ブログトップ

茶凡遊山記

chabon.exblog.jp

衣ケ島(高知市)

♪御畳瀬見せましょ~浦戸を開けて~月の名所は桂浜♪

 かつて1万トン級フェリー「さんふらわあ号」が入港していた、高知市の海の玄関「浦戸湾」の中央に、飛び石のような3つの島がある。

「鷲尾山」や「大平山」に登るたび、ゆっくり出かけてみようと思っていた島に、梅雨の晴れ間の午後、夕涼みがてらカブで行ってきた。

f0308898_08494656.jpg
「鷲尾山」からの遠景
左から「玉島」「衣ケ島」「ツヅキ島」
対岸は「大平山」
(平成28年1月)
f0308898_21224491.jpg
「大平山」からの遠景
右から「玉島」「衣ケ島」
「ツヅキ島」は「衣ケ島」に隠れている
対岸に「南嶺」の山々
(平成26年11月)
f0308898_21240812.jpg


高知城を南へ
f0308898_20025692.jpg
土佐二十四万石の下屋敷跡
f0308898_20031198.jpg
「はりまや橋」に似ているが
「鏡川」にかかる「天神大橋」
f0308898_20032575.jpg
「浦戸湾」の北西部「孕東町」
正面に「五台山」が見えている

左前方の岸壁にはかつて
1万トン級フェリー
「さんふらわー号」が発着していた
f0308898_20033619.jpg
セメント工場から旧道へと入る
f0308898_20034401.jpg
なかなかシュール
f0308898_20040526.jpg
「浦戸湾」の出口が見える
海の向こうは亜米利加
f0308898_20053214.jpg
左から「玉島」「衣ケ島」「ツヅキ島」
f0308898_20054223.jpg
旧道は「灘」で
「宇津野トンネル」からの
県道34号線と合流する
f0308898_20055328.jpg
♪街の灯りがとてもきれいねヨコハマ~♪
「横浜」バス停のそばに「衣ケ島」の案内
f0308898_20061307.jpg
すぐに「ツヅキ島」への専用道となる
f0308898_20062541.jpg
「衣ケ島橋」を渡り「ツヅキ島」へ
f0308898_20063408.jpg
神社が見えて来た
f0308898_20065483.jpg
南は「月の名所の桂浜」
f0308898_20072029.jpg
「桂浜」へと渡る「浦戸大橋」が見える
f0308898_20073706.jpg

「衣ケ島橋」を渡った先の、神社のあるこの島は「ツヅキ島」で、「衣ケ島」ではない。

「ツヅキ島」のもう一つ東にある「衣ケ島」は、国土地理院の地図には「衣ケ島」とあるが、この地図では「ナガツヅキ島」と表記されている。

 さらに、「ツヅキ島」を「衣ケ島(一)」、「衣ケ島」を「衣ケ島(ニ)」と表記しているところを見ると、昔は二つをひっくるめて「衣ケ島」と呼んでいたのでは・・

f0308898_20074794.jpg

「浦戸湾十景」の碑が建っている。

 先人のサイトによれば、「浦戸湾十景」とは、昭和7年5月15日に高知新聞社が県民に公募した浦戸湾内の名勝地ベストテンで、昭和7年8月14日の高知新聞に、『介紹景十新内湾戸浦』と紹介されたらしい。

 この「衣ケ島」をはじめ、「八州」「新田堤」「高知中の島」「長浜の桜堤」「丸山台」「愛宕山の眺望」「久万の海岸」「小一宮の宮桜」「西孕観音院」が選ばれたようであるが、地元の組織票であったのではないかとの噂もあるらしい。

f0308898_20081661.jpg

「ツヅキ島」の「仁井田神社」の由緒書きに、高知県西部の旧窪川町、現在の四万十町に関連する記事を見つけた。

 神社は、伊予の小千氏(後の越知氏)の先祖神で、新田開発の守護神とのこと。小千氏の祖、小千玉澄公は訳あって「浦戸湾」の「御畳瀬(みませ)」に上陸したが、神託を得て窪川町に移住し、先祖神六柱のうち五柱を窪川町の高岡神社(五社神社)に祀り「仁井田五社明神」と称したとある。

 窪川町は生まれ故郷で、子供の頃には「ごしゃさん」と呼ばれる「高岡神社」の縁日に出かけたことがある。また、「台地米」や「香り米」として知られる「仁井田米」は窪川町の地名「仁井田」に由来する。

f0308898_20084425.jpg
「仁井田神社」
f0308898_20085502.jpg
隣には「鎮若宮八幡宮」
f0308898_20091453.jpg
以前はバイクで行けたが
現在は二輪車は通行禁止
f0308898_20092461.jpg
正面に「玉島」
右手前に「衣ケ島」
f0308898_20093380.jpg
干潮につき「衣ケ島」へ渡渉可能
干潮時には2つの島が地続きになることから
「続島」と「長続島」と思われる
f0308898_20094672.jpg
♪海が割れるのよ~道ができるのよ~♪
f0308898_20104115.jpg
「衣ケ島」一周ツアー出発
本日は島を反時計回りに一周する
f0308898_20114035.jpg
海の青さが写らない
f0308898_20115836.jpg
島の南側
f0308898_20121392.jpg
「浦戸大橋」
f0308898_20122657.jpg
対岸に「大平山」
f0308898_20135278.jpg
根元はまだ島に根付いている倒木
f0308898_20140895.jpg
フナムシの大群が這い廻っていたが・・
f0308898_20141925.jpg
カメラを向けると早足で逃げ隠れる
f0308898_20144290.jpg
「衣ケ島」の東端
正面の「玉島」へは
船でないと渡れない
f0308898_20145534.jpg
島の北側
f0308898_20152025.jpg
あれにおわすは?
f0308898_20154938.jpg
ご苦労様です
f0308898_20163744.jpg
もう少しで「衣ケ島」一周
f0308898_20172949.jpg
対岸に「ツヅキ島」が見えてきた
さっきより潮が引いている
f0308898_20175601.jpg
左を見ながら
f0308898_20181141.jpg
右を見ながら
f0308898_20182584.jpg
「ツヅキ島」に戻り
振り返り見る「衣ケ島」
潮だまりができている
f0308898_20184412.jpg
本日この時間が干底の53センチ
難なく「衣ケ島」を一周できた
f0308898_20185633.jpg
「仁井田神社」に戻ってきた
f0308898_20191766.jpg
「ツヅキ島」を後に対岸へ
f0308898_20192720.jpg
「浦戸大橋」を遠望
右の小島は「裸島」
f0308898_20194264.jpg
「浦戸大橋」の南詰は太平洋
「坂本龍馬記念館」は
現在リニューアル工事中
f0308898_20195138.jpg
トロピカルな観光道路を「桂浜」へ
f0308898_20205378.jpg
「竜王岬」への近道
f0308898_20211862.jpg
作業道の先に
f0308898_20213240.jpg
遊歩道が現れ
f0308898_20214480.jpg
すぐに「竜王岬」の北に降り立つ
f0308898_20215877.jpg
左手の浜が「月の名所の桂浜」
f0308898_20221010.jpg
ここからが「竜王岬」への遊歩道
f0308898_20221917.jpg
「海津見神社」(竜王宮)
f0308898_20222992.jpg
「五色の浜」で知られた「桂浜」も
この辺りは磯になっている
f0308898_20224357.jpg
西へ遥かに続く砂利浜
「横浪半島」の左に
うっすらと「興津岬半島」
f0308898_20225733.jpg
きれいな花が咲いていたが
葉っぱしか写っていない・・
残念
f0308898_20230939.jpg
「桂浜」を見ながら下山
f0308898_20232460.jpg
再びの登り
心なしか夏バテ気味のユリ
f0308898_20234043.jpg
「足摺岬」の方向(西)
f0308898_20235253.jpg
「浦戸湾」の東岸から
3つの島を南から見る
f0308898_20242313.jpg
「浦戸湾」の東岸から
3つの島を北から見る
f0308898_20245698.jpg
「浦戸湾十景色」のひとつ
「八州」の「大膳神社」
山門には「お狸様」が鎮座
狛犬ならぬ狛狸には
面白い伝説が残っている
f0308898_20251072.jpg
「八州池」に浮かぶ「浮御堂」
f0308898_20252399.jpg
「毘沙門天浮御堂」
f0308898_20254809.jpg
「浦戸湾十景色」のひとつ
「高知中の島」
f0308898_20261753.jpg
下流に見える「鏡川大橋」の左岸が
「高知中の島」
f0308898_20263212.jpg
「浦戸湾十景色」のひとつ
「新田堤」は
「板垣退助邸跡」の北
f0308898_20265080.jpg
台座に注目
f0308898_20271262.jpg
「板垣退助邸跡」の碑と比べると
f0308898_20280232.jpg
配置が逆になっている
f0308898_20282168.jpg
「浦戸湾十景色」のひとつ
「丸山台」
f0308898_20283816.jpg
このあたりが浦戸湾の北端
f0308898_20285670.jpg

「浦戸湾十景」は以前から興味があって、その正確な場所を知りたいと思い、インターネットや図書館で調べてきた。

 先人たちのサイトで、有名どころは知ることができたが、場所によっては石碑もなくなっているようで、地元の知人に聞いても首をかしげるばかり。

 高知新聞社へ出かけ、当時の新聞のコピーを調べてもらったが、あいにくこの時期の新聞はほとんど空襲で焼失しているとのこと。世の中には、ありそうでないものがたくさんあるものだと感じ入る次第。


by ky_kochi | 2017-07-15 13:00 | リトルカブ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://chabon.exblog.jp/tb/27975637
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< キレンゲショウマ(梼原町) 横浪三里(土佐市~須崎市) >>