士」、一瞬だったがガスが晴れた「寒風山」、の例もあった。

 山頂に着く頃には晴れるはずであったが、登山口に降りたとろで晴れというのは、今回が初めて。そして、「また来よう」と、実に久方ぶりに思う山となった。






# by ky_kochi | 2017-08-28 12:00 | 登山 | Trackback | Comments(0)