ブログトップ

茶凡遊山記

chabon.exblog.jp

虚空蔵山(土佐市~佐川町~須崎市)

 国道56号線を高知市から西へ、須崎市方面に走っていると、土佐市あたりから山頂に中継塔が林立する「虚空蔵山」(こくぞうさん)が見え始める。

「虚空蔵山」は、土佐市、須崎市、佐川町とにまたがっているが、今日は土佐市側から登ってみた。

 今日は、♪今にも空が泣き出しそうな~道頓堀の橋のたもとで~♪のような曇天、もしや行ってみようかと思っていただけるかたのテンションを下げてはいけないので、平成21年春の画像からどうぞ。

f0308898_20170449.jpg
f0308898_20175663.jpg
f0308898_20182526.jpg
f0308898_20190060.jpg
f0308898_20193159.jpg
f0308898_20200111.jpg
f0308898_20203291.jpg
f0308898_20210299.jpg
f0308898_20213626.jpg
f0308898_20220571.jpg
f0308898_20223661.jpg
f0308898_20231352.jpg
f0308898_20234758.jpg
f0308898_20243986.jpg
f0308898_20250993.jpg
f0308898_20253979.jpg
f0308898_20261016.jpg
f0308898_20264072.jpg
f0308898_10101948.jpg
f0308898_20275183.jpg


 それでは、本日のライブ画像を。あまりに長いので、軽く眺め飛ばして下さい。

 土佐市側から登ったのは、土佐市側からのこの山の遠景が好きなことと、土佐市側の永野集落のご一行様が、土佐市茶臼山で催していた野外カラオケ大会に飛び入り参加した時、途中にある名刹「鉾ケ峯寺」の総代をしているとお聞きしていたからである。


土佐市甲原から見る「虚空蔵山」
f0308898_17573581.jpg
戸波と書いて「へわ」
f0308898_17584981.jpg
土佐市家俊(いえとし)で
国道56号線と別れ
永野川に沿って「虚空蔵山」へ
f0308898_18000654.jpg
土佐市家俊はウツボ料理のルーツ
f0308898_18005190.jpg
見上げるとかなり高いが
山頂までカブで行ける
f0308898_18010169.jpg
高知自動車道をくぐると
高速道路の橋脚にマップ
f0308898_18011696.jpg
ここはレフト・ターン
f0308898_18022789.jpg
ライト・ターンもそそられる
f0308898_18024128.jpg
正面に山塊が見えてきた
f0308898_18025468.jpg
道案内はないがここは右
f0308898_18031233.jpg
「坊ノ池橋」を渡る
f0308898_18032757.jpg
立派な石垣が続く
f0308898_18034210.jpg
渋い道案内は左を指している
f0308898_18035446.jpg
ご機嫌な道になる
f0308898_18040807.jpg
この道標も相当に渋い
ここは右へと進む
f0308898_18041834.jpg
以前はここを右だったと思って
途中まで行ってみたが
舗装が切れ道も荒れていたので
引き返してきた
ここは道なりに左へと進む
f0308898_18043509.jpg
「←2区」とある
f0308898_18045481.jpg
この辺りから路傍に
次々と出現する石仏
f0308898_18051124.jpg
明治の日付が刻まれている
f0308898_18071198.jpg
右に左に石仏
道自体が参道か
f0308898_18072890.jpg
ミカン畑の先
土佐市方向(東)に
一瞬視界が広がる
f0308898_18075368.jpg
f0308898_18081672.jpg
f0308898_18083096.jpg
「虚空蔵山」はまだまだ高い
雲も一向に消えない
f0308898_18085128.jpg
「静神」の集落が見えている
f0308898_18091022.jpg
左は麓からの道
右へと登って行く
f0308898_18092571.jpg
「3区」を通過
f0308898_18094265.jpg
石仏が並んでいる
f0308898_18101024.jpg
こちらはお一人様
f0308898_18102994.jpg
「4区」を通過
f0308898_18105888.jpg
黙々と高度を上げて行く
f0308898_18111022.jpg
木の周りが
ロータリーになっている
f0308898_18112510.jpg
仲良きことは美しき哉
f0308898_18115135.jpg
登山道が左上へと続いている
f0308898_18121362.jpg
風変わりな木肌
右の石仏は倒れている
f0308898_18123234.jpg
四国電力№62鉄塔
一瞬東に視界が広がる
f0308898_18361833.jpg
「5区」を通過
f0308898_18364544.jpg
良い雰囲気になって来た
f0308898_18370272.jpg
白い花がお出迎え
f0308898_18372875.jpg
「鉾ケ峯寺」はここを左折
f0308898_18374556.jpg
♪白い花を添えて下さい~私の心に~♪
f0308898_18380154.jpg
御立派でご誠実で
f0308898_18381901.jpg
虚空蔵山「鉾ケ峯寺」
f0308898_18383685.jpg
実に見事な造作
f0308898_18385099.jpg
f0308898_18390776.jpg
f0308898_18392125.jpg
レンズを掃除せんといかん
f0308898_18393624.jpg
境内から東に土佐市を俯瞰
f0308898_18395454.jpg
麓からの参道が見える
f0308898_18401325.jpg
筧でなく蛇口になっている
f0308898_18410980.jpg
このオブジェは?
f0308898_18413285.jpg
登って来た道を右下に見ながら
手前側に左折して「虚空蔵山」へ
f0308898_18415172.jpg
f0308898_18420977.jpg
参道正面からみる本殿
f0308898_18423989.jpg
道案内の足元で
車道が参道を跨ぐ
f0308898_18444751.jpg
右下からの参道は「参道静神線」
f0308898_18445812.jpg
こりゃあかなり勾配がきつい
f0308898_18451314.jpg
色艶良し
f0308898_18453237.jpg
コクゾウ№65電柱
№1からの連番なら相当の数
f0308898_18454991.jpg
走り易い簡易舗装林道
f0308898_18460324.jpg
なるほどこの峠へ出るのか
f0308898_18461775.jpg
「紫折り峠」登山口
f0308898_18463257.jpg
ここは「紫折り峠」(しおりとうげ)
佐川町側の「わんぱく広場」との境
f0308898_18464522.jpg
道案内に漢文調の添削
「右ハ虚空蔵山頂に至る」
「ハ」を後から書き添えている
f0308898_18470566.jpg
「わんぱく広場」園内の
ツツジを見ながら高度を上げる
f0308898_18471711.jpg
道なりに左
右は下り
f0308898_18473003.jpg
左のテレビ中継塔への道には
立入禁止の鎖が張られている
f0308898_18474652.jpg
左折すれば山頂だが
いったん右折して
先に展望広場へと向かう
f0308898_18480972.jpg
いつ降り出しても不思議ではない
急に風も出て来た
竜巻や雷の気配もある
これだけ鉄塔が立っている
長居は危ない
f0308898_18483338.jpg
ここは山頂ではないように思うが・・
f0308898_18485272.jpg
「須崎市」方向(西)
f0308898_18531226.jpg
「横浪(よこなみ)半島」方向(南)
f0308898_18532225.jpg
東屋もある
「虚空蔵山」の山頂は
西のテレビ中継塔の下では?
f0308898_18534077.jpg
ウェーブ塔の右下に「虚空蔵菩薩」
いよいよ空が怪しい
f0308898_18535229.jpg
晴れ間待ちの間に花を鑑賞
ピンクとグレーが絶妙
f0308898_18542729.jpg
危うく踏むところ
f0308898_18545724.jpg
やぁ!
f0308898_18552843.jpg
「高知十景」の石碑
f0308898_18555860.jpg
酒仙「大町桂月」も
この地で一句詠まれたという
背後にあった展望台は撤去
f0308898_18562828.jpg
この三角点は
地籍調査の図根三角点
「虚空蔵山」三等三角点ではない
f0308898_18565816.jpg
「虚空蔵菩薩像」
f0308898_18573392.jpg
哀れ足元の賽銭箱
f0308898_18580371.jpg
なかなか晴れ間がない
果報は寝て待とう
f0308898_18583683.jpg
ナイス・コントラスト
f0308898_18590537.jpg
少し明るくなってきたが・・
太平洋が青く見えない
f0308898_18593682.jpg
どうも今一つ
f0308898_19000696.jpg
横浪半島の向こうは太平洋だが
雲と海の境がつかない
土佐弁でいうところの
「際(きわ)が立たん」
f0308898_19023318.jpg
いわゆるベタ曇り
f0308898_19003686.jpg
風邪も強まって来た
f0308898_19010945.jpg
どうにも冴えない
f0308898_19013927.jpg
よしっ、もう去(い)のう!
f0308898_19031115.jpg
昔はメジロを趣味にしている人がいた
f0308898_19034193.jpg
トンネルのような登山道が
車道に合流している
f0308898_19041254.jpg
来た時は左からだったが
右へと進み山頂へ!
f0308898_19083637.jpg
笹が印象的
f0308898_19090602.jpg
ほぉ~
f0308898_19093832.jpg
テレビ中継塔の裏に出る
f0308898_19100893.jpg
土佐市街(左)と横浪半島
半島の左の湾が「横浪三里」
f0308898_19103831.jpg
NHK
RKC(高知放送)
KUTV(テレビ高知)
KSS(高知さんさんテレビ)
f0308898_19110820.jpg
この三等三角点が「虚空蔵山」山頂
f0308898_19115400.jpg
「矢羽数森三角点」674.9mと思われる
f0308898_19123696.jpg
山頂プレートもある
f0308898_19132988.jpg
意外な笹原と大岩
f0308898_19140281.jpg
なかなか良(え)いですやいか
f0308898_19143298.jpg
本日スルー「石鎚神社」入口
石祠と鎖場を経由し
山頂の三角点へ行ける
f0308898_19150199.jpg
広場への分岐まで戻る
f0308898_19153178.jpg
ツツジを見ながら下山
f0308898_19160116.jpg
f0308898_19163572.jpg
f0308898_19170655.jpg
ここも左へ寄り道しておこう
f0308898_19173560.jpg
もしやこの先にハングライダー基地?
f0308898_19193666.jpg
鬱蒼とした林道を西へ
f0308898_19201082.jpg
おおっ!
f0308898_19204438.jpg
テイク・オフ地点
f0308898_19211545.jpg
「斗賀野」盆地
f0308898_19214746.jpg
はるか北に石鎚の峰々
「伊予冨士」「手箱山」に見えるが・・
曇天で山座が特定しづらい
f0308898_19221787.jpg
大岩に地球の皺がある
上部に湾曲の痕跡あり
f0308898_19230528.jpg
コクゾウ№78電柱
f0308898_19233476.jpg
「紫折り峠」に下りて来た
f0308898_19240419.jpg
「鉾ケ峯寺」(向こう側)から登って来て
「虚空蔵山」山頂(右手)から降りて来た
f0308898_19243495.jpg
展望図に書かれた山名が
手招きをしてくれているが
これからは蛇がおりますけに
ちょっとよう行きません
f0308898_19250753.jpg
ええ入りませんとも
ただのヘビでも嫌なのに
マムシとは言語同断
f0308898_19253859.jpg
「山崎記念天文台」
f0308898_19260656.jpg
「日時計」は曇りの日には・・
f0308898_19263770.jpg
佐川町側の道は整備されている
背中から雨が追いかけて来た
f0308898_19270933.jpg
ここからは「林道虚空蔵山線」を
佐川町斗賀野(とがの)へと下る
f0308898_19274051.jpg
山上側が終点になる
f0308898_19281766.jpg
途中眼下に広がる「斗賀野盆地」
f0308898_19325057.jpg
林道途中にある「斗賀野ワールド」
f0308898_19332027.jpg
入園料400円は山小屋の良心箱に
f0308898_19335326.jpg
期間限定の入園料であることを
うっかり見のがしてしまった
小さく気が利いて大きく間が抜け・・
f0308898_19342386.jpg
入口ゲートにトイレも完備
f0308898_19345307.jpg
こうすれば人造物も
そこそこ自然に馴染む
f0308898_19354118.jpg
貴殿も齢を取りましたな
f0308898_19361558.jpg
100円玉の手持ちがなく
料金箱ならぬ良心箱に
500円玉を投入
f0308898_19364847.jpg
ステージもある
f0308898_19372314.jpg
ツツジの色も十人十彩
f0308898_19375397.jpg
「蟠蛇森(ばんだがもり)」(須崎市)が
はるか西に横たわっている
なんと、蛇が蟠(わだかま)る森・・
わ、私が悪うございました
f0308898_19385420.jpg
お昼のお弁当にピッタリ
f0308898_19392537.jpg
こんな色もあるがですの?
f0308898_19395447.jpg
山吹の花が咲くと山菜の季節
f0308898_19402573.jpg
白一点
f0308898_19405417.jpg
野外コンサートも開けそう
f0308898_19412572.jpg
自生(おのればえ)では
ここまでは無理ですろう
f0308898_19420495.jpg
どちらさんかな?
f0308898_19430465.jpg
相変わらずの曇天
f0308898_19433394.jpg
緑には良く映えているが
高知の空は青でないと
f0308898_19440339.jpg
中央の鞍部が「朽木(くちき)峠」
(佐川町~旧葉山村)
「龍馬脱藩の道」でもある
f0308898_19443430.jpg
どうも食べられそうにない
f0308898_19450879.jpg
山の人の仕事はいつも丁寧
f0308898_19453879.jpg
古木の根っ子
f0308898_19460858.jpg
巨大なスズメバチの巣
2階の梁が突き出ている
どちらも立派
f0308898_19463797.jpg
お名前を存じ上げませず
f0308898_19470755.jpg
きちんと水が出る
f0308898_19473802.jpg
麓の「林道虚空蔵線」始点まで下山
f0308898_19480764.jpg
不法投棄を戒める鳥居
多分この地で初めて見たが
その後あっという間に
県内いたる所に広がった
f0308898_19483807.jpg
「林道虚空蔵線」を振り返る
「つつじえん」が「斗賀野ワールド」
f0308898_19491591.jpg
知る人ぞ知る
古民家風うどん屋
「ふじや」
f0308898_19494414.jpg
佐川町には
楽しいマップが多い
f0308898_19501591.jpg
「高知県畜産試験場」
f0308898_19504563.jpg
牧場には数頭の赤牛が見える
JR土讃線の利用者には
どこか懐かしい風景
f0308898_19511602.jpg
佐川町斗賀野から見る「虚空蔵山」
山頂の鉄塔群が見える
雨はまだ何とか降ってなさそう
f0308898_19514570.jpg
「猿丸峠」で寄り道したかったが
パラパラと降り出した雨に断念
また来よう!
f0308898_19521679.jpg

 最後までご覧いただきありがとうございました。

 良く晴れた日であれば、「虚空蔵山」の山頂からは太平洋、石鎚山系(愛媛県)、剣山系(徳島県)のナイスビューをご覧いただけます。

 佐川町斗賀野側からだと、「わんぱく広場」を経由して普通車でも山頂まで行くことができます。(土佐市側からは道が狭隘です)

 視界がクリアな晩秋から初冬にかけてがお勧めです、周辺に見所も多い「虚空蔵山」に是非おでかけ下さい。



by ky_kochi | 2017-05-03 10:00 | 登山 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://chabon.exblog.jp/tb/27776301
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by タメやん at 2017-05-05 13:27 x
登りにある石仏は、ミニ八十八ヶ所巡りだろうか?ググっても分からない…。

最後の猿丸峠は、昔はサーキット場だったらしい。
が、今はソーラー発電施設になっている。
Commented by ky_kochi at 2017-05-07 19:08
> タメやんさん
 タメやんさん、いつもありがとうございます。

 石仏は氏子さんが参道の道標として寄進したものでは?というのが小生の受けた印象でした。ただ、ほとんどの石仏に明治の日付があることからすれば、歩き参道である参道静神線にあるのが自然だと思われます。してみれば、歩き参道から、現在の車道の方に移設したものか、ううむ謎です。

 猿丸峠のソーラー発電施設、GooleMapの画像で見ました。相当な広さですね、ここにあったサーキット場はさぞかし広かったことと思います。

 故坂東眞砂子さんのエッセイで読んでから、この峠はずっと記憶の片隅にありますが、実際に散策したことがありません。猿丸大夫の伝説もとても気になります、次回ここを通る時には、バイクを降りてみます、ありがとうございました。
<< 神池(旧物部村) 須賀留温泉(旧佐賀町) >>