ブログトップ

茶凡遊山記

chabon.exblog.jp

キレンゲショウマ(梼原町)

 キレンゲショウマという花は、山に登る人は見聞きする機会が多いが、一般のかたの多くは、宮尾登美子さんの小説『天涯の花』で初めて知ったのではないかと思う。

 深山の湿った木陰にまれに見られるユキノシタ科の多年草で、7~8月に,茎の先に美しい円錐状の黄色い花が咲く。

 日本三大カルストの一つ、「四国カルスト高原」の南麓に広がる「梼原町」の「百一草園」に、キレンゲショウマを訪ねてみた。


f0308898_10313933.jpg
花と蕾はこんな感じ
f0308898_19374307.jpg
「百一草園」のパンフレット
f0308898_20194471.jpg
園内にはさまざまな植栽が広がっている
f0308898_20203180.jpg

 本日は平成29年7月16日、キレンゲショウマはまだほとんどが蕾だったので、平成25年8月11日の画像をどうぞ。

f0308898_20335042.jpg
f0308898_20344865.jpg
f0308898_20361099.jpg
これは「ヤマゴボウ」
f0308898_20390675.jpg

 国道197号線遊山の際のベースキャンプ「自由軒葉山店」の、定番セットメニュー「ラーメンチャーハン」(ラーメン+半チャーハン)、通称「半チャン」で腹拵え。

 本日は、味噌ラーメンでオーダー。

f0308898_19063000.jpg
 
 国道197号線を、愛媛県大洲市方向へと向かう。作家司馬遼太郎翁が「梼原街道」と呼んだ往還は、須崎市~津野町~梼原町の付近は「津野山街道」とも呼ばれている。

「宮谷」集落入口にある「大わらじ」
f0308898_19064775.jpg
スイカの良心市
スイカにもいろいろな種類がある
f0308898_19074232.jpg
かつてこの集落に疫痢が流行った時
魔除けとして作られたという
f0308898_19074295.jpg
地元で「金剛バッコ」と呼ばれる大わらじ
f0308898_19074153.jpg
「梼原町」は雲の上の町

「梼原町」に入ると「太郎川公園」には
「雲の上のホテル」と
「雲の上のレストラン」
f0308898_19074258.jpg
こちらは「雲の上の市場」
f0308898_19074210.jpg
「雲の上の温泉」と
「雲の上のプール」に
「ライダーズイン雲の上」
f0308898_19103333.jpg
この交通標語の作者は何と高知県人!
f0308898_19074266.jpg
「梼原町」の中心街
高知の山間部にある町村では
「馬路村」と並ぶ双璧
f0308898_19143935.jpg
「東向(こちむき)」集落への分岐
このあたりから道案内が現れる
f0308898_19145308.jpg
「東向」には興味深い逸話が残る
f0308898_19134340.jpg
「四万川川」(しまがわがわ)に沿って
坂本龍馬脱藩の道を遡上して行く
 (注)「四万十川」ではなく「四万川川」

その名も「だっぱん屋」
カフェ&パン「D'aPan屋」の案内も見える
f0308898_19134327.jpg
「六丁」集落で右折
「本モ谷川」を北へと遡上
f0308898_19134337.jpg
「龍馬脱藩の道」もここを右折する
f0308898_19162943.jpg
「加藤清正」の伝説が残る
f0308898_19171398.jpg
信仰深い土地柄
ミニ八十八か所が随所にある
f0308898_19172519.jpg
「四万川東小学校」跡
f0308898_19175822.jpg
校門跡には
石塔に扉付きで埋め込まれた時計
「昭和3年11月御大典」と刻まれている
f0308898_19173769.jpg
小学校跡の右手に「三嶋神社」
f0308898_19182934.jpg
周辺には見所がいっぱい
「百一草園」のある「東川」へは
神社前の橋を右折するが
「三嶋神社」は見ておこう
f0308898_19184157.jpg
なかなか立派な社殿
f0308898_19202184.jpg
伊予からの大軍攻撃の際に
伊予三嶋大明神に祈願
見事勝利を得たのが縁起
f0308898_19210244.jpg
鳥居の扁額も荘厳
f0308898_19212148.jpg
なかなか入念な造作
f0308898_19214598.jpg
木像建築は風通しの良さが重要
f0308898_19220839.jpg
神楽が奉納されるらしい
f0308898_19223879.jpg
見事な彫刻が施されている
f0308898_19242194.jpg
青地の白抜きは初めて見た
f0308898_19243562.jpg
いいね!
f0308898_19255275.jpg
小さな橋を斜め右に渡ると
電柱に「200m先右折」の案内
f0308898_19282357.jpg
ここにもミニ八十八か所
f0308898_19283788.jpg
最後にこの三差路を右折
f0308898_19285241.jpg
山の人々の仕事はいつも丁寧
f0308898_19291215.jpg
ほどなくゲストハウスに到着
f0308898_19293285.jpg
その名も「咲くまで待とう館」
f0308898_19332804.jpg
福寿草も見られるらしい
f0308898_19342589.jpg
よくお見かけしますが・・
f0308898_19344382.jpg
ゲストハウスは山小屋風
f0308898_19393883.jpg
昼寝をさせてもらいたい蹴上がり
f0308898_19395421.jpg

「キレンゲショウマ」は、黄色い「レンゲショウマ」とばかり思っていたが、その発見から命名に至るまでには、深い事情があったらしい。

 矢田部博士の命名に対し、植物学の巨星、かの牧野富太郎翁が強く非難したと書かれている。

f0308898_19402005.jpg
f0308898_19403257.jpg
 まだ見頃ではなかったためか、先客はない様子。前回はたしか入園料を支払ったように思い、「百一草園」入園の際、隣接するログハウスにおられたご夫婦に声をかけてみた。

 奥におられたので自信はないが、垣間見た面差しからすると、この男性が草園のオーナーと思われる。

f0308898_19404648.jpg
それでは園内の最上部
第1駐車場から入園
f0308898_19432600.jpg
草園はかなり広い
f0308898_19433728.jpg
早速キレンゲショウマのお出迎え
f0308898_19434638.jpg
たしかに「虎の尾」に見える
f0308898_19435459.jpg
まだほとんどが蕾
f0308898_19440351.jpg
緑に黄色のコントラスト
f0308898_19444350.jpg
あなたがヤマゴボウさんでしたか
f0308898_19445017.jpg
たしかこの小径には「カタクリ」の名が
f0308898_19445953.jpg
「ヤマシャクヤク」であろうか?
ちっとも草花の名前が判らない
f0308898_19451934.jpg
f0308898_19453498.jpg
f0308898_19455502.jpg
見覚えのある道標
f0308898_19460580.jpg
数輪が開花している
f0308898_19461420.jpg
「実が生っています」とある
f0308898_19462122.jpg
クロイチゴはバラ科
f0308898_19463739.jpg
「てまり咲き」「八重咲き」「白花」「緑花」
「クサアジサイ」には咲き方があるらしい
f0308898_19473350.jpg
奥に分け入りたいが蛇を踏みそうで・・
f0308898_19474248.jpg
「トチバニンジン」の「トチバ」は
「栃葉」であろうか?
葉の形がトチの木に似ているような・・
f0308898_19475176.jpg
路傍の苗床
f0308898_19475900.jpg
発見者の渡辺協氏に由来する「ワタナベソウ」
f0308898_19481125.jpg
これは「ワタナベソウ」ではなさそう
f0308898_19484013.jpg
再び「キレンマショウゲ」群
f0308898_19485048.jpg
花はうつむきがちに咲く
f0308898_19485843.jpg
作業道の上段と下段に群生
こちらは上段
f0308898_19491189.jpg
初めてお目にかかります
f0308898_19492421.jpg
「斑入リオカトラノオ」
葉っぱに斑があるからか?
f0308898_19493778.jpg

第1駐車場の「白花姫平江帯」

最上部の第1駐車場の途中には
麓からいくつかの駐車場がある
f0308898_19501064.jpg
どこに咲いておいでますぞ?
f0308898_19501967.jpg
な、なるほど
f0308898_19503115.jpg
このあたりが福寿草エリアか?
f0308898_19504002.jpg
ゲストハウスを後にする
f0308898_09423627.jpg
「茶や谷」の茶堂へ寄り道
f0308898_19515191.jpg
「梼原町」には現在13の茶堂が残っている
f0308898_19520939.jpg

 茶堂には木像や石像が安置され、かつて津野山郷を治めた津野氏の霊を慰めるとともに、行路の人々に茶菓の接待が輪番制で行われていた。


丁重にお祀りされている
f0308898_19522055.jpg
茶堂だけに茶卓もある
f0308898_19523120.jpg
左奥の壁には
輪番の接待役の名前が
細かく板書されている
f0308898_19524985.jpg
脱藩の道は
「韮ケ峠」を越えて
伊予の国へと続く
f0308898_19535873.jpg
「耕して天に至る」
この地は棚田でも良く知られている

先ずは「野越トンネル」手前を左折
「神在居(かんざいこ)」の「千枚田」へ
f0308898_19541564.jpg
展望所が設けられている
f0308898_19542656.jpg
司馬遼太郎翁が絶賛したという
「神在居」の千枚田
f0308898_19543691.jpg
国道のトンネルの上が
先ほどの展望所
f0308898_19544820.jpg
巨大な杉の根元だけが見えている
f0308898_19584620.jpg
小さな鎮守の森に向かう
f0308898_19590177.jpg
大きな時化(台風)が来ませんように
f0308898_19591485.jpg
釈迦堂の傍らに
f0308898_19592766.jpg
「折れ大杉」と
f0308898_19593663.jpg
「千枚田オーナー制度」発足の記念植樹
f0308898_20003622.jpg
古株の上端から垂れた杉が
現在も活きているという
f0308898_20005497.jpg
今年初めて見るアマガエル
f0308898_20011187.jpg
枯杉の根元にミニ八十八か所
f0308898_20012052.jpg
黄緑色に良く映える黄色
f0308898_20014675.jpg
「津野町」にあるもう1つの棚田
棚田の里「貝ノ川」集落へと左折
f0308898_20022628.jpg
「貝ノ川」は「オオタヲ山」の山麓にある
f0308898_20024358.jpg
随所に道標があり迷うことはない
f0308898_20025893.jpg
ここを左手前に大きく切り返し
展望スポットへとひたすら登攀
f0308898_20031573.jpg
登り詰めた所が
「貝ノ川」の棚田の展望スポット
f0308898_20032836.jpg
キャンドル・イベントが催される
f0308898_20041730.jpg
f0308898_20044184.jpg
これまたお見事!
f0308898_20045220.jpg
 キレンゲショウマをメインに訪ねるつもりが、いつもの道草癖のために、茶堂や棚田につい寄り道。

 道草の先々で新情報を発見するため、次の訪問地に事欠くことはないが、年齢とともに最近どうも行動力が衰退してきたように感じ始めてきた。

 相棒『銀号』は、10年を経てなお健康そのもので、軽やかなエンジン音をたてている。メタボな騎手も、もう少しの間、健康で遊山を続けたいと願っている。


 






by ky_kochi | 2017-07-16 10:00 | 番外編 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://chabon.exblog.jp/tb/27977953
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 禅師峰寺(南国市) 衣ケ島(高知市) >>