ブログトップ

茶凡遊山記

chabon.exblog.jp

宗安寺山(高知市)

 一日がかりの山歩きの時間はなかったが、しばらく「銀号」にも乗っていないので、オイルを馴染ませようと出かけた里山歩き。

 ほんの散歩のつもりで出かけた「宗安寺山」だったが、聞きしに勝るズリズリ坂の「奥ノ院参道」、思いがけず鍛われた一日となった。

f0308898_17281341.jpg

距離こそ短いがやはり直登はきつい
f0308898_17510811.png

県道6号線の「鏡川」左岸を北上すると
途中の「朝倉堰」付近から
高知自動車道の跨道橋の向こうに
「宗安寺山」が見えて来る
f0308898_17300019.jpg
高知自動車道「宗安寺跨道橋」の後ろに
山頂に四国電力の58番鉄塔が立つ
「宗安寺山」
中央やや右奥の円錐状の山が
「雪光山」(国見山)で
さらに右の「敷ノ山」へと稜線が続く
f0308898_17301407.jpg
「宗安禅寺」の案内に従い左折
f0308898_17303190.jpg
「宗安寺橋」を渡る
f0308898_17304175.jpg
「宗安寺橋」で川を覗き込むと
なぜか自転車が川底に
f0308898_20101217.jpg
橋の西詰を右折し
f0308898_17310029.jpg
県道273号線に入り
今度は「鏡川」右岸を北上
f0308898_17310730.jpg
「宗安禅寺」(川上不動尊)前には
三十年ぐらい前
良く泳ぎに来ていた川原が広がる
f0308898_17313268.jpg
水鳥が気持ちよさそうに泳いでいる
f0308898_17314925.jpg
この辺りは浅瀬だったような気がするが
当時と比べると
川原の様子が随分と変わっている
f0308898_17320386.jpg
「宗安禅寺」山門
f0308898_17322281.jpg
歴代の鈴か?
f0308898_17323422.jpg
手水鉢というよりは手水岩
f0308898_17333058.jpg
本堂
f0308898_17334509.jpg
故事来歴
f0308898_17341295.jpg
これは釜煎り茶を煎る時の鉄鍋では?
f0308898_17351512.jpg
冬の川は水が良く澄んでいる
f0308898_17353811.jpg
「宗安寺キャンプ場」
夏は大勢の人々で賑わう
f0308898_17355292.jpg
路傍に石塔が現れ始める
f0308898_17364132.jpg
ふくよかで見目麗しい
f0308898_17365502.jpg
腰元に藁が巻かれている
f0308898_17372568.jpg
「天ケ滝」を過ぎ
f0308898_17373987.jpg
左手に石塔を見て
f0308898_17375911.jpg
右奥に「大河内橋」が見えると
f0308898_17381142.jpg
登山口ならぬ参道入口に到着
f0308898_17382727.jpg
「川上不動尊奥ノ院参道」とある
f0308898_17383709.jpg
いきなりの急登
左右のワイヤに取り付き攀じ登る
ワイヤがなければ相当にきつい
f0308898_17390717.jpg
こらっ、びっくりするじゃいかっ
いかんっ、足元にもおるっ
長い物を見たら皆ヘビに見える
f0308898_17392724.jpg
ホッとする緑に黄緑の実
f0308898_17393953.jpg
ほおぉっ
f0308898_17515979.jpg
この辺りは参道の雰囲気
f0308898_17521271.jpg
なかなか捻じくれちょる
f0308898_17522277.jpg
支尾根に取り付いたか?
f0308898_17524269.jpg
そのようである
支尾根の三差路に突き当たった
f0308898_17525534.jpg
石塔に突き当たったら
左手に進み展望場所へ寄り道
途中にも石塔が2つある
f0308898_17530345.jpg
雑木が茂っているのが残念だが
眼下に「鏡川」を見下ろせる
f0308898_17531464.jpg
ここは絶壁になっていて
「鏡川」の流れが
足元をえぐる感じに突き刺さる
f0308898_17532809.jpg
先ほどの支尾根の三差路へ戻る
f0308898_17533648.jpg
ここからは左右に石塔が並び
いかにも参道という雰囲気
f0308898_17534961.jpg
もう、どうか許して下さい
f0308898_17535623.jpg
存外反りくり返っちょりますが
あんのけった(=後ろ向き)に
倒(か)やりゃあしませんかの?
f0308898_17541284.jpg
は、はじめまして
f0308898_17542378.jpg
次第に踏み跡が怪しくなる
f0308898_17543753.jpg
道は合(お)うちょりますか?
f0308898_17550222.jpg
何があったんです?
f0308898_17551361.jpg
この小枝
実は幹に下向きに根付いている
f0308898_17552567.jpg
藁が石塔の上部にある
台座にどんぐりがお祀りされている
f0308898_17554134.jpg
大岩の鎖場に到着
とても見づらいが
大岩の中央に鎖が見えている
f0308898_17555318.jpg
これまたお伝えしにくいが
そこそこの勾配と長さがあり
迷わず左の巻き道をチョイス
f0308898_20414441.jpg
この石塔の藁も上部にある
f0308898_17560610.jpg
登れないこともなさそうだが
年齢とともに臆病になってきた
f0308898_17574678.jpg
滑落でもしたら
消防の皆さんにご迷惑をかける
左の巻き道へと迂回
f0308898_17575915.jpg
ほおぉっ
f0308898_17581454.jpg
うぅむ
f0308898_17582363.jpg
巻き道の先で右に進むと
f0308898_17583124.jpg
先ほどの鎖場の一つ上の段に出る
f0308898_17584160.jpg
鎖はさらに上へと延びている
f0308898_17584819.jpg
さらにもう一段上
この標柱の右に
f0308898_17591296.jpg
鎖の最上部がある
f0308898_18013890.jpg
鎖の最上部の左下に石塔
ピンクに見えているのが
ナンバープレート

f0308898_18015806.jpg
「鏡川」が最前より下に見える
f0308898_18021204.jpg
造化の神のいたずら
f0308898_18022607.jpg
「川上不動尊奥ノ院」に到着
f0308898_18030995.jpg
なかなか重厚な造り
f0308898_18032154.jpg
石塔を従え
f0308898_18033151.jpg
三方を岩で囲った中におわすは
石鎚大神の石板
f0308898_18034039.jpg
石鎚神社に由縁のあるお方とのこと
f0308898_18035220.jpg
荘厳な佇まいのお堂
f0308898_19141963.jpg
「奥ノ院」前の広場下に「鏡川」
繁る雑木が実に残念
f0308898_19143000.jpg
次第に踏み跡が心細くなった頃
青テープに救われる
f0308898_19144143.jpg
山頂に立つ四国電力の58番鉄塔
実に187,000ボルトの高圧電流で
四国山脈を越えて来た電力が
「宗安寺山」南麓の「高知変電所」で
66,000ボルトに電圧が下げられた後
県内各地に配電されるという
f0308898_19145983.jpg
はい、登れません
f0308898_19151041.jpg
ここで雷に遭ったら大変
f0308898_19151924.jpg
真下から鉄塔を見上げる
「三点は平面を決定する」だけに
鉄塔はすべて三角形で構成されている
f0308898_19152776.jpg
四等三角点「宗安寺」
f0308898_19153821.jpg
北西へと下る山道がある
「宗安寺」集落から登って来る
林道に繋がっているものと思われる
一度逆からも来てみたい
f0308898_19155432.jpg
北西に「雪光山」(国見山)
f0308898_19160406.jpg
北東に「工石山(くいしやま)」
f0308898_19161602.jpg
北の眼下に「鏡川」
f0308898_19174647.jpg
鉄塔と背比べする白骨樹
f0308898_19445828.jpg
高知市(東)の方向
f0308898_19180528.jpg
「雪光山」から「敷ノ山」への稜線
f0308898_19181260.jpg
たしかにこれがあると登りにくいが
f0308898_19184715.jpg
人に対する備えか
獣に対する備えか
どっちじゃろ?
f0308898_19190250.jpg
これだけ高いのに
根元の四隅はこの程度の細さで
しかもこの数のボルトだけ
f0308898_19191027.jpg
下山しようとして気付く
快適な登山道
上りは道を間違えていたか?
f0308898_19192645.jpg
なかなか良(え)いですやいか
f0308898_19194533.jpg
どちらさんの仕業かな?
f0308898_19195601.jpg
「奥ノ院」まで下りて来た
f0308898_19201020.jpg
哀愁が漂う
f0308898_19202594.jpg
覚えちょりますぞ
上りでもお目にかかりました
f0308898_19203551.jpg
朝鮮人参のような根っ子
f0308898_19205492.jpg
ほらほら木に巻き付いちょる
心臓に悪い
f0308898_19210775.jpg
たしかそなたはフジアケビ殿
モチアケビ殿より位が高かったような
いや逆か?
f0308898_19211461.jpg
道に迷いかけた時
前方で見覚えある倒木が手招き
f0308898_19212662.jpg
再び参道らしくなってきた
f0308898_19214281.jpg
上りでは見かけなかったので
少し離れた場所を歩いているのかも
f0308898_19241919.jpg
この急勾配の参道を
どのようにして
担(かた)ぎ上げて来たものか・・

これは28番だが
不動明王36童子の石塔ということで
36基の石塔があるはず
鎖場で見たのがたしか33番で
その後の童子には出逢えなかった
f0308898_19253178.jpg
少し下の離れた場所に
石塔が倒れている
f0308898_19251017.jpg
せめて立てらそうと思ったが
かえって危険かと思い諦めた
f0308898_19254751.jpg
支尾根の三差路まで戻った
f0308898_19261677.jpg
もう、いい加減に許して下さい
f0308898_19263600.jpg
帰りに展望場所へ今一度
f0308898_19265281.jpg
定番というよりは鉄板のガルボ
最近のものは便利なチャック付き
68gとは芸が細かい
f0308898_19270561.jpg
良い眺め
f0308898_19440743.jpg
杖を休める
f0308898_19271595.jpg
これは灰皿ではありません
f0308898_19273475.jpg
こんな所に石垣がある
f0308898_19274376.jpg
判りづらいが
参道はここでV字に曲がっている
f0308898_19275764.jpg
色艶が宜しい
f0308898_19280931.jpg
だんだん眼が慣れて来たが
それにしてもこの山には多い
f0308898_19282088.jpg
猪の仕業がいたる所に
f0308898_19295250.jpg
とても混み入っている
f0308898_19305107.jpg
何かを伝えたくて撮ったはずだが・・
f0308898_19310194.jpg
久し振りに見る独特の木肌
f0308898_19310823.jpg
参道入口に下りて来た
f0308898_19312690.jpg
待機する「銀号」
f0308898_19313589.jpg
「大河内(おおごち)橋」周辺は
夏の格好の川遊び場
この橋付近で西から合流する
支流「行川(なめかわ)」の名にちなみ
「おおごち」とは呼ばず
「なめかわ」と呼んでいたが
子育て真っ最中の頃には
何度ここへ来たことやら
f0308898_19314720.jpg
真夏には日陰になるため
「大河内橋」の橋の下は
いつも大人気
先客がある場合には
左の川原でBBQをしたが
暑かったこと暑かったこと
f0308898_19315818.jpg
地元の案内図は新調されたもよう
f0308898_19321512.jpg
非行防止の看板は当時のまま
f0308898_19323671.jpg
ただし少年はやや歳を取って
表情が穏やかになった
f0308898_19324716.jpg

「鏡川」の支流の一つ、「行川(なめかわ)」の上流には、二十年来お世話になっている先輩が高知市中心街から通う家庭菜園がある。

 いつの年であったか、畑で採れた野菜で炊き合わせた豚汁を、この畑で先輩ご夫婦と一緒にご馳走になったことがあったが、あの味を越える豚汁にその後出会ったことがない。

 アウトドア、スポーツ、お酒はもとより、世の中の諸事に長けたこの先輩を、小生は勝手に兄(にい)やんと思い込んでいる。

「城ケ森」は右奥の丘のもう一つ先

f0308898_19325879.jpg

 先輩の畑越しに、「城ケ森」という高知市街を眺望できる秀峰がある。この「城ケ森(じょうがもり)」からは、先ほど登って来た「宗安寺山」が見下ろせるはず、早速行ってみよう。


車道終点から山頂までは徒歩1分
f0308898_19331839.jpg
地元小学生の手作りの山名版
f0308898_19460083.jpg
高知市街を望む
f0308898_19393656.jpg
左下の鉄塔が「宗安寺山」
f0308898_19395987.jpg
高知市の「南嶺」の峰々
右上奥には太平洋
f0308898_19401953.jpg
「宗安寺山」(中央)の右上に
円錐状の「鴻ノ森(こうのもり)」
遠景の山並みは「室戸岬」へと続く
f0308898_22452309.jpg
「工石山」の山麓には
高知市の水瓶「鏡ダム湖」
f0308898_19350542.jpg
「雪光山(国見山)」(左)と「敷ノ山」
f0308898_19351918.jpg
周辺には見所が一杯
f0308898_19481266.jpg

「城ケ森」山頂で「宗安寺山」の山塊や360度のパノラマを満喫した後、麓に下りてきたら、たまたま畑に来たという先輩の軽トラックを畑に発見。久方ぶりにゆっくりと話ができ、まことに今日は秋の好日、実に良き日であった。


平成27年の「城ケ森」はこのリンクを!

大正時代には
土佐郡十六村の役場がここに
f0308898_19483142.jpg
名物「ツガニうどん」を食べに行こうとしたが
残念ながら休業中
f0308898_19483932.jpg
帰路は「鏡川」左岸
県道6号線を下る
山頂に「宗安寺山」山頂の鉄塔
右下には「城ケ森」
f0308898_19485844.jpg
わずかこの高度さと距離なのだが
標高差200mの一気駆け上がりは
登ってみればきついのなんの
f0308898_19491156.jpg
「宗安禅寺」の対岸の堤防を走る
f0308898_19495030.jpg
喧嘩でもしましたかの?
f0308898_19500116.jpg
今や三昔も前
泳いでいた頃と同じ眺め
f0308898_19501489.jpg
高知自動車道「宗安寺跨道橋」を
上流側から見る
f0308898_19502561.jpg

「宗安寺」と聞けば、高知市民の多くは川遊びを思い浮かべることと思うが、「宗安禅寺奥ノ院」までの参道は、実に変化に富んだ里山の道であった。

 入山前、お勤め前のご住職に、「奥ノ院までの参道は今でも歩けますか?」とお聞きすると、「今は我々関係者しか行かないので・・」とのこと。

「修験の場所なのですね、この恰好で登れますか?」と、入山を断られることを覚悟で重ねてお聞きすると、いかにも禅僧らしい厳しい眼光で小生の身なりを一瞥された後、「行けんことはないろう」とお許しをいただいた。

 登山靴と杖はそこそこ年季が入っているが、いかんせんメタボ体形は隠しようがなく、ご住職もそれを一番ご心配いただいのであろう。おかげさまで、無事に「奥ノ院」、さらにその先の山頂まで往復できました、合わす手のあるありがたさ、合掌。


 



# by ky_kochi | 2017-12-09 10:30 | 登山 | Trackback | Comments(0)

鉢ケ森(旧香北町~大豊町)


 全国的な寒波襲来となった11月20日には、思いがけない降雪に阻まれた「鉢ケ森」だったが、今朝は真っ青な秋の高い空。この日をおいて他にないと欣喜雀躍、迷わず再挑戦してきた。

 これまで、冬山は完全な食わず嫌い、夏山は蛇に怯えて近寄らずで、秋の晴天の山行がほとんど。普通の秋山登山のいでたちで登山口に立ったものの、雪山というほどではないが、思いがけない雪踏みの山行となった。

f0308898_20151574.jpg

旧香北町から大豊町へと越える
「谷相(たにあい)林道」の「松尾峠」から
「松尾越」「ゴトゴト岩」を経由するルート
f0308898_19192874.jpg

左(西)良し、右(東)も良し!
f0308898_19500914.jpg
(11月20日寒波襲来時)
f0308898_16385658.jpg

西も晴天
f0308898_19505910.jpg
東も晴天
f0308898_19511369.jpg
「暁美(ぎょうみ)橋」を
「日ノ御子」へと渡る
上流の「剣山系(徳島県)」方向も快晴
f0308898_19514288.jpg
右後方に「御在所山」を見ながら
高度を稼いで行く
f0308898_19520432.jpg
日陰には雪が残る
f0308898_19521308.jpg
鞍部が香美市と大豊町の境界
「松尾峠」
そこそこの距離があるが全線舗装
f0308898_19522281.jpg

「松尾峠」までの道のりと
「松尾無線中継所」は
『松尾峠(旧香北町~大豊町)』をご覧下さい。


「松尾無線中継所」跡
f0308898_19523604.jpg
「松尾峠」からは正面に
霊峰「梶ケ森」を見ることができる
逆もまた真なり
「梶ケ森」に行かれた時は是非
南に見える「松尾峠」にご注目!
f0308898_19524903.jpg
目指す「鉢ケ森」
ほとんどフラットなルートと聞いたが
存外距離も高さもありそう
f0308898_19530826.jpg
峠から北に進んだ先の
ヘアピンカーブが登山口
f0308898_19534782.jpg
このエリアに独特の案内板
f0308898_19542605.jpg
「ゴトゴト」とは
人気スポット「ゴトゴト岩」
f0308898_19544059.jpg
雰囲気の良い登山道
f0308898_19545034.jpg
綿帽子を被っている
f0308898_19545751.jpg
少しの間だけ植林の中を行く
f0308898_19554914.jpg
こらっ、驚かすなと言うちゅうろうがね
f0308898_19555957.jpg
視界が上に開ける
f0308898_19561471.jpg
心なしか「梶ケ森」が近付いたような
f0308898_19562826.jpg
前方に「鉢ケ森」が見えてきた
ここから見ると近く見える
f0308898_19563976.jpg
あちこちに標石がある
f0308898_19565300.jpg
美人がいつどこで見ても綺麗なように
ブナはいつどこで見ても麗しい
f0308898_19571475.jpg
短い急坂を下りると
「松尾越」の広場に到着
f0308898_19572351.jpg
帰りにおさらいをするが
北の方向にある赤テープに従い
右へと進むのがポイント

直進する道が見えているが
その先にある四差路へと戻らず
「難路」コースに入りやすい
f0308898_19573156.jpg
植林がなく晴空(あっから)としている
f0308898_19574334.jpg
なかなか良(え)いですやいか
f0308898_19580479.jpg
たいへん歩きやすい
f0308898_19581409.jpg
右手に洋菓子ノエルのような倒木
f0308898_19582604.jpg
四差路に1本立つブナの大木
f0308898_19583846.jpg
若葉の頃にまた来たい
f0308898_20011292.jpg
次第に迫ってくる「鉢ケ森」
f0308898_20015181.jpg
ほどよい間隔で赤テープ
f0308898_20020029.jpg
変わった造形の木
f0308898_20022298.jpg
苔むした岩がゴロゴロし始めた
f0308898_20023740.jpg
この先がもしや・・
f0308898_20034389.jpg
人気スポット「ゴトゴト岩」
踏むとゴトゴトと音がするらしい
左上から右下への谷川の地形
f0308898_20035954.jpg
こちらが右下の下流側
f0308898_20041682.jpg
再び歩きやすい道になる
f0308898_20042567.jpg
北に視界があり明るい
f0308898_20043808.jpg
苔むした岩は梅雨時はさらに良さそう
f0308898_20045852.jpg
登山道は良く整備されている
f0308898_20051860.jpg
足元に雪がふえ始めてきた
f0308898_20053196.jpg
山頂の北側の日陰部分に入る
f0308898_20054299.jpg
どの木も落葉している
f0308898_20063689.jpg
腹巻をした木もある
f0308898_20070854.jpg
倒木も多い
f0308898_20072027.jpg
赤テープにホッとする
f0308898_20075429.jpg
この辺りはまだ道とわかるが
f0308898_20090645.jpg
どこが道じゃろう?
f0308898_20091590.jpg
ここも人気スポット
f0308898_20092379.jpg
本日は雪化粧
f0308898_20093349.jpg
「色の白いは七難隠す」
いえいえ難などありません
失礼しました
f0308898_20100715.jpg
へし折れたというより
へし割れた木
帰りの有力な目印
f0308898_20110430.jpg
赤テープが2つ見えちょりますが
道はどこですろう?
f0308898_20111795.jpg
適当に尾根に駆け上がる
f0308898_20113724.jpg
おおっ、
思わず期待する次の光景
f0308898_20120733.jpg
北に「梶ケ森」が見えている
f0308898_20123707.jpg
あの稜線から手前が北壁になる
f0308898_20130792.jpg
「梶ケ森」を眺めながらの昼食に最適
f0308898_20141322.jpg
「梶ケ森」の右(北東)を見る
方向的には徳島県の祖谷地方
f0308898_20144535.jpg
山頂まであともう少し
f0308898_20151574.jpg
怪しい足跡がある
これは熊ではないが
ここは「物部(ものべ)」
目撃情報が多い「奥物部」に近い
f0308898_20154680.jpg
いったい何があったんです?
f0308898_20161684.jpg
山頂広場に到着
祠には安徳天皇が祀られているという
f0308898_20164923.jpg
山名板の右手に
「松尾越」方向への道が見える
f0308898_20172000.jpg
「ゴトゴト山経由松尾峠」
「難路」とカッコ書きされている
大変な藪漕ぎの道らしい
f0308898_20195568.jpg
「韮生(にろう)の里」が南に見える。
f0308898_20203017.jpg
南西の高知市方向に土佐湾が見える
中央の稜線の上は太平洋だが
上手く映っていなくて残念
♪空と海との間には~♪
f0308898_20210009.jpg
この山頂まで
手水鉢をどうやって運んできたのか・・

f0308898_20213094.jpg
西方向に「大師堂」とある
「鉢ケ森」のもう一つの登山コース
「河野」ルートの途中にある
「岩屋大師堂」であろうか

東方向には×印(難路?)がある

f0308898_20220082.jpg
山頂の山名板の北側から
南側の「土佐湾」方向を見る
f0308898_20222968.jpg
苔か木か判りかねる
f0308898_20230090.jpg
自らの踏み跡を目印に下山開始
f0308898_20233002.jpg
山頂下の広い斜面に下りて来た
「梶ケ森」のアンテナ群が左(西)に
「山荘梶ケ森」は中央鞍部に見える
f0308898_20241848.jpg
生命力を感じさせるブナ

f0308898_20244781.jpg
イッツ・グレイト!
f0308898_20251839.jpg
下草は刈り払われているのか
そもそも生えないのか・・
f0308898_20261584.jpg
「梶ケ森」の背中に四国山地の峰々
f0308898_20264652.jpg
ではいよいよ下山開始
斜面の右(東)方向へ向かう
f0308898_20271674.jpg
地球は丸い
f0308898_20282615.jpg
登って来た時の踏み跡が大いに役立つ
f0308898_20314849.jpg
ところどころ見覚えのある倒木
f0308898_20321620.jpg
赤テープを発見
f0308898_20324665.jpg
下ることだけは解っているが・・
f0308898_20331744.jpg
踏み跡がない・・
f0308898_20334639.jpg
赤テープを発見し登山道へ合流
f0308898_20341677.jpg
ファンタスティック!
f0308898_20345438.jpg
踏み跡もしっかり残っている
f0308898_20352489.jpg
道と聞けば道という感じ

f0308898_20360668.jpg
こうなってくるとたしかに道

f0308898_20363706.jpg
立ち止まって写真でも撮っていたのか
両足がきちんと揃っている
f0308898_20370771.jpg
左手に巨岩が見える
突端には古木が生えている
f0308898_20384458.jpg
腹巻の木まで戻る
f0308898_20391479.jpg
なかなか入念
f0308898_20394929.jpg
まもなく北斜面の東端
f0308898_20414638.jpg
大岩を左後ろに
f0308898_20420184.jpg
徐々に高度を下げていく
f0308898_20432697.jpg
右は「谷相山」であろうか
f0308898_20433747.jpg
サカキ or シキビ?
「近頃の若いモンは榊と樒も、
雄松と雌松の違いも知らん」
嘆いていた伯父を思い出す
f0308898_20435359.jpg
ここまで下りてきて
道が良くなっても
ホッとする赤テープ
f0308898_20440149.jpg
渋い道が続く
f0308898_20441600.jpg
記憶にない倒木がある
いよいよ忘れっぽくなった
f0308898_20442586.jpg
赤色が茶色になったものか
あるいは別の素材か
年季の入ったテープ
f0308898_20443527.jpg
白い部分は全部雪かと思ったら
水晶でできた白い部分も混ざっていた
f0308898_20445137.jpg
「ゴトゴト岩」の手前
春はアケボノツツジが見事だという
f0308898_20450745.jpg
左手の下流側
f0308898_20453318.jpg
右手の上流側
f0308898_20454731.jpg
春までキタタキの入居は不能
f0308898_20455927.jpg
また別のへし割れた木
f0308898_20463690.jpg
これは振り返った画像であるが
登りで高いモミの木に出くわしたら
左手に登っていくこと
正面に続く溝のような道はNG

f0308898_20465107.jpg
ナイスコントラスト

f0308898_20471218.jpg
四差路のブナの木が正面に
f0308898_20472488.jpg
この四差路をおさらいすると
f0308898_20473463.jpg
正面が麓からの登山道
f0308898_20482112.jpg
北にも道が伸びている
f0308898_20483768.jpg
南にも道が伸びている
f0308898_20491709.jpg
通り過ぎて下から見ると
東から西へ山頂に向かう登山道と
北(右)と南(左)への
良く踏まれた道が交差している
f0308898_20500249.jpg
これはキタタキの仕業かの?
f0308898_20514768.jpg
ノエルの広場まで下りてきた
f0308898_20521088.jpg
2本ともにツルが巻き付いている
f0308898_20532867.jpg
「松尾越」の鞍部広場に到着
f0308898_20534280.jpg
やあ、ただいま
f0308898_20535474.jpg
正面は廃道となっているという
「松尾」集落への古道か?
f0308898_20540942.jpg
登山口へは左へと駆け上がる
f0308898_20541871.jpg
少し登って振り返ると
正面に続く道が見えている
直進すると
先ほどの四差路と合流するのでは?
f0308898_20544669.jpg
いい塩梅に陽も傾きかけた
登山口へ急ごう
赤テープと白い貼り紙の間を
しばしの登りとなる
f0308898_20545778.jpg
調査用の貼り紙なので

f0308898_20550727.jpg
いつまでここにあるかは不明だが
f0308898_20552295.jpg
登って来る時にこの「松尾越」まで来たら
右(北)方向に赤テープを探そう
f0308898_20553680.jpg
いやあ今日もなかなか良かった
f0308898_20555445.jpg
「松尾無線中継所」が見えてきた
f0308898_20562900.jpg
イノシシのヌタ場
f0308898_20575857.jpg
見慣れぬ足跡
子供のものではなさそうだが・・
f0308898_20581435.jpg
植林の中を進む
f0308898_20583093.jpg
ここにもヌタ場がある
してみれば先ほどの足跡は
イノシシかもしれぬ
f0308898_20584475.jpg
なかなか捻じくれちょる
f0308898_20590157.jpg
「谷相林道」の上まできた
f0308898_20591428.jpg
上手くお伝えできないが
林道からはかなりの高さがある
雪で足を滑らせたら一大事
打撲だけでは済みそうにない
f0308898_20592525.jpg
登山口に入った直後は
降雪がある日は迷いやすい
登山口からは
林道に沿って直ぐに左に登る
f0308898_20593828.jpg
右手正面が登山道と間違いやすい
すぐに左折し登攀開始されますよう
f0308898_20595869.jpg
下山まで快晴に恵まれた
f0308898_21001048.jpg
「松尾峠」まであと200m足らず
f0308898_21002068.jpg
こらっ、落書きしたらいかん
f0308898_21003125.jpg
登山口周辺は道が狭い
車は「松尾峠」に駐車した方が無難
f0308898_21005183.jpg
年内おそらく見納めとなる「梶ケ森」
f0308898_21005901.jpg
「松尾無線中継所」の上方に
施設跡が2つ見えている
f0308898_21030128.jpg
 以前、斯道の大先達に、林道の東に4つあるいは5つ、西側に1つ、施設跡が残っていると教えていただいた。

 登山前に、今日の登山口付近から少し南側の道を登ると、西側の1つがあるとの記事を見たが、今日はその道を通らずじまい。ただ、東側の山上には、本舎とは別の2つの施設を目視することができた。


「鉢ケ森」は遠くに見えるが
実際に登ってみると近い
片道1時間ほどで登られる
f0308898_21031055.jpg
さすがに北側は冷え込みが厳しい
f0308898_21032379.jpg
「松尾無線中継所」跡
少し雲が出てきた
明日はお天気下り坂
f0308898_21034814.jpg
ううむ、渋過ぎる
f0308898_21040042.jpg
2階から3階への外階段
外階段があった理由を知りたい
f0308898_21040923.jpg
1階から2階へも外階段
そういえば以前に建物内に入った時
館内に階段の跡がなかったような・・
f0308898_21041827.jpg
それにしてもシュール
f0308898_21042635.jpg
建物の北側に設置された
イノシシの罠
f0308898_21044511.jpg
檻の左側には
赤テープがたくさん貼られた登山道
「谷相山」への登山道であろうか
f0308898_21050283.jpg
檻の右側には作業道
本舎の上にある施設への道か?
f0308898_21053833.jpg
帰路の「谷相林道」から
「松尾無線中継所」跡を振り返る
f0308898_21055538.jpg
画像右の鞍部「松尾峠」から
左(西)に続く稜線の北側を西進し
画像左「鉢ケ森」へ縦走したことになる

f0308898_21061390.jpg
「御在所山」の北側まで下りてきた
f0308898_21062759.jpg
「永野」集落へと下る途中から
「御在所山」を遠望する
独特の山容をした山だが
こちらからは普通の形に見える
f0308898_21064199.jpg

 この日は出発前に、道の駅に併設された直販所に電話して、現地の空模様を教えていただいた。開店前後の忙しい時間帯にもかかわらず、「鉢ケ森」方面を見渡せる場所まで移動していただき空模様を詳しく教えてもらい、おかげさまで楽しい登山をすることができた。

 降雪のある山を歩いた経験が少なく、どこが登山道やらさっぱり判らなくなった時にはさすがに不安になったが、先人たちの山行ログの地図とスマホのGPSアプリとでなんとか登頂できた。

 この日の発見は、登って来た自分の登山靴の踏み跡が一番の目印になるということ。高村光太郎の『智恵子抄』にも、「
僕の前に道はない僕の後ろに道は出来る」とある。

 ただ、小さく気が利いて大きく間が抜けている小生は、他人の別ルートへの踏み跡をわが踏み跡と見誤ってしまいそうで怖い。



   
# by ky_kochi | 2017-11-21 13:00 | 登山 | Trackback | Comments(0)

高知安芸自転車道(香南市~安芸市)

 先輩が以前、「僕は車の運転はできんが、電車の運転ならできるぜ」と言っていたことを思い出し、「高知安芸自転車道」に出かけてみた。

 この「高知県道501号高知安芸自転車道線」は、かつての「土佐電気鉄道安芸線」の軌道跡を一部利用している自「転」車専用道で、太平洋の眺めもさることながら、廃線マニアにはたまらないスポットでもある。

f0308898_19071982.jpg
香南市サイクリングターミナル
「海のやどしおや宿(じゅく)」に
自転車のレンタルサービスがある
f0308898_19074298.jpg
自転車道へと進む
猫の見送りを受ける
f0308898_19080218.jpg
安芸市へはここを手前に右折東進
f0308898_19084341.jpg
「土佐電気鉄道安芸線」の軌道跡
f0308898_19085953.jpg
電車の臨場感を画像に出してみよう
f0308898_19091246.jpg
ここからしばらく国道55号線と並走
f0308898_19092832.jpg
全線舗装でほぼフラット
f0308898_19093960.jpg
「芸西村」に入る
f0308898_19095050.jpg
「土佐くろしお鉄道阿佐線」
通称「ごめん・なはり線」と並走
f0308898_19100213.jpg
潮風を受けながら快適に疾走
f0308898_19101277.jpg
白砂青松の海岸線
f0308898_19102735.jpg
「琴ケ浜」に到着
f0308898_19104134.jpg
桂浜の坂本龍馬の銅像に手を振る
龍馬の妻「お龍」とその妹「君枝」
f0308898_19110375.jpg
故事来歴が詳しく書かれている
f0308898_19111701.jpg
安芸市までもう一踏ん張り
f0308898_19112858.jpg
レフト・ターン
f0308898_19324556.jpg
快適なサイクリングロードが続く
f0308898_19331723.jpg
いかんっ、登りになってきた
f0308898_19333282.jpg
振り返ると
はるか西に「足摺岬」まで遠望できる
f0308898_19335268.jpg
随所に案内図がある
区間距離の表示がありがたい
f0308898_19341138.jpg
馬で走ると気持ちが良さそう
f0308898_19343031.jpg
「安芸市」は童謡の古里
f0308898_19351600.jpg
f0308898_19352822.jpg
f0308898_19372570.jpg
中央砂浜を雲の翳が移動中
f0308898_19374500.jpg
鉄道の遺構か?
この後しばらく続く
f0308898_19385461.jpg
国道55号を走ったことがある人には
見覚えがありますろう?
国道側から見えているのはお腹だが
背中側もきちんと作られていますぞ
f0308898_19392572.jpg
はるか東に「室戸岬」が見えて来た
f0308898_19394057.jpg
自転車もスピードには注意!
f0308898_19395308.jpg
「安芸市矢流(やながれ)」を通過
f0308898_19400646.jpg
老舗うどん店の屋号は
この地の城主
「安芸国虎」にちなんでいる
f0308898_19402108.jpg
安芸漁港を通過
f0308898_19403532.jpg
かつての「土佐電気鉄道安芸駅」周辺
f0308898_19415551.jpg
右奥の建物は「安芸ドーム」
阪神タイガースのキャンプ地
f0308898_19421131.jpg
この日は大勢の見物客
f0308898_19422358.jpg
「土佐くろしお鉄道」の「球場前駅」
f0308898_19424127.jpg
さてと、
今日ばかりは来た道を帰らねば
f0308898_19430067.jpg
国道55号線の南側を走る
f0308898_19431616.jpg
ガードレールを利用している
高波除けであろうか?
すぐ右下には民家が並ぶ
f0308898_19432743.jpg
「土佐くろしお鉄道」と交差
f0308898_19443732.jpg
この辺りでは南から順に
「土佐くろしお鉄道」
「サイクリングロード」
「国道55号線」
となる
f0308898_19450444.jpg
うっ、また登りになる
帰りはさすがにつらい
f0308898_19451801.jpg
前方西(足摺岬)方向
f0308898_19453167.jpg
後方東(室戸岬)方向
f0308898_19455374.jpg
このフェンスは何のために?
f0308898_19462415.jpg
「レストラン矢流」駐車場への橋
f0308898_19464009.jpg
レストランの麓を西進
f0308898_19465035.jpg
逆光もまた良しとしよう
f0308898_19471971.jpg
遠目には遅咲きのひまわりと思ったが
少し様子が違う
どちらさんかな?
f0308898_19473350.jpg
この道も「四国のみち」の一つ
f0308898_19474779.jpg
銀杏にしては木に残り過ぎ
f0308898_19480955.jpg
フェンスは草対策であろうか?
あるいは
頭上の国道からのゴミ投棄対策か?
f0308898_19482594.jpg
「琴ケ浜」まで戻って来た
f0308898_19484833.jpg
アケビの実が一つ
f0308898_19501755.jpg
この一本だけ背が高い
f0308898_19503287.jpg
歩き遍路さんの休憩所
f0308898_19504837.jpg
いえいえ
ありがとうございます
f0308898_19510964.jpg
こ、こんにちは
f0308898_19513609.jpg
こんなお接待処は初めて見た
f0308898_19515099.jpg
折り鶴
f0308898_19520692.jpg
なるほど
f0308898_19522225.jpg
夕涼みに良さげ
ミカンケースによる高さ調整
グッ・ジョブ!
f0308898_19525973.jpg
慣れない細いサドルに
足より腰が・・
f0308898_19532737.jpg
「土佐くろしお鉄道」
「和食(わじき)駅」か?
f0308898_19534386.jpg
海岸線へと左折
f0308898_19535896.jpg
廃船がシュール
f0308898_19543095.jpg
「琴ケ浜松原」に入る
f0308898_19545522.jpg
「芸西村」村道との併用区間
f0308898_19555609.jpg
「太平洋を一望」展望台の
ベンチにいるのは
f0308898_19561130.jpg
花嫁に幸せを届ける花
「ブルースター」
マスコットキャラクターの
COCOROちゃん
f0308898_19563296.jpg
「きずなスポット展望台」
f0308898_19565136.jpg
一人はさびしゅうないですかの?
f0308898_19570444.jpg
展望台からは浜におりられる
そしてこの展望台からは
高知県の東西端である
「室戸岬」と「足摺岬」を
両方とも見ることができる
f0308898_19572256.jpg
下り列車が東へと遠ざかる
f0308898_19573555.jpg
ゴールまでもう一息
f0308898_19574828.jpg
陽が傾き木陰がふえてきた
f0308898_19580305.jpg
お洒落なカフェのシルエット
f0308898_19581360.jpg
ここにもメランジュが
f0308898_19582612.jpg
「香南(こうなん)市」に戻る
右側は国道55号線
f0308898_19584149.jpg
自転車専用道に分岐
この付近から再び
「土佐電気鉄道安芸線」軌道跡になる
f0308898_19585204.jpg
鉄道軌道跡らしい風景が前方に
f0308898_19590640.jpg
いいね!
f0308898_20002613.jpg
達筆過ぎて読めない
f0308898_20004219.jpg
ベリーグッド!
f0308898_20010763.jpg
ゆるやかなカーブを描いている
f0308898_20013410.jpg
上下の間隔が
入口の二つより狭まっている
f0308898_20015863.jpg
ここには低い位置に一つだけ
f0308898_20021634.jpg
ここを直進すれば
天然の良港「手結港」や
「ヤシイパーク海水浴場」だが
本日はこれにて撤収

片道15km往復30kmの
自転車の旅を終了
サイクリングターミナルへと左折
f0308898_20023183.jpg
猫の出迎えを受ける
真横を自転車で通っても
微動だにしない
f0308898_20024791.jpg

 今日はこのサイクリング・ロードに来る前、直線距離で約20km北にある香美市の「鉢ケ森」に向かっていた。

「谷相林道」を「松尾峠」下の登山口まで行き、そこから「松尾越」を経て登頂する予定であったが、この日は日本列島に強い寒波が襲来、さすがの南国土佐も奥山には積雪。登山口にまでさえ辿り着かないうちに、太平洋の海辺に舞い戻った次第。

左(西)良し、右(東)ん?
f0308898_08123808.jpg
 
 道の駅「美良布(びらふ)」で荷物を積み込んでいた女性に天気を問うと、北東にでんと居座る雪雲を見ながら、「どうも今日は山登りには向かないと思う」とのこと。今日は近くの名瀑「大荒の滝」でイベントがあり、ご自身もお琴を演奏するので、山の天気が良くなかったら滝の方へとすすめて下さった。

 おにぎりを買ったコンビニの男性店員さんによれば、「今朝は霧があったきどうじゃおねえ・・、どちらかといえばあんまし良うないことないろうか」と、微妙なお答え。

 最後に田んぼにいた男性に聞くと、「昼から晴れると言うことじゃが・・、どうせ行くならもっと良(え)い日に行き」と力強いご回答。


 お天気は西から変わるというし、まあ行ってみるかと「物部川」を「日ノ御子(ひのみこ)」へと渡ったものの、地元の皆さんの声が耳に残る。


西は上天気なのだが
f0308898_08125605.jpg
北東の徳島県「剣山」方向に雪雲
f0308898_08132382.jpg
どこへ這い上がりよりますぞ?
f0308898_08141870.jpg
南西方向は晴れているが・・
f0308898_08135163.jpg
ありゃ?これはどうしたことっ
f0308898_08145039.jpg
やや西寄りであることに期待してきたが
「鉢ケ森」方向も雪模様
f0308898_08150431.jpg
これはいかんっ
道が凍りかかっちょる、撤退決定
f0308898_08151726.jpg
秋と冬が混在
f0308898_08162357.jpg
「御在所山」も雪模様
f0308898_08163642.jpg
高度が下がるにつれて
視界が少しずつ回復する
f0308898_08165061.jpg
紅葉というよりは黄葉
f0308898_08171618.jpg
かなり明らんできた
f0308898_08170402.jpg
遠くの山も緑色になってきた
f0308898_08172762.jpg
ここまで下りてくると青空
f0308898_08173999.jpg
はるか右奥やや上に太平洋
f0308898_08175526.jpg
「物部川」に沿って太平洋へ
あの雪雲では無理ですな

♪行かれん行かれん言うたろ~♪
♪せられんせられん言うたろ~♪

やっぱり人の言うことは聞かんといかん
f0308898_08180818.jpg

 目指す「鉢ケ森」への登頂は叶わなかったが、とぼとぼ引き返す道すがら、先輩が言っていた言葉を思い出し、三十年近く前に一度だけ利用したサイクリングロードを再び走ることができた。

 当時、サイクリングターミナルの食堂で食べた、たしか「しおやラーメン」という海鮮ラーメンを食べられるかと期待したが、残念ながら現在は営業していなかった。

 安芸市にある中学校以来の親友の実家を訪ねると、母上とたまたま帰省していた本人とも再会、安芸市のさらに東にある隠れファンの多い手打ちうどんの店にも連れて行ってもらった。いやあ、「たんのーたんのー」、秋の好日を堪能した一日となった。

 



# by ky_kochi | 2017-11-19 11:00 | 廃線 | Trackback | Comments(0)