ブログトップ

茶凡遊山記

chabon.exblog.jp

神池(旧物部村)

 
 旧物部村に「上韮生(かみにろう)」と呼ばれるエリアがある。

「上韮生」の中で、安丸、黒代、神池、楮佐古の旧村には、八十八体の石仏が設置され、四国八十八ケ所巡拝の代わりとして明治元年より参拝されていたという。

 山上に忽然と現れる、その名も「神池」の集落。「男池」と「女池」を配する天界の集落を、久し振りにリトルカブで走ってみた。

f0308898_20060046.jpg
準備万端
f0308898_19214088.jpg
国道195号線「臼杵トンネル」抜けると
「塩の道」中谷川登り口
「塩の道」は「絵金のまち赤岡」から
「いざなぎの里物部」へと続いている
f0308898_19215751.jpg
前方に昔から気になっている山塊
「平家ノ森(天王山)」(530m)
きっと山自体が信仰の対象に違いない
f0308898_19220807.jpg
国道195号線は「四ツ足峠」を経て
徳島県へと繋がっているが
ここで県道49号線に左折
f0308898_19222674.jpg
道の駅「大栃駅」
f0308898_19224779.jpg
「復旧未定(長期間)」とある
「白髪山」登山口までは行けそうだが
「別府峡」までの間が路側崩壊らしい
f0308898_19230248.jpg
今にも倒(か)やりそうな祠
f0308898_19231722.jpg
「韮生川橋」
f0308898_19233169.jpg
「上韮生八十八ケ所霊場」の観光案内板
f0308898_19234597.jpg
この橋はスケルトン
f0308898_19235985.jpg
存外と高い
f0308898_19242748.jpg
右奥に奥物部の秀峰が見えている
f0308898_19244511.jpg
対岸は三差路
f0308898_19250341.jpg
猿・猪・鹿も利用、、なるほど
f0308898_19251388.jpg
右手に吊橋が架かっている
f0308898_19252285.jpg
行っておこう
f0308898_19253970.jpg
風で揺れる
f0308898_19255407.jpg
ここも存外と高い
f0308898_19263103.jpg
対岸の先は山道なのでUターン
あんな先まで帰るのか・・
スケルトンでないのがありがたい
一刻も早く戻ろう
f0308898_19273677.jpg
「新下タビ橋」
f0308898_19274443.jpg
退役した旧橋は通行止め
f0308898_19275817.jpg
ここは右へと進む
左はよさこい節に唄われた
純信とお馬の駆け落ちの道
「林道楮佐古松床線」
f0308898_19293271.jpg


いつ見ても渋い案内板
f0308898_19301214.jpg
♪この木何の木気になる木~
f0308898_19304391.jpg
ここで右上の道へと大きく切り返し
「林道亀ケ峠線」で「神池」集落へ
f0308898_19314430.jpg
グッ・ジョブ!
f0308898_19315927.jpg
派出所の巡査さんの手作り新聞
f0308898_19320983.jpg
右が本日の目的地「神池」
左は林道マニアの聖地
「林道楮佐古小桧曽線」
f0308898_19323442.jpg



「福泉寺」には
合計29の石仏があるそうだが
警備が厳重で参拝は控えた
f0308898_19324643.jpg
f0308898_19335528.jpg
第1番から第88番までの石塔が並ぶ
f0308898_19341598.jpg
f0308898_19342914.jpg
「西村札所」に2体
「のみの背札所」にも2体
石仏があるはずだが・・
f0308898_19343695.jpg
周辺まで行ってみたが会えず終い
f0308898_19345124.jpg
「男池」の入口まで戻る
f0308898_19351921.jpg
「男池」へは
民家の庭を通らせてもらう
f0308898_19364712.jpg
「男池」はコンパクト
f0308898_19380468.jpg
水面は見えない
f0308898_19390297.jpg
大蛇を連想させる

f0308898_19362282.jpg
樹齢500年という
f0308898_19392155.jpg
「槍水札所」へは
右上の道を切り返す
道標がないので要注意
f0308898_19482072.jpg
未舗装の道を登り詰めると
「大栃高校」の農業実習施設に出る
ここにも山中に突然
ナロ(奈路)い場所が現れる
f0308898_19400303.jpg
実習用の建物が数棟ある
f0308898_19410323.jpg
f0308898_19412798.jpg
林道を進むと「槍水札所」入口
f0308898_19414947.jpg
第64番~第68番の5体が鎮座
f0308898_19420774.jpg
大杉は「星神社」境内にある
見づらいが鎮守の森の
真ん中やや左に
一際高い杉が見える
f0308898_19442139.jpg
地元の森本一族の負神とのこと
f0308898_19452793.jpg
胸高6.4mの大杉
f0308898_19454243.jpg
確かに太い
f0308898_19460473.jpg
相当派手にツエたらしい
f0308898_19465128.jpg
ナイス・コントラスト
f0308898_19485098.jpg
「神池」の集落が見えて来た
f0308898_19485982.jpg
最近よく見かけるヘリポート
f0308898_19491636.jpg
「薬師堂札所」への分岐
f0308898_19493383.jpg
この三差路をさらに右とあるが
ここでも石仏には会えず
f0308898_19500330.jpg
信心深い土地柄
f0308898_19501358.jpg
「女池」前の案内所
f0308898_19502698.jpg

「神池」バス停
運航は電話予約で日に3便
f0308898_19503554.jpg
力の入れようがよく伝わる
f0308898_19504923.jpg

 案山子がたくさん飾られている。それはそれはリアルな案山子が、そこかしこに大勢いる記事を見たことがあるが、あれは期間限定のイベントであろうか?

 徳島県の「名頃」集落の「かかしの里」に、勝るとも劣らぬ光景であった。

f0308898_19512484.jpg
「女池」の対面に「大日寺」
f0308898_19514084.jpg
f0308898_19515846.jpg
狛犬2体と牛3体が警護にあたる
f0308898_19520932.jpg
樹齢800年根廻り9.4m樹高60m
この大杉は今も成長を続けている
f0308898_19522687.jpg
かつては七堂伽藍を擁したが
現在は本殿のみ
f0308898_19524685.jpg
境内には30体の石仏が
東西に分かれて鎮座する
こちらは西側で
第4番~第20番と
第54番~第63番
f0308898_19531946.jpg
東側に第1番~第3番がある
f0308898_19534655.jpg
「女池」には見事な古代蓮が群生
f0308898_19542260.jpg
展望所も整備されている
f0308898_19535850.jpg
神の棲むの池がある村と
勝手にイメージしていたが
上池村、下池村、神通寺村が合併
一字をとって明治9年に
「神池村」にしたらしい
f0308898_19544205.jpg
「立入禁止」の背景の赤が無気味
f0308898_19550470.jpg
ここを左に登ると
「野久保札所」
f0308898_19555442.jpg
「野久保札所」はスルーし
「亀ケ峠札所」を目指す
f0308898_19560762.jpg
右下に下ると「相尻」
道なりに直進
f0308898_19563565.jpg
これはたしか紫蘭かと
f0308898_19565910.jpg
左上へ進み「亀ケ峠」へ
f0308898_19571796.jpg
帰りはここを右下に下山の予定が
「女池」まで戻ってしまい
挙句の果てにそのまま真下の
「平井」集落へ下山してしまった
f0308898_20035064.jpg
「亀ケ峠」は行き止まりになっている
石仏は終点の少し手前の道端にある
f0308898_19573301.jpg
良い雰囲気の白骨林
f0308898_19575939.jpg
三嶺山系を遠望する
このあと「女池」まで戻ってしまい・・
f0308898_19581414.jpg
予定の分岐点まで引き返すべきところ
途中この三差路で右折してしまった
f0308898_08202369.jpg
「神通寺札所」への道標があったが
下山途中には見当たらなかった
f0308898_19585228.jpg
「上韮生橋」が見える
「平井」集落の北に出たらしい
予定コースの後半が抜けてしまった
f0308898_19590964.jpg
この橋もスケルトン
f0308898_19592326.jpg
橋上は1台のみ!
f0308898_19593454.jpg
「上韮生川」の清流
f0308898_19594610.jpg
高いち高いち
f0308898_20000232.jpg
渡って来た「上韮生橋」をかえりみる
こりゃあ高いはずとしっかり得心
f0308898_20001460.jpg
いいね!
f0308898_20002715.jpg
休憩所にあった古木のオブジェ
f0308898_20004249.jpg
「アンパンマンミュージアム」で休憩
地図の右上の「安丸」エリアは
完全に抜け落ちてしまった
f0308898_20005589.jpg

「男池」の近くで、かつて「韮生八十八ケ所」の世話役をしておられたという、地元男性のお話をきかせてもらう幸運に恵まれた。

 十年ぐらい前には道標を随所に配置し、地域おこしの一環として取り組んでいたが、住民の高齢化にともない次第に手が回らなくなってしまったとのこと。

 最近では、主に「大日寺」の境内に、点在していた石仏を集めるようになり、元あった場所に無い石仏がすでにいくつかあるとのことであった。

 この「大日寺」は、四国霊場第28番霊場「大日寺」(「のいち動物公園」の北)の奥の院と云われ、かつては七堂伽藍を配置する大寺で、周辺には300人ほどの僧侶がいたという。









# by ky_kochi | 2017-05-20 13:00 | リトルカブ | Trackback | Comments(0)

虚空蔵山(土佐市~佐川町~須崎市)

 国道56号線を高知市から西へ、須崎市方面に走っていると、土佐市あたりから山頂に中継塔が林立する「虚空蔵山」(こくぞうさん)が見え始める。

「虚空蔵山」は、土佐市、須崎市、佐川町とにまたがっているが、今日は土佐市側から登ってみた。

 今日は、♪今にも空が泣き出しそうな~道頓堀の橋のたもとで~♪のような曇天、もしや行ってみようかと思っていただけるかたのテンションを下げてはいけないので、平成21年春の画像からどうぞ。

f0308898_20170449.jpg
f0308898_20175663.jpg
f0308898_20182526.jpg
f0308898_20190060.jpg
f0308898_20193159.jpg
f0308898_20200111.jpg
f0308898_20203291.jpg
f0308898_20210299.jpg
f0308898_20213626.jpg
f0308898_20220571.jpg
f0308898_20223661.jpg
f0308898_20231352.jpg
f0308898_20234758.jpg
f0308898_20243986.jpg
f0308898_20250993.jpg
f0308898_20253979.jpg
f0308898_20261016.jpg
f0308898_20264072.jpg
f0308898_10101948.jpg
f0308898_20275183.jpg


 それでは、本日のライブ画像を。あまりに長いので、軽く眺め飛ばして下さい。

 土佐市側から登ったのは、土佐市側からのこの山の遠景が好きなことと、土佐市側の永野集落のご一行様が、土佐市茶臼山で催していた野外カラオケ大会に飛び入り参加した時、途中にある名刹「鉾ケ峯寺」の総代をしているとお聞きしていたからである。


土佐市甲原から見る「虚空蔵山」
f0308898_17573581.jpg
戸波と書いて「へわ」
f0308898_17584981.jpg
土佐市家俊(いえとし)で
国道56号線と別れ
永野川に沿って「虚空蔵山」へ
f0308898_18000654.jpg
土佐市家俊はウツボ料理のルーツ
f0308898_18005190.jpg
見上げるとかなり高いが
山頂までカブで行ける
f0308898_18010169.jpg
高知自動車道をくぐると
高速道路の橋脚にマップ
f0308898_18011696.jpg
ここはレフト・ターン
f0308898_18022789.jpg
ライト・ターンもそそられる
f0308898_18024128.jpg
正面に山塊が見えてきた
f0308898_18025468.jpg
道案内はないがここは右
f0308898_18031233.jpg
「坊ノ池橋」を渡る
f0308898_18032757.jpg
立派な石垣が続く
f0308898_18034210.jpg
渋い道案内は左を指している
f0308898_18035446.jpg
ご機嫌な道になる
f0308898_18040807.jpg
この道標も相当に渋い
ここは右へと進む
f0308898_18041834.jpg
以前はここを右だったと思って
途中まで行ってみたが
舗装が切れ道も荒れていたので
引き返してきた
ここは道なりに左へと進む
f0308898_18043509.jpg
「←2区」とある
f0308898_18045481.jpg
この辺りから路傍に
次々と出現する石仏
f0308898_18051124.jpg
明治の日付が刻まれている
f0308898_18071198.jpg
右に左に石仏
道自体が参道か
f0308898_18072890.jpg
ミカン畑の先
土佐市方向(東)に
一瞬視界が広がる
f0308898_18075368.jpg
f0308898_18081672.jpg
f0308898_18083096.jpg
「虚空蔵山」はまだまだ高い
雲も一向に消えない
f0308898_18085128.jpg
「静神」の集落が見えている
f0308898_18091022.jpg
左は麓からの道
右へと登って行く
f0308898_18092571.jpg
「3区」を通過
f0308898_18094265.jpg
石仏が並んでいる
f0308898_18101024.jpg
こちらはお一人様
f0308898_18102994.jpg
「4区」を通過
f0308898_18105888.jpg
黙々と高度を上げて行く
f0308898_18111022.jpg
木の周りが
ロータリーになっている
f0308898_18112510.jpg
仲良きことは美しき哉
f0308898_18115135.jpg
登山道が左上へと続いている
f0308898_18121362.jpg
風変わりな木肌
右の石仏は倒れている
f0308898_18123234.jpg
四国電力№62鉄塔
一瞬東に視界が広がる
f0308898_18361833.jpg
「5区」を通過
f0308898_18364544.jpg
良い雰囲気になって来た
f0308898_18370272.jpg
白い花がお出迎え
f0308898_18372875.jpg
「鉾ケ峯寺」はここを左折
f0308898_18374556.jpg
♪白い花を添えて下さい~私の心に~♪
f0308898_18380154.jpg
御立派でご誠実で
f0308898_18381901.jpg
虚空蔵山「鉾ケ峯寺」
f0308898_18383685.jpg
実に見事な造作
f0308898_18385099.jpg
f0308898_18390776.jpg
f0308898_18392125.jpg
レンズを掃除せんといかん
f0308898_18393624.jpg
境内から東に土佐市を俯瞰
f0308898_18395454.jpg
麓からの参道が見える
f0308898_18401325.jpg
筧でなく蛇口になっている
f0308898_18410980.jpg
このオブジェは?
f0308898_18413285.jpg
登って来た道を右下に見ながら
手前側に左折して「虚空蔵山」へ
f0308898_18415172.jpg
f0308898_18420977.jpg
参道正面からみる本殿
f0308898_18423989.jpg
道案内の足元で
車道が参道を跨ぐ
f0308898_18444751.jpg
右下からの参道は「参道静神線」
f0308898_18445812.jpg
こりゃあかなり勾配がきつい
f0308898_18451314.jpg
色艶良し
f0308898_18453237.jpg
コクゾウ№65電柱
№1からの連番なら相当の数
f0308898_18454991.jpg
走り易い簡易舗装林道
f0308898_18460324.jpg
なるほどこの峠へ出るのか
f0308898_18461775.jpg
「紫折り峠」登山口
f0308898_18463257.jpg
ここは「紫折り峠」(しおりとうげ)
佐川町側の「わんぱく広場」との境
f0308898_18464522.jpg
道案内に漢文調の添削
「右ハ虚空蔵山頂に至る」
「ハ」を後から書き添えている
f0308898_18470566.jpg
「わんぱく広場」園内の
ツツジを見ながら高度を上げる
f0308898_18471711.jpg
道なりに左
右は下り
f0308898_18473003.jpg
左のテレビ中継塔への道には
立入禁止の鎖が張られている
f0308898_18474652.jpg
左折すれば山頂だが
いったん右折して
先に展望広場へと向かう
f0308898_18480972.jpg
いつ降り出しても不思議ではない
急に風も出て来た
竜巻や雷の気配もある
これだけ鉄塔が立っている
長居は危ない
f0308898_18483338.jpg
ここは山頂ではないように思うが・・
f0308898_18485272.jpg
「須崎市」方向(西)
f0308898_18531226.jpg
「横浪(よこなみ)半島」方向(南)
f0308898_18532225.jpg
東屋もある
「虚空蔵山」の山頂は
西のテレビ中継塔の下では?
f0308898_18534077.jpg
ウェーブ塔の右下に「虚空蔵菩薩」
いよいよ空が怪しい
f0308898_18535229.jpg
晴れ間待ちの間に花を鑑賞
ピンクとグレーが絶妙
f0308898_18542729.jpg
危うく踏むところ
f0308898_18545724.jpg
やぁ!
f0308898_18552843.jpg
「高知十景」の石碑
f0308898_18555860.jpg
酒仙「大町桂月」も
この地で一句詠まれたという
背後にあった展望台は撤去
f0308898_18562828.jpg
この三角点は
地籍調査の図根三角点
「虚空蔵山」三等三角点ではない
f0308898_18565816.jpg
「虚空蔵菩薩像」
f0308898_18573392.jpg
哀れ足元の賽銭箱
f0308898_18580371.jpg
なかなか晴れ間がない
果報は寝て待とう
f0308898_18583683.jpg
ナイス・コントラスト
f0308898_18590537.jpg
少し明るくなってきたが・・
太平洋が青く見えない
f0308898_18593682.jpg
どうも今一つ
f0308898_19000696.jpg
横浪半島の向こうは太平洋だが
雲と海の境がつかない
土佐弁でいうところの
「際(きわ)が立たん」
f0308898_19023318.jpg
いわゆるベタ曇り
f0308898_19003686.jpg
風邪も強まって来た
f0308898_19010945.jpg
どうにも冴えない
f0308898_19013927.jpg
よしっ、もう去(い)のう!
f0308898_19031115.jpg
昔はメジロを趣味にしている人がいた
f0308898_19034193.jpg
トンネルのような登山道が
車道に合流している
f0308898_19041254.jpg
来た時は左からだったが
右へと進み山頂へ!
f0308898_19083637.jpg
笹が印象的
f0308898_19090602.jpg
ほぉ~
f0308898_19093832.jpg
テレビ中継塔の裏に出る
f0308898_19100893.jpg
土佐市街(左)と横浪半島
半島の左の湾が「横浪三里」
f0308898_19103831.jpg
NHK
RKC(高知放送)
KUTV(テレビ高知)
KSS(高知さんさんテレビ)
f0308898_19110820.jpg
この三等三角点が「虚空蔵山」山頂
f0308898_19115400.jpg
「矢羽数森三角点」674.9mと思われる
f0308898_19123696.jpg
山頂プレートもある
f0308898_19132988.jpg
意外な笹原と大岩
f0308898_19140281.jpg
なかなか良(え)いですやいか
f0308898_19143298.jpg
本日スルー「石鎚神社」入口
石祠と鎖場を経由し
山頂の三角点へ行ける
f0308898_19150199.jpg
広場への分岐まで戻る
f0308898_19153178.jpg
ツツジを見ながら下山
f0308898_19160116.jpg
f0308898_19163572.jpg
f0308898_19170655.jpg
ここも左へ寄り道しておこう
f0308898_19173560.jpg
もしやこの先にハングライダー基地?
f0308898_19193666.jpg
鬱蒼とした林道を西へ
f0308898_19201082.jpg
おおっ!
f0308898_19204438.jpg
テイク・オフ地点
f0308898_19211545.jpg
「斗賀野」盆地
f0308898_19214746.jpg
はるか北に石鎚の峰々
「伊予冨士」「手箱山」に見えるが・・
曇天で山座が特定しづらい
f0308898_19221787.jpg
大岩に地球の皺がある
上部に湾曲の痕跡あり
f0308898_19230528.jpg
コクゾウ№78電柱
f0308898_19233476.jpg
「紫折り峠」に下りて来た
f0308898_19240419.jpg
「鉾ケ峯寺」(向こう側)から登って来て
「虚空蔵山」山頂(右手)から降りて来た
f0308898_19243495.jpg
展望図に書かれた山名が
手招きをしてくれているが
これからは蛇がおりますけに
ちょっとよう行きません
f0308898_19250753.jpg
ええ入りませんとも
ただのヘビでも嫌なのに
マムシとは言語同断
f0308898_19253859.jpg
「山崎記念天文台」
f0308898_19260656.jpg
「日時計」は曇りの日には・・
f0308898_19263770.jpg
佐川町側の道は整備されている
背中から雨が追いかけて来た
f0308898_19270933.jpg
ここからは「林道虚空蔵山線」を
佐川町斗賀野(とがの)へと下る
f0308898_19274051.jpg
山上側が終点になる
f0308898_19281766.jpg
途中眼下に広がる「斗賀野盆地」
f0308898_19325057.jpg
林道途中にある「斗賀野ワールド」
f0308898_19332027.jpg
入園料400円は山小屋の良心箱に
f0308898_19335326.jpg
期間限定の入園料であることを
うっかり見のがしてしまった
小さく気が利いて大きく間が抜け・・
f0308898_19342386.jpg
入口ゲートにトイレも完備
f0308898_19345307.jpg
こうすれば人造物も
そこそこ自然に馴染む
f0308898_19354118.jpg
貴殿も齢を取りましたな
f0308898_19361558.jpg
100円玉の手持ちがなく
料金箱ならぬ良心箱に
500円玉を投入
f0308898_19364847.jpg
ステージもある
f0308898_19372314.jpg
ツツジの色も十人十彩
f0308898_19375397.jpg
「蟠蛇森(ばんだがもり)」(須崎市)が
はるか西に横たわっている
なんと、蛇が蟠(わだかま)る森・・
わ、私が悪うございました
f0308898_19385420.jpg
お昼のお弁当にピッタリ
f0308898_19392537.jpg
こんな色もあるがですの?
f0308898_19395447.jpg
山吹の花が咲くと山菜の季節
f0308898_19402573.jpg
白一点
f0308898_19405417.jpg
野外コンサートも開けそう
f0308898_19412572.jpg
自生(おのればえ)では
ここまでは無理ですろう
f0308898_19420495.jpg
どちらさんかな?
f0308898_19430465.jpg
相変わらずの曇天
f0308898_19433394.jpg
緑には良く映えているが
高知の空は青でないと
f0308898_19440339.jpg
中央の鞍部が「朽木(くちき)峠」
(佐川町~旧葉山村)
「龍馬脱藩の道」でもある
f0308898_19443430.jpg
どうも食べられそうにない
f0308898_19450879.jpg
山の人の仕事はいつも丁寧
f0308898_19453879.jpg
古木の根っ子
f0308898_19460858.jpg
巨大なスズメバチの巣
2階の梁が突き出ている
どちらも立派
f0308898_19463797.jpg
お名前を存じ上げませず
f0308898_19470755.jpg
きちんと水が出る
f0308898_19473802.jpg
麓の「林道虚空蔵線」始点まで下山
f0308898_19480764.jpg
不法投棄を戒める鳥居
多分この地で初めて見たが
その後あっという間に
県内いたる所に広がった
f0308898_19483807.jpg
「林道虚空蔵線」を振り返る
「つつじえん」が「斗賀野ワールド」
f0308898_19491591.jpg
知る人ぞ知る
古民家風うどん屋
「ふじや」
f0308898_19494414.jpg
佐川町には
楽しいマップが多い
f0308898_19501591.jpg
「高知県畜産試験場」
f0308898_19504563.jpg
牧場には数頭の赤牛が見える
JR土讃線の利用者には
どこか懐かしい風景
f0308898_19511602.jpg
佐川町斗賀野から見る「虚空蔵山」
山頂の鉄塔群が見える
雨はまだ何とか降ってなさそう
f0308898_19514570.jpg
「猿丸峠」で寄り道したかったが
パラパラと降り出した雨に断念
また来よう!
f0308898_19521679.jpg

 最後までご覧いただきありがとうございました。

 良く晴れた日であれば、「虚空蔵山」の山頂からは太平洋、石鎚山系(愛媛県)、剣山系(徳島県)のナイスビューをご覧いただけます。

 佐川町斗賀野側からだと、「わんぱく広場」を経由して普通車でも山頂まで行くことができます。(土佐市側からは道が狭隘です)

 視界がクリアな晩秋から初冬にかけてがお勧めです、周辺に見所も多い「虚空蔵山」に是非おでかけ下さい。



# by ky_kochi | 2017-05-03 10:00 | 登山 | Trackback | Comments(2)

須賀留温泉(旧佐賀町)

「土佐佐賀」と、高知を代表する鰹の町「土佐久礼」との間には、いくつかの未開通区間を残したままの「県道25号中土佐佐賀線」がある。

 旧佐賀町(現在の「黒潮町」)の海岸線は、東から「鈴」「須賀留(すがる)」「熊の浦」「久保浦」の集落を経て、鰹一本釣りの母港である「佐賀漁港」へと続いている。

 途中の「須賀留」集落には、知る人ぞ知る「地図に無い温泉」があるが、今年5月から冷泉がぴったり出なくなっているとのことで、もしや地揺るぎの予兆ではと地元の古老たちは心配している。

f0308898_18275222.jpg

「高知県道25号中土佐佐賀線」は、中土佐町久礼と旧佐賀町を結ぶ予定の県道であったが、先日の「鶴津海岸」のように急峻な地形の海岸線を結ぶ部分が多いため、現在も未開通部分が至る所に残っている。

 計画自体はかなり以前からあったように思うが、現在西進を続ける高速道路が黒潮町の「拳ノ川IC」まで計画延伸してきたことから、そのうちこの県道は計画そのものが中止になりそうな気がしている。

f0308898_18594052.jpg
国道56号線を四万十市方向へ進む途中
霧の町「四万十町」(旧窪川町)の朝
f0308898_18262059.jpg
見る間に朝霧が晴れていく
f0308898_18282403.jpg
「五在所ノ峯」(「大観峰」)登山口
f0308898_18284295.jpg
「片坂峠」手前の牧場
ここまでが四万十町
f0308898_18285311.jpg
「片坂」を下ると「黒潮町」
国道56号線沿い「小黒ノ川」の
「小黒ノ川文殊堂」は霊験あらたか
f0308898_18290326.jpg
タケノコの参道
f0308898_18292427.jpg
受験生たちの思いが並ぶ
f0308898_18293461.jpg
「小黒ノ川」で国道56号線から東へ分岐
f0308898_18294499.jpg
「中ノ川」(直進)を経由しても行けるが
「成又(なるまた)」(右折)経由の方が
稜線沿いの県道25号線に取り付くには近い
f0308898_18295495.jpg
T字路であることは判るが
地名がすべて消失している
直進が「中の川」右折が「成又」
手前は「荷稲(かいな)」か?
f0308898_18301230.jpg
「成又」の集落を通過
左右に道が分かれているが
すぐ先で再び合流している
f0308898_18302042.jpg
山奥の田んぼに遊漁船が停泊
f0308898_18304398.jpg
ほどなく尾根の県道25号線に突き当たる
f0308898_18310005.jpg
ちょっとしたスカイライン
f0308898_18311100.jpg
「須賀留」集落への分岐
f0308898_18312319.jpg
大きなカーブミラーと
ブーメラン型の道標が目印
f0308898_18313495.jpg
右手に太平洋が見渡せる
f0308898_18314479.jpg
今日は空と海の間が判りやすい
f0308898_18315635.jpg
はるか西に足摺半島が霞んで見える
f0308898_18334336.jpg
東には興津岬の半島
f0308898_18340491.jpg
ほどなく「須賀留」の浜に降り立つ
f0308898_18342283.jpg
「須賀留温泉」に到着
f0308898_18343274.jpg
少し上流にある冷泉源泉の近くには
四国には珍しい「湯の花」が咲き
地元の伝説によれば
海岸には大ザメが湯治に訪れたらしい
f0308898_18344864.jpg
道路側は壁で仕切られている
f0308898_18350114.jpg
数々の伝説が残っているという
f0308898_18351237.jpg
冷泉をホースで引き込んでいるので
各自が浜で炊き物を拾ってきて
自由に沸かして入浴するシステム
f0308898_18352274.jpg
「頼む」と「火の始末」の■は?
f0308898_18353477.jpg
「たきものは海にある」流木なので
使った分だけ浜で拾い集めて
補充して帰るシステム
「次の人のために」がグッド
f0308898_18354660.jpg
最近の利用者のマナーを嘆いておられる
f0308898_18355435.jpg
五右衛門風呂の蓋の重し
1、2、4、3、ン?
f0308898_18360518.jpg
五右衛門風呂の全容
f0308898_18361481.jpg
海側には目隠しはない
f0308898_18363043.jpg
せっかくなので浜に出てみよう
f0308898_18364978.jpg
足元に今年2匹目の天敵
危うく踏むところじゃった
f0308898_18365995.jpg
「須賀留」の浜の東(「興津岬」方向)
f0308898_18371149.jpg
西(「佐賀漁港」方向)の山肌は
土砂崩れで大きくザレている
f0308898_18383579.jpg
ヨメザラ
塩茹ですると身が小さくなるが
とても美味しい貝
f0308898_18385721.jpg
カメノテ(通称「セ」)
土佐のソウルフード
f0308898_18391419.jpg
たしかに
「たきものは海にある」
f0308898_18392691.jpg
白蛇か?
♪何を見ても貴方様を~♪
f0308898_18395513.jpg
この浜には真水があるので
磯遊びの後も潮を洗い流せる
f0308898_18400754.jpg
そっ、そなたは先ほどの・・
拙者が悪かった
拙者が悪かったきに
頼むきそこを除(の)いてつかされ
f0308898_18401879.jpg
駐車場もトイレもある
f0308898_18403027.jpg
自宅での入浴用の冷泉を
軽トラックに積んだタンクに
毎日汲みに来る人もいるらしい
f0308898_18405468.jpg
代金は各自のお志しということで
f0308898_18410569.jpg
「須賀留」へは県道から一本道
東隣りの「鈴」へは直接行けないので
降りて来た道を再び登る

f0308898_18411493.jpg
県道25号線に戻り
東の「鈴」集落へ向け右折する
ちょっとしたロータリーになっている
f0308898_18412826.jpg
このあたりは分水嶺
初日の出の好スポットだったが
現在は雑木が茂って
海側にほとんど視界がない
f0308898_18413798.jpg
「鈴」集落への分岐に到着
f0308898_18414777.jpg
このT字路を直進しても
「中ノ川」集落からの道と合流し
「鈴」集落へ降りることができる
(帰路はここへ戻ってくることに)
f0308898_18415754.jpg
大敷網漁が盛んな「鈴」への道は
「さかな街道」と名付けられている
昔から「鈴」のアジは美味いと評判
f0308898_18421458.jpg
地球は丸い
f0308898_18422442.jpg
「興津岬半島」がぐっと近くなってきた
f0308898_18425520.jpg

 眼下に「鈴漁港」が見えている。画像中央上の離礁は、「鈴」集落の東に突き出た「弁天岬」の先にある「沖モトバエ」。

 高校生の頃だったと思う、親戚の渡船業をしている父の従兄弟に渡してもらい、爆釣したことがある。初めのうちはグレ、シマアジ、イセギと上物(うわもの)ばかりだったが、そのうちにハマチなどの青魚が混じり始め、相当に忙しかった。

 調子に乗って釣り続けていたら、オキアミを入れたバッカンを波に浚われ万事休す。ドライバーを持っていなかったため、貝を掘ることもできず、迎えの渡船を待つまでの間、うたた呆然と離礁で過ごす羽目に。

 やっと港に帰ってきた時に、通りかかった地元のおばさんがクーラーを覗き込み、「兄(にい)やん、げに(=実に)せっばい(いっぱい)イオ(=魚)を釣っちょうに、オマンは漁師かよ?」と言われ、大いに気をよくしたことを覚えている。

f0308898_18430372.jpg
最近できたヘリポート
f0308898_18431318.jpg
ヘリポートは丘の上
f0308898_18432316.jpg
「すず」の文字
f0308898_18433110.jpg
視界良好!
f0308898_18434160.jpg
土佐は「青と緑の国」
f0308898_18435155.jpg
「鈴漁港」は
よく整理整頓されている
f0308898_18440947.jpg
漁港のかたわらに「恵比寿神社」
f0308898_18442272.jpg
石段の幅は狭く
その上に勾配も早い
f0308898_18443284.jpg
社が見えて来た
f0308898_18444057.jpg
漁師町に独特の色合い
f0308898_18445073.jpg
堤防の沖にはテトラ防波堤
f0308898_18445944.jpg
「鈴」から「中ノ川」への旧道を登り
T字路を「中ノ川」へと右折したが・・
f0308898_18451053.jpg

 県道25号線が現時点で行き止まりとなっている場所がこの先にあるのだが、そこまで行くには本日時間が足らず、すぐにT字路まで引き返した。

 7年前にカブで来た時の画像を探してみたが、パソコンの引っ越しの時に誤って削除したらしく、見つからなかった。

f0308898_18452146.jpg
「鈴」からは左下の道を登って来たが
「佐賀漁港」へ向け直進(西進)する
f0308898_18453074.jpg
「さかな街道」の分岐まで戻って来た
f0308898_18453856.jpg
「須賀留」への分岐まで戻ってきた
f0308898_18474289.jpg
今朝は
右下の道を「成又」集落から登って来たが
「佐賀漁港」へ向けてここも直進(西進)
f0308898_18475529.jpg
「熊の浦」集落への分岐に到着
ここで県道25号線をいったん離れ
左折して南の太平洋側に降りる
f0308898_18480450.jpg
おやっ?
f0308898_18481340.jpg
武蔵坊弁慶の父に由来するとある
f0308898_18482202.jpg
田植えの済んだ田んぼより
太平洋の海面の方が高く見える
f0308898_18484263.jpg
武蔵坊弁慶の父の上陸地とある
f0308898_18485709.jpg
「熊の浦エビス大国堂」
f0308898_18490886.jpg
「熊の浦」の浜(東)
f0308898_18492479.jpg
「熊の浦」の浜(西)
f0308898_18493694.jpg
♪海にお船を浮かばせて~♪
画像左端の船が右端に着くまで
どのくらい時間がかかるのだろう?
f0308898_18494680.jpg
トコブシをアナゴウというのは初耳だが
トコブシとナガレコは
同じとばかり思っていた・・
f0308898_18495436.jpg
弁慶の父に関する碑が並ぶ
f0308898_18500312.jpg
塩工房「ソルトビー」
f0308898_18501816.jpg
「熊の浦」から「久保浦」への海岸線
この磯場はたしか「小松崎」かと
f0308898_18503071.jpg
「熊の浦」方向(東)を振り返る
画像一番上が「エビグロの大バエ」
f0308898_18504255.jpg
たしかこの離礁には
岸から泳いで渡って
貝を採りに来たことがある
f0308898_18505098.jpg
海面までの高さが次第に低くなる
f0308898_18512632.jpg
「久保浦」の浜
f0308898_18514138.jpg
この浜へはずいぶんと遊びに来た
f0308898_18515383.jpg

 右奥に進むと「久保浦」集落だが、何事においても入念な小生は、道なりにこの橋を左に渡り次の右カーブの先で県道に折り返し合流して、「熊の浦」に寄り道したため走り抜かってきた県道部分を走っておくことにした。

f0308898_18521112.jpg
数分で先ほど左折したT字路に到着
ここでUターンし引き返す
f0308898_18521959.jpg
「佐賀漁港」に浮かぶ「鹿島」が見える
f0308898_18523208.jpg
途中にある作業道を折り返す
通称「ミズモチ峠」
f0308898_18524156.jpg
ミカン畑の中をゆるゆる下る
f0308898_18525195.jpg
なかなか手厚く庇護されている
f0308898_18530132.jpg
「久保浦」集落が近い
f0308898_18531272.jpg
親戚宅に立ち寄ると
朝獲れのタケノコ茹での真っ最中
f0308898_18532732.jpg
「久保浦」から「佐賀漁港」へと西進
途中で「熊の浦」方向を振り返る
f0308898_18533725.jpg
正面が「鹿島」で
砂浜が「塩屋の浜」
昔はこの浜で塩が作られていた
f0308898_18534885.jpg
「佐賀漁港」の「黒潮一番館」に到着
f0308898_18535931.jpg
大漁旗に混じっているのは
f0308898_18541647.jpg
鯉のぼりならぬ鰹のぼり
f0308898_18544400.jpg
♪漁師が釣って漁師が焼いた♪
鰹一本釣りの水揚げ日本一を目差し
毎年しのぎを削る「明神水産」本社
f0308898_18550751.jpg
「黒潮一番館」では
カツオタタキ造りの体験ができる
f0308898_18551900.jpg
土佐さが流タタキづくりのレシピ
f0308898_18555753.jpg
土佐さがの鰹一本釣り漁
f0308898_18563487.jpg
「佐賀漁港」沖の「鹿島」は
かつては女人禁制の島であり
男も素足でないと渡れなかった
f0308898_18583285.jpg
二ホンカワウソの目撃情報もある
「伊与木川」を泳ぐカツオのぼり
f0308898_18584852.jpg
コイのぼりも泳いでいる
f0308898_18585826.jpg
「五在所ノ峯」の左肩を登ると
高南台地の霧の町「四万十町」
旧窪川町となる
f0308898_18590745.jpg
高知市への帰路途中の須崎市
道の駅「かわうその里すさき」で
鰹のタタキをつい買い食いする
f0308898_18591749.jpg

 先日「鶴津海岸」を再訪した時、四万十町の「志和」集落の西、「鶴津海岸」が見渡せる峠の手前から、大変立派な道が旧佐賀町の方角へと延びていた。

 この道は途中で行き止まりとなっていたが、もしやあの道は「県道25号中土佐佐賀線」の一部ではなかったか?そう思ったのが今回の「須賀留温泉」行きのきっかけであった。

 しかし、この県道、全線開通の日と計画中止の日、果たしてどちらが早く到来するかのだろうか。







# by ky_kochi | 2017-04-23 09:00 | リトルカブ | Trackback | Comments(2)