ブログトップ

茶凡遊山記

chabon.exblog.jp

新改駅(旧土佐山田町)

 JR四国の土讃線に2つあるスイッチバック駅の1つ、「新改(しんがい)」駅は、「土佐山田」駅と「繁藤(しげとう)」駅の間にある無人駅である。

 高知駅を岡山駅へと発車した特急「南風」号が、「御免(ごめん)」駅と「土佐山田」駅に停車した後、車掌が切符検札に回り始める頃、進行方向に向かって左側の席から駅ホームへの引込線を見ることができる。

【ご注意】画像は平成28年7月のものです。
f0308898_17551231.jpg
「新改」駅は本線から北に分岐した場所にあり、その分岐点から南には長い引込線が設けられている。

 付近は上り列車(地図の右方向)にとっては急勾配であり、「新改」駅に停車した列車がそのまま発車しても坂道を登れなかったため、いったん引込線に入り加速を付けて登って行ったと、昔聞いたようにも思う。

 今はエンジンの性能も向上したのでその必要もなさそうに思うが、昔ながらの普通列車の停車駅でもあり、特急列車との行き違いの待避場所としても利用されているようである。

f0308898_16275119.png
体験宿泊施設「ほっと平山」方面へ
払下げられたものか
退役した路線バス
f0308898_17180573.jpg
ダム湖のほとりに案内板
f0308898_17182632.jpg
植林の中を高度を上げる
f0308898_17193510.jpg
海抜約200mにある
f0308898_17195593.jpg
土讃線の36番目の駅
以前は土佐山田町であったが
現在は香美市
f0308898_17201187.jpg
ホームの北は行き止まり
f0308898_17203127.jpg
渋過ぎる
f0308898_17205082.jpg
この標識は?
f0308898_17210149.jpg
線路終端
f0308898_17211743.jpg
ホームの南側は本線へと続き
左から来る本線に添うように
合流するX線状のスイッチバック
f0308898_17213641.jpg
高知方面(下り)の本線は右側で
左の山裾の奥へと引込線が延びる

f0308898_17215401.jpg
岡山方面(登り)の本線は
「新改」駅への分岐の先で
トンネルに入る
f0308898_17220993.jpg
たまりませんな!
f0308898_17222857.jpg
下り特急「南風」号が
トンネルを出て疾走して行く
f0308898_17224347.jpg
おなじみのアンパンマン列車
f0308898_17230278.jpg
右側の本線へと直進する
f0308898_17231881.jpg
引込線で行き違い待ち合わせ中の
下り普通列車がこちらへと発車
f0308898_17233782.jpg
「新改」駅へしずしずと入線
f0308898_17235367.jpg
図体は特急列車にひけを取らない
f0308898_17241450.jpg
1両編成のワンマン列車
都会の人に想像がつきますかな?
f0308898_17243094.jpg
「新改」駅での乗降中に
上り特急「南風」号が本線に
f0308898_17245112.jpg
あっという間にトンネルに消える
f0308898_17251642.jpg
最後に下りの普通列車が
「新改」駅をゆるゆると発車
f0308898_17254176.jpg
「高知」駅へと向かう
f0308898_17290804.jpg
ご安全に
f0308898_17292556.jpg
今度は右の本線に入線
f0308898_17295261.jpg
ホームの足元には
f0308898_17301793.jpg
はるか北には
高知自動車道の曽我部川橋
f0308898_17303353.jpg
お帰りはこちらなのだが・・
f0308898_17304812.jpg
気になる案内板
f0308898_17311654.jpg
カブに鞭打って
ひたすら山道を登ると
f0308898_17313138.jpg
その名も「武田神社」
f0308898_17314866.jpg
なんと勝頼公の墓所もある
f0308898_17320714.jpg
何ともシュール
f0308898_17323185.jpg
 以下の画像は、鉄道廃線にハマっていた頃、平成8年1月のものです。

この日は1月3日
お正月から遊山三昧
はるか北には「甫喜ケ峰」の
風車2基が見えている
f0308898_17404311.jpg
きちんと煤払いされている
f0308898_17410417.jpg
ローカルルール
f0308898_17413422.jpg
スイッチバック愛好会のかたや
地元の皆さんが
ボランティアで駅舎を清掃している
f0308898_17431993.jpg
新年の雰囲気が漂う
f0308898_17435334.jpg
この奥が行きどまり
f0308898_17442491.jpg
少し藪っている
f0308898_17451918.jpg
終端の標識も輝いている
f0308898_17455600.jpg
いいね!
f0308898_17462838.jpg
大層そそられるパーツ
f0308898_17483298.jpg
線路が使われている
f0308898_17490293.jpg
グッ・ジョブ!
f0308898_17493167.jpg
ホームに置かれたカゴ
f0308898_17500328.jpg
下り特急列車が通過
f0308898_17503362.jpg
現在は見かけない車両
f0308898_17510840.jpg
海抜200mならでは
f0308898_17514054.jpg
タブレット授受用のホームか?
f0308898_17521864.jpg
エクセレント!
f0308898_17524829.jpg
 最近どうも身辺があわただしく、というのは言い訳で、寒さに怯んでしまってすっかり遊山から遠ざかっている。

 野山にも、いつの間にかパステルカラーが増えてきた。このままだと出不精になってしまう、そろそろ始動せねば。






by ky_kochi | 2017-02-12 16:26 | 番外編 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://chabon.exblog.jp/tb/27552251
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by タメやん at 2017-03-01 21:13 x
新改駅で乗り降りする人って、おるんかなあ?
武田勝頼公の墓も行ったが、(武田勝頼土佐の会?とかの看板があった。降りて行ったら細長い、竹藪か畑の跡の一角だったか?)
Commented by ky_kochi at 2017-03-02 15:19
> タメやんさん
何年か前、お1人だけ住民の方が乗降されていると耳にしたように思いますが、坪尻駅の方だったかどうか、、。年毎に記憶が薄れていくのに、年毎に記録を残すこともしなくなり、順調に老化が進んでいます。

新改駅に行くと、たいてい先着のマニアのかたがいて、写真を撮ったりしておられますが、前々回は、上りワンマン列車で来られて、下りワンマン列車で帰られるという強者に出会いました。

旧吾川村の大崎や名野川をはじめとして、県内の山奥には武田伝説がかなり多く残っていて、偶然立ち寄った神社などで故事来歴を知っては驚いています。

新改の武田勝頼公の墓は、車道脇の竹藪を少し下りた場所にありましたが、やや荒れた小さな菜園の雰囲気でした。

根っからの小心者で、まず神社の雰囲気に怯み上がり、まして墓所を撮影するなど、何か写り込みそうでとてもできず、早々に退散したことでした。
<< 小富士山&鉢伏山(高知市) 笹場信号所跡(中土佐町) >>