ブログトップ

茶凡遊山記

chabon.exblog.jp

平家の滝・樽の滝・山姥の滝(高知市)

 県庁所在地を流れる河川としては、稀な美しさを保っている高知市の鏡川にはいくつかの支流がある。

 そしてその上流には多くの名瀑があり、山歩きとカブの林道巡りにハマる前は、もっぱら滝巡りに明け暮れたことであった。


f0308898_20050128.jpg

【平家の滝】(旧鏡村「的渕川」)

高知市の水がめ「鏡ダム」下流
突き当りの三叉路を先ずは左折
f0308898_19292172.jpg
支流「的渕(まとぶち)川」を遡上
カーブミラーが2つ連続する左に
気になる「天狗岩」がある
f0308898_19293803.jpg
すぐ先の分岐は道なりに右を北上
帰りは左の道を上ってくる
f0308898_19322409.jpg
印象的な赤い鉄橋「六畳大橋」
橋を渡って左に下る
f0308898_19360187.jpg
正面に「平家の滝」が見えてくる
f0308898_19354652.jpg
周辺は森林公園として整備されている
f0308898_19363900.jpg
「平家の滝」は上下2段からなる
f0308898_19370264.jpg
ツバキの遊歩道を登る
f0308898_19372029.jpg
「カゴノキ(鹿子の木)の隙間に滝
f0308898_19372225.jpg
「トサミズキ」はマンサク科
f0308898_19372830.jpg
遊歩道は続くが滝壺へは左
f0308898_19385508.jpg
鳥居が建っている
f0308898_19392042.jpg
「瀧神社」とある
f0308898_19393878.jpg
社殿の左を上段の滝壺へ
f0308898_19410279.jpg
遊歩道に鎖が取り付けられている
f0308898_19405385.jpg
上段の滝壺
f0308898_19413322.jpg
滝の上段
f0308898_19415318.jpg
ここから下段の滝壺へ流れ落ちる
f0308898_19415165.jpg
上手くお伝えできないが
上段の滝壺はかなり高い
思わず足が竦む
f0308898_19425987.jpg
「六畳大橋」が見えている
f0308898_19433456.jpg
下段の滝壺を覗き込むのは
ここまでが精一杯
f0308898_19435680.jpg
古木の横を通って帰る
f0308898_19441591.jpg
手摺りもさることながら
この古木もかなり傾いていて
もたれかかろうとは思わない
f0308898_19435238.jpg
緑と赤のコントラスト
f0308898_19443364.jpg
「トサミズキ」の木立ち
f0308898_19450905.jpg
もしかして百合さん?
f0308898_19452754.jpg
なかなか根性がある
f0308898_19462340.jpg
パステルカラーの駐車場
f0308898_19465747.jpg
なぜかこんなところに案内板
f0308898_19471202.jpg
泳いでみたくなるが遊泳禁止
f0308898_19472635.jpg
帰路「天狗岩」に立ち寄り
「平家の滝」方向を振り返る
ここもかなりごと高い
f0308898_19475297.jpg
豪雨の爪痕
f0308898_19474160.jpg

【樽の滝】(旧鏡村「穴川川」)


いったん「鏡ダム」まで戻り
ダム湖の西岸を北上
さらに「穴川川」を遡上する
f0308898_19530144.jpg
おなじみの案内板
ホッとする
f0308898_19524529.jpg
よく見ると
住宅地図を兼ねている
f0308898_19532070.jpg
山桜がそこかしこ
f0308898_19530485.jpg
ここは道なりに左へ
「樽の滝」ははるか上方
f0308898_19534484.jpg
かつての「樽の滝荘」の奥に
「樽の滝」が遠望できる
f0308898_19533103.jpg
「樽の滝荘」といえば「ツガニそうめん」、懐かしく思い出す方も多いことと思う。たしか地元のご夫婦が、ご親戚の叔母さんから教わったという味付けで作っていると聞いたように思う。

 10年ぐらい前に閉店したあと、その味は「鏡ダム」下流の
「鏡文化ステーションRIO」にある「うめ姉やん」に引き継がれたと聞いて以来、流域を遊山する時はたいてい立ち寄って「ツガニそうめん」を食べている。

 なお、「うめ姉やん」と書いて「うめねえやん」と読むが、土佐では「姉やん」という呼称が様々な場面で用いられ、たいへん興味深い。

 
ここから遊歩道を約10分
f0308898_19534891.jpg
どちらさんかな?
f0308898_19535851.jpg
つい二輪車で入りたくなる
気持ちは解りますぞ
f0308898_19542660.jpg
遠くに見えるが意外と近い
f0308898_19561252.jpg
どうぞ蛇と会いませんように
f0308898_19573234.jpg
よくお見かけしますが・・
f0308898_19573317.jpg
「ツブラジイ」あたりに蝶か蛾が
f0308898_19575773.jpg
藪が刈り払われている
f0308898_19573963.jpg
鳥居が出迎え
f0308898_19582022.jpg
「樽の滝」横の社殿手前
この鳥居には「龍神宮」とある
f0308898_19580873.jpg
社殿に到着
f0308898_19582138.jpg
修験の場につき
諸々の注意書きが
f0308898_19590277.jpg
社殿の左軒下を滝壺へ
f0308898_19593227.jpg
以前に使われていた瓦か?
f0308898_19594765.jpg
箒の忘れ物があり
f0308898_19593886.jpg
下段の滝壺から見上げる
注連縄が張られている
f0308898_19595799.jpg
下段の滝壺
f0308898_20041680.jpg
岩やら木やら
f0308898_20035937.jpg
今日は岩のテーブルでランチ
f0308898_20041279.jpg
上段の滝壺へと続く道
修験場らしい鎖がある
f0308898_20050559.jpg
上段の滝壺は
ひっそりとした雰囲気
f0308898_20051298.jpg
上段の滝壺から最上段を
f0308898_20050128.jpg
登ってきたら降りんといかん
f0308898_20054035.jpg
わりかし勾配が早い
f0308898_20055819.jpg
社殿の右に降りてくる
f0308898_20061665.jpg
三椏(ミツマタ)の花
名は体を現すの通り
すべての枝が三つに分かれる
f0308898_20062763.jpg
奥山で意外と重宝する地図
f0308898_20065258.jpg
橋まで戻ってきた
f0308898_20070538.jpg
上ばっかりじゃのうて
下も見よらんといかん
杖が突き抜けてコケよった
f0308898_20071857.jpg
これが「つつじが森」への登山口
まだ見ぬ山の頂の一つ
f0308898_20075616.jpg
 左に見えるのが「樽の滝荘」であるが、閉店後の一時期、作家の
坂東眞砂子さんがお住まいになっていたことがある。

 高知に関する作品も数多く残され、大好きな作家の一人であった。高知を書く時には、小説の舞台となる土地や県内の図書館へも自ら行かれ、緻密に丹念に資料を採集されていたという。

「樽の滝」へ出かけた時、ご本人と気付かずに庭におられたご婦人に「こんにちは」と挨拶すると、穏やかな面差しで会釈を返していただいたことがあった。その後、小さな講演会でお目にかかったのが最後となってしまった。

 もっともっと高知のことを書いてほしかったが、平成26年1月に僅か55歳で旅立たれてしまった、謹んでご冥福をお祈りしたい。



そうか左より他にありませんな
ガードレールに判りやすい標識
f0308898_20081686.jpg
山里の春
f0308898_20084405.jpg
一面の菜の花
f0308898_20100437.jpg
桜も良い具合になってきた
f0308898_20094815.jpg

【山姥の滝】(旧土佐山村「桑尾川」)

「大穴峡」は
絶壁の左の大穴に由来する
f0308898_20104231.jpg
旧土佐山村「桑尾」地区
f0308898_20105430.jpg
欄干にアユ踊る「桑尾第一橋」
f0308898_20102813.jpg
橋の東岸に「ゴトゴト石」の案内板
f0308898_20112971.jpg
実際は2.5K以上あるような・・
f0308898_20111569.jpg
林道終点が「山姥の滝」眺望所
f0308898_20120008.jpg
「嗚呼の滝」の表示もある
「山姥の滝」から
100メートルと数百メートルの
2説がある

f0308898_20122991.jpg
こらっビックリするじゃいかっ!
f0308898_20124438.jpg
そなたも齢を取られましたの
f0308898_20125346.jpg
下段への分岐から
石段が上段へと続く
f0308898_20131232.jpg
上段の滝壺には大岩が鎮座
f0308898_20133709.jpg
そなたも齢を取られた・・
f0308898_20133908.jpg
仲良きことは美しき哉
f0308898_20141817.jpg
滝の左上へと続く里道が
「嗚呼の滝」へと続いているはず・・
f0308898_20140360.jpg
倒れた人の脛かと・・
蛇とは違う不気味さ
f0308898_20172051.jpg
この日で一番元気なツバキ
f0308898_20175459.jpg
この滝は紅葉がおススメ
f0308898_20172661.jpg
天気予報の通りに
次第に曇ってきた
f0308898_20174134.jpg
「ゴトゴト石」に寄り道
f0308898_20175457.jpg
祠に屋根が付けられている
f0308898_20183270.jpg
注連縄が張られた「ゴトゴト石」
f0308898_20184568.jpg
『こうち滝100選』を手に、県内あちこちの滝に出かけた日が懐かしい。

 表紙にはカラーカバーもあったがいつの間にか行方不明、バラバラになったページはホッチキスで綴じた。道に迷うたびリュックから取り出して泥だらけの手で開き、山行も晴れた日ばかりではなかった、何度かは谷に落としたこともあるし、自身も一緒に落ちたこともある。

 訪れた日ぐらいは書き留めようとしているうちに、渓谷への入り口のメモなど駄鬼(だき=土佐弁で「汚い」を表す)な字で書き殴り、とても人様にお見せできるものではない。

 将来、身の回り品を処分して貰う時、普通にゴミ箱に捨てられて、どなた様かの目に触れると大変みっともない。最近になって整理を始めた品物の中で、「廃棄時注意(要裁断)」のスタンプを真っ先に押した本の一つである。


f0308898_20182843.jpg

by ky_kochi | 2017-04-02 08:00 | | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://chabon.exblog.jp/tb/27691168
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by タメやん at 2017-04-19 20:57 x
樽の滝

もう6,7年前かつつじが森に登った時は、樽の滝荘がまだ経営していて、従業員に登山口を聞いたら、マムシに注意する様言われた事がある。

山姥の滝

まだ奥に、鳴呼の滝があるらしい。
名前をクリック
Commented by ky_kochi at 2017-04-20 20:39
> タメやんさん
 レストランは、庭にパラソルを立て、テーブルがいくつか並んでいたように思います。若い男性のシェフと立ち話をし、「来店いただく場合には事前に御予約を」ということになっていましたが、その次に訪ねた時には閉店した直後のようでした。

 嗚呼の滝は、山姥の滝から数十メートルという説と、数百メートルという説とがあり、以前から気になっています。この日は、山姥の滝の左岸からほんの少し歩いた所で、道がズリこけていて、数十メートルのところにある滝まですら行きつけませんでした、嗚呼。
<< 鶴津海岸(旧窪川町) 小式ケ台(旧吾北村) >>