ブログトップ

茶凡遊山記

chabon.exblog.jp

カテゴリ:廃線( 2 )

笹場信号所跡(中土佐町)

 JR四国の「土讃線」には、坪尻駅(徳島県三好市)と新改駅(高知県香美市)の2つにスイッチバックがあるが、高知県の土佐久礼駅と影野駅との間にある「笹場信号場」跡に、昭和22年からわずか2年足らずの間だけ営業されただけの、幻のスイッチバックの引込線の遺構が残っている。

【ご注意】画像は平成21年2月のものです。
f0308898_07401033.jpg
中土佐町久礼の「大正市場」で
鰹のタタキを満喫したあと
上ノ加江の「わかしや」へ

残念、本日休業
f0308898_08332167.jpg
見事な和舟
f0308898_08333617.jpg
上ノ加江の浜
f0308898_08340188.jpg
やっぱり地球は丸い
f0308898_08341864.jpg
海水と真水が混じる汽水域
f0308898_08343238.jpg
「笹場の大イチョウ」から西に入る
f0308898_08344826.jpg
大銀杏は「お梅さんの木」と呼ばれ
平家のロマン伝説が残っている
f0308898_08350413.jpg
舗装路を道なりに進む
f0308898_08352386.jpg
舗装が切れたら農道を
f0308898_08354284.jpg
右上に登る作業道が見えてくる
f0308898_08360188.jpg
快適な作業道は
カブでも走れそうだが
ここは慎んでおこう
f0308898_08361995.jpg
ゆるやかな登りが続く
f0308898_08364706.jpg
立派なシダの葉
f0308898_08370585.jpg
すぐに本線に取り付く
f0308898_08372141.jpg
鉄道標識はなぜかシュール
f0308898_08373505.jpg
線路のカーブに関連する用語で
ECCは円曲線の終点
End of Circular Curveの略
f0308898_08375557.jpg
 短いホームの跡が残っている、ここでタブレットの授受が行われていたものと思われる。

 このホームの先で、本線とX線状に交差した引込線が右奥へと突き進んでいたはずだが、現在はすっかり藪に覆われていてその痕跡が見えない。

f0308898_08382217.jpg
「第5笹場トンネル」(下り)
「影野」方向
f0308898_08384155.jpg
「四鉄笹場トンネル」とある
f0308898_08385860.jpg
「第4笹場トンネル」(上り)
「土佐久礼」方向
f0308898_08392211.jpg
Ωとは懐かしい
f0308898_08394132.jpg
下り特急「南風」号が
ひたひたと近付いてくる
f0308898_08402443.jpg
アンパンマン列車が通過する
f0308898_08404938.jpg
なかなかの迫力
f0308898_08410409.jpg
「笹場信号場」は山上にあり平坦な場所がなく、引込線はトンネルを掘っていた。引込線が、本線とX線上に交差する形のスイッチバックであった。
f0308898_08413263.jpg
「第4笹場トンネル」の右に、黒っぽく写っている部分がかつての引込線のトンネル入口の跡になる。
f0308898_08415786.jpg
 昭和22年からわずか2年足らずで営業廃止となったとは思えないほど、コンクリート製のトンネルは真新しい。

f0308898_08421215.jpg
作業員の避難場所もある
f0308898_08422980.jpg
トンネルの先は突き当りで
f0308898_08425089.jpg
軌道終点標識の台座であろうか?
シュールのひとこと
f0308898_08431325.jpg
側溝もまた鉄道独特の雰囲気
f0308898_08435438.jpg
根元はしっかり丈夫かったけんど
幹が脆弱(はそ)かったかの?
f0308898_08441779.jpg
下山開始
f0308898_08444177.jpg
f0308898_08445713.jpg
f0308898_08452082.jpg
久礼湾の先に横波半島
f0308898_08453892.jpg
「黒潮本陣」で休憩
f0308898_08460152.jpg
近く新港には道の駅がオープンする
山上に見えているのが「黒潮本陣」
f0308898_08462761.jpg
久礼のシンボル「双名島」
f0308898_08464780.jpg
中土佐町久礼は言わずと知れた
鰹一本釣りの町
「鰹の圀のお手洗」もお洒落
f0308898_08471284.jpg
「安和」駅に寄り道
f0308898_08473577.jpg
太平洋に近接するトロピカルな駅
f0308898_08483238.jpg
トンネル手前の
線路の微妙なたわみこそ
2番ホームに分岐していた頃の
ポイント跡の名残では?
f0308898_08485528.jpg
かつての2番ホームか?
f0308898_08491539.jpg
春の使者「スイセン」が満開
f0308898_08493245.jpg
「安和」駅には以前、もう1つホームがあって、上り下りそれぞれ別のホームに停車したように思うし、特急列車行き違いのために使われていたようにも思う。

「安和」集落にも、かつてはたくさんの子どもたちの姿があった。使われなくなったホームに咲くスイセンは、次の汽車の到着を待つ人の群れのようにも見える。

 スイセンの花が咲き始めると、土佐路には歩き遍路さんをよく見かけるようになる。冬来たりなば春遠からじ、もう少しで春が来る。

by ky_kochi | 2017-02-11 17:31 | 廃線 | Trackback | Comments(4)

土讃線廃線軌道跡(大豊町)

 土讃線の歴史は、豪雨災害との闘いの歴史でもある。

 これまでにも、そのルートは何度も変更、改修されて今日に至っている。
 
 画像は、平成19年12月に、初めて大杉周辺の廃線軌道跡を訪ねた時のもので、もうすでに7年が経過している。今ではずいぶんと様子も変わっていると思われるので、お出かけの際には十分な下調べを。


f0308898_1532279.jpg



日本一の大杉よりも
最近は碁石茶の方が
ややメジャー
f0308898_132350.jpg

大杉駅構内には
鉄道ファンにはたまらない
オブジェがいっぱい
f0308898_1321629.jpg
f0308898_1323036.jpg
f0308898_1324551.jpg

f0308898_15452327.jpg

f0308898_133078.jpg

大杉駅から南へ歩けば
大杉隧道が貫通する前の
旧線の軌道跡
f0308898_18581778.jpg

旧軌道はここから道なりに
穴内川に沿って南下していた
f0308898_1332166.jpg
f0308898_1333223.jpg

警笛に振り返ると
アンパンマン列車が
大杉隧道に進入中
f0308898_1859847.jpg


このまま舗装路を
真っ直ぐ進むか
あるいは
「道の駅大杉」前で
大豊トンネルには入らず
旧国道32号線に分岐すると

いよいよ旧線跡は
本日のメインステージ
廃線鉄橋跡へと分岐する
f0308898_1372124.jpg

小さな跨線橋を過ぎると
f0308898_1374977.jpg

あれに見えるは?
f0308898_1373632.jpg

この鉄橋こそ
この先に1軒だけある民家に
お住まいのかたのため
今も残されている旧鉄橋
f0308898_138579.jpg

今は線路は取り外されている
f0308898_1381830.jpg

完全には固定されておらず
歩くたびにガタガタと
軋むコンクリート板
f0308898_1539518.jpg

f0308898_15391856.jpg

川面までは存外と高い
足元を撮るのはどうも気乗りしない
f0308898_15465469.jpg

f0308898_1547598.jpg

対岸に渡り切ったあたりでは
真っ直ぐに伸びている軌道跡
f0308898_138389.jpg

このゆるやかなカーブは
たしか小学校の修学旅行で
見たような記憶が・・
f0308898_13473077.jpg
f0308898_13474689.jpg

1軒だけ残る民家を通り過ぎ
少しだけ藪漕ぎをすると
新大杉トンネルに並行して残る
旧線にあったロックシェードが現れる
f0308898_13522726.jpg

f0308898_15363922.jpg

ここで一休み
線路に地図を広げて
次の目的地
剣ヶ峯隧道跡をチェック
f0308898_14483110.jpg


【ご注意】

 土讃線の車両はディーゼルエンジンなのに、特に特急列車は意外なほど静かに、むしろ音もなく近付いてきます。普通列車の方が、まだ音に気付きやすいかもしれません。

 特にトンネル周辺では、線路内に立ち入っての撮影は大変危険です。気が付いたら目の前に列車が、ということも。

 くれぐれもご注意ください。



ご立派としか
f0308898_15374032.jpg

高知自動車道からも
一瞬だけ見える
MIZUNO大豊工場
f0308898_1352379.jpg

来る時には気付かなかった
巨大なスズメバチの巣
f0308898_13524516.jpg

再び鉄橋まで戻る
f0308898_13525547.jpg

f0308898_1382734.jpg

向こう岸に戻ると
シュールな角度で傾いた
キロポスト
f0308898_13535046.jpg

今渡って来た廃線鉄橋と
f0308898_1354943.jpg

穴内川の対岸
旧国道32号線から見る
今くぐって来たロックシェード跡
f0308898_13541896.jpg

板木野洞門の付近で
「ゆとりすとおおとよ」方向へ左折
対岸に渡った所で駐車し
通行止めのガードレールを跨ぐ
f0308898_13542725.jpg

何やら遺構が近付いてくる
f0308898_13544145.jpg

逆光で見ると
相当くたびれているが
f0308898_13545222.jpg

振り返るとそこには
見事なロックシェード
f0308898_1355060.jpg

その先についに発見
f0308898_1355977.jpg

剣ヶ峯隧道のプレート
なぜか
剣ヶ峯と剣ヶ峰
の二重貼り
f0308898_13551677.jpg


廃線軌道跡散策の後は
日本でも珍しい鉄橋上の駅
土佐北川駅に道草
f0308898_1355255.jpg

通過する特急南風の迫力は
なかなかのもの
もし上りと下りの南風が
同時に通過したら
ホームに立っているのは
かなり怖いのでは
f0308898_13553313.jpg

土佐北川駅の全景
この橋の上に駅があるとは
行ってみないとわからない
f0308898_13564345.jpg


国道33号から
穴内川の対岸をみると
旧軌道の橋桁の跡が二つ三つ
f0308898_13554790.jpg


高速道路ができてから
あまり通らなくなった根曳峠
峠直下の見事な銀杏に送られて
高知市へ
f0308898_14181823.jpg

 あまりの冷やさに、リトルカブでの遊山はすっかりシーズンオフ。

 天敵のヘビのいないこの時期、登山にはもってこいの季節なのに、こちらも寒さに負けてズボラを決め込んでいる。

 しからばと、登山とリトルカブ以外のお気に入りのジャンル、鉄道廃線跡散策と滝めぐりの昔の画像の中から、まずは鉄道廃線跡散策をと思い立った次第。

 ここ最近、昔の記事ばかりで、どうにも気迫において不足する。「今」を書くのがブログらしい、来年こそは、野外に出かけねば。

by ky_kochi | 2014-12-29 13:06 | 廃線 | Trackback | Comments(0)