ブログトップ

茶凡遊山記

chabon.exblog.jp

中津明神山(旧吾川村)

 平成20年12月、高知県旧吾北村と愛媛県旧柳谷村との間にある「中津明神山」へ出かけた時のこと。七合目あたりで路面氷結のため車を停めて徒歩で登っていたところ、背後から4WD車のスタッドレスの力強い蹴爪音。

 頂上でお弁当を食べたらすぐに下山するというグループの皆さんのご好意により、頂上まで同乗させていただいた上、下山も途中で拾っていただけるという幸運に恵まれた。


f0308898_11045621.jpg

「名野川」集落から見上げる稜線
f0308898_11064260.jpg

「吾川スカイパーク」の野外ステージ
f0308898_11073159.jpg

第1テイクオフポイント
f0308898_11111354.jpg

元々はスキー場だった
f0308898_11113111.jpg

第2テイクオフポイント
f0308898_11120882.jpg

ノーマルタイヤで頂上までは無理か?
f0308898_11141671.jpg

近郊からの皆さんのRV車に同乗
f0308898_11154995.jpg

アメダスのレーダーが見えて来た
f0308898_11173649.jpg

南側の鳥居も見えて来た
f0308898_11175699.jpg

アメダスのレーダーを接写
f0308898_11273350.jpg

こんなアンテナ塔もある
f0308898_11282211.jpg

中津明神山の山頂
f0308898_11290844.jpg

手前が窪田集落で対岸は休場集落か?
f0308898_11300247.jpg

山頂東の鳥居から見る「名野川」集落
f0308898_11324522.jpg

山頂南の鳥居越しに「鳥形山」を遠望
f0308898_11334977.jpg

低木には樹氷がついている
f0308898_11350437.jpg

山頂から南には笹原のスロープ
f0308898_11353105.jpg

「猿越山」を見ながら下山開始
f0308898_11363400.jpg
f0308898_11365870.jpg
f0308898_11371774.jpg
f0308898_11373522.jpg
f0308898_11380159.jpg
f0308898_11381694.jpg

「猿越山」へのなだらかな稜線
f0308898_07321262.jpg

 七合目の大カーブから歩き始めたものの、すぐそこに見えている山頂はいっこうに近付かず、諦めて引き返そうと思ったその時であった。親切な皆さんに出会い、この山で初めての樹氷も見ることもできた。

 周囲に何も遮るものがない360度の大パノラマを、快晴の青空と真白の樹氷とともに満喫でき、この日は実に至福の一日であった。



by ky_kochi | 2017-01-29 11:22 | 登山 | Comments(2)
Commented by タメやん at 2017-01-30 21:32 x
確か雑誌山の大規模林道に接続する林道を大分前から建設中だったが、まだつながっちゃあせんろうか…。
Commented by ky_kochi at 2017-01-31 22:08
 タメやんさん、ご無沙汰しております。

 大規模林道を寄合まで駆け上がり、思いの外に立派な大規模林道を東と西へ、それぞれ行き止まりまで走ったことはありますが、何故か当時の画像が残っていません。したがって、両端が行き止まりの大規模林道のどこかへ接道していたであろう工事中の林道についても、記憶がよみがえりません。

 周辺で思い出すのは、田村から宗津を経て旧吾川村の北川に越えて水ノ峠の南へ取り付こうとしたルート、国道494号線の用居から対岸の堂ケ内を経て山越えしようとしたルート、永代橋の少し上流の竹ノ藪から岡田屋敷や峯を経由して竹ノ谷へ越えようとしたルートですが、そのいずれもが大規模林道に到達できませんでした。

 平成26年11月に雑誌山へ登った時に、カラ池からずいぶん西へと大規模林道が延伸していて、国土地理院の地図では雑誌山の鳥居経由登山口あたりで切れているが、この調子だと吾川スカイパークまであとわずかではないかと感じたことでした。

 大規模林道は全国的にも工事計画が見直されているようですが、吾川スカイパークから雑誌山の南麓を経て愛媛県境の境野隧道までの、初めて走ったらきっと驚くこのスカイライン、果たして開通の日は・・
<< 笹場信号所跡(中土佐町) 剣ケ岳(土佐町)登頂断念 >>